史上最安3,250円で無制限ポケットWi-Fi徹底比較しています

    格安SIMには思わぬデメリットが!?事前に知って回避しよう!

    わい
    わい

    ここでは、3大キャリアから格安SIMメーカーに乗り換えた時に、何かできなくなることがあるか、について現役ネットワークエンジニアの私が分かりやすく簡潔に紹介するよ。

    スポンサーリンク

    2.格安SIMは何かができなくなるの?

    格安SIMは安いことが一番のメリットですが、安いなりのデメリットがあるのでしょうか。

    簡単にメリット・デメリット形式でご紹介していきます。

    格安SIMのメリット/利点

    • 月額料金が安くなる
    • 料金プランがシンプルで分かりやすい
    • MNPすれば同じ電話番号を利用可能
    • 契約期間の縛りが短い・無し
    • SIMカード2枚3枚の契約もできる

    月額料金が安くなる

    格安SIMの最大のメリットとなります。従来の3大キャリアとの契約ではライトユーザー(1か月3GBも利用しないような方)でも6,000~7,000円は月額費用で支払っていました。

    しかし、格安SIMの登場によりライトユーザーはとことん安く抑えられるようになってきました。LINE MOBILEでは月500MBというプランがあるほどです。LINE MOBILEの場合、LINEのデータ通信量はカウントフリーだからこそ一定の需要があるのかもしれません。

    \最大2か月間0円キャンペーン実施中!!/

    >> LINE MOBILE

    料金プランがシンプルで分かりやすい

    料金プランが非常にわかりやすいです。3大キャリアも当初はシンプルな考え方で料金プランを組んでいたのですが、だんだんと複雑化していきました。

    キャリア独自のサービスへの加入による割引への誘導や、本当に必要かわからないサービスに契約させられる等、オプション(という名の罠)が数多くありました。

    しかし、格安SIMでは以下のようにいたってシンプル。

    格安SIMの月々の料金イメージ

    月々の料金
     =①データ通信容量 +②音声通話機能有無 +③かけ放題有無

    ①のデータ通信容量は3GBの場合は約900円。

    ②の音声通話機能ありだと、+約700円。

    ③のかけ放題なしだと、+0円。

    つまり、3GBで良ければ約1600円で3大キャリア時と同様に通信/電話が利用可能となります。
    どこの格安SIMメーカーも基本的には①+②+③の組み合わせであることを覚えておいてください。

    MNPすれば同じ電話番号を利用可能

    MNPをすることで、誰でも簡単にできる!格安SIMへの乗り換え方法にも記載したように、格安SIMに乗り換えても同じ電話番号をそのまま使うことが可能です。

    契約期間の縛りが短い・無し

    2019年10月1日より、主に2年縛りルールに大きな変更がありました。

    2019年10月1日からの主な変更点

    2019年10月1日より「電気通信事業法の一部を改正する法律の施行に伴う関係省令等の整備について-総務省-」が施行され、以下のような変更がされました。

    主な変更内容
    • 定期契約の違約金(解約金、契約解除料)は上限1000円まで
    • 定期契約の有無による月額料金の差額は上限170円まで
    • 端末の割引は上限2万円まで

    つまり、他社へ乗り換えるときのハードルが非常に低くなり、誰でも思いとどまることなく乗り換えられるようになりました。

    SIMカード2枚3枚の契約もできる

    私の使用している格安スマホの容量シェアの例

    少し特殊な形式になるのですが、容量シェアという形で複数枚のSIMカードを利用することが可能になります。例えば、データ通信容量を3GBで契約し、そこに例えば音声通話SIM+データ通信SIMを利用することで、2台のスマホがインターネットに接続できるようになります。2台で3GBを共有する形になります。

    私が実際に上記の形で利用しています。私はOCNモバイルONEの6GBプラン(1,980円)と契約しているのですが、"SIM追加"オプションがあるので、+400円でデータ通信SIMの追加をしています。

    月々税込2,600円程度で2台持ちができるので、家でのゲーム用として持っています。

    >> OCNモバイルONE公式サイト

    わい
    わい

    ここからは下はデメリットを話していくよ。デメリットといっても、低価格に勝るほどのデメリットは無いので、前向きに乗り換えを検討できると思うよ!

