12年利用したFC2ブログからWordPressへ1200記事を引っ越した理由と方法

ついに12年という期間が過ぎましたが、ようやく決心つきFC2ブログからWordPressへ移行することを決意いたしました。

先人の方が非常に多いのでググればすぐに方法は見つかりました。

が、個人的に引っかかりやすい注意する点などの記載が無く不明点があったのと、1200記事という大量の記事の引っ越しをしている方がいなかったので、本記事を執筆しようと思い立ちました。

ブログのお引越しといっても家の引っ越しみたいにやることはある程度決まっていて、思っていたより簡単でしたので、ご紹介したいと思います。

WordPressデビューしようとしているあなたの役に立てばと思います。

なぜ”いまさら”ブログの引っ越しを?

なぜ僕が「長年利用していたFC2ブログをいまさら引っ越ししようと決意したのか」ですが、すごく単純な以下の4つの理由からです。

ブログの引っ越しを決意した理由
  1. アクセス数増加、収益増加に期待した
  2. ブログ12年やってるのにまだ無料ブログサービスという劣等感を抱いた
  3. WordPressが人気で選ばれているワケが知りたかった
  4. 社会人になり収益もあり、お金に余裕ができた

    1.アクセス数増加、収益増加に期待した

    ブログを始めたのは2008年頃。約11年FC2ブログ(無料版)で更新し続けていました。この10年のうち6年くらいは放置でした。

    そしてブログに本腰を入れていこうと思い立ったのが2019年10月頃。とはいえ1ヶ月に5記事も書かない超スローペースでした。

    会社員なので。。。という言い訳をしておきましょう。笑

    そんなスローペースでも意外とアクセス数が増加してきたのと、Youtubeとか動画コンテンツが主流になっていく中で、まだまだブログも戦えるなってのを自分自身読み手になって実感していました。

    なので、今後の収益増加のためにもアクセス数増加を見込んで引っ越しすることを決断しました。

    アクセス数が伸びれば今後の収益も大きくなっていきますからね。先行投資です。仮に1年続けてみて投資した分が回収できなかったとしても「勉強代」として割り切ろうと考えていました。

    2.ブログ12年やってるのにまだ無料ブログサービスという劣等感を抱いた

    おそらく13年も前の2008年からブログを継続してる人ってほんの一握りだと思うのですが、とはいえ私の場合は2014年くらいから2020年までの6年間くらいは無更新でしたので実質は6年になります。

    6年もの間、書いた記事はほとんど日記でしたけどね。

    学生だったので、時間が余っていて金稼ぐんだったらアルバイトしたほうが早いじゃんって考えでひたすらバイト三昧でしたね。笑

    で、2019~2020年は記事も書かずにどこのブログサービスが良いんだろう?はてなブログか?Amebaか?相変わらずFC2ブログかとかとか探し回ってたのですが、どうやら圧倒的多数が、WordPressというヤツでした。

    3.WordPressが人気で選ばれているワケが知りたかった

    なんでWordPressなんだろう?サーバ借りないといけないしドメインとかも有料なのに何で人気なんだろう?と疑問ばかりが浮かんでいましたが、どうやら以下のような理由から人気なようです。

    WordPressを選ぶメリット
    • プラグインで機能拡張が豊富
    • 内部SEOを意識しているテーマが豊富
    • シェア率が高く、困ってもネット上に情報が豊富

      SEOを気にしなくてもSEOに最適化されているため初心者にとっても扱いやすいですし、様々な機能を拡張できる自由度がメリットらしいです。画像の遅延読み込みだったりCSSの軽量化だったりととことんこだわり抜くための機能が充実しています。何か困ったことがあってもネット上に情報があるのはすごくメリットですよね。

      また、無料ブログサービス等ではサーバ速度(ページの表示される速度)はそのブログサービスに依存します(無料な分、最適化はされていない)から、サーバを自分で選べるというのはメリットに感じます。

      このような理由があり、2021年現在ではブログを始めてたったの数週間の初心者ブロガーたちでも初期投資してサーバ借りてWordPressを使っていたりしているようです。

      すごい時代ですよね。

      4.収益もあり、お金に余裕ができた

      いろいろ調べていると、レンタルサーバ代とかドメイン代とか月々1,500円もあれば十分ということでしたので「それだったら今の収益で賄えるな~やってみようかな~」と思ったので、勇気を振り絞ってサーバ借りてみました。

