雪山 ぺんた
ネットワークエンジニア
大手企業でネットワークエンジニアとして働いてる「雪山 ぺんた」と申します。
ネットワークの専門家として、子供のキッズ携帯・スマホを徹底的に解説しています。
相互リンク募集中です。
Pickup!
子供にはキッズ携帯、スマホどっち?
子供にオススメはLINEMO!
LINEMOを始めよう!
子供のスマホをLINEだけにする方法
キッズ携帯は本当に安い?
子供のスマホを管理する
当サイトについて

当サイトはリンクフリーです。

当サイトの記事・画像等のコンテンツを利用する場合は、引用元としてリンクを明記していただければ利用していただいて構いません。

仕様やサービス内容の変更により、最新の情報とは異なる場合があるのでご注意ください。

相互リンク募集中です

当ブログでは相互リンクを随時募集しております。

相互リンクいただける方は相互リンク募集中より申請お願いします。

>> 子供向け格安SIMランキングはこちら <<

【2023年6月】UQモバイルの新料金のメリットとデメリット

LINEMOの期間限定キャンペーン!!
LINEMOキャンペーン
キャンペーンはここからアクセスできます。お得に申し込もう!
  • ミニプラン(3GB→6GB)が期間限定で実質3ヶ月無料※!!
    ※ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗り換えの場合は対象外。
    ※スマホプランは対象外。※PayPay公式ストア等でも利用可。出金・譲渡不可。
  • 「LINEMO契約から6か月間まで」5分以内の国内通話定額オプション「通話準定額」(税込550円/月)が無料!
    ※対象者:LINEMOを契約の上で、通話準定額に加入中の方。一部対象外の通話あり。
  • ソフトバンク回線で通信速度も速い!
  • フィルタリングも月額0円で利用できる!

\ミニプラン最大3ヵ月実質無料は今だけ!/

申し込みは簡単で最短5~10分で完了します
2年縛りなし

J.D. パワー 携帯電話サービスお客さま満足度No.1<バリューキャリア>を受賞しており、そのなかでも「通信品質」「サービスメニュー」「手続き・サポート対応」「提供端末」の項目でトップを獲得しているUQモバイルをご存じでしょうか。

各サイトの格安SIMのオススメ度ランキングではトップクラス常連のUQモバイルについて、詳しく解説していきたいと思います。

これを見れば、なぜUQモバイルがどのサイトでも評判が良くオススメ度トップクラスなのかはすぐに理解できるでしょう。

ただ、他サイトでは、情報が古く旧料金プランや旧オプションを紹介しているサイトが見受けられるので注意してください。

2023年5月24日より新料金プラン「コミコミプラン」「トクトクプラン」「ミニミニプラン」がスタートしています。

▶ネットワークエンジニアが教える本当におすすめの格安SIMの選び方・比較

気になる箇所からチェック!

UQモバイルとは?

UQモバイルの概要

UQモバイルとは、KDDIグループの1つでありUQコミュニケーションズが提供する格安SIMサービスです。

KDDIとしてはメインブランドはauですが、サブブランドとしてUQモバイルを提供しています。

またサブブランドという格安SIMの中では少し特殊な位置付けです。簡単に言うとUQモバイルは大手キャリアと格安SIMの両方の良いとこどりをした格安SIMと言え、品質も高くそれでいて安価という特徴を持っています。

UQモバイルの料金プラン

UQモバイルでは「コミコミプラン」「トクトクプラン」「ミニミニプラン」の3つのプランが用意されています。

UQモバイルの料金プラン
UQモバイルコミコミプラントクトクプランミニミニプラン
月額料金3,278円990円(~1GB)
2178円(~15GB)
(自宅セット割含む)
1,078円
(自宅セット割含む)
データ量20GB1GB~15GB4GB
無料通話10分かけ放題なしなし
通話料22円/30秒22円/30秒22円/30秒
通話オプション完全かけ放題月計60分無料通話
1回10分かけ放題
完全かけ放題
月計60分無料通話
1回10分かけ放題
完全かけ放題
速度制限後の速度1Mbps1Mbps300Kbps

2023年5月24日以前の料金プランと比べると、プラン体系がガラッと変わった印象を受けます。

この3つのプランの中では個人的にコミコミプランに注目しており、ahamoの上位互換になり得るのかなと思います。

UQモバイルの料金プラン

コミコミプラン

コミコミプラン

UQモバイルを契約する価値はおそらくこの「コミコミプラン」にあるかと思います。

コミコミプランはシンプルで、自宅セット割や家族セット割が必要ありません。

比較対象はahamoなのですが、

比較コミコミプランahamo
月額料金3,278円2,970円
データ量20GB20GB
無料通話1回10分かけ放題1回5分かけ放題
通話料22円/30秒22円/30秒
通話オプション完全かけ放題
(+1100円)
完全かけ放題
(+1100円)
速度制限後の速度1Mbps1Mbps
データ量追加5GB/550円1GB/550円
データ量繰り越しありなし

ahamoと異なる箇所は、

  • 月額料金が308円高い
  • 1回5分かけ放題ではなく10分かけ放題
  • データ量追加が1GB/550ではなく5GB/550円
  • データ量繰り越しあり

