MENU
キッズ向けスマホならLINEMOがオススメと断言する3つの理由詳細はこちら >>

失敗しない!ネットワークエンジニアが教える本当におすすめの格安SIMの選び方・比較

ネットワークエンジニアのオススメ格安SIMの選び方
格安SIM・スマホ最新特価のおしらせ

IIJmio(11/30まで在庫限りのスペシャル特価!!

LINEMO(期間限定!!)

LINEMOが8ヶ月実質無料はかなりお得なキャンペーンなので、この機会にぜひ契約しよう!

本記事ではネットワークエンジニアの僕が格安SIMの選び方をご紹介し、その中でもオススメの格安SIMをご紹介しています。

初めて格安SIMに乗り換える初心者の方にでもおすすめできる格安SIMを選んでいるので、きっと満足できるものと思ってます。

また、さらに初心者向けに特化した記事も「格安SIMに初めて乗り換える人へ。初心者の方向けにおすすめ格安SIMを解説します」に書いているので、是非読んでみてくださいね。

目次

ネットワークエンジニアが教えるおすすめの格安SIM選び方と比較

失敗しない!ネットワークエンジニアが教える本当におすすめの格安SIMの選び方・比較乗り換えたい人

あまり使ってないからスマホ代を節約するために大手キャリアから格安SIMに乗り換えたいのだけど…。たくさんありすぎてどういう軸で決めていけばいいんだろう。

失敗しない!ネットワークエンジニアが教える本当におすすめの格安SIMの選び方・比較わい

まず乗り換えたいと思った理由を整理しよう。格安SIMに乗り換えることで得られるものと失うものがあるよ!
数ある格安SIMの中から”テキトー”に選択してしまうと、日々の使い勝手やストレス度合いに大きく影響します。

テキトー”と言っているのは、

  • 他の人がオススメしてるから…
  • 有名な人が使ってるから…
  • 検索上位がこれだから…

こういった理由で安易に乗り換えてしまうことを指しています。

まずは自身のスマホの使い方を振り返り、乗り換え後にどのように使えれば満足なのかについて整理していきましょう!

初心者向けに解説していきます!

なお、ランキング形式にすることも考えましたが格安SIMは全ての人にオススメできるわけではなく、1つに順位付けすることは非常に難しいため、様々ある格安SIMの中から厳選し条件別に掲載しています。

格安SIM初心者の方は合わせてこちら「格安SIMに初めて乗り換える人へ。初心者の方向けにおすすめ格安SIMを解説します」もご覧ください。

本サイトは、企業で現役ネットワークエンジニアをやってるネットワークの中の人が解説していきます

格安SIMに乗り換えて得られるものと失うものを整理する

格安SIMに乗り換えて得られるものと失うものを整理する

格安SIMに乗り換えたい理由は料金の節約だと思いますが、得るものと失うものについてご存じでしょうか?

格安SIMに乗り換えて得られるもの
  • 月額料金が安くなる
格安SIMに乗り換えて失うもの
  • 手厚いサポートが受けられない
  • 通信速度が遅くなる
  • キャリア独自のサービス(キャリアメール等)

格安SIMに乗り換えることで月額料金が安くはなりますが、様々なものを失います。

簡単に言うと、金額を下げることでサービス品質が低下します。サポートや通信速度ですね。

自身に必要な量が過剰だった部分を削ることで節約している、という認識が必要です。

また、通信データ量が少ないプランを契約することになるので、自身の1か月間の利用データを大体でも把握しておきましょう。

Androidの場合はこちらの手順でおおよその1か月間のデータ量を知ることができます。

節約の結果として、生活に必要な他の分野へお金を回せるというのが最もなモチベーションになるのではないかと思います。

1.手厚いサポートが受けられなくなる

キャリアを解約するので、当然今まで通っていたキャリアショップではサポートしてくれません。

失敗しない!ネットワークエンジニアが教える本当におすすめの格安SIMの選び方・比較わい

もし何かトラブルがあった時に店頭でサポートを受けたい場合は、格安SIMの中でも店舗数の比較的多いY!mobileUQモバイル失敗しない!ネットワークエンジニアが教える本当におすすめの格安SIMの選び方・比較にするべきです。

Y!mobileはソフトバンクのショップのほとんどで取り扱ってますし、同じくUQモバイルもいくつかはauショップでも取り扱っています。

格安SIM特徴
Y!mobile店舗数も多くサポートも充実。
2回線目以降は無条件で割引されるので家族で加入にオススメです。
UQモバイル店舗数もY!mobileと同様多く、電気やインターネットとのセット契約で大きく割り引かれオススメです。
Y!mobileとUQモバイル

