史上最安3,250円で無制限ポケットWi-Fi徹底比較しています

    ソフトバンクから格安SIMに乗り換える方法と気を付けたいポイント

    格安SIMへの乗り換えの基本的な流れは格安SIMへ乗り換え方法・手順でOKですが、ソフトバンクユーザー特有の注意点がありますので、こちらでご紹介していきます。

    スポンサーリンク

    @softbank.ne.jpのメールアドレスが使用できなくなる

    格安SIMに乗り換えた場合、ソフトバンクユーザーではなくなるのでソフトバンク独自のメールアドレスが使用不可能になります。もちろん上記以外にも@i.softbank.jpなども使用できなくなります。

    大事なメールの受信先にしているのであれば、他のメールアドレスに事前に変更しておきましょう。

    また大事なメールが受信ボックスにあれば、メールボックスからファイルサーバに移しておきましょう。

    格安SIMの契約を店頭ではなくインターネット経由で行う場合は、メール受信による認証が必要になるのでGmailやyahoo mail等の登録をしておきましょう。

    >> Gmail by Google

    >> Yahoo!メール

    2年間の契約満了月かどうかで解約金がかかる

    ご契約のプランはMy SoftBankからご確認できます。

    2019年9月13日(金)から受付を開始している新プランであれば、2年契約は無し。そのため契約解除料も不要のようです。

    2019年9月12日(木)以前の契約であれば、以下1~3.の契約形態となるようで、確認が必要です。

    1. 2年契約
    2. 2年契約(フリープラン)
    3. 2年契約無し
    ソフトバンクの契約解除料
    ソフトバンクの旧プラン(~2019/9/12)の契約解除料

    「2年契約」または「2年契約(フリープラン)」の場合、1か月目~23か月目に乗り換え(つまりソフトバンクとの契約解除)をしようとすると、解約金9,500円かかってしまいます。「2年契約」の場合は24か月~26か月の間で契約解除をすると解約金は不要なので、最もお得となります。(docomo,auとも同じ仕様ですね。)

    とはいえ9,500円なので、気にせず早期に格安SIMに乗り換えたほうが結果的にお得になります。

    私は毎月の支払額が7,500円→2,500円と5,000円も安くなったので、1万円の解約金は2ヵ月でペイできたことになります。

    MNP予約番号を取得する

    ソフトバンクでは以下のようになっています。

    パソコントップ → My SoftBank → 各種変更手続き
    スマートフォン「*5533」へ電話する。
    一般電話「0800-100-5533」へ電話する。
    参考MNP・解約について -Softbank-

    上記注意点を頭に入れた上で、さっそく格安SIMへ乗り換えてみましょう!

    コメント