MENU
キッズ向けスマホならLINEMOがオススメと断言する3つの理由詳細はこちら >>

モバイルデータ通信量って何?【格安SIMの契約には重要な値です】

モバイルデータ通信量って何?
格安SIM・スマホ最新特価のおしらせ

IIJmio(11/30まで在庫限りのスペシャル特価!!

LINEMO(期間限定!!)

LINEMOが8ヶ月実質無料はかなりお得なキャンペーンなので、この機会にぜひ契約しよう!

モバイルデータ通信量は、スマホの契約キャリアでデータ通信ができる量のことです。

格安SIMの契約には「データ通信量」を理解しておくことで、無駄なく節約ができるので、ぜひ本記事でモバイルデータ通信量について理解しましょう。

Wi-Fiなどを使ったデータ通信は対象外です。

目次

「モバイルデータ通信量」とは?

スマホの契約キャリアを介してデータ通信できる量のことを「モバイルデータ通信量」と呼んでいます。

スマホでインターネットやアプリを利用していますが、これらには通信が必須となっていますよね。

google検索するにも、LINEを利用するのにも、Twitterするのにも必須なのが通信です。通信が無ければスマホでは何もできないくらいに重要です。

近年では通信インフラと呼ばれるくらいですから、通信は日常生活に欠かせないものとなっています。

そんなデータ通信ですが、インターネットを頻繁に行う人は通信量が多くなりますし、特に動画なんかをよく見る人は通信量が膨大になってしまうこともあります。

テキストよりも画像、画像よりも動画が通信量が大きい傾向があります。

厳密に言うと、通信にも上り通信/下り通信がありますが、本記事では割愛します。

詳細は「上り通信/下り通信とは?」をご覧ください。

格安SIMの契約には「データ通信量」を理解しておこう

格安SIMには料金プランが数種類ありますが、これらは主に1ヵ月に通信できるデータ通信量(スマホで通信できる量)によって月額料金が変わります。

1ヵ月の通信量が大きいと月額料金が高くなり、通信量がすくないと月額料金が安くなるので、通信をほとんどしない方は月額料金を抑えることができます。

料金プランのデータ通信量の例

例えばこんな感じです。

IIJmioなら・・・

IIJmio2ギガプラン4ギガプラン8ギガプラン15ギガプラン20ギガプラン
データ通信量2GB4GB8GB15GB20GB
月額料金税込850円税込990円税込1,500円税込1,800円税込2,000円
IIJmioの料金プラン

ここでいう2GBや4GB、8GB、15GB、20GBという値が、モバイルデータ通信量です。

例えばIIJmioの場合は2,4,8,15,20ギガのプランが用意されています。1ギガや3ギガが欲しい方には向いていないとも言えますね。

OCNモバイルONEなら・・・

OCNモバイルONE1GBコース3GBコース6GBコース10GBコース
データ通信量1GB3GB6GB10GB
月額料金税込770円税込990円税込1,500円税込1,800円
OCNモバイルONEの料金プラン

OCNモバイルONEの場合は、IIJmioとは異なり1GB、3GBが用意されています。ですが、2GBや4GBが欲しい方はOCNモバイルONEは向いていないとも言えます。

LINEMOなら・・・

LINEMOミニプランスマホプラン
データ通信量3GB20GB
月額料金税込990円税込2728円
LINEMOの料金プラン

LINEMOはたった2つのプランしかありません。3GBと20GBですが、LINEがカウントフリーなので実質3GB以上使うことが可能です。なのでLINE中心の方にはすごく需要があります。

自身の1ヶ月の通信利用量を把握しておこう

自分がどれだけ通信を使うかを知ること、どんな通信がどのくらい消費するかをおおよそでも理解しておくことで、月額料金をより下げることができますよ。

会社によっては、4ギガで990円だったり3ギガで990円だったりと、同じ料金でも使えるデータ量が異なったりするので、比較してみるのがおすすめです。

通信の種類とそのおおよそのデータ消費量

上述したように、通信によってデータ消費量が異なりますが、同じ動画閲覧でも消費量が異なる場合があります。

例えば、画質の良い画像・動画と画質を落とした画像・動画です。

細かい仕組み等は省略しますが、画質の良い動画の方が通信する(ダウンロードする)情報量が多いため、データサイズが大きくなってしまいます。

データ通信量:3GBの場合

通信の種類3GBで出来ること
ニュースサイト閲覧1ページあたり300KBの場合
約9,600ページ
YouTube(動画)高画質(720p)2.5Mbps
約2.7時間
Netflix(動画)標準画質(SD)3.0Mbps
約2.2時間
Spotify(音楽)最高音質 320Kbps
約21時間
Zoom(ビデオ会議)高品質グループ会議 上下合計1.6Mbps
約4.3時間
3GBでできること

データ通信量:20GBの場合

通信の種類3GBで出来ること
ニュースサイト閲覧1ページあたり300KBの場合
約64,000ページ
YouTube(動画)高画質(720p)2.5Mbps
約18時間
Netflix(動画)標準画質(SD)3.0Mbps
約14.8時間
Spotify(音楽)最高音質 320Kbps
約142時間
Zoom(ビデオ会議)高品質グループ会議 上下合計1.6Mbps
約28.4時間
20GBでできること

通信の世界では、より綺麗な写真・動画の方が情報量が多く、通信するデータサイズが大きくなります。そのため、動画の通信量の節約のためにあえて画質を落とすという選択をする人もいるほどです。

あえて画質を落とす理由は、こうした方が結果的に月額料金が抑えられるからです。

何も考えずにじゃぶじゃぶ使えば使うほどより大きなデータ量のプランに加入しなければならず、結果的に月額料金も上がってしまうので、注意が必要です。

過去のおおよそのデータ通信量の確認方法

Android 12の場合は、

「設定」→「ネットワークとインターネット」→「SIM」→「(該当のSIM選択)」→「アプリのデータ使用量」
※機種によって若干異なる場合があります。

1ヵ月のデータ通信量の見方

アプリ毎に、期間中にどれだけ通信したかを確認できるのですが、InstagramやYoutubeが多くなる傾向があるのではないでしょうか。

過去1ヵ月単位で確認できるのと、数か月前まで遡れるので、格安SIMを契約する際の目安となります。

参考リンク

▶子供向け格安SIMランキング

▶モバイルデータ通信とWi-Fi通信とは?

▶電話とLINE電話の違いは?

目次