2.キャリアに比べ、通信速度が遅くなる

格安SIMは大手キャリアから通信帯域を借りる
格安SIMの通信帯域のイメージ

格安SIMは大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)から、回線の一部を借りてサービスを行っているため、接続人数が多いとその分速度の低下が顕著に起こります。

そのため、キャリアに比べると回線帯域が狭く通信速度はどうしても劣ってしまいます。

契約ユーザー数に応じて徐々に回線を増強していく格安SIM事業者もありますが、全てがすべてそうではありません。

格安SIMが安い理由について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。

3.キャリア独自のサービスに非対応となる

特にキャリアメールについては格安SIMに乗り換えると使うことができません。

Gmailやyahoo!メールを代替手段として使う方が多いです。

2021年12月中旬~下旬にかけて、ついにキャリアメールの持ち運びサービスが開始となりました。

月額費用が300円程度かかるため、そこまでして維持するものなのかとも思っています。

失敗しない!ネットワークエンジニアが教える本当におすすめの格安SIMの選び方・比較わい

僕はキャリアメールを使わなくなって4年程度経ちますが、Gmailで不便は感じてないですよ!

通信速度が重要と思う人へのおすすめの格安SIM

通信速度は「みんなのネット回線速度」さんの値から算出しています。

スクロールできます
格安SIMUQモバイル
UQモバイル
ワイモバイル
Y!mobile
linemo
LINEMO
OCNモバイルONE
OCNモバイルONE
ahamo
ahamo
日本通信SIM
日本通信SIM
平均通信速度41.51Mbps57.44Mbps43.86Mbps45.97Mbps 70.75Mbps59.97Mbps
回線auソフトバンクソフトバンクドコモドコモドコモ
3GB価格1628円2178円990円990円730円
6GB価格1320円1390円
15GB価格2,728円3,278円
20GB価格3,828円4,158円2,728円2,970円2,178円
通話料22円/30秒22円/30秒22円/ 30秒11円/30秒22円/ 30秒11円/30秒
取り扱い店舗数多い多い無し少ない無し無し
メールアドレスあり(200円)あり無しあり無し無し
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
通信速度が重要と思う人へのおすすめの格安SIM
失敗しない!ネットワークエンジニアが教える本当におすすめの格安SIMの選び方・比較

ぱっと見似たり寄ったりでどれが良いんだか分からないよね。

少し料金が高くとも安定した通信速度が欲しい人はUQモバイルY!mobileahamoLINEMOと契約するべきです。

もし今auを使っているなら、MNP等の手続きが不要で簡単に乗り換えられるUQモバイルもお勧めです。

こちらの記事にau→UQモバイルへの乗り換えが簡単だった体験談を記載していますが、今の端末がそのまま使えるので、非常に簡単に乗り換えできます。

失敗しない!ネットワークエンジニアが教える本当におすすめの格安SIMの選び方・比較わい

LINEMOは料金プランが3GB、20GBのみなので人を選ぶかと思いますが、大手のソフトバンクと同じ回線でかつLINEがカウントフリーのため格安SIMの中でもトップクラスに条件が良いでしょう。5Gにも対応していて僕は速度140Mbps出ました。

ドコモ回線が良い人はahamo、OCNモバイルONE、日本通信SIMでも良いでしょう。特にOCNモバイルONEは定期的に設備増強しているので将来的にも安心です。(OCNモバイルONEを使って分かったメリット・デメリットはこちら

\人気上昇中オススメ/linemo

公式サイト

LINEがカウントフリーで使い放題なのと、1回5分通話オプション料が1年間550円→0円であることから、かなり実用的な格安SIMと言えます。

▶今、実質3ヵ月無料の評判良いLINEMOミニプランをeSIMで新規契約してみた

▶LINEMOのミニプランを契約する前に確認しておきたいメリットとデメリットと評判

最も高値のY!mobileがオススメとなる人
  • サポートが欲しい方(全国に約1,000店舗)
  • キャリアメールアドレスが欲しい方(@ymobile.ne.jp)
  • 家族複数人で加入する方(2回線目以降1,188円割引!)
  • 一年間限定で加入する方(1年間増量オプションが無料!)
失敗しない!ネットワークエンジニアが教える本当におすすめの格安SIMの選び方・比較わい

