【徹底解説】誰でもできる!格安SIMへの乗り換え方法
【第3章】
格安SIMへの乗り換え方法

▶第2章がまだの方はこちら

▶第4章へ行く方はこちら(最終章)

本記事では格安SIMにしたいけど乗り換え方法がわからないという方に向けて、格安SIMへの乗り換え方法を解説していきます。

格安SIMに乗り換えたいのだけどなんかよくわからないんだよなぁ。まず何をすればいいのやら。
せっかく格安SIMは安いっていうのに、私たちには少しハードルが高いように見えるわねぇ。間違ったらどうしようかしら。

このような思いを持っている人が多く、乗り換えはハードルが高く感じている方も多いようです。

僕からすると、格安SIMへの乗り換えは非常に簡単です。今考えると3大キャリアと契約する方が難しかったとさえ思いますので、リラックスして見ていきましょう。

本記事の内容の信頼性
本記事の信頼性

他社からMNPで格安SIMに乗り換える

乗り換える方法は全部で7ステップ(①~⑦)です。これを行っていけば乗り換えが完了します。

※最も多いであろうスマホとSIMカードをセットで購入した場合を記載しています。

▼手順の流れ

  1. 現在契約しているキャリア(乗換元)からMNP予約番号を取得します。
  2. 契約しようとしているキャリア(乗換先)へ申し込みを行います。ここでMNP予約番号を入力します。
  3. スマートフォンとSIMカードとマニュアルが自宅へ送られてきます。
  4. 新しいスマートフォンに新SIMカードを挿入します。
  5. マニュアルを見ながら契約先のページへアクセスし、必要情報を入力し新SIMカードを開通(有効化)します。
  6. 数分で開通するので、通信できるか確認します。
  7. 乗換元のSIMカードを破棄または返却します。

 

それでは、それぞれの手順の詳細を順に説明していきます。

①契約中の他社(乗換元)から「MNP予約番号」を取得する

電話番号が変わってもよい(新規契約)のであれば、この手順は必要ありません。

格安SIMに乗り換えても電話番号を維持したい方は、まずはMNP予約番号を取得しましょう。

 

手続き上、WebのみでMNP予約番号発行まで完結すると思いますが、もし電話での相手が電話オペレータの場合は『MNP(ナンバーポータビリティ)予約番号の発行をお願いします。』と言えば伝わるでしょう。使用歴が長いと、様々な割引サービスや特典を提案され引き止められますが、「結構です」でOKです。

※このMNP予約番号を使用して新しい契約先のSIMで通信を開始したときに、自動で解約されますので、以降キャリアとの手続きは不要となります。

docomoから格安SIMに乗り換え

パソコンdアカウントへログインし、ドコモオンライン手続きを行う。
 →ログイン
スマートフォン「151」へ電話する。
一般電話「0120-800-000」へ電話する。
参考携帯電話・PHS番号ポータビリティ(MNP)を利用した解約お手続き方法 -docomo-

 

auから格安SIMに乗り換え

パソコンMy au TOP  画面上部「スマートフォン・携帯電話」
 ご契約内容 / 手続き  お問い合わせ / お手続き   MNPご予約
スマートフォン「0077-75470」へ電話する。
一般電話「0077-75470」へ電話する。
EZwebトップメニューまたはauポータル トップ   My au
 申し込む / 変更する   au 携帯電話番号ポータビリティー
参考MNPお手続き方法 -au-

ソフトバンクから格安SIMに乗り換え

パソコントップ → My SoftBank → 各種変更手続き
スマートフォン「*5533」へ電話する。
一般電話「0800-100-5533」へ電話する。
参考MNP・解約について -Softbank-

②新SIM(乗り換えたい格安SIM)へ申し込みを行う

申込時に必要な書類を用意する。

各社により必要なものは異なりますが、主に以下があればよいです。

  • 本人確認書類
     →運転免許証やマイナンバーカード、被保険者証等
  • 本人名義のクレジットカード
     →毎月のスマホ料金引き落とし先になります。
  • インターネット環境
     →オンラインで申込みを行うので必要です。
  • メールアドレス
     →乗り換え前、乗り換え後で使用できるもの。キャリアメールアドレスは乗り換え後には使用不可になるので、Gmailなどが良いでしょう。

