原監督の驚きの采配『投手・増田大』

私は阪神ファンですが、そこまでコアなプロ野球ファンじゃないんだけどあの試合、「試合に勝って勝負に負けた」感がありました。原監督はすごい。

増田大のピッチングもスゴかったんだけど、話題はそこではなくて、監督の采配に賛否両論が巻き起こってる。采配に賛否がすごく分かれた試合。

まぁ実際あの3連戦は阪神の1勝2敗で負けてもいるわけなんですが、なんかもう完敗でした。

甲子園に響いた『投手・増田大』の衝撃

2020年8月6日の甲子園でのホームゲーム。【神 11 - 0 巨】の8回裏、中谷の代打満塁ホームランが出た後のことでした。

多分誰もが衝撃を受けたのではないかと思う。結果は近本セカンドゴロ、江越四球、大山ライトフライ。見事に2アウト取り8回裏の阪神の攻撃を終了させた。ただただすごい。阪神の自慢のバッターを打ち取ったのだから。

なぜ内野手の増田大選手が投手としてマウンドに上がったのか?についてだが、この話を初耳の人もいるだろうから、少し説明しておくと、

阪神の8回裏の攻撃で中谷の満塁ホームラン等で7点を追加し11-0というスコアになった。そしてまだ1アウトという状況。巨人は残り9回表の攻撃だけを残していた。おそらく”伝統の巨人軍”以外誰もがこの試合は巨人の負けだと思っている。

そして8回裏の阪神の攻撃はまだ続いている。残り2アウト取らなければ攻撃は終わらない。

こんな場面で、原監督がピッチャーとしてマウンドに上げたのが、投手ではない増田大内野手である。

こんな場面でさえも野手をマウンドに上げるなんて阪神ファンに失礼!とか言われていますが、戦略としては全然アリ。1敗は1敗。もしここで阪神に撃ち込まれたとしても1敗は1敗。

そしてそれを裏で準備しているというのもさすがでした。

多分原監督も批判が起きることは想定内だったのではないかと思う。

原監督自身、巨人一筋なので、さすがに巨人軍に伝統があるのは身をもって体感しているし、受け入れられるものではないと自分自身が一番分かっていたのではないかなと感じる。

私自身、ハッと目が覚めた。(寝てたわけじゃないよ)

もちろんチーム批判・監督批判もある

内野手を投手としてマウンドに上げたこの采配、OBの方の意見は様々。(代表的なものだけを挙げています)

「巨人がやっちゃあいけない」とか「監督と喧嘩してでも止めさせます」とかいう批判もありますし「戦略としてもちろんあり、投手からするとすごく助かる」といった声もあります。

賛成側の意見では、

と言った、過密スケジュールでの選手の疲労を考慮した内容や、ルールから逸脱していないからそもそも反対される筋合いはない、といった内容が賛成側には多いと感じます。

私も賛成側なのですが、ただの阪神ファンにわかプロ野球ファンの私からすると「なんで内野手が投手やったらダメなん?」という感想しか出てこないです。

今宮も高校球児の頃はピッチャーやってたし中田も堂林も投手やってたじゃん??ストライク入るんだったら投げて良いじゃん?って思いますよ。高校野球では全然アリですよね。

プロは投手か野手かキッチリ線引きが必要なんですかね??

巨人も今は、セリーグの一つのチームに過ぎなくて特別なわけでは無いし、原監督も普通の監督でしょう。巨人をまだ伝統のチームだとか特別なチームだとか思ってる古き時代の意見は、今の時代にはまったく合ってないと思います。

逆に反対意見は何を言ってるのかというと、

  • 正々堂々と勝負しろ
  • 観客はプロ野球を観てるのであって草野球を観ているのではない。
  • 金払って草野球見てるのと同じ。
  • プロスポーツとしては無し。手抜きプレー。
  • 10回までとMLBと比べても楽。投手が投げてもさほど影響ないのでは?
  • 最後まで諦めない姿勢で試合をやって欲しかった

という意見がほとんどでした。言ってることは分かりますが「プロで客からお金もらって試合してるんだから手抜きせず試合が終わるまで全力でやれ」ということなのでしょうね。

いつまでも逆転の可能性を夢見て、主力野手は下げない、勝ちパや接戦時の投手を突っ込む。

こんなことをやっていると体力が持たない気がします。勝てる試合を落としかねません。

「プロなんだからそれに耐えられるくらいの体力と根性くらい身につけろ!」と言われればそれまでですけどね。

メジャーリーグでは一般的な戦略

少し話がそれますが、

私自身メジャーリーグは全然観ていないんですが、スポーツニュースでイチローや青木が登板した!というようなことを耳にしました。

  • イチロー(マーリンズ):15年10月4日のフィリーズ戦で1回2安打1失点
  • 青木(アストロズ):17年6月30日のヤンキース戦で1回1安打3失点

失点しながらも登板しています。

投手からするとすごく助かると上原さん、ダルビッシュ投手も言っていますね。

メジャーでは大差で負けている場合は野手の登板が頻繁に行われているようです。

そんな野手登板ですが、見方を変えると「試合を捨てた」「観客に失礼」との見方もある。なので、MLBは昨年11月に新ルールを決定し、「二刀流」登録の新設とともに、「野手登板は延長戦と6点差以上の試合のみ」というルールを設けたようです。

