キッズ向けスマホならLINEMOがオススメと断言する3つの理由詳細はこちら >>

【真実】ブログが3ヵ月も続かない人と僕との4つの違いとその対処法【半年アクセスなしでも気にしない】

【続けば勝ち組】ブログが3ヶ月さえ続かない人と続けられる人の違いとその対策
格安SIM・スマホ最新特価のおしらせ

IIJmio(10/31まで在庫限りのスペシャル特価!!

LINEMO(9/30~1/31まで!!)

管理人

LINEMOが8ヶ月実質無料はかなりお得なキャンペーンです!!

ブログを本気で続けたいと思っているけど続かなかったという人、たくさんいます。でも続かないんですよね。そんな人をたくさん見てきたし、私も数年前一度投げ出した人間なのでよくわかります。

毎日数時間を割きながら記事を書いてるのに、その頑張りを裏切るかようにアクセス数がゼロ!ゼロ!ゼロ!なので、モチベーションが維持できないんですよね。

【真実】ブログが3ヵ月も続かない人と僕との4つの違いとその対処法【半年アクセスなしでも気にしない】

こんなにやっても成果が出ないなら会社員で頑張って残業するほうがマシだな…

【真実】ブログが3ヵ月も続かない人と僕との4つの違いとその対処法【半年アクセスなしでも気にしない】

この調子だときっとバイトしたほうが結果的に儲かるな…

と考えてしまい、いつしかブログの更新が止まってしまいます。

そんな方のために、僕が一度投げ出した時の原因と、今こうして復活してこれた要因を分析してご紹介したいと思います。

本記事を読んで欲しい人

  • ブログを3ヶ月近く続けてきたが、PV数が伸びずにもう投げ出しそうな人
  • 3ヵ月続けても収益性まったくなくて、本当に続けるべきなのかと思ってる人
  • なんで私は3ヵ月さえも続かないのだろうと思っている人

このような方の不安や疑問を解決していく記事です。

目次

ブログの継続率(続く人)の割合

ブログを3ヶ月続かない人の割合

色々な方が日々ブログを開設するのですが、継続率がどんなものか知っていますか?

私自身で統計は取れないので、ちゃちゃっと調べてみたところ、

新規に開設されたブログが一年後にも更新され続けている割合はたったの10%」のようです。

嘘なのか本当なのかわかりませんが、生存率は相当低いと聞くので本当だと思いましょう。

この感覚が本当だとすると、1年間定期的に更新し続けているだけで上位10%の勝ち組になるということです。9割の人がブログをやめるということです。

2年続くと5%くらい?3年続くと2~3%くらいの感覚ですかね。

ブログが3ヵ月続かない人の特徴

もともとはと言うと、僕もブログが続かなかった側の人なので、その当時の気持ちを振り返って考えてみました。

すると、僕の思うブログが続かない人の特徴として以下の4つがあると思います。

続かない人の特徴

  1. ネタ切れ
  2. 完璧主義
  3. せっかち
  4. 計算高い

どれも以前の私に当てはまるものでした。

なぜこれらが続かない人の特徴と思ったのか、以下に説明していきます。

ネタ切れ

数記事書いてネタ切れになる人。

初心者の場合、いざブログを始めても何を書けばいいのか分からない人がほとんどだと思います。ネタはいくつかはあるけど、3ヵ月更新できるほどの内容が無い方が、やがてネタ切れを起こし続けられなくなってしまいます。

ブログは気軽に始められるけど、本格的にやるなら”初心者はまず100記事書け”とも言われていますよね。なぜ100記事なのかというと、以下のような観点があると思っています。

  • 【記事数】3ヵ月毎日更新してやっと90記事(≒100記事)。それほどのネタがあるか、ということ。
  • 【検索流入】100記事書けばどれかが当たってアクセスされる記事になる、ということ。
  • 【覚悟】継続しないと収益も出ないしアクセスもないけど覚悟はあるか、ということ。

