MENU
キッズ向けスマホならLINEMOがオススメと断言する3つの理由詳細はこちら >>

多くの方は3GBあれば十分!3GBのおすすめ格安SIMを比較!

格安SIM・スマホ最新特価のおしらせ

IIJmio(11/30まで在庫限りのスペシャル特価!!

LINEMO(期間限定!!)

LINEMOが8ヶ月実質無料はかなりお得なキャンペーンなので、この機会にぜひ契約しよう!

データ量は3GBで十分なんだけど数ある格安SIMの中でどれがオススメなんだろう?

3GBでできることってどのくらいなんだろう?

3GBあれば十分?

と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

こんな方は3GBで十分!
  • LINEやネット検索がメインの方
  • 家にWi-Fiがあり、基本は在宅勤務の方
  • 外で動画を観ない方

こんな方であれば3GBあれば十分です。

そのため、本記事ではデータ容量3GBを持つ格安SIMに限定して、おすすめの格安SIMをご紹介したいと思います。

ぜひ格安SIM選びの参考にしてみてください。

目次

およそ6割のユーザーが3GB以下のデータ量

近年では格安SIMが広く認知され始め、大手キャリアから格安SIMへ乗り換える方も多くなってきたのではないでしょうか。

以下のように1ヶ月あたりの平均消費データ量の統計では「1GB」31.4%、「2GB」15%、「3GB」13.7%となり、およそ6割のユーザーが3GB以下のデータ通信量で生活していることが分かっています。MM総研調べ

そして本記事にアクセスして頂いた方はほとんど3GBで済む方なのかなと思っています。

ユーザーの利用データ(GB)の統計
3GB以下がユーザーの60%を占める
多くの方は3GBあれば十分!3GBのおすすめ格安SIMを比較!

本サイトの管理人である僕は企業でネットワークエンジニアとして働いているので、スマホで利用するネットワークの仕組みなどには割と詳しいです。

上記のような結果もあり、料金プランに「3GB」がある格安SIM事業者は多く、1つの市場となっています。

そのためほとんどの格安SIM事業者が該当します。

povo、LINEMO、OCNモバイルONE、BIGLOBEモバイル、nuroモバイル、LIBMO、楽天モバイル、UQモバイル、Y!mobile、日本通信、イオンモバイルなどなど、あげればキリがないです。

データ通信量3GBでできること

モバイルデータ通信量が月間3GBでどのくらいのことができるのかの目安を紹介します。

3GBだと動画閲覧や会議をガッツリするのはオススメできないので、自宅にWi-Fi環境があるのが前提となります。

コンテンツ閲覧できる量
ニュースサイト1ページあたり300KBの場合
約9,600ページ
YouTube(動画)高画質(720p) 2.5Mbps
約2.7時間
Netflix(動画) 標準画質(SD) 3.0Mbps
約2.2時間
Spotify(音楽) 最高音質 320kbps
約21時間
zoom(ビデオ会議) 高品質グループ会議 上下合計1.6Mbps
約4.3時間
データ通信量3GBで出来るデータ量の目安

画質・音質を上げれば送受信するデータサイズが増えるので、記載値よりさらに短く(少なく)なります。
逆に、画質・音質を落とせばさらに長く(大きく)なります。

上記でも記載したように、統計上では約6割のユーザーが3GB以下の通信量で生活していますので、モバイルデータ通信で動画を長時間観たりしなければ、十分持つと考えられています。

3GB向けにおすすめできる格安SIM

データ容量3GBでおすすめできる格安SIMは以下です。ザクっと僕の印象で分けています。

特徴おすすめ格安SIM(クリックで解説ページへ)
低価格で抑えたいIIJmioNUROモバイルLIBMO日本通信SIM楽天モバイルイオンモバイルHISモバイル
バランスが良いOCNモバイルONELINEMO
通信速度は速い方が良いUQモバイルY!mobilepovo2.0
ざくっと印象分け

詳細に関してはそれぞれリンク先の個別解説のページをご覧ください。

基本的には3GBはどれも1,000円前後で持つことが可能です。990円が一般的になり始めています。

ただ、UQモバイルとY!mobileは割引込みで1,000円前後になることに注意です。

それぞれ以下で簡単に紹介していきます。

LINEMO(格安ブランド)

多くの方は3GBあれば十分!3GBのおすすめ格安SIMを比較!

