日本通信SIMの新料金プランの評判がやばい件【6GBで1,390円!】

2020年12月3日にドコモから新料金プラン「ahamo」、2021年1月13日にauからも新料金プラン「povo」が発表されました。

ahamoやpovoは条件や縛りなどが無く2,980円(povoは5分かけ放題なくせば2,480円)という覇権を握るような低価格を実現したのですが、さらにそれを上回る料金プラン「合理的20GBプラン」が日本通信より登場したので、ご紹介します。

追記:2021年6月4日「合理的みんなのプラン」が開始となりました。

はっきり言って、日本通信SIMのプランはやばいです。がっつりahamoに対抗していますね。

ドコモから提供される予定のahamoについて、もう少し詳細が知りたい方は「【ahamo登場!】ドコモのスマホ料金値下げはいつから?格安ブランドで2,970円となる条件・内容は? 」をご覧ください。

本記事のターゲット
  • 各社、新料金プランが出たけどどれが安い?と思っている方
  • 新料金プランでオススメはどれ?と気になっている方
  • 新料金プランを比べたい方

このような疑問を解決していきます。

だけど、そもそもあなたは日本通信っていう会社、知っていますか??プランを紹介する前にまず会社概要についてご紹介します。会社のことを知ればすごく良い料金プランだと感じてくるのではないかと思います。

日本通信ってどんな会社?

1996年5月に当社は、通信業界という規制業種において、新しいモバイルサービスが創出される環境の整備に一翼を担うこと、そして、新しいビジネスモデルを具現するモデル企業として自ら実例をつくることをミッションとして設立されました。

1996年に創業し、法人向けにMVNOモデルを作った会社です。実は知っている人は少ないですが老舗なんですよね。

あまり日本通信という会社は聞きなじみがないと思いますが、格安SIMのb-mobile日本通信SIMを展開しています。

b-mobileは厳密にいうと日本通信SIMとは別で兄弟ブランドと呼ばれています。もとは同じというわけです。

どちらもドコモ網を利用した格安SIMになります。b-mobileは加えてソフトバンク網も活用しています。

日本通信SIMの新料金プランは?

日本通信SIM料金プラン

日本通信SIMの新料金プランは、ahamoを完全に過去のものにするようなプランです。

「合理的20GBプラン」はキャリアの格安プランや楽天モバイル等と対抗するために生まれたプランと言っても良いでしょう。

上記図でahamoと比較していますが、同一データ容量で低価格を実現しており、非常に条件は良いです。

ドコモのahamo提供時期が2021年3月と少し時間がかかるのに対し、日本通信SIMは提供開始時期も12月10日とかなり早く、先手必勝で顧客を獲得するようです。

また「合理的みんなのプラン」は2021年4月以降から開始した格安SIMに対抗しています。

日本通信SIMでは通話毎月70分無料が付いているため、通話をする方であれば、日本通信SIMも十分選択肢にはいるのではないかと思います。

下記に日本通信SIMの新料金プラン「合理的20GBプラン」「合理的みんなのプラン」について、月額料金、データ容量、通話の観点からご紹介します。

 

様々な格安SIMの料金プランを横断的に確認したい場合は「料金プランまとめ(音声通話SIM)」をご覧ください。各データ量から安いキャリアを見ることができます。

日本通信SIMの「合理的20GBプラン」「合理的みんなのプラン」について

月額料金

合理的20GBプランは、税込2,178円(1,980円)です。

かなり分かりやすく難しい条件などもなくシンプルで良いですね。

大手キャリアみたいにスマホ料金が複雑ってのはもはやスマホ界では遅れた考え方でダメですね。顧客を混乱させるだけで不信感を抱かせますね。

3大キャリアが料金プランを難しくしている理由は、「分かりにくいとショップへ相談に来るだろう、そしてスマホ代を安くする代わりに別なもの(光回線とか)も巻き込んで売ってしまおう」という考え方のようです。まるで詐欺師みたいな考え方ですよね。

これからは、ぱっとシンプルに〇〇円!というのが流行っていくのではないかと思います。

ahamo、povo、Softbank on LINEよりも安い価格での提供です。

 