      毎月のゲームへの課金を1500円減らせば良いんです。

      あとあと収益が生まれてドバドバ課金し放題な時代が来ると思ったらちょっとくらい我慢できますよね。

      そもそもWordPressでブログを始めるためにはどのような先行投資が必要なのかについてですが、以下のものが必要です。

      WordPressでブログを始めるために必要なもの
      1. レンタルサーバ(有料)
      2. ドメイン(有料)
      3. WordPress(ブログソフトウェア)
      4. WordPressテーマ(有料/無料)

        この上記4つがあれば、すぐにブログを始めることが可能です。

        このうち、ブログソフトウェアであるWordPressは無料、WordPressテーマ(FC2ブログでいうとブログテンプレート+α)は有料も無料もあります。

        サーバとドメインは有料になります。(サーバは無料もありますがクソみたいなレスポンスなのでやめておいた方が良いです。笑)

        ブログソフトウェアであるWordPressは無料でダウンロードできるので、その後サーバにインストールします。

        1から順に確認していきましょう。

        WordPressのサーバーは何を目安にレンタルするのか?

        WordPressはFC2とは異なる点として、サーバを自分でレンタルしそのサーバ内にブログソフトウェアをインストールしていきます。

        レンタルサーバは様々な会社がありますが、以下の観点でサーバを選ぶようにしましょう。

        サーバに求められる必須条件
        1. 安定稼働すること
        2. サーバ処理速度が速いこと
        3. 操作(作業)が簡単なこと

          それぞれ確認していきましょう。

          その1|安定稼働すること

          不安定なサーバ上に作ったブログは、ブログとして成り立たないと言っても良いと断言します。安定稼働してないサーバは、”サーバが重い”とか”サーバダウン”とかを頻繁に引き起こします。

          サーバ上にWordPressをインストールする形となるので、サーバがきちんと動作していないとブログの更新もできませんし、ユーザーがブログへ訪問することも不可能になってしまいます。

          「サーバーダウンしてアクセスできなくなった!」とかよく聞きますよね。

          なので、サーバには安定稼働が求められます。

          エックスサーバは国内シェアNo1のため、安定稼働の実績があります。ほとんど半分以上の企業サイトやブログサイトがエックスサーバー上に立っているとか。

          その2|サーバ処理速度が速いこと

          サーバの処理速度が遅いと、訪問者がブログへアクセスするも、応答が遅くなかなかブログが表示されないというような現象が起きます。

          大手サイトは基本的にレスポンスめっちゃ速く、ユーザーはその速度に慣れてしまっていることもありアクセスする度にページが中々開かないってのはかなりのストレスに感じます。

          これはサーバの処理速度や応答速度が遅いことが主な原因です。

          表示速度の遅いサイトは、ユーザーエクスペリエンスを妨害する要因に該当するため、検索順位を下げる可能性があると、SEOガイドに公表されています。

          僕も使用しているエックスサーバー国内シェアNo1&サーバ速度No1の実績もあり選んでおけばまず間違いないサーバーです。

          その3|操作(作業)が簡単なこと

          そもそもサーバを借りてブログを作成する方や、FC2等の無料ブログからWordPressに移行を考えている方はおそらくレンタルサーバーを扱うのは初めてかなと思います。

          こんなことを書いている僕自身もFC2から移行するときに初めてレンタルサーバーを触りました。

          そのため、慣れないレンタルサーバーでも簡単にブログを立ち上げられるのが何よりうれしいですよね。

          エックスサーバーでは、WordPress簡単インストール機能が備わっており、ワンクリックで迷うことなくインストールできるようになっています。

          この機能は、エックスサーバーを使ってWordPressでブログを立ち上げる方が近年多いことから導入されたようです。こういったさりげない機能からもエックスサーバーの実績と本気度がうかがえます。

          ドメイン取得はどうするの?

          ドメインとは何か?についてですが、僕のブログでは「nw-memo.com」が取得したドメイン名になります。

          このドメイン名は他者と被ってはらなず、世界で1つの名前にする必要があります。

          このうち、「nw-memo」は自分で考えて決めます。

          ドット以降の「.com」については、購入/更新する必要があります。

           