    格安SIMのデメリット/欠点

    • 通信速度が若干遅くなる(生活に支障が出るほどではない)
    • 実店舗が少なく、対面サポートより電話やメールでのサポートになる
    • キャリアメールが利用できなくなる(@docomo.ne.jp等)
    • キャリア独自のサービスが利用できなくなる(auスマートパス、dアニメ等)
    • 少しの初期設定を自分で行う必要がある
    • キャリア決済ができない

    通信速度が若干遅くなる(生活に支障が出るほどではない)

    格安SIMメーカー(MVNO)は、キャリアから回線の一部を借りてサービスを提供しているため、回線帯域には制限があり、結果的に通信速度は若干遅くなります。お昼ごろが一番遅く感じやすいといわれています。自社で回線を持っていないので、MVNOにとっては仕方のないことですよね。

    また無線通信の電波の関係上、人が密集している区域かそうでないかでも速度に違いがでてきます。ある電場の基地局に接続するユーザーが増えれば増えるほど、一人当たりに割り当てられる帯域が小さくなるので、通信速度が遅くなってしまいます。

    その分低価格でサービス提供してくれているので、価格の安さと通信速度はトレードオフになります。2020年7月現在、普通に首都圏で生活している分には通信の遅さの不便は感じませんね。

    実店舗が少なく、対面サポートより電話やメールでのサポートになる

    3大キャリアのように実店舗の数が多いわけではないので、気軽に持ち込んでサポートを受けることは難しくなります。実はこれも低価格を実現するために必要な要素です。

    3大キャリアのように充実したサポート体制をとるとなると、店舗の維持費や人件費等のコストがかかり、結果、その分利用者のスマホ料金を上げざるを得ません。

    昔のようにインターネットが普及していない時代では、実店舗に持っていきサポートを受けることで利用者の困りごとを解消をしていましたが、現代ではインターネットが普及し、ホームページ上には様々な情報があります。

    また、SNSを通じて利用者同士で困りごとを解決するような動きもみられるため、実店舗や対面の重要性は低くなりつつあります。そのため、店舗を持たず電話やメール、公式LINEでのやり取りによる困りごとの解消に努めています。

    私は普段からスマホで困ったことがあると、インターネットで調べたりSNSで教えてもらったりしていましたので、自己解決でした。そのため1度も店舗に持っていくことはありませんでしたので、デメリットでもないです。

    キャリアメールが利用できなくなる(@docomo.ne.jp等)

    3大キャリアから格安SIMメーカーに乗り換えると、3大キャリアは解約することになります。つまり、キャリアメールも使用不可になってしまいます。

    最近では友人や家族等との連絡手段は全てLINEではありませんか?キャリアメールを使用する頻度は少なくなってきていると思います。

    もしLINEをインストールしていない人に対してメールも送りたいからメールアドレスが欲しい!という方は、Androidであればgoogleアカウントを持っていますよね。

    以下のGmailを使用すれば代替手段として活用できます。スマホからでもPCからでもメールを確認できるので非常に便利ですよ!

    >> Gmail by Google

    また、格安SIMメーカーによっては独自にそのドメインのメールアドレスを提供しているメーカーもあります。格安SIMメーカーによって有料無料は様々ですが、契約する参考になると思います。

    格安SIMメーカーメールアドレス一覧

    格安SIMメール月額料金メールアドレス例
    UQモバイル月額+200円○○○@uqmobile.jp
    Y!mobile無料〇〇〇@ymobile.ne.jp
    楽天モバイル無料〇〇〇@rakuten.jp
    OCNモバイルONE無料〇〇〇@▲▲.ocn.ne.jp
    IIJmio月額+300円〇〇〇@iijmio-mail.jp 等
    BIGLOBEモバイル無料〇〇〇@biglobe.ne.jp
    LINE MOBILE提供無し提供無し
    HISモバイル提供無し提供無し
    J:COMモバイル提供無し提供無し
    nuro mobile提供無し提供無し