申し込みを行う

申し込みの際に気を付けたいことを下記にご紹介するので事前に考えておきましょう。

  • 何GBプランを契約するか
  • 他者から乗り換えの場合は、音声通話が必要になるので、音声通話機能付きSIMを選択すること。
    データ通信専用“や”SMS+データ通信“を選択すると通話機能が無く通話できません。
  • 音声通話機能付きSIMの場合、通話定額サービスは必要か。
    →格安SIMは基本的に30秒の通話で20円かかります。専用通話アプリ対応のメーカーであればアプリ利用で若干安くなります。
  • SIMカードと端末をセットで購入するのか。(現在使用している端末を今後も使用するならSIMカードのみの購入でOKです。
  • 契約する格安SIMでははdocomo回線かau回線、ソフトバンク回線どれを使うか。
    →格安SIM事業者によっては、回線を選べるものもあります。例)UQモバイルはau回線のみ

    このあたりを明確にしておくとスムーズに申込ができるかと思います。

    僕の場合は、音声通話機能付きSIMで6GBプラン、通話定額サービスは無し、端末は不要(既に購入済み)。格安SIMではdocomo回線利用です。

    ③新スマホと新SIMカード郵送/到着

    申し込みが完了してから2~3日でSIMカードが届きます。

    基本的には、スマートフォンとSIMカード、スタートアップガイドが含まれています。

    スタートアップガイドを見ながらアクティベート(SIMの有効化)をしていきましょう。

    ④新しいスマートフォンに新SIMカードを挿入

    スマートフォンに新しいSIMカードを挿入してみましょう。

    電源を投入しても、開通していないのでまだ電波のアンテナは立ちません。

    次の⑥のアクティベート作業を行うことで開通します。

    ⑤SIMカードアクティベート(開通作業)を行う

    SIMカードが入っているパッケージに同封の書面(スタートアップガイド(マニュアル))に記載されている「開通センター」へアクセスし、開通手続きを行います。(格安SIM事業者により方法は異なります。)

    例えばOCNモバイルONEの場合はマイページにアクセスし、開通手続きの項目があるので進んでいけばOKでした。

    アクティベート操作から~数分程度で、旧SIMから新SIMへ電話番号が移ります。

    やがて旧SIMカードは使用不可となり、新SIMが使用可能となります。

    これで乗り換えが完了となります。

    ⑥通信確認を行う

    アクティベートして新SIMが使用可能になったかどうかを確認するために、新SIMカードでインターネットアクセスを行ってみましょう。

    無事にインターネットにアクセスできれば、通信可能と判断できます。

    お疲れさまでした。

    あとは問題なく電話を受けれるかなども1度試しておきましょう。

    ⑦旧SIMカードを破棄または返却します。

    今まで使っていたSIMカードは、もう用途がないので破棄または返却を行いましょう。

    この手続き方法も同封されているマニュアルに各キャリア毎に記載がありますので、その指示に従いましょう。

    これで無事に乗り換えが完了となります。お疲れさまでした。

    まとめ

    本記事では格安SIMへ乗り換える方法をご紹介してきました。

    一見難解に見える乗り換えですが、窓口に行かなくてもオンラインで乗り換えできてしまうほど簡単なのですよね。

    例えば、iPhoneを使用している場合でau→UQモバイルへの乗り換えなら、SIMカードを変えるだけで完了するので、実は非常に簡単なんです。

    この作業を1日やるだけで年間数万円単位で下げられるので、携帯料金を節約したい人はぜひ格安SIMへ乗り換えましょう。

    サクッとオススメを教えて!という方

    僕のオススメを簡潔に答えると、通信速度と価格の両立という意味で、

     

    ぜひ検討してみてくださいね!

    こちらの記事も読まれています
    LINEMO乗り換えキャンペーン実施中!