合理的みんなのプランは、税込1,390円です。

6GBプランの直接的なライバルはOCNモバイルONEですが、比べると70円程度こちらの方が高いです。

通話料も30秒11円、ドコモ網利用とOCNモバイルとは比較的近い条件ではあるんですが、無料通話分が大きな違いです。

OCNモバイルは6GBで1,320円ですが、日本通信SIMは6GBで無料通話70分が付いて1,390円です。70円のプラスで70分の無料通話が付くと考えると、コスパ高いのは日本通信SIMとなります。

通話をするかしないかが格安SIM選びの決め手となりそうです。

または契約と一緒にスマホ端末も購入したいという場合は、OCNモバイルONE公式サイトでは激安価格で販売されていますので、十分元は取れると思います。

セール時はついこの前に新発売されていた端末が1円で手に入ったりするので要チェックです。 

データ容量

合理的20GBプランは20GBです。(プラン名称どおりですね)

ぱっと見、ahamoよりは若干少ない16GBですが、ahamo開始(20201年3月プラン提供予定)に合わせて同様の20GBに増量するとのことです。正直、1980円なのだから16GBでも十分だと思います。

僕は5GBあれば十分なのですが、20GBあれば電車でもYouTubeが観れますね。

最近はU-NEXT にハマってます。31日間は無料体験できるので、帰省を諦めた年末年始のお供等にどうでしょうか。

無料期間中であればどれだけ観ようと無料です。こたつで一日中ゆっくり観ましょう。

▶無料体験しませんか?計3回も無料トライアルできました。

(↑意外と皆知らないんですよね…。)

 

合理的みんなのプランは6GBです。

MM総研の「携帯電話の月額利用料金とサービス利用実態(2020年2月時点)」では平均値として月間データ通信量は平均6.94GBと言われています。

キャリアと契約してて数十GBを活用するユーザーなども含めて、平均6.94GBとのことなので、LINEやインターネットが主な方であれば、6GBあれば十分なのではないでしょうか。

僕は今はテレワークなので、基本的にずっと家にいるのですが、Wi-Fiを使ってることもあり、OCNモバイルONEの1GBコースで十分だったりもします。

なので(?)大半の方であれば6GBあれば満足できるのではないでしょうか。

国内通話

合理的20GBプランも合理的みんなのプランも月計70分無料です。以降は30秒11円かかります。

僕は電話は、美容室や病院の予約にしか使わないので、70分あれば十分です。

毎月の通話時間の合計は5分もなかったので、格安SIMでもよくある「1回5分かけ放題」よりも使い勝手が良いんじゃないかと思います。

専用アプリ等も必要ないので普通に通話するだけで良いのでうっかりアプリ利用ミスなどがなく利便性が向上しますよね。

ちなみになぜ70分なのかですが、統計によれば、携帯電話での通話時間(携帯番号を使った電話のみで、アプリ電話は含まない)は1ヵ月平均で130分らしいです。この130分のうち、発信と着信が半々と想定すると、料金のかかる発信は65分になります。

つまり、この統計値から出した通話時間をカバーしているという考え方です。

3キャリアとも5分かけ放題となるので、どちらが使い勝手が良いかは状況や好みの問題になるでしょう。

どんなユーザーに向いている?

そのままですが、合理的20GBプランは、15GB~20GB使うユーザーでかつ、計70分の通話時間内で収まる方あれば、もっとも最適なプランとなりそうです。

主に移動中に動画を観たり、主にLINE通話をよくする方ですかね。家に固定回線を契約しておらずWi-Fiが使えない方なども20GBくらいある方が今の時代は無難なのかなと思います。

一方、合理的みんなのプランは、家に固定回線があり、そこまでモバイル通信を使わない、でも週末は長時間お出かけするような方(外ではモバイル通信必須ですよね)であれば、向いていると思います。

とは言え、テレワークかつインドア派の僕であれば「OCNモバイルONEの新料金プランの明細を公開する 」に記載のように1GBという選択肢に至りました。

おかげさまでスマホ代が月770円となりました。(基本家から出ないので完全な運動不足です、はい。)

ahamoと日本通信SIMの料金プラン(20GB)を比較する

ahamoと日本通信SIMに加えて、auとソフトバンクのサブブランドであるUQモバイル、Y!mobileの新プランとも比較してみます。

ahamoについては以下をご覧ください。

【ahamo登場!】ドコモのスマホ料金値下げはいつから?格安ブランドで2,980円となる条件・内容は?