個人的には1位でイチオシです。

ソフトバンク回線を用いた格安ブランドで、通信速度も速くそしてLINEがカウントフリーなのが特徴です。

データ量3GBで、日々のネット検索、友人・家族との連絡(LINEのメッセージやビデオ通話)を含めて通信していると、ギリギリ足りるか足らないかの方も多いのではないでしょうか。

僕もそうでしたが、LINE分がカウントフリーになるので、結構空きができました。

実質3GBよりも多く感じられるので、LINEが中心の方はお得です。

データ容量通話オプション月額料金オススメ度申し込み
3GBなし
1回5分かけ放題
完全かけ放題
990円
1,540円990円(12ヵ月)
2,640円2,090円(12ヵ月)
申し込み(公式サイト)

キャンペーンで8か月は実質無料で使える+1年間は、1回5分かけ放題が0円となります。

このキャンペーンは終了日は未定なのでぜひ終了前に契約することをおすすめします。

\ミニプランなら実質8ヵ月無料!/

▶個別解説ページはこちら

厳密にはLINEMOは「格安SIM」ではなく「格安ブランド」です。格安SIMとの主な違いについてはこちらのページをご覧ください。

多くの方は3GBあれば十分!3GBのおすすめ格安SIMを比較!

速度制限時でもLINEだけは通常速度で利用できるので、子どものスマホにもオススメです!

NUROモバイル(格安SIM)

NUROモバイルは、ソニーグループのソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供する、格安SIM・格安スマホのサービスです。NURO光もネット回線として有名です。

3,5,10GBのバリュープラス、20GBのNEOプランがあり、3ヵ月毎にギガがもらえることや、Xperiaは割引で購入できることなど、独自の特徴があります。

データ容量通話オプション月額料金(合計)オススメ度申し込み
3GBなし
1回5分かけ放題
1回10分かけ放題
792円
1,282円
1,672円
申し込み(公式サイト)

上記表の見方ですが、3GB+1回5分かけ放題で1,282円、3GB+1回10分かけ放題で1,672円ということを意味しています。

▶NUROモバイル公式サイトはこちら

▶個別解説ページへ

OCNモバイルONE(格安SIM)

OCNモバイルONEは、古くから実績のあるNTTコミュニケーションズ株式会社が提供する格安SIMサービスです。

SIM+端末セットで購入するとかなり割引される特徴があり、新しい端末は発売記念特価を行っており、新端末目当てに乗り換える方が非常に多く、売り切れが続出しているのでお早めに。

データ容量通話オプション月額料金(合計)オススメ度申し込み
3GBなし
1回10分かけ放題
完全かけ放題
990円
1,925円
2,420円
申し込み(公式サイト)

▶OCNモバイルONE公式サイトはこちら

▶個別解説ページへ

LIBMO(格安SIM)

LIBMOは、あまり有名ではありませんが、株式会社TOKAIコミュニケーションズが提供する格安モバイルサービスです。実は20GBで2,000円以下だったりとかなり安価で注目度が高まりつつあります。

データ容量通話オプション月額料金(合計)オススメ度申し込み
3GBなし
1回5分かけ放題
1回10分かけ放題
完全かけ放題
980円
1,530円
1,750円
2,410円
申し込み(公式サイト)

▶LIBMO公式サイトはこちら

▶個別解説ページへ

BIGLOBEモバイル(格安SIM)

BIGLOBEモバイルは若干高めの価格設定ですが、固定回線でビッグローブ光を契約している方や家族複数人での格安SIM契約であれば、220円割引となるので、BIGLOBEモバイルも選択肢として入ります。

▶BIGLOBEモバイル公式サイトはこちら

日本通信SIM(格安SIM)

もっとも合理的な格安SIM事業者かもしれません。

携帯キャリアの高い料金の源は、使い切れないほどのデータ量や通話時間を契約してもらったり、逆にデータ量や通話時間が足りなくなり、高額な超過料金を支払うケースから成り立っていると世界中で言われています。

こういった無駄を減らした合理的な料金プランの提供を目指しています。

データ容量通話オプション月額料金オススメ度申し込み
3GB
合理的シンプル290プラン
なし
月70分かけ放題
完全かけ放題
730円
1,430円
2,330円
申し込み(公式サイト)

▶日本通信SIM公式サイトはこちら

▶個別解説ページへ

楽天モバイル(MNO)

従量制の1プランのみの第4のMNOです。3GB以下なら1,078円です。

仮に3GBを超えて使う場合でも20GB以下なら1,980円となるため、料金プランの変更やデータ量購入が必要ありません。20GB以上なら無制限に使えて3,278円が上限となります。