Y!mobileは全国に約1,000店舗あり、持ち込んでサポートが受けられます。また、キャリアメールアドレスも提供しているから大手キャリアと同じように扱えますよ。
特に2回線目以降は1,188円割引になりますし、1年間無料増量オプションも踏まえると、5GBで990円、20GBで2,090円、30GBで2,970円となるので1年間の利用と考えると価値はあります。

ドコモ使ってる方ならahamoが簡単

ドコモを使っている方で何が何でもスマホ料金を下げたい方はahamoがおすすめです。

料金プラン変更の扱いでdアカウント連携でログインしさえすればすぐに変更可能です。高品質な回線に加え、プランが1つで分かりやすいのも人気の理由の一つです。

価格を重要視している方へのおすすめの格安SIM

価格で選ぶならNUROモバイルのバリュープラス(※NEOプランは別途)またはOCNモバイルONEの2択になると思います。

NUROモバイルはドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアのトリプルキャリア対応をしているため、どんな方でも契約しやすいのが特徴です。

失敗しない!ネットワークエンジニアが教える本当におすすめの格安SIMの選び方・比較わい

安さだとダントツのNUROモバイルですが、通信速度が少し怪しいかなと感じます。下記の表に平均通信速度を記載しているので確認してみてください。

NUROモバイルのバリュープラス低価格ではありますが、その代償として上記で紹介した格安SIMより通信速度は若干遅くなってしまうのがポイントです。

価格でこそnuroモバイルに負けていますが、OCNモバイルONEは通信速度も速く、端末購入時の破格っぷりを踏まえれば、nuroモバイルよりも満足度は高いのではと考えます。

NUROモバイルがおすすめな人
  • 外ではあまり使わないので通信速度にこだわりが無い
  • テレワーク等でWi-Fi環境下にいることが多い
  • 経済的に余裕が無い方
OCNモバイルONEがオススメな人
  • 最安にはこだわっていない
  • 多少値上がりしても通信速度はある程度は確保した
  • 満足度が高い方が良い
  • (僕も使ってるので、、、不明点があれば僕に聞きたい方)
失敗しない!ネットワークエンジニアが教える本当におすすめの格安SIMの選び方・比較わい

テレワークでWi-Fi環境下に常にいる方であれば通信速度に関しては特に気にならないでしょう。常日頃から外出している方だと速度の遅さが気になってくるかもしれません。
とはいえ、nuroモバイルの5GBで990円なのはかなり魅力的な料金プランです。

下記表は横にスクロールが可能です

スクロールできます
価格重視の
比較表
NUROモバイル
NUROモバイル
(バリュープラス)
IIJmio
IIJmio
OCNモバイルONE
OCNモバイルONE
IIJmio
IIJmio
(eSIMデータ)
平均通信速度20.07Mbps46.9Mbps45.97MbpsIIJmioと同じ
回線ドコモ, au
ソフトバンク
ドコモ
au
ドコモドコモのみ
2GB価格850円データ通信専用
440円
3GB価格792円990円
4GB価格990円データ通信専用
660円
5GB価格990円
6GB価格1320円
8GB価格1,500円データ通信専用
1,100円
10GB価格1,485円
20GB価格2,699円2,000円データ通信専用
1,650円
通話料ドコモ:11円/ 30秒
それ以外:22円/ 30秒
11円/30秒11円/30秒
通話オプションありありあり
取扱店舗数なし少ない少ない
メールアドレス無し無しあり
解説解説ページ解説ページ解説ページ解説ページ
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
価格重視の比較表

もしデュアルSIM前提なら、IIJmioのeSIM専用プラン(データ通信用)がかなり低価格でお勧めです(上記表の一番右)。eSIM専用プランについての詳細はコチラのページを参考にしてください。

失敗しない!ネットワークエンジニアが教える本当におすすめの格安SIMの選び方・比較わい

対した価格差でもないと感じる方なら、OCNモバイルONEを選ぶ方が通信速度も安定しており、最も満足度が高くなると思います。
料金プランの関係上、3GBではなく4GBが欲しい等の場合はIIJmioでもアリです。

NUROモバイルは11月1日より新プラン「NEOプラン」を提供開始しました。

既存のプランであるバリュープラスとは異なり通信速度のボトルネックを解消し大手キャリアと同様の通信速度が期待できるとのことで、非常に高品質な格安SIMとなるようです。

