MENU
キッズ向けスマホならLINEMOがオススメと断言する3つの理由詳細はこちら >>

SMSとは?メールやLINEとの違いを分かりやすく解説します。

SMSとは?メールやLINEとの違いを分かりやすく解説します。
格安SIM・スマホ最新特価のおしらせ

IIJmio(11/30まで在庫限りのスペシャル特価!!

LINEMO(期間限定!!)

LINEMOが8ヶ月実質無料はかなりお得なキャンペーンなので、この機会にぜひ契約しよう!

「SMSって何?」「SMSって何の用途に使うの?」と言った方向けに、SMSについて解説します。

SMSはガラケー時代からあり非常に歴史の古いサービスで、短い文章をテキストでやり取りできます。今となっては当たり前のサービスですが、古いがゆえに近年ではLINEやメールに取って代わられてしまったとも言えます。

目次

SMS(えす えむ えす)とは?

SMSを簡単に言うと

  • ショートメッセージサービスの略称
  • 電話番号を使って相手とメッセージのやり取りができるサービス
  • 携帯電話が普及した当初から搭載されていた古いサービス
  • 電話回線を利用したサービスのため、通話料のように別途料金がかかる
  • 基本的にテキストのみのやりとり
  • メールよりも古い歴史を持つ

もともとガラケー時代からあったサービスで、アカウント等の作成は不要で携帯電話を持っていれば使えるため非常に便利でした。ガラケーでインターネットが使えるようになってきてからはメールの方が主流になってきました。

LINEよりもメールよりもはるか昔からあるサービスであり、そのため基本的にテキストメッセージしかやり取りできません。

今ではスマホで何でもできるしLINEを使えばテキスト、画像、動画、スタンプ、絵文字などで相手とやり取りできるため、SMSはほぼ使われなくなってきました。
(ビジネスでは利用している方もいるかと思います。)

連絡手段(通話以外で)の歴史としては、ポケベル→SMS→メール→LINEという変化で今に至ります。携帯電話でインターネットができるようになってからは「メール」、スマホになってからは「LINE」と端末の発展と共に連絡手段が変わってきています。

次に来るのは何なのか、メタバースなのか?と次世代に期待しています。

SMSの主な用途

  • 電話番号しか知らない人へメッセージを送る
  • SMS認証

今ではほとんどの方がLINEアカウントを持っており、電話番号を互いに知っていればLINEアカウント上で勝手に友達になってしまうため、SMSより手軽なLINEを使ってしまいがちなのでSMSを使う機会はほぼなくなってしまったのではないかと思われます。

そのため、現代ではメッセージのやりとりというより、アプリのSMS認証で認証コードのやり取り等に使われることがメインになってきました。

SMSの料金

  • 受信料:0円
  • 送信料:文字数により変わります。

送信文字数 1回あたりの料金(税込)

文字数料金
1~70文字(半角英数字のみの場合1~160文字)3円
71~134文字(半角英数字のみの場合161~306文字)6円
135~201文字(半角英数字のみの場合307~459文字)9円
202~268文字(半角英数字のみの場合460~612文字)13円
269~335文字(半角英数字のみの場合613~765文字)16円
336~402文字(半角英数字のみの場合766~918文字)19円
403~469文字(半角英数字のみの場合919~1071文字)23円
470~536文字(半角英数字のみの場合1072~1224文字)26円
537~603文字(半角英数字のみの場合1225~1377文字)29円
604~670文字(半角英数字のみの場合1378~1530文字)33円
https://www.docomo.ne.jp/service/sms/charge/

受信するだけなら無料で済みますが、正直、送信する気にならない価格設定ですよね。

データ通信回線ではなく電話回線を利用したサービスであるがゆえに、別途料金がかかってしまいます。

ガラケー時代のことですが、僕の母親が父親との連絡手段に毎日SMSを使っていると聞いて驚愕しました。

SMSとメールとの違い

SMSとは?メールやLINEとの違いを分かりやすく解説します。
  • メールは電話番号ではなくお互いのメールアドレスでやり取りする
  • メールはインターネット回線を使ってやり取りする(データ通信)
  • メールは文字数制限が2000文字、SMSは670文字

大きな違いとしては、メールは互いにメールアドレスを知っていないとメールのやり取りができません。そのため、事前にメールアドレスを作成しておく必要があります。

また、メールはインターネット回線を使ってやり取りをするものですが、SMSは電話回線を使ってやり取りします。

そのため、SMSは通話料のような料金がかかってしまいます。メールはデータ量を消費するのみなので直接料金がかかることはありません。

SMSとLINEとの違い

SMSとは?メールやLINEとの違いを分かりやすく解説します。
  • LINEはLINEアカウントを持っていないとやり取りできない
  • LINEはインターネット回線を使ってやり取りする(データ通信)
  • LINEの方が表現方法が豊富

そもそもの登場した背景も違うので、LINEとは大きな違いがあります。

そもそもLINEを使ってやり取りを行うためには、互いにアカウントが作成されていることが条件となります。

メールと同様、LINEはデータ通信量を消費してやり取りできますが、SMSでの送信は別途料金がかかってしまいます。

また、LINEの方が、メッセージに加えて画像や動画も送ることができるので、よりコミュニケ―ションが取りやすい現代に合ったメッセージアプリと言えます。

SMSと+メッセージとの違い

SMSとは?メールやLINEとの違いを分かりやすく解説します。
  • +メッセージは、どちらかというとSMSよりLINEに似ている
  • 宛先は電話番号(SMSと同じ)
  • +メッセージはデータ通信量を消費する(いわゆるパケット通信)

電話番号でのやり取りを可能にしたLINE(メッセージ)」というイメージです。

そのため、現代では最も普及すべきサービスだと思われますが、既にLINEが浸透してしまっているために、LINEをやめてまで+メッセージを使おうという動きになりませんでした。

過去にLINEの情報流出問題等もあり、+メッセージへの乗り換えの動きが見られるのかなと思っていましたが、全く持って周りでそんな話をする方がいないので、結局はLINEを使い続けることになりそうです。

SMSとの違いは以下のようになります。

項目SMS+メッセージ
宛先携帯電話番号携帯電話番号
アカウント・パスワード不要不要
最大文字数全角670文字/1通全角2,730文字/1通
写真・動画×〇(100MB)
ファイル添付×
グループメッセージ×
既読・未読確認×
料金3~33円(税込)/1通
※文字数によって異なります
パケット通信料
※初回認証後はWi-Fi利用可
引用:https://www.docomo.ne.jp/service/plus_message/about/

+メッセージではSMSの送受信もできるため、相手によって+メッセージなのかSMSなのかが異なるため、注意が必要です。

補足:SNSとの違い

似た言葉でSNSがありますが、意味は全く違います。

SNS(Social Networking Service, ソーシャルネットワーキングサービス)は、いわゆるLINE、Twitter、Instagram、TikTokなどのサービスを表す言葉です。SMSのショートセッメージサービスのことと混同しないように注意しましょう。

目次