ただし、楽天モバイル特有の繋がりにくさは懸念ポイントです。

データ容量通話オプション月額料金(合計)オススメ度申し込み
3GBなし
15分かけ放題
1,078円
2,178円
申し込み(公式サイト)

▶楽天モバイル公式サイトはこちら

▶個別解説ページへ

イオンモバイル(格安SIM)

1GB刻みで料金プランがあり豊富なイオンの格安SIMです。

料金プランが豊富なため、様々な方に合ったプランを提供することが可能です。

2022年4月より料金プランが安くなるので注目度も高まっています。

データ容量通話オプション月額料金(合計)オススメ度申し込み
3GBなし
1回5分かけ放題
1回10分かけ放題
完全かけ放題
1,078円
1,628
2,013円
2,728円
申し込み(公式サイト)

▶イオンモバイル公式サイトはこちら多くの方は3GBあれば十分!3GBのおすすめ格安SIMを比較!

▶個別解説ページへ

UQモバイル(サブブランド)

auのサブブランドの位置づけの格安SIMです。そのためau回線を用いた格安SIMの中ではトップクラスに速いです。ほぼほぼauと大差ないと思います。

auでんきやネット回線契約することで割引となるので、少しハードルが高いですが3GBで990円となります。

通信速度と両立した格安SIMを選びたい方にはおすすめです。

※3GB料金は自宅セット割適用時

データ容量通話オプション月額料金(合計)オススメ度申し込み
3GBなし
月計60分かけ放題
1回10分かけ放題
完全かけ放題
990円
1,540
1,760円
2,860円
申し込み(公式サイト)

▶UQモバイル公式サイトはこちら

▶個別解説ページへ

Y!mobile(サブブランド)

ソフトバンクのサブブランドの位置づけの格安SIMです。(UQモバイルと同等です。)

そのため、ソフトバンク回線を用いた格安SIMの中ではトップクラスに速く、同じくソフトバンク回線を用いたLINEMOと同程度です。

2回線目以降は無条件で1,188円の割引(またはネット契約でも可)となるので、3GB990円となります。

※3GB料金はおうち割光セット適用時 または2回線目

データ容量通話オプション月額料金(合計)オススメ度申し込み
3GBなし
1回10分かけ放題
完全かけ放題
990円
1,760円
2,860円
申し込み(公式サイト)

▶Y!mobile公式サイト

▶個別解説ページへ

povo2.0(格安ブランド)

auの格安プランです。ahamoやLINEMOと同じ位置付けとなります。

3GBで990円と安価ですが、他とは違う点として期間が1ヵ月ではなく「30日」というところが注意点です。

低容量では他と比べたメリットは思いつかないので、低容量向けというより大容量向けかもしれません。

データ容量通話オプション月額料金(合計)オススメ度申し込み
3GB/30日なし
1回5分かけ放題
完全かけ放題
990円
1,540円
2,640円
申し込み(公式サイト)

▶povo公式サイトはこちら

▶個別解説ページへ

HISモバイル(格安SIM)

多くの方は3GBあれば十分!3GBのおすすめ格安SIMを比較!
HISモバイルの料金イメージ

2022年5月中旬に発表された「自由自在プラン」が、他と戦えるレベルになりました。

一般的に格安SIMの通話料は22円/30秒または11円/30秒なのですが、HISモバイルは9円/30秒と激安設定になっています。

そして3GBで770円と安いのも後発の格安SIMとしての大きなメリットと感じます。出来立てホヤホヤなので通信速度については未知数ですが、安いことには変わりないので、節約志向な方にとってはかなりおすすめできる格安SIMです。

データ容量通話オプション月額料金(合計)オススメ度申し込み
3GB/30日なし
1回5分かけ放題
完全かけ放題
770円
1,270円
2,250円
申し込み(公式サイト)

▶HISモバイル公式サイトはこちら

▶個別解説ページへ

平均通信速度で比較

下記、平均速度結果は「みんなのネット回線速度」さんの値をもとに算出しています。(3月末時点)

厳密には住んでいる地域や、基地局との距離、測定場所によって異なりますが、契約する格安SIMを検討する参考にしてください。

格安SIM速度比較平均通信速度備考
povo98.74Mbps
LINEMO79.37Mbps
OCNモバイルONE70.69Mbps
Y!mobile66.5Mbps
UQモバイル60.76Mbps
NUROモバイル55.51Mbpsドコモ回線のみで算出
日本通信SIM36.6Mbps
イオンモバイル58.8Mbps
HISモバイル45.88Mbps
楽天モバイル44.15Mbps
LIBMO25.33Mbps

最も平均速度が速いのはpovo、LINEMO、OCNモバイルONEとなっていますが、地域差もありますのであくまで参考値です。

ただ、格安ブランドであるpovo、LINEMO、そしてサブブランドであるUQモバイル、Y!mobileが速いです。

▶格安ブランドとは?格安SIMやサブブランドとの違いとおすすめは?