仕様や詳細はこちらの「NUROモバイルの20GB新プラン「NEOプラン」が期待できる3つの理由 」の記事を確認ください。

端末を安く買いたい人にオススメの格安SIM

スマホ料金の考え方

端末を安く買いたい場合は、SIMの契約と端末のセットで販売されている格安SIMキャリアを選びましょう。

新しい端末が安く購入できるので初期費用としてすごくお得になります。

失敗しない!ネットワークエンジニアが教える本当におすすめの格安SIMの選び方・比較わい

僕も実際、端末とセット販売されているOCNモバイルONEへ乗り換えました。
初めて格安SIMに乗り換える場合は、自分の今持ってる端末と契約した格安SIMのカードが合わない心配がありましたから、セットで購入した方が安心です。

下記表は横にスクロールが可能です

スクロールできます
端末セット
の比較
楽天モバイル
楽天モバイル
IIJmio
IIJmio
OCNモバイルONE
OCNモバイルONE
平均通信速度38.48Mbps46.9Mbps45.97Mbps
回線楽天ドコモ
au
ドコモ
端末種類楽天限定機種もある旧モデル~新モデルが豊富割と新しい端末が豊富
値引き方法楽天ポイントで還元現金で値引き+Amazonギフト券
(MNP乗り換えで安い)
現金で大幅値引き
(新規契約で安い)
初期手数料0円3,300円3,300円
SIMカード手配料0円433.4円(Dタイプ)
446.6円(Aタイプ)
220.0円(eSIM)
433円
契約解除料0円0円0円
売り切れやすさすぐに売り切れるすぐに売り切れるすぐに売り切れる
取り扱い店舗数少ない少ない少ない
メールアドレス提供予定なしあり
通話料無料
(Rakuten Link)
11円/30秒11円/30秒
通話オプションありありあり
取扱店舗数なし少ない少ない
メールアドレス無し無しあり
解説解説ページ解説ページ解説ページ
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
端末セットの比較

楽天モバイルの場合は、契約しただけ楽天ポイントが還元され、SIMとセット購入した場合にさらにポイント還元されるので、選ぶ端末によっては支払った金額より多くのポイントが返ってきたりします。

ただ、パートナー回線を徐々に解約していってる流れや、基地局整備に遅れが発生していることから、メインで利用するのは少し不安があります。

もし楽天モバイルを利用するなら「楽天モバイルのデメリットが気にならなくなる唯一の裏ワザ的な活用方法 」に記載している利用方法が個人的にはおすすめです。ぜひ参考にしてください。

失敗しない!ネットワークエンジニアが教える本当におすすめの格安SIMの選び方・比較わい

ただ、その他にも楽天モバイルは契約しているだけでSPUが+1倍になったりと、維持だけなら0円なのにお得な特典があるので、楽天市場や楽天サービスをよく使う方にとってはいろいろとお得になりますよ。

また、IIJmioはMNP乗り換えで2万円近く値引きされ、最もお得になります。

一方でOCNモバイルONEは、新規契約時に大きく値引きをしているのが特徴です。

僕が格安SIMを2年半以上使って気づいたこと

冒頭で「格安SIMに乗り換えることは、いくつかを失う」という発言をしましたが、スマホにとって通信速度が遅くなるというのは字面だけを見ると結構致命的なように見えますよね。

ですが、実は通信速度は最低限あれば十分で、そこまで通信速度の必要性を感じないと思います。

テキスト中心であればほぼ遅延なく見れますし、画像などもほんの数秒待てば表示されるので、実感としてはそこまで感じないのではないでしょうか。

動画のダウンロードやストリーミング再生ではさすがに速度差は感じますけどね。

失敗しない!ネットワークエンジニアが教える本当におすすめの格安SIMの選び方・比較わい

大手キャリアの手厚いサポートに関しても、もともと僕はネットで調べて自分で解決する派でキャリアショップに行ったこともなかったので、完全に不要なサポート費でした。
それにググれば大体のことは解決する時代ですからね。
このように速すぎる通信速度、手厚すぎるサポートの余剰なサービスを削ることで、スマホ料金を抑えるのが格安SIMの考え方や低価格に直結していると考えています。

キャリアメールアドレスは今となっては不要?

LINEやSNSが普及した現代では、キャリアメールアドレスに変わる連絡手段が豊富なことから、特に必須とは感じません。

メールアドレスを維持したいがためにキャリアと契約し続け毎月5,000円も6,000円も支払うなら、手放した方が賢い選択ではないでしょうか。

代替手段としてGmailYahoo!メールなどが活用できるので、キャリアメールが使えないということは今では特に致命的なことではないです。

5Gへの対応はまだ気にしなくていい?

