雪山 ぺんた
ネットワークエンジニア
大手企業でネットワークエンジニアとして働いてる「雪山 ぺんた」と申します。
ネットワークの専門家として、子供のキッズ携帯・スマホを徹底的に解説しています。
相互リンク募集中です。
Pickup!
子供にはキッズ携帯、スマホどっち?
子供にオススメはLINEMO!
LINEMOを始めよう!
子供のスマホをLINEだけにする方法
キッズ携帯は本当に安い?
子供のスマホを管理する
当サイトについて

当サイトはリンクフリーです。

当サイトの記事・画像等のコンテンツを利用する場合は、引用元としてリンクを明記していただければ利用していただいて構いません。

仕様やサービス内容の変更により、最新の情報とは異なる場合があるのでご注意ください。

相互リンク募集中です

当ブログでは相互リンクを随時募集しております。

相互リンクいただける方は相互リンク募集中より申請お願いします。

>> 子供向け格安SIMランキングはこちら <<

格安SIMに申し込む準備をしよう【注意点に気を付けよう】

LINEMOの期間限定キャンペーン!!
LINEMOキャンペーン
キャンペーンはここからアクセスできます。お得に申し込もう!
  • ミニプラン(3GB→6GB)が期間限定で実質3ヶ月無料※!!
    ※ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗り換えの場合は対象外。
    ※スマホプランは対象外。※PayPay公式ストア等でも利用可。出金・譲渡不可。
  • 「LINEMO契約から6か月間まで」5分以内の国内通話定額オプション「通話準定額」(税込550円/月)が無料!
    ※対象者:LINEMOを契約の上で、通話準定額に加入中の方。一部対象外の通話あり。
  • ソフトバンク回線で通信速度も速い!
  • フィルタリングも月額0円で利用できる!

\ミニプラン最大3ヵ月実質無料は今だけ!/

申し込みは簡単で最短5~10分で完了します
2年縛りなし

本記事は「格安SIMの始め方・乗り換え方を5ステップで徹底解説」の3STEP目の詳細記事になります。

格安SIMに申し込む前に準備しておくものがあるのをご存じでしょうか?

これを知っておかなければ、電話番号が変わってしまったり、契約しようとした日に契約できなかったりするので確実に目を通しておきましょう。

格安SIMに申し込む前準備は以下のとおりです。

格安SIMの申込み前に必要な準備物
  • 本人確認書類
  • クレジットカード
  • SIMロック解除
  • MNP予約番号
  • 会員登録用のメールアドレス
  • 会員登録用のパスワード

それぞれ解説していきます。

気になる箇所からチェック!

格安SIMの申込み前に必要な準備物

本人確認書類

本人確認書類
引用:OCNモバイルONE

運転免許証、健康保険被保険者証、パスポート、住民基本台帳カード、個人番号(マイナンバー)カードなどのうち1つが必要になります。

使えるもの使えないものは、格安SIM各社によって異なる場合があるので、申し込む前にあらかじめ目を通しておくことを推奨します。

格安SIMに申し込む準備をしよう【注意点に気を付けよう】

運転免許証や保険証などであればどこでも使えます!

クレジットカード

格安SIMに申し込む準備をしよう【注意点に気を付けよう】
引用:LINEMO

あらかじめ支払いに利用するクレジットカードを準備しておきましょう。毎月の支払がクレカになるのでポイントが付くものがおすすめです。

契約者の本人の名義であることが条件となります。

クレジットカードのブランドについても、各社によって取り扱ってないものもあります。

Visa、JCB、mastercardであればどこの格安SIMでも利用可能なので、そこまで心配する必要はありません。

一部の格安SIMでは口座振替も選択できるようになってきました。

SIMロック解除

今使っている端末を、引き続き利用したい方はSIMロック解除が必要な場合があります。

もともとSIMロック解除とは、販売元キャリアのスマホを他社で利用する場合に必要な処理です。

2021年10月以降に発売されたスマホ端末については、原則SIMロック解除をして販売するルールが設けられており、初めからSIMロックが解除されているのですが、それ以前の端末の場合はSIMロックがかかっています。

SIMロック解除が不要なケース
  • 2021年10月以降に発売された端末
  • 元々利用していた回線種と同じ回線種の格安SIMを利用する場合
    (例:ドコモ→OCNモバイルONE、au→UQモバイル、ソフトバンク→Y!mobileなど。)