    キャリアメールアドレスを使用していた頃は、広告しか来なかったし、親や友人とはすべてLINEで済むし、LINEの知らない友人に対してはFacebookやInstagramのDMでやり取りもできるので、緊急性のある連絡手段としてキャリアメールを使うことがありませんでした。

    むしろGmailの方がPCでも見れますしスマホでも見れますし好都合でしたね。デメリットに感じていません。

    現代ではキャリアメールの代替手段は豊富にある。

    1. Gmailなどの無料メールサービス
    2. LINE
    3. SNS(FacebookやInstagram、Twitter等)

    キャリア独自のサービスが利用できなくなる(auスマートパス、dアニメ等)

    キャリアとは解約するため、必然的にキャリアが展開するサービスは使用できなくなります。

    とはいっても、2019年10月以降総務省よりの2年縛りルールが変更されたため、キャリア契約者以外の方でも利用可能となる動きが出てきました。

    例えばauスマートパスはau契約者しか利用できませんが、auスマートパスプレミアムはau契約者以外でも利用可能となりました。(一部サービスは異なります。)

    dアニメストア等もdocomo契約者以外でも利用できるようになりました。

    私はキャリア関係のアプリなども全く使用していなかったので、デメリットでもないですね。Amazonプライムくらいでしょうか。

    少しの初期設定を自分で行う必要がある

    各格安SIMメーカーのSIMカードを使用するためには、スマホ本体にAPN(Access Point Name)設定が必要になります。APN設定をしなければ、SIMカードを本体に挿入しても通信が正常に行えない状態のままです。

    設定方法については以下のように非常に簡単です。

    設定方法

    SIMを挿したスマートフォンを用意 →「設定」 →「無線とネットワーク」 →「モバイルネットワーク」 →「アクセスポイント名」 →「追加(右上の"+")」 →格安SIMメーカー毎の設定を入力
    (※機種によっては設定項目の見え方が異なります。)

    このような設定も3分あれば自分でできるので、私は全く手間とは感じていませんでした。笑

    キャリア決済ができない

    キャリア決済とは、各キャリアのID/PASSを用いて携帯電話料金と合算して買い物などで支払いができる決済方法です。わたしもgoogle playでゲームの課金などにキャリア決済を使用していたこともありました。モバイルネットワーク経由であれば暗証番号4ケタの入力のみで使用できるので、割とラクチンな決済方法でした。

    とはいえ、実際に使っている方はいたのかな??

    ほとんどはクレジットカードを連携して支払っていましたし、一度登録しておくとスマホ機種によっては指紋認証のみで使用できるようになってきたので最も手間のかからない方法になりました。私の使用してきたスマホ(OPPO Reno AやHuawei Nova 3はできるよ!)なので私個人的にはデメリットとは感じていません。

    まとめ

    デメリットはそこまで感じないよ!
    • 通信速度が若干遅くなる(生活に支障が出るほどではない)
       →そこまで高速通信を常時必要とする人は実はごくわずか...
    • 実店舗が少なく、対面サポートより電話やメールでのサポートになる
       →自力で操作して解決できるならそれでも大丈夫だよね!
    • キャリアメールが利用できなくなる(@docomo.ne.jp等)
       →代替手段は豊富なので、キャリアメールって本当に必要??
    • キャリア独自のサービスが利用できなくなる(auスマートパス、dアニメ等)
       →使用していなければ全くデメリットでもなかいよ!
    • 少しの初期設定を自分で行う必要がある
       →調べて自分でできればデメリットじゃないよね!
    • キャリア決済ができない
       →クレジットで支払いできる人はそもそも使用していない?

    いかがでしたでしょうか。3大キャリアから格安SIMに乗り換えることによるメリット・デメリットを説明してきました。デメリットが大きいなぁと思う方にとっては格安SIMへの乗り換えは正直あまりオススメできません

    ですが、デメリットが小さいなと感じた方にはぜひ格安SIMへの乗り換えをお勧めします!!月々の値段が下がるため、家計の節約にもなりますし浮いたお金で美味しいもの食べられると考えると、メリットの方が大きいと感じませんか??

    \スマホを賢く安くお得に使ってみよう!/

    時期によってはキャンペーンも実施中です!

    コメント