5Gの使われ方は今後数年間は、スポット的(駅や学校、ビル)に一部のみ対応となるので、特定の箇所でしか5Gを利用することはできません。

そのため、5G対応スマホでもメインで繋がるのは4Gであることから、無理に対応しているスマホを買う必要はありません。

それに4G5Gの過渡期の今では、「パケ止まり」「パケ詰まり」と言われる事象が起きています。

パケ止まり、パケ詰まりとは?

5Gエリアの端で起きる問題で、基地局からの電波(下り通信)は届いているが、スマホから送信電波(上り通信)が基地局に届いていない状態。基地局からの発信する電波強度とスマホからの発信する電波強度の違いから起きます。

上り通信が止まってしまった結果、通信全体(パケット通信)が止まったように見えるため「パケ止まり」「パケ詰まり」と呼ばれています。

このパケ止まりについてのメカニズムは、「5Gでパケ止まりがなぜ起きる?理由をネットワークエンジニアが解説します」を参考ください。

5Gスマホの方が価格が高い傾向があるので、金銭的に余裕がある場合の選択肢の1つとして考えてもらえれば良いです。

たまたま欲しい端末が5G対応だった」であれば全然購入してもOKです。

詳しく知りたい方は5Gスマホと4Gスマホはどちらを選ぶべきかはコチラの記事を参考ください。

LINEがカウントフリーになるのはどこ?

LINEがカウントフリーになる通信事業者は2つあります。

1つ目はご存じのとおりLINEMOです。2つ目は知る人ぞ知るNUROモバイルのNEOプランです。

どちらもLINEで単純なトークや通話をするだけならデータフリーとなります。

LINEの中でニュースを見たり、スタンプを購入したりにかかるデータ量はカウントされます。

このNUROモバイルNEOプランとLINEMOのカウントフリーの差についてはこちらの記事をご覧ください。

急成長の楽天モバイルへの乗り換えは良い判断なのか?

楽天モバイルは低価格なことで有名ですが、ネットワークエンジニアとしての意見を書かせてもらうと乗り換え先としては正直微妙です。

微妙な理由として、①電波の周波数が高く②基地局数が圧倒的に少なく③基地局とスマホの距離が遠く通信速度が出ない&④バッテリー消費が大きくなる、の4つが地域によっては常時起こります。

このあたりの詳細な内容としては「楽天モバイルが繋がりにくいと言われる当然の理由」の記事に記載しているので、参考にしてみてください。

僕が「契約するのは微妙」と言っている心境が分かるかと思います。

楽天回線圏内(特に首都圏)で一日中過ごせる人ならまだ良いんですけどね。

楽天モバイルに乗り換えるのがおすすめな人
  • 生活圏内が楽天モバイル回線エリア内の人
  • 楽天サービスを多く活用している人
  • 繋がらなくても安ければいい人
失敗しない!ネットワークエンジニアが教える本当におすすめの格安SIMの選び方・比較わい

個人的には維持費0円で2台目として持つのには良いと思います。
特に、通信を1GB未満に抑えれば0円で済むので、Wi-Fiのある自宅に置いて家電話(固定電話)として活用するのがおすすめです。

失敗しない!ネットワークエンジニアが教える本当におすすめの格安SIMの選び方・比較

固定電話はすでに家にあるんだけど、他に良い使い道ってないの・・・?

失敗しない!ネットワークエンジニアが教える本当におすすめの格安SIMの選び方・比較わい

例えば、今使ってるスマホの回線が通信障害になると、通信できなくなりますよね?
そんな時にデュアルSIMとして楽天モバイルも入れておけば、万が一の障害時に切り替えて使うことが可能です。
詳しくは「楽天モバイルのデメリットを帳消しにする活用方法」の記事をご覧ください。

失敗しない!ネットワークエンジニアが教える本当におすすめの格安SIMの選び方・比較

なるほど!例えばメイン契約をドコモ回線の格安SIMにして、サブ契約を楽天回線にすればドコモ回線が通信障害になってもそのときだけ楽天回線に切り替えればいいんだね。

失敗しない!ネットワークエンジニアが教える本当におすすめの格安SIMの選び方・比較わい

その通りです!楽天モバイルは維持費0円(1GBまで0円)だし、万が一の時のみ使う回線と考えると契約しておいて損は無いですよね!

iPhoneを含めデュアルSIMが可能な端末なら、新規に楽天モバイルを契約しておきましょう。eSIMを登録(SIMカードを挿して)しておけばいつでも切り替えられるようになります。

通信障害に備えた詳細方法は「楽天モバイルのデメリットを帳消しにする活用方法」をご覧ください。

管理人のオススメ教えて!