です。実質的に308円追加することで10分かけ放題やデータ繰り越しが出来るようになると考えると、かなりお得なプランになります。

もちろんahamoの方が勝っている点もあり、通信速度はahamoの方がおそらく速いです。ですがUQモバイルもサブブランドなのでかなり速い部類なので体感的にはあまり変わらないかと思います。

(地域によってドコモ回線、au回線の電波の入りやすい入りづらいがあるので、注意は必要です。)

ahamoを検討している方は、+308円出してUQモバイルにするのも検討してみてはいかがでしょうか。

トクトクプラン

トクトクプラン
割引後の価格

従量課金制のトクトクプランですが、1GBの次のレンジが15GBなので、実質15GBの料金プランと見た方が良さそうです。

1GB未満なら990円で済みますが、それを超えると約2倍の2,178円まで増加します。

普段の利用で1GBを少しオーバーしそうな方は、次に紹介するミニミニプラン(4GBで1,078円)を選択する方が賢いのかなと感じますね。

15GBを他の格安SIMと比較してみます。

比較トクトクプランIIJmioY!mobile
月額料金2,178円
(割引前:2728円)
1,800円2090円
(割引後)
データ量15GB15GB15GB
無料通話含まない含まない含まない
通話料22円/30秒11円/30秒22円/30秒
速度制限後の速度1Mbps300Kbps1Mbps
データ量追加5GB/550円1GB/220円5GB/550円
データ量繰り越しありありなし

15GBの料金プランのあるIIJmioとY!mobileについて比較してみると、最も高いのがUQモバイルのトクトクプランだと言えます。

確かにUQモバイルは通信速度が速いものの、自宅セット割で割引されてこの2,178円という料金では、正直微妙なところではないでしょうか。

僕ならMNPして端末を激安価格で買えるIIJmioに乗り換えます。。。

【2023年6月】UQモバイルの新料金のメリットとデメリット

トクトクプランにはそこまで価値を見出せんでした…。

ミニミニプラン

【2023年6月】UQモバイルの新料金のメリットとデメリット
割引後の価格

一見お得そうに見えるミニミニプランですが、最近だと様々な格安SIMでは3GB990円が主流になりつつあり、IIJmioでは5GB990円なので、いたって普通な料金プランでしょう。

ちなみに割引前だと2,365円と高すぎるので、正直全く魅力的ではないです。割引前提という料金プランな時点で個人的には少し敬遠してしまいます。

UQモバイルの通話オプション

トクトクプラン、ミニミニプランでは下記の3つから選択可能です。

月計60分無料通話【+550円】1ヵ月の通話時間の合計が60分以内は無料
1回10分かけ放題【+880円】1回10分以内なら何度でも無料
完全かけ放題【+1,980円】何分でも何回でも通話無料
トクトクプラン、ミニミニプランが選べる通話オプション

UQモバイルは1回5分かけ放題はありませんが、その代わり計60分無料通話があります。たとえ1回で10分をオーバーしてしまっても、月60分以内なら無料になる通話オプションです。

プラン内に10分かけ放題が含まれているコミコミプランでは、下記の通話オプションが選択できます。

完全かけ放題【+1,110円】何分でも何回でも通話無料
コミコミプランが選べる通話オプション

UQモバイルのメリット

メリット

オススメ度トップクラスと皆が口をそろえて言うUQモバイルのメリットとは一体何なのでしょうか。

格安SIMの中でもUQモバイルはauのサブブランドという独自の位置づけの格安SIMになります。

サブブランドって何?という方は「格安ブランドとは?格安SIMやサブブランドとの違いとおすすめは?」を参考ください。

サブブランドであることの強みを含めて、メリットを挙げます。

UQモバイルのメリット
  1. 通信速度が速く、ギガ使い切っても1Mbps
  2. データ容量の翌月への繰越が可能
  3. 支払いは口座振替にも対応
  4. 学割で学生もその家族も割引
  5. テザリングは無料で利用可能
  6. UQモバイルメールアドレスが利用可能