一般的には、100記事書いてようやくスタートラインというイメージだから、そこに到達する前に辞めていく方がほとんどのようです。

ネタがないから探すという作業にめんどくささを感じ、そのままブログ運営からフェードアウトしていきます。

完璧主義

とことん追求して完璧な記事を作成する人。

毎回完璧な記事を仕上げることに全力だと疲れて息切れします。ブログを1記事書くというのは、書く前の準備段階の作業がたくさんあります。

検索上位を狙うために競合調査、キーワード選定、記事構成設計、そして執筆、などなど。こんな作業を毎回完璧に仕上げていたら大変ですよね。やる前から滅入ってしまいます。

私も以前は完璧主義だったのですが、さすがに疲れてしまいました。こういった作業に慣れてしまえばそれほど苦でもないんですが、慣れるまでが大変でした。2,000文字書くだけでも1日かかることもザラです。

それでも私が続けてこれた理由については後述しています。

せっかち

結果や成果をすぐに求める人。

ブログはゆっくりじっくり育つものです。半年アクセス数が0というのもよくある話です。ある日突然やめる人が多いということからも、すぐに成果が出るわけではなく、長期戦になります。

焦らず着実に日々出来ることを積み上げていきましょう。

ブログは3ヵ月続けてやっと結果が出ることもある

上記、私のあるキーワードでのサーチコンソールの画像ですが、7月中旬に記事公開しても全く引っかからなかった記事が1ヵ月経つと80位~40位をうろうろして徐々にクリックされ始め、さらに1か月経過後あたりには40位~10位あたりをうろうろし始め、急激にクリック数が伸び、アクセスされ始めることもありました。

2~3ヵ月してようやくクリックされてくるということからも、せっかちで結果をすぐに求めるのは良くないと思います。

アクセスなしでも気にせず積み上げられる人になるべきです。

(もちろんやり方次第では、すぐに結果が出る戦略もあると思います。)

計算高い

やる前からあーだこーだ考える人。

記事作成をする前から記事を作り上げる時間を計算してしまい、そこまで時間かけて作成した割にはアクセスがゼロと、結果が伴わないのでやる前から諦めてしまう人がいます。

なので当然のごとくやる気が出ませんし、PCの前に向かうこともなくなります。

最初の時期は時給1円かもしれませんが、1ヵ月経てば時給2円、2ヵ月経てば時給4円と、1ヵ月ごとに倍になるイメージです。が、ある日を境に2倍どころか10倍に伸びることだってあります。そこにきてようやく報われるのだと思います。

私も早くその境地に行きたいですね。今はとてもワクワクしています。

ブログを3ヶ月継続するための方法

以前の僕は”ネタ切れで完璧主義でせっかちで計算高かった”ので、続くわけもなく当然投げ出しました。そんな僕が今3ヵ月以上続けられるようになった方法です。

もちろん、私なりの方法なので全員に当てはまるわけではないと思いますが、1000人に1人でも誰かに一つでも刺さればという思いでご紹介します。

  • ブログのために投資する
  • 50%の出来で良いと言い聞かせる
  • 検索上位を狙う記事と狙わない記事を分ける
  • 毎日投稿とは決めない。無理しないペースを決める

それぞれをご紹介していきます。

ブログのために投資する

ブログは一生無料で作成・継続できます。だけど、投資することで無料時よりもやる気が出ます。

【真実】ブログが3ヵ月も続かない人と僕との4つの違いとその対処法【半年アクセスなしでも気にしない】頑張る人

これだけ払ったんだから、ちゃんと記事書かないと。

【真実】ブログが3ヵ月も続かない人と僕との4つの違いとその対処法【半年アクセスなしでも気にしない】

書かないで終わったら損だ。

と思うでしょう。

人間は損をしたくない生き物なので、なんとか投資した分を取り返そうと頑張れます。「どうせ無料だしいつ辞めてもいっか」と思ってる人よりも確実に頑張れると思います。僕がそうでした。

今にも心が折れそうな方、少し投資してみてはいかがでしょうか?