監督の任務は『伝統を守る』ことではなく『優勝』すること

これに尽きる。プロ野球もファンがいてこそなので、ファンが最も喜ぶこと「優勝」を追求すべきじゃないだろうか。

私は落合監督が番組出演している動画をYouTubeでよく見ていた時期があったんですが、落合監督が何かの番組で言っていた

優勝できなければ監督としては0点

この言葉が、頭をよぎりました。

監督という立場で与えられた任務は「優勝すること」であり、「伝統を守ること」ではありません。ルールとして認められる以上、あり。

ルール内で戦っているのだから、あり。

巨人軍には「試合を決してあきらめてはいけない」という伝統があるようですが、あきらめずに投手を送り込んで肩に負担を与え、翌日以降に疲労を溜めて撃ち込まれて連敗するよりか全然マシなのではないだろうか。

大量失点しようが、1敗は1敗。大量失点するとチーム防御率が下がってしまうという意見もありますが、単なる結果の数値であり勝敗には関係するわけではないです。

最少得点で勝ち、大量失点で負けてチーム防御率がズタボロでも”優勝”できればいい。

たとえばリーグ優勝したチームの勝敗を見てみると、

2019年 77勝-64敗-2分
2018年 82勝-59敗-2分
2017年 88勝-51敗-4分
2016年 89勝-52敗-2分
2015年 76勝-65敗-2分
2005年 87勝-54敗-5分 阪神!
2003年 87勝-51敗-2分 阪神!

少なくとも50敗はしても良いし、60敗しても優勝ラインに届く。

要は、いつ50回負けて、いかに勝ち星を拾っていくか、という長期的な戦略が必要になる。選手自身は1戦1戦、1打席1打席集中すればいい。それが成績となる。

監督になると、負け、エラー、失策、失敗を考慮して臨機応変な戦略が求められる。これがチームを率いたマネジメントなのかなと思う。

バッターだって、10回中3回ヒット打てればミート力のあるバッターと呼ばれる。10回中4回ヒット打てれば首位打者だって取れる。失敗した7回をどう次に活かすかを考える。それと同じこと。

いかに次の試合に勝てるように、1敗したときに余力を残せるか、気分を変えられるか。

また、今シーズンはコロナの影響もあり、過密スケジュールになっています。昨年までと同じ戦い方ができるというわけではないです。その辺のしっかりと頭に入れた上での原監督と宮本コーチの最善策だったのだろうなと感じています。

落合監督は、監督としてチームを優勝させなければならないという使命のもと「見ていて楽しくない野球をする」とも言っていたと思います。「ファンが喜ぶ試合を毎試合しないといけないの?一番喜ぶのは優勝でしょう」と。

まさにこの言葉が当てはまりますね。

また、選手のコンディションなども徹底的に考え、選手のテレビ出演等も控えさせたというのもYoutubeで見ました。そんなところで体力を消費している場合じゃない、ということでしょう。

こういったOBの批判をもろともしない優勝へ向かうための采配ができるような監督が真の名将と言えるのではないのかなと思いました。

「俺たちは勝つために、目標(優勝)のために戦っているんだから。今年は、特にケガ人も多い。コロナ禍のルールというのもある。簡単に『ダメだ』と言うのは本末転倒のような気がする。(逆の立場の)俺だったら言わない。(野手の投手起用は)ジャイアンツの野球ではやってはいけねえんだとか、そんな小さなことじゃないんだよ。俺たちの役割は」

https://news.yahoo.co.jp/articles/19939caa981f65598883d8783fe2a4c93f8e821f

批判する人よりも実績のある原監督の言葉に重みを感じますね。監督をやっている以上、優勝しなければなりませんからね。戦術の1つを”伝統”の一言で消されてたまるもんか、と思います。

私自身、伝統を守るとか伝統を受け継ぐとかいう言葉は大嫌いで、伝統というよくわからないもののしがらみによって行動を制限されることが嫌いです。

だけどきっと私が60歳前後になると、時代に取り残されて「伝統」とか「今まではこうだったから」とかいうオジサンになっていくんだろうなぁと思っています。

そうならないように気を付けたいし、時代に取り残されないようにしようと思います。

あなたのTwitter運営、上手くいっていますか?
SocialDog
無料で利用できる唯一の運用ツール
SocialDogは、運用、効率化、自動化、分析、アカウント管理など、
Twitterマーケティングに必要な機能を網羅しています。
「フォロワーを増やしたい」「エンゲージメントを高めたい」「効率化・自動化したい」などTwitterマーケティングにおけるあらゆる課題を解決するツールです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事