          例えば「.com」場合、購入金額は110円(初期購入費用)となります。この購入により1年間利用することができます。

          つまり、僕の場合「nw-memo.com」は1年間110円で使えます。

          しかし、1年経過すると更新(維持費みたいな意味合い)が必要になります。その際は更新費用で1,298円となります。

          そのためブログを継続している限り、永遠に毎年更新が必要になります。

          上記1,298円/年はかなり安い方で、「.store」なんかを購入してしまうと更新料6,468円/年なんですよね…。

          6,000円という金額を見て泣く泣くドメイン変更したという事例もあるので、特別な何かが無い限り、「.com」が安くて安定です。

          ドメイン名は何を選んでもアクセス数とか収益に有利とか不利とか全くないので、更新費が安い方が出費が抑えられます。

          ちなみに更新料が高くドメインを手放してしまった場合、ドメイン変更するとドメインパワーが引き継がれないため、ドメインパワーが0の状態からブログを作成していくことになります。

          ドメイン1つ永久無料でもらえる仕組みがある

          キャンペーン中なら、ドメインはエックスサーバ契約時に1つもらえます。

          ここでもらったドメインは初期購入費用も更新料も一切かかりません。

          つまり、実は僕の「nw-memo.com」はサーバ契約時の特典としてもらったので、更新料が一切かかっていません。

          このようなことからも、エックスサーバーが維持費も安く絶対的におすすめできるサーバーになります。

          ※もし、2つ目のブログを作る際はもう一つドメインを取得する必要がありますが、これは特典ではないので別途初期費用と更新料がかかります。

          ただでさえサーバ代がかかるのに、ドメイン代まであるのかよ・・・って絶望していた僕ですが、これを聞いてすぐさま契約しましたよ。なのでずっとサーバー代だけで済んでいます。

          このドメイン永久無料はキャンペーンのみのため、この機会に申し込んでおくことで大幅に維持費を削減することができます。

          ▶エックスサーバー公式ページ

          エックスサーバーでなら、サーバ契約と同時にドメイン契約も完了するのでかなりの手間が省けますよ。

          小ネタですが、サーバを契約するとそのサーバを使ってメールアドレスも作成することができます。僕の場合は「〇〇@nw-memo.com」というメールアドレスを作成してお問い合わせ対応をしています。

          移行準備:WordPressをインストールする

          こんなに大量に記事があるFC2ブログからWordPressに移行する人なんて絶滅危惧種並みの人数だと思いますが、たとえ100記事であろうと大量だと思うので、誰かの参考になればいいなと思います。

          エックスサーバーをレンタルする

          先ほど紹介したエックスサーバーですが、契約プランはWordPressのブログならX10プランで十分事足ります。

          「X10プラン」「X20プラン」「X30プラン」がありますが、違いはディスク容量になります。

          基本的にブロガーであればX10で200GBあるので十分です。僕もまだ190GB以上残ってます。

          契約料金ですが、ずっとブログやっていくなら、契約期間が長い方が割安になっていきます。

          10日間はお試し利用できるので、何かあっても安心です。

          まずは10日間のお試ししてみてもOKです。

          中央に「あ」とか表示されててお恥ずかしい・・・。

          私は、まとまったお金がなかった(嘘です。あります。)ので3か月契約にしてみました。今思うと割安になる24か月でもよかったなぁと感じてます。

          WordPressをエックスサーバーにインストール

          インストールは非常に簡単で、上述のとおりエックスサーバーの機能としてWordPress簡単インストールというのがあるで、クリックしていけばインストール完了でした。

          特に注意することもなかったくらい簡単でした。

          WordPressテーマをインストール

          ワードプレスの管理画面にログインしましょう。

          WordPressにはテーマというものがありますが、FC2ブログ用語でいうと”ブログテンプレート”と同じ意味です。

          ブログの外観デザインを決めます。無料なものから有料のものまでたくさんあるので、好きなものを選びましょう。

          ちなみに私はまずは利用者の多そうな無料で高機能なテーマ「Cocoon」をインストールしました。

          ▶Cocoon公式ページはこちら

          (2020年9月現在「WordPressテーマをCocoonからDIVERに変更してPV数が劇的にアップした 」に記載していますが、CocoonからDiverに変更しました。)

          あとはFC2ブログやってると直感的に設定をいじれました。

          FC2ブログの管理画面に慣れすぎてHTML編集どうやって?CSS編集どうやって??そもそもブログ名変更とかは??といろいろハテナが飛んでましたが、何となくの感覚で設定できてきます。

          トップ画面が見れた(サンプル)