それぞれ詳しく見ていきましょう。

その1|通信速度が速く、ギガ使い切っても1Mbps

UQモバイルは格安SIMの中でも群を抜いて通信速度が速く、スマホ代を安くしたいけど通信速度を落としたくない人にとっては最も最適な格安SIMと言えるでしょう。

くりこしプランM/Lの場合は万が一データ容量(15GB/25GB)を使い切ったとしても速度制限時の速度が1Mbps(=1000Kbps)と、速いです。

動画も画質を落とせば閲覧できるくらいの速度です。

使いすぎてしまったからといって、ギガを追加購入する必要はないでしょう。

その2|データ容量の翌月への繰越が可能

UQモバイルはデータ通信容量を使わなければ、余った分を翌月に繰り越すことが可能です。

例えばコミコミプランで今月10GB余った場合、来月は20+10GB(=30GB)使用可能になります。

この際、繰り越した10GBから先に利用されていくので、どんどん余っていきます。

そのためどんどん繰り越せていきますが、繰り越しできる最大値は20GBなので、繰り越せず消えてしまう容量には注意しましょう。

つまり最大まで繰り越すとMプランでは繰り越し分20GB+当月の20GBで計40GBとなります。

よくUQモバイルと比較されるY!mobileは、繰り越しができません。UQモバイルとは異なる点です。

その3|支払いは口座振替にも対応

格安SIM(MVNO)は支払い方法は基本的にクレジットカード払いは主なのですが、UQモバイルは口座振替にも対応しています。

クレジットカードを持っていない人やクレジットカードで支払いたくない方にとっては、契約のハードルが下がるのではないでしょうか。

ちなみに、クレジットカードによっては使った分の〇%のポイント付いたりするので、実はクレジットカード払いの方が若干お得になったりもします。

なお、UQモバイルはデビットカードもものによっては対応しているようです。

その4|UQ応援割で学生もその家族も割引

ただでさえ安くて速いUQモバイルなのですが、同一名義で複数回線契約している中に学生がいれば、学生以外の方もそれぞれ最大1,100円割引となります。

UQ応援割
出典:UQモバイル

対象はM/Lプランのみであり、Sプランは対象外であることに注意です。

つまり、Mプランは12ヶ月間990円、Lプランは12ヵ月1,870円で持てるようになります。

ただし、このUQ応援割を適用するための条件として、自宅セット割に加入しておく必要があります。

学生がいる家族であれば、かなりお得に利用可能になるのがUQモバイルの強みです!

その5|テザリングは無料で利用可能

スマホをアクセスポイント化して、PCを接続したり、別のスマートフォンを接続したりも可能になります。

Lプランの場合は25GBもあるので、多少PCと接続して利用してもまったく問題ないでしょう。

繰り越していたらLプランは最大50GBになるので、十分活用できると思います。

その6|UQモバイルメールアドレスが利用可能

UQモバイルと契約すると、1つ「○○○○@uqmobile.jp」のメールアドレスが利用可能になります。

メールアドレス取得に月額220円かかりますが、キャリアメールが使えなくなり代わりの代替としての利用も可能です。

とはいえ、今はLINEが主流になりつつあるので、メールの利用用途が減ってきているのではないでしょうか。

そのためGmail(無料)などで代用することも可能です。僕はGmailを使用していますが、特に不自由なことはありません。

その理由については「格安SIMでキャリアメールの必要性は?全く不要と僕が断言する3つの理由」を参考ください。

2021年から、月額330円くらいでキャリアメール持ち運びができるようになりました。たかが300円と考えると安いと言えば安いですが、個人的には不要かなと感じています。

UQモバイルのデメリット

デメリット

UQモバイルのデメリットを調査してみました。加えて僕の思っているデメリットを挙げます。

UQモバイルのデメリット
  • 自宅セット割が前提での料金体系
  • キャリアメールアドレスが使えない

その1|自宅セット割が前提での料金体系

トクトクプランとミニミニプランに言えることですが、自宅セット割が前提での料金プランになっています。

UQモバイルの料金プランは高い
左トクトクプラン、右ミニミニプラン

つまり、ミニミニプランの4GBでさえも、1078円+1100円+187円=2,365円とかなり高めの設定となっています。

割引されたからと言って安いかと言われると実際そうでもなくて、5GBで990円のIIJmioやNUROモバイルもあるので、正直、自宅セット割を適用できる方が契約するか悩むところなのかなと感じます。

※コミコミプランは割引前提ではないので、評価できます。

その2|キャリアメールアドレスが使えない

3大キャリアとの契約を解約するので、「@docomo.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」「@i.softbank.jp」等を引き続き利用するには、月額料を支払ってキャリアメール持ち運び制度を活用する必要があります。