投資と言っても、投資の方向は抱える課題によって様々です。

  • 記事執筆作業の負荷を減らしたかったり効率化したい場合は、有料ツールを使って時短。
  • ブログ全体的にSEO対策をしたい場合は、WordPressテーマの購入。
  • ライティングスキルの向上をしたい場合は、書籍購入やセミナーへの参加。
  • ブログ作成時間を楽しむために、おやつを買う。

実際、私も記事の執筆に集中出来るように、キーワード選定あたりの作業負荷を減らし効率化しています。

▶キーワードスカウターSTを購入して1ヶ月使ったら衝撃的な効果でした

また、少しでも検索上位になってモチベーションを保てるよう、SEOに強いWordPress有料テーマ「SWELL」を購入しました。

正直、無料で突っ走ってこそ男だ!とか変なプライドがあったのですが、やはり身銭を切ることはモチベーションアップ、モチベーション維持にも大いに役立っています。またモチベーションが下がると投資しようと思います。

上記で紹介しているツール・テーマに興味あれば、公式サイトを覗いてみてください。

公式サイトキーワードスカウターST

50%の出来で良いと言い聞かせる

完璧なものを初心者が作れません。

上記でも説明したように、すべてを完璧に頑張ろうとすると、心が折れますし、続かないです。投稿するときの記事の完成度は50%の出来で十分です。むしろ、100%なんか一生到達出来ないと思ってます。

自転車と同じで、最初の出だしが一番しんどいです。ブログも同じで1つの記事を0から作る時が一番しんどいです。そこから100%まで書こうとするとしんどいどころか、時間もかかるし悩むしできっと投げ出します。

記事公開は50%の出来で良いんです。結果的に、たいして読まれなかった記事の完成度を100%にする意味はありませんからね。公開後のアクセス数の推移を確認して、PV数が多くなってきたらリライトして70%や80%まで仕上げるのが、効率も良いでしょう。

少なくとも私はそのくらい割り切らないと続きませんでした。

検索上位を狙う記事と狙わない記事を分ける

キーワード選定や競合調査をサボったりもたまには必要です。ずっとやってると疲れます。

なので、常に検索上位を狙うのではなく、すでに作成してある記事から関連記事として飛ばす記事(検索上位を狙わない記事)を書くことで作業負荷を減らすのも、ブログを続けていくための一つの方法です。

常に検索上位を狙うに越したことはありませんが、続かなければ意味がありません。

そんな記事がゆくゆくは検索上位に来ることも十分ありえるので、決して無駄な記事になることはないです。関連記事で飛ばしていく方法はPV数稼ぎにも有効ですし、滞在時間の向上、離脱率の低下、内部リンクにもなるので十分SEO対策にもなります。

そりゃあ大手サイトのように書けば全記事上位になれれば良いに越したことはないですけど、個人ブログ、ましてや初心者のブログが全記事上位など夢の話ですよね。

毎日投稿とは決めない。無理しないペースを決める。

マラソンを完走するためには、ペース配分が重要ですよね。プロのマラソンランナーでもペース配分を誤ってしまうと、完走できなかったりタイムが大幅に落ちたりとかよく聞きます。

同じようにブログの記事投稿も、無理のないペースで走るようにしましょう。ペースには個人差があるので、他人と比べても自分が続けられるペースを維持していきましょう。

皆環境が違います。学生もいれば主婦もいます。ブログ執筆に割り当てられる時間は皆それぞれです。

▶ブログを100記事書く前に初心者が知っておきたい5つのこと

自分に合ったブログを続けるための仕組みを見つけよう

本記事では、僕が思うブログが続かない人の特徴と、ブログを続けるための方法をご紹介してきました。

僕にも、書くからには完璧に仕上げたいという思いがあった時代がありました。完璧を追い求めると際限が無く、続かなかったです。

ブログは何十回でもリライトができるので、アクセスされてきたものだけを仕上げていくスタイルが効率も良くておすすめです。

僕自身、やっぱり最も心の安定剤となってるのは投資です。投資して辞めたらもったいないから何が何でも続けようという思いになり、続けてこれたと言っても過言ではないです。あとは、日々戦略を考えながら徐々に伸びてくるPV数を見るのが最近楽しくなってきました。

それに以前よりもブログに愛着もわいてきました。(DIVERテーマがかっこいいのも1つの理由です!)

投資した分が返ってくることを夢見て今日も明日も自分のペースで続けていこうと思います。

読んでいただき、ありがとうございました。少しでも辞めずに継続できる人が増えていけばいいなと思います。

参考になったら、シェアいただけるとやる気に満ち溢れます!!
目次