純粋な格安SIMは、格安ブランド・サブブランドと比較してみると、通信が遅いということが分かりやすくなりますね。

月額料金で比較

次に、データ通信量3GBの月額料金で比較してみます。

金額は全て税込価格です。

格安SIM速度比較月額料金備考
povo990円期間が1ヵ月ではなく30日
LINEMO990円
OCNモバイルONE990円
Y!mobile990円割引前:2,178円
UQモバイル990円割引前:1,628円
NUROモバイル792円
日本通信SIM730円
イオンモバイル1,078円
HISモバイル770円
楽天モバイル1,078円
LIBMO980円

割引が無ければ日本通信SIMが最も安くなります。さすが合理的なプランだけありますね。次点にHISモバイル、NUROモバイルが続きます。

3GBの場合は、990円が最も多いのが分かるかと思います。

そのため1,000円以上だと高い印象を受けるのかな…というのが最近の見方です。

通話オプションの有無

次に、通話オプションの比較です。

記載金額は税込で月額です。

5分、10分、無制限かけ放題

3つのタブをタップでそれぞれに切り替わります

通話オプション比較通話オプション備考
OCNモバイルONE無し
povo+550円
Y!mobile無し
UQモバイル無し
LINEMO+550円
NUROモバイル+490円
日本通信SIM無し
イオンモバイル+550円
LIBMO+550円
HISモバイル+500円
楽天モバイル無しRakuten Linkなら0円
1回5分かけほ

その他の通話オプション

日本通信SIM月計70分無料:700円
OCNモバイルONEトップ3かけ放題:935円
少し特殊な通話オプション

OCNモバイルONEのトップ3かけ放題は、1ヶ月の通話時間の中で上位3人の通話料が無料になるオプションです。

そのため、通話する相手が3人以下の場合は無制限かけ放題と同じになります。無制限かけ放題は1,430円となるので、若干お得に無制限かけ放題を実現可能です。

日本通信SIMとBIGLOBEモバイルの「月計〇分無料」は1ヶ月の通話時間の合計がこの時間内であれば、長電話しようと無料になるオプションです。たまに長電話するような方であればこちらの方が使い勝手が良くなります。

ズバリ!3GBでおすすめの格安SIMは?

上記の料金を比較すると、料金のみで考えるとNUROモバイル日本通信SIMHISモバイル、そしてLINEがカウントフリーで3GB以上に使えるLINEMO、総平均通信速度も速く、リーズナブルなOCNモバイルONEの5つが個人的にはおすすめです。

中でもLINEを主に使う方であれば、格安ブランドであるLINEMOが通信速度も十分に速く、LINEギガフリーで最もおすすめです。

僕も契約していて非常に使いやすいです。

個人的おすすめNo.1!!

LINEMOキャンペーン実施中!

LINEMOならLINEギガフリーで使い放題!速度制限時でもLINEは通常速度で使えるので

LINEがメインならLINEMOが最もお得です!

子供のスマホに選ばれています!

\ミニプランなら実質8ヵ月無料!/

格安SIMでスマホ代を節約しよう

本記事では、データ通信量3GBの格安SIMについて紹介・比較してきました。

ただ実際に使ってみないことには自分に適切なデータ通信量が分からないのも事実です。

データ通信量を節約するために日々できることを下記にまとめているので、こちらの内容も是非参考にしてください。

▶スマホ料金節約へ!無駄なデータ量を削減するために見直すべき5つのコト

あわせて読みたい
多くの方は3GBあれば十分!3GBのおすすめ格安SIMを比較!
スマホ料金節約へ!無駄なデータ量を削減するために見直すべき5つのコト [更新日:2021/08/04] 近年のスマートフォンの料金プランというのは、1か月あたりで使用するモバイルデータ量に基づき、料金が変動するってことは知っていますよね? 利...

参考リンク

目次