          ここまで来てやっと管理画面左上の自分のブログ名クリックしてトップ画面が見れました。

          まだFC2ブログから引っ越しもしていないので0記事のブログですね。

          サーバ借りて、ドメインゲットして、WordPressインストールして、トップ画面にアクセスしたってところです。

          さぁ、ここから記事をWordPress側に引っ越ししていきますよ。

          FC2ブログから1,200記事をWordPressに移行した方法

          ここからやっと記事の移行に入ります。

          1,200記事ある人は少ないと思うので、僕よりも簡単に終えるかと思います。

          各記事のURLの整合性合わせ

          記事を引っ越しする前にまず、WordPress側の各記事の名前付けのルールを考えなければなりません。

          例えばFC2ブログの個別記事の場合は 「http://〇〇.fc2.com/blog-entry-記事番号.html」というようなURLになっています。

          しかし、WordPressの初期状態では、「https://nw-memo.com/?p=記事番号」となってしまっています。

          FC2ブログでは下書きを書いていると既に採番されており、下書きのままだとその記事番号は欠番になってしまっていて、記事番号がいくつか抜けている状態でした。

          一方でWordPress側では抜けていた記事番号も詰められてしまうので、FC2ブログ側とWordPress側では記事番号がどんどんずれていっていました。

          このずれの修正がホントにめんどくさい。

          理想形としては「http://〇〇.fc2.com/blog-entry-記事番号.html」にアクセスしたら「https://nw-memo.com/?p=記事番号」とか「https://nw-memo.com/blog-entry-記事番号.html」になっていてほしいのです。

          上記のように完全に記事番号を合わせられると、FC2側でリダイレクト設定を行うことでドメインパワーを引き継ぐことができます。

          ずれていった部分は全部手動で直していきました。涙

          FC2ブログから記事をエクスポート

          FC2管理画面の左下にある。”ツール”から「データバックアップ」を選択します。

          エクスポートの表示のあるところへ移動する。すべての記事をダウンロードでOKです。

          FC2ブログから画像をエクスポート

          何をやりたいかというと、画像ファイルは全部一旦PC内にダウンロードし、そのファイルをWordPress側にアップロードします。

          先ほどの記事の時と同様に「データバックアップ」>>最下部の「ファイルバックアップ」でページ1から順に「リストを開く」をクリック。

          FC2からWordPressへ画像引っ越し

          100件と書いてあるページであれば100枚の画像が表示されたページがポップアップするので、画像ではない部分を右クリックして「名前を付けて保存」をクリック。

          保存名は何でもよいですが、ファイルの種類は「ウェブページ、完全」にして保存します。

          すると画像ファイルがフォルダに保存されます。

          これをファイルの数だけ繰り返します。上記だとページ10まであるので10回繰り返すことになりました。

          まぁまぁめんどくさいですよね。

          ここまででFC2ブログの記事データと画像データをダウンロードしてきたので、次WordPress側にアップロード(インポート)していきます。

          WordPressへ記事をインポート

          まずはインポート用プラグインをインストールしていきます。

          ダッシュボード>ツール>インポート を選択。

          Movable Type と TypePadの個所の「今すぐインストール」をクリックします。

          その後、「インポーターの実行」をクリックします。

          先ほどダウンロードしてきた記事ファイルを選択します。

          その後、ファイルをアップロードしてインポートボタンを押します。

          インポートが完了すれば、記事の引っ越しはできたことになります。「投稿一覧」から記事を確認してみましょう。全部あるはずです。

          一つ記事を編集してみましょう。

          <br>
          <!--more-->
          <br>

          すると上記のようなものが埋められていませんか?FC2側で追記で記事を書くと、必ず各記事に埋め込まれてしまいます。

          WordPressでは全く不要なので削除していきましょう。記事数が少なければ手動でOKです。

          Search Regex」と呼ばれるプラグインがありますので、さっそく使用してみましょう。

          ダッシュボード >>プラグイン >>新規追加 →Search Regexを検索

          今すぐインストールします。インストール後は有効化します。

          使い方などは様々な方が紹介していますので、そちらを参照ください。

          要は全記事に対して置換を行い、上記の不要な文字列を削除していきます。

          WordPressへ画像をインポート

          WordPressを開きます。

          左側のメニューの「メディア」>>「新規追加」と押していくと、ファイルをドロップできるエリアが上部に表示されますので、そこに全部のファイルをドロップしていきます。1000個くらい一気にドロップしましたが、少し待てば読み込まれ、処理されていきました。

          1000件もドロップすると、一瞬固まって「あれ??」ってなりもう一回1000件ドロップしてしまい、合計2000件のアップロードしてしまいました。。。

          インポートはこれで終了なのですが、自分の記事を見て画像が表示されているか確認してみましょう。

          おそらく、表示されていると思います。

           