失敗しない!ネットワークエンジニアが教える本当におすすめの格安SIMの選び方・比較

さらに悩んできた…結局はどれ契約したらいいの?

失敗しない!ネットワークエンジニアが教える本当におすすめの格安SIMの選び方・比較わい

それぞれに特徴があるので一概には言えませんが、価格と通信速度の両立ができているOCNモバイルONEとahamo、LINEMOがオススメと考えます。格安SIMで迷ったらとりあえずコレにしておけば間違いないと断言します!

スクロールできます
格安SIM比較linemo
LINEMO
ahamo
ahamo
OCNモバイルONE
OCNモバイルONE
平均通信速度 47.93Mbps98.89Mbps45.97Mbps
回線ソフトバンク回線ドコモ回線ドコモ回線
端末セット販売なしありあり
初期費用0円0円3,733円
3GB価格990円990円
6GB価格1320円
10GB価格1760円
20GB価格2,728円
2,970円
(1回5分通話無料が込み)
通話料22円/ 30秒22円/ 30秒11円/ 30秒
通話オプション11回5分かけ放題(+550円)
★1年間は550円→0円!
1回5分かけ放題(+0円)1回10分かけ放題(+935円)
通話オプション2完全かけ放題(+1,650円)
★1年間は1,650円→1,100円!
完全かけ放題(+1,100円)完全かけ放題(+1,430円)
解約金期間無し:0円期間無し:0円期間無し:0円
メールアドレス無し無しあり(@▲▲.ocn.ne.jp)
データ残量の確認LINEで可能
専用アプリ専用アプリ
特徴LINEのトークや通話がカウントフリー1つのプランでわかりやすい端末セット売りが激安
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
迷った時のおすすめ格安SIM

OCNモバイルONE

docomo回線通信品質は二期連続・総合1位評価を獲得しており、料金と通信速度が高水準にまとまっています。

乗り換え時は端末価格が激安になるので、初期費用を抑えたい人にもおすすめできる格安SIMです。

最新の端末ラインナップおよび開催中のセール価格は公式ページ 失敗しない!ネットワークエンジニアが教える本当におすすめの格安SIMの選び方・比較より確認ください。

ahamo

ドコモの格安プランということもありドコモ回線のため、平均通信速度はdocomoに次ぐ速さであり高品質です。

2,970円でデータ容量20GBというワンプランしかありませんが、今の支払いが3,000円以上の方が、サクッと低料金にしたい場合の第一候補でしょう。

特に、2,970円に1回5分通話無料の準かけ放題が込みなのがお得感ありますね。

LINEMO

ソフトバンクやY!mobileと同じ速度に加え、LINEがカウントフリー(無制限)なのがかなり人気です。1回5分かけ放題が1年間0円なのもポイントです。

3GBか20GBで考えてるならコレ。

ただ、端末とセット販売がされていないため、ソフトバンク回線に対応したSIMフリースマホをAmazon等で別途購入する必要があります。

LINEMOで利用可能な端末の紹介はこちらの記事を確認ください。

実際に僕がLINEMOミニプランをeSIMで新規契約してみた記事も参考ください。

絶対後悔したくないという方へ

失敗しない!ネットワークエンジニアが教える本当におすすめの格安SIMの選び方・比較乗り換えたい人

正直、乗り換えるの面倒だから失敗したくないし後悔したくないんです…

失敗しない!ネットワークエンジニアが教える本当におすすめの格安SIMの選び方・比較わい

その場合は、連絡いただければピッタリな格安SIM事業者を紹介(アドバイス)させていただきます!問い合わせフォームより気軽にご連絡くださいね!

普段のスマホの使い方等をより詳細に教えていただければ、よりピッタリな格安SIM事業者を見つけます。

今使ってるキャリア、支払ってる価格(あれば内訳、家族分でもOK)があれば大体わかるので、こちらで最適な格安SIMをアドバイスさせていただきます!

その他、スマホに関連した相談事でも全然OKです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

参考リンク

下記でも数社の格安SIMを比較しながら紹介・解説しているので、是非ご覧ください。

▶格安SIMに初めて乗り換える人へ。初心者の方向けにおすすめ格安SIMを解説します

▶3GB向けおすすめ格安SIMを比較!3GBあればどのくらい使える?

▶20GBで2,000円以下の格安SIMってある?最安プランは〇〇!格安SIMを比較してみた

目次