僕がおすすめする、乗り換え先キャリアを紹介

この表を眺めてみるだけでもいろんな意味で日本通信SIMがやばいのが分かると思います。

そりゃ評判良いわけだ…。低速時速度は不明のようです。(日本通信SIMにメールで確認したので、下記に詳細を記載しています。)

少し条件面を補足します。

  • データ量はどれも20GB前後
  • 20GBの月額料金は日本通信SIMと楽天モバイルが1,980円
  • 通話はそれぞれ特徴あるが、日本通信SIMは月間計70分無料
  • 無料分超過したときの通話料金は10円/30秒なのは日本通信SIMだけ

楽天モバイルは通信設備および繋がりやすさに関しては不安定なため、日本通信SIM1つだけ評判が良い意味でぶっ飛んでるのが分かるかと思います。

日本通信SIMは一応、格安SIM(MVNO)のため若干速度は遅くなるかもしれませんが、ドコモ網の安定した繋がりやすさを確保しています。

速度面でいうとahamo、povo、LINEMOが大手と同じ速度とのことなので最も速いのではないかと思います。

ちなみに今のキャンペーンなら楽天モバイルが1年間無料で使えます。

日本通信SIMの速度制限時の速度は不明なのか?

ちなみに、低速時の速度は調べても分からなかったので、日本通信のヘルプデスクに問い合わせをしたところ、以下のようなメールが返ってきました。

聞いても公表してくれないようです。

 

このたびは日本通信SIMをご検討くださり、誠にありがとうございます。
速度制限時の通信速度につきましては、大変恐れ入りますが公表しておりません
WEB閲覧、添付ファイルのないメールの送受信等は可能と思われますが、
動画のご利用は厳しいものと存じます。必要に応じ30GBまでデータ量追加が
可能でございますので、引き続きご検討賜りますと幸いです。

制限時の速度の値としては公表してくれないようですが、WEBの閲覧やメールの受送信には問題ない程度だと想定することができるので、どうやらいろいろ調査すると、200Kbps程度になる模様です。

要するに超過するな、超過したら275円で増量しましょうってことですね。

20GBあれば十分なので、速度制限かかることはまずないと思いますよ。

ドコモで購入したスマホでも日本通信SIMは利用可能?

ドコモのスマートフォンであればSIMカードを変更するだけで利用可能です。

ただし、格安SIMには設定が必要な「APN設定」が必要です。

SIMカードを変更するだけなら、本体そのままなのでLINEの引継ぎや写真データの引継ぎは不要です。

ただしキャリアとは解約することになるので、キャリアメールは利用できなくなるので注意が必要です。

人気記事【2020年】格安SIMでキャリアメールの必要性は?全く不要と僕が断言する3つの理由

日本通信SIM「合理的20GBプラン」のAPN設定方法

各スマホにより若干記載名に揺らぎがありますが、基本的には以下です。

  1. 「設定」>「ネットワークとインターネット」>「モバイルネットワーク」>「アクセスポイント名」
  2. メニューから「新しいAPN」を選択し、以下の情報を入力
名前(任意でOK)
APNdm.jplat.net
ユーザー名jci@jci
パスワードjci
認証タイプPAPまたはCHAP
PDP TypeIP

これで日本通信SIMのAPNに接続されるようになり、通信可能になります。

文字誤りに気を付けましょう。一文字違うだけで繋がりません。

Twitterでは非常に評判・口コミが良く乗り換え先の筆頭!

Twitterでの評判を確認してみたところ、話題は完全にahamoではなく日本通信SIMですね!

格安SIMとはいえ、昔に比べると通信設備が整備されてきていることから「遅くて使い物にならない」というイメージではないということが分かると思います。

1分1秒を争うような通信速度が必須な方は高い料金支払ってキャリアと契約している方が良いと思いますが、すこし遅くても構わない(遅い遅い言われますが、体感的にはそんなに変わらないです。)のであれば、日本通信SIMでも十分な速度が確保できていると思います。

安さがウリの他の格安SIM(MVNO)の存在意義は?

スマホ料金が高いと言われてきた大手キャリアから「ahamo」が出たことでどんどん値下げしていくでしょう。

また、MVNOでも日本通信SIMの20GBで1,980円が基準になると、安さで大手キャリアと差別化していた他の格安SIM(MVNO)事業者の存在意義はどうなるのでしょうか。

格安SIMは潰れるのでしょうか??