          画像が表示されていますが画像のURLがFC2のままなので、FC2ブログ内のサーバから読み込まれたものを表示させています。

          このまま置いておくと、仮にFC2ブログアカウントを削除した場合は画像がすべて消えてしまうので、記事内の画像のURLをすべて変換していく必要があります。

          各画像のURLの整合性合わせ

          FC2ブログ内で画像ファイルのURLは以下のようなURLになっていると思います。

          「https://blog-imgs-数字.fc2.com/●/●/●/ユーザ名/ファイル名.png」 (FC2ブログ内)

          しかしWordpPressにアップロードしたファイル名は以下のような表記になっていると思います。

          「https://ドメイン名/wp-content/uploads/日付/ファイル名.png」 (WordPress内)

          FC2側の”数字”の部分はファイルをアップロードした時期によっては多少異なる場合があります。

          私の場合は”数字”の部分は20種類ほどありました。
          それぞれサーバ番号を示しており、アップロードしたタイミングによって変わっています。

          そのため記事内に埋め込まれたすべての画像URLをすべて置換していきます。

          ちなみに先ほど一気に画像をアップロードしたので”日付”の部分は2020/6/とか2020/7/とかすべて同じである前提です。

          先ほどのSearch Regexを使用して以下を入力します。

          1. Search pattern:https://blog-imgs-数字.fc2.com/●/●/●/ユーザ名/
          2. Replace pattern:https://ドメイン名/wp-content/uploads/日付/
          3. Replace& Saveをクリック!
          4. 1の”数字“の部分を変更して再度1~3を行う。全部の”数字“を変換できれば終了!

            するとすべての画像URLが変換され、WordPressから画像が読み込まれるようになります。

            私の場合は”数字”の部分は20種類ほどあったので、この作業を20回行うのが面倒でした。
            12年分のファイルがありましたから引っ越しするなら早い時期が良いと切実に思いましたね。。。

             

            もし自分でHTMLとかCSSとかがイマイチ分からず、無料ブログからWordPressへの引っ越しが心配な場合は、サイト引っ越し屋さんに引っ越しを行ってもらうという方法もあります。

            引っ越しにミスしつつも自力で頑張るのは良いですが時間がもったいないかもしれませんね。

            ページのSEOを引き継ぐためにも、リダイレクトの設定には要注意しましょう。

            WordPressに引っ越ししてからの効果は?

            正直効果はめちゃくちゃありました。

            何でもっと早くFC2ブログからWordPressに変えなかったんだ…。

            まず、FC2ブログに比べて応答速度が明らかに速い!

            FC2ブログでは日によってたまーに遅い日があるのですが、WordPress+エックスサーバーの組み合わせでは今のところいつでも快適にアクセスできます。

            閲覧者のことを考えると快適なほうが良いので乗り換えてみて良かったと感じています。

            一番驚いたのが、アドセンスやアナリティクス、サーチコンソールが、WordPressのダッシュボードから一括管理できる!!今まで各ページにアクセスしてそれぞれ開いてみていたのに、WordPress内で一括管理できるんですよね、これ。

            なんでもっと早く引っ越ししなかったんだろう。

            皆が口をそろえて「移行するなら早めがいい」と言ってた理由が身をもって体感できました。笑

            ぜひ迷っているのであれば早めに決断することを”この12年も決断できなかった“がおすすめします!

            WordPressに引っ越ししてからの成果を置いておきますので、もしお時間あれば見てみてください。

            ▶【初心者向け】ブログのアクセス数を月間3万PVまで増やした僕の戦略 

            引っ越ししてから4ヵ月程度で3万PVまで到達しました。

            やはりサーバ処理速度の向上が最も効果的だったように思います。

            PV数も8万PVを超えアドセンス収益も53,000円を超えてきましたので、収益化を目指すならWordPressだと改めて実感しています。

            おかげさまでサーバ代なんてすぐに稼げるようになりました。

            うまい棒は1本10円換算です。

            キャンペーン中(9/9マデ)に申し込むことをオススメします!

            こちらの記事も読まれています
            このサイトで使用しているテーマ

            アフィリエイト最適化WordPressテーマ『Diver』

            目を引く美しいデザインから内部構造まで考え込まれて作り込まれているのが特徴です。最新のSEOはもちろん、利用者のアフィリエイトの収益をいかにして伸ばせるかを考えて作られているテーマです。サイトレイアウトやデザインの自由度も高く、機能性を損なわずにデザインすることが可能です。