僕自身、docomoのメールアドレスは、友人との連絡や両親との連絡には全く使用していなかったし、迷惑メールばかりが来るようなものだったので、特に利用していませんでした。

そういう方だとキャリアメールアドレスとはきっぱりとお別れできそうですね。

もし、両親とメールでやり取りしているような場合は、GmailやUQモバイルのメールアドレス等に切り替えましょう。

十分代用可能です。

▶キャリアメールは必要か?全く不要と僕が断言する3つの理由

キャリアからの乗り換えの手順(SIMのみ契約)

簡単に乗り換え方法を記載しておくので参考にしてみてください。

  1. 自分の今使用している端末がUQモバイルに対応しているか確認する
  2. 今利用中のキャリアからMNP予約番号を取得する
  3. UQモバイルオンラインショップから申し込む
  4. 後日、SIMカードが届いたらSIMカードを差し替える
  5. UQモバイルの初期設定(APN設定)をして完了

APN設定については、端末の「設定」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名(APN名)」に以下の値を入力すると完了となります。

代表的な設定項目名設定値
APN名、アクセスポイント名uqmobile.jp
APN、APN設定uqmobile.jp
ID、ユーザーID、ユーザー名uq@uqmobile.jp
Password、パスワードuq
認証タイプ、PPP認証タイプ、暗号タイプCHAP
APNプロトコルIPv4v6、IPv4/IPv6
APNタイプdefault,mms,supl,hipri,dun
設定項目(APN設定)

UQモバイルの料金明細

旧プランの明細です。

2022年2月利用分の支払い明細を公開します。

消費税が別枠で加算されているので少し見づらいかもしれませんが参考にしてください。

UQモバイルの支払い料金
タップで拡大します

「くりこしプランM+5G」+「10分かけ放題」で4,000円以内で収まっています。

auの方なら簡単に乗り換えが可能なので、「auからUQモバイルへの乗り換えが予想以上に簡単だった件」の記事を参考に是非検討してみてくださいね。au→UQモバイルはSIMカードを入れ替えるだけで済みます。

SIMカードを入れ替えるだけってほんと?

スマホ本体はauのものを使えるので、データの引継ぎや設定のし直し等は一切不要です。

【2023年6月】UQモバイルの新料金のメリットとデメリット乗り換えた人

素人の私にもできました!

UQモバイルのよくある質問とその答え

auからUQモバイルへの乗り換えは簡単なの?

auとUQモバイルはau IDで連動しているのでMNP転出手続き等が不要となり、非常に簡単でした。詳細はこちらの記事をご覧ください。→auからUQモバイルへの乗り換えが予想以上に簡単だった件

60歳以上のシニアが契約した時のメリットは?

シニア割によるメリットは2つあります。1つ目はかけ放題のオプション料が1,870円→770円になること。2つ目はメールアドレス(@uqmobile.jp)が220円→無料でもらえることです。

なぜUQモバイルは通信速度が速い格安SIMと言われている?

細かい話は公開されていませんが、KDDIのサブブランドとして展開されているのがUQモバイルです。KDDIの通信設備をフルに活用して格安SIMサービスを提供できているため、帯域幅が広く使えているのではないかと考えられています。Y!mobileもソフトバンクのサブブランドのため、UQと同様通信速度は比較的速く安定しています。

UQモバイルの契約は店舗とオンラインどっちがお得?

店舗だとスタッフの稼働・人件費がかかるため、基本的にはオンライン契約の方がお得になる可能性が高いです。UQモバイルは2022年3月時点では、こちらの正規オンラインショップからの契約で、au PAY残高最大18,000円還元キャンペーンが実施中です。(予告なく終了する可能性があります)

さぁ、UQモバイルに乗り換えてみよう!

本記事ではUQモバイルのメリットとデメリットをご紹介してきました。各サイトでもUQモバイルを推している理由が理解できたのではないでしょうか。

自宅セット割で化けるUQモバイル

トクトクプランとミニミニプランは単体で契約すると、他の格安SIMに比べて割高感が否めません。

しかし、コミコミプランはahamoに匹敵するほどの良プランだと感じます。

格安SIMに乗り換えることの最大のメリットが、キャリア時よりも月額料金が下がるといったものなので、乗り換えた後のデメリットって、実質キャリアメールが利用できないことくらいなんじゃないでしょうか。

それほど、格安SIM、特にUQモバイルはオススメなSIMです。

▶UQモバイルの詳細・申し込みはこちら(公式サイト)

参考リンク

▶auからUQモバイルへの乗り換えが予想以上に簡単だった件

▶キャリアメールは必要か?全く不要と僕が断言する3つの理由

気になる箇所からチェック!