僕個人の意見としては、日本通信SIMの料金が下限値だとすれば実はまだまだ格安SIMは生き残れるんじゃないかと思います。

なぜなら、スマホ利用者の平均データ利用量は、以下のように6.94GBと言われています。

スマートフォン利用者の前月データ通信量は「わからない」と回答したユーザーを除いた平均データ通信量は6.94GB、中央値は3.00GBとなった。有効回答を対象とした月間通信量は「1GB」が29%、「2GB」が16.7%、「3GB」が13.4。59.2%のユーザーが3GB以下の通信量で、7GBまでの累計では約79.2%を占めた。月間通信料(2015年3月~2020年2月)について分析すると、平均データ通信量は2017年2月から約3年間で約2.72GB増加した。

1ヵ月のデータ利用量
  • 1GB:29%
  • 2GB:16.7%
  • 3GB:13.4%
  • ~7GB:79.2%

上記統計から考えると、3GBまでの利用に収まるユーザーが59.2%と過半数いること、~7GBの利用で収まる人でも79.2%いることになります。

ということを踏まえると、実はユーザーの約8割に喜ばれるためには、20GBも必要ないことが分かります。

なので、実は最も望まれている料金プランはせいぜい7GBあたりの低容量プランなのです。

なので、低容量(1GB~10GB)のプランで安いプランを作った格安SIM事業者が今後生き残るんじゃないかと思います。

ドコモからも今後、エコノミーと呼ばれる第3のプランが出るような話がありますし、楽天モバイルも1,000円台の第2の新プランを作っているようです。

これらが本当に低容量向けの安い料金プランを作ってくると、もしかすると格安SIMも立場が危ういかもしれません。

もし、5GBプランや7GBプランが980円で出るのであれば、真剣に格安SIMは危ないですね。一気に客を持って行かれます。

 

ちなみに僕は月額料金は1位2位を争うくらい低価格のOCNモバイルONEを使用しています。スマホ料金を下げたい人にはぜひオススメです。

3GBコースで1,480円、6GBコースで1,980円です。日本通信SIMのプランを見た後ではすこし高く感じますね。

湯水のようにデータ量(ギガ)を使うユーザーを獲得するのは得策ではなく、いかにデータ量を使わないユーザーを獲得するかが通信速度面でも重要になってくると思います。

通信速度に影響する回線帯域は、各ユーザーで共有して利用するので、ガンガン使うユーザーがいると格安SIMキャリア全体の速度低下を引き起こす可能性があります。

▶【新料金】IIJmio(格安SIM)のeSIMプランが価格破壊しててやばい

まとめ|ahamoより人気になる可能性を秘めている

日本通信SIMの新料金プラン「合理的20GBプラン」「合理的みんなのプラン」のサービス価格がやばい件についてご紹介してきました。

日本通信SIMの新料金プラン
  • 月額料金:2,178円、1390円
  • データ通信量:20GB、6GB
  • 国内通話:70分通話無料(超過分は11円/30秒)
  • 使用回線網:ドコモ

    日本通信SIMが最も魅力的なのは間違いありません。

    ただ現時点でのネームバリューが無く、これからどれだけユーザーを増やせるかが課題となりそうです。

    またMVNOであるがゆえに、利用ユーザーが増えれば増えるほど速度が低下する可能性があるので、設備増備などにも期待したいですね。

    ちなみに日本通信SIMは「合理的かけほプラン」と呼ばれるかけ放題がセットになって2,480円のプランがあるので、通話を主にしたい方にはこちらのプランもお勧めです。

    ▶日本通信SIM

    以上、「ahamoやpovoより日本通信SIMの新料金プランの評判がやばい【20GBで1,980円!】」でした!

    人気記事ahamoにpovoにSofbank on LINE!どれがお得でどれと契約すべきか!?

    2021年2月24日新料金プラン発表!
    こちらの記事も読まれています
    自宅でカンタン5G!
    home5G
    home 5G オススメの4つの特徴
    1. コンセントに挿すだけで工事いりません
    2. データ容量無制限!最大65台同時接続
    3. 5G/4G Wi-Fi6対応高速通信
    4. 契約に縛りなし!解約金もありません

    自宅ですぐに5Gを体験できるホームルーターが登場です。