SIMフリーの端末であればSIMロック解除する必要はありませんが、「SIMロック解除」と聞いてピンとこない方はしていないはず。 SIMロック解除の方法は端末を購入した携帯電話会社へお問い合わせください。

▶ドコモのSIMロック解除方法を確認する

▶auのSIMロック解除方法を確認する

▶ソフトバンクのSIMロック解除方法を確認する

MNP予約番号

MNP予約番号の取得

MNPとは、Mobile Number Portabilityの略です。

今利用している電話番号を乗り換え先でも利用したい場合は、MNP予約番号の取得が必要になります。

MNP予約番号の取得方法については、下記を参考にしてください。基本的にWebサイトからの取得がメインかと思います。

キャリアWebサイトから取得電話で取得ショップで取得詳細リンク
ドコモdアカウント(24h受付)
ログインはこちら
スマートフォン:151
一般電話:0120-800-000
ドコモショップ詳細ページ
auMy au(24h受付)
ログインはこちら
スマートフォン/一般電話:0077-75470auショップ詳細ページ
ソフトバンク My SoftBank (24h受付)
ログインはこちら
スマートフォン:*5533
一般電話:0800-100-5533
ソフトバンクショップ詳細ページ

このMNP予約番号を取得して、新たな契約先の契約手続き時にMNP予約番号を入力することで、今使っている電話番号を引き継ぐことが可能になります。

格安SIMに申し込む準備をしよう【注意点に気を付けよう】

MNP予約番号を取得しておかないと、新たな電話番号での契約となってしまうので必ず取得しておこう。

注意点は下記2点です。

  • MNP予約番号は発行されて最大で15日間程度しか有効ではないこと
  • 即日発行されるわけではなく、数日かかることもある

MNP予約番号の有効期限が10日以上残っていないと受け付けてくれないことがあるので、MNP予約番号が発行されたらなるべく早く乗り換え先に申し込むことをおすすめします。

また、即日発行されるわけではなく数日後に発行されることもあるので、契約したい日付の2~3日前にMNP予約番号を取得しておきましょう。

会員登録用のメールアドレス

会員登録用のメールアドレスを用意しておきましょう。

この登録したメールアドレス宛に、契約時の案内メールや開通手続き、結果支払料金の案内などのメールが届きます。

Androidスマートフォンを利用している場合はGoogleアカウントを取得していると思いますので、Gmailを利用するのがスムーズです。

このほかにも無料で利用できるYahoo!メールもおすすめです。

▶Gmail

▶Yahoo!メール

キャリアメールを利用していると、解約と同時にメールが来なくなってしまうため、重要なメールが来なくなる恐れがあります。

会員登録用のパスワード

会員登録しマイページにログインする際に、パスワードが必要になります。

忘れないようにしておきましょう。

本記事のまとめ

本記事では、格安SIMに申し込む前に準備するものについて解説してきました。

格安SIMの申込み前に必要な準備物
  • 本人確認書類
  • クレジットカード
  • SIMロック解除
  • MNP予約番号
  • 会員登録用のメールアドレス
  • 会員登録用のパスワード
格安SIMの申込みのための準備物説明
本人確認書類
(いずれか1つ)
運転免許証、個人番号(マイナンバー)カード、被保険者証(国民健康保険/健康保険)、在留カードなど。
使えるもの使えないものは、各社によって異なる場合があります。
クレジットカード
(本人名義)
月々の支払いになるので、ポイントの付くクレジットカードがおすすめです。
SIMロック解除
(必要な場合)
今使っているスマホ端末を使う場合に必要になることがあります。
MNP予約番号
(申し込み前に取得)
今使っている電話番号を引き継ぎたい方は、MNP予約番号の取得が必須です。
下記に注意です。
・最大で15日間程度しか有効ではないこと
・即日発行されるわけではなく、数日かかることもある
会員登録用のメールアドレスキャリアメール以外にしましょう。
キャリアメールの場合、解約すると使えなくなるため無料で取得できるGmailやYahooメールがおすすめです。
会員登録用のパスワード支払い金額の確認は、格安SIM事業者のマイページにログインする必要があるのでパスワードを決める必要があります。

これらを全て揃えたら、早速次のSTEP4に進んでいきましょう。

気になる箇所からチェック!