いつもブログのキーワード探しにGoogle Search Consoleの検索パフォーマンスを覗いてるのですが、平均掲載順位が最近ガクガク落ちたり急増したりと不安定な事象を発見したので、何が起きているのか調べてみました。

平均掲載順位が激減した理由は、低順位キーワードまで表示されたから。

合計表示回数が急増し、平均掲載順位が激減【Google Search Console】
サーチコンソールの過去3か月の表示結果。

上記が過去3か月の検索パフォーマンスの表示結果です。生々しい数字が出ているので少し恥ずかしいんですが、5月30日に新ドメインnw-memo.comに移行しました。

そこからもうすぐ2ヵ月を迎えそうな7月25日にオレンジの線がガタ落ちしています。

その前日の7月24日のみにフォーカスしてみます。

その前に、4つのパラメータ「合計クリック数」、「合計表示回数」、「平均CTR」、「平均掲載順位」の意味を調べておきます。

合計表示回数

リンク URL がユーザーの検索結果に表示された回数です。ユーザーがこの検索結果を含むページを開いたときに記録されます。

つまり、スクロールして検索結果を表示しなくてもカウントされるということですね。

基本的に1ページ目(10番以内)なら検索されたと同時にカウントされますが、2ページ目や3ページ目になるとユーザーが次ページへ遷移しなければカウントされないということになります。

合計クリック数

検索にて表示されたリンクURLがクリックされた回数を示しています。表示されてもクリックされなければカウントされません。

SISTRIX社が公開した2020年7月の検索順位別クリック率データは以下です。

検索順位クリック率
1位28.5%
2位15.7%
3位11.0%
4位8.0%
5位7.2%
6位5.1%
7位4.0%
8位3.2%
9位2.8%
10位2.5%

引用元:Why (almost) everything you knew about Google CTR is no longer valid – SISTRIX

また、検索結果の2ページ目では、どの順位もCTRは1%未満のようです。

平均CTR

上記の[合計クリック数]÷[合計表示回数]×100で値の算出が可能です。

私の上記3か月の場合、[6,612]÷[48,800]×100=13.5なのでおおよそ一致しています。

合計表示回数の箇所が数字を丸めてしまっているので若干の誤差があります。

平均掲載順位

各キーワードで検索されたときの順位の平均を示しています。

検索でヒットするキーワードの順位が軒並み高い時(SEO対策が上手くいった時)には1位、2位と上位を示しますが、競合が多いキーワード等、検索結果には表示されるけど順位が低い場合、順位は下がっていきます。

つまりあるユーザーがたとえば、検索結果の9ページ目まで覗いたときに私のブログがあった場合、90位くらいを示すことになります。

平均掲載順位を見てブログの良し悪しまではわからないといえそうです。というのも、もちろん平均が上位であるに越したことはないのですが、ブログに新しいキーワードのネタを取り入れた時は、検索に引っかかり始めたところなので、順位が大幅に下がる傾向があるようです。

後述しますが、私の場合、順位が130位や100位のキーワードもたくさんあります。もちろん1位もあります。

検索に引っかかり検索結果に表示されたすべての表示キーワードの検索順位を平均化したものが平均掲載順位となります。

やはり合計表示回数が急増している

まず、平均掲載順位が激減する前日である7/24を見てみます。

合計クリック数が183、合計表示回数が1,296、つまり平均CTRは14.1%です。

また平均掲載順位は12.5位という結果です。

これらは大体いつも私が見ていたサーチコンソール上のデータと同じ傾向なので、正しいと思います。クリック数をもっと増やしたいですね。そのためには掲載順位を上げないといけないですね。。。

合計表示回数が急増【Google Search Console】

そして、以下合計表示回数が急増して平均掲載順位は激減している日になります。

合計クリックは若干減っているものの、誤差の範囲です。

が、合計表示回数が前日比2倍以上となっています。7月に入って割と自分の中ではハイペースでブログを更新し続けていたので功を奏したのかな、ようやく検索結果に載ってきたのかな、と思っていました。

表示回数が増えてクリック数がほぼ変わらないのであれば平均CTRは自ずと下がります。

さて、問題は平均掲載順位です。

平均掲載順位が激減【Google Search Console】

ぱっと見、40位くらい下がってるので、googleアップデートにやられたかと思っていましたが、以前から上位表示されているものはそのまま上位表示されているので、なぜ下がったのかわかりませんでした。

とはいえ、サーチコンソール見たらすぐわかったんですけどね。

 

そして下記は翌日の7月26日です。いつものような感じに戻っています。

合計表示回数が急増し、平均掲載順位が激減するのは何が起きた?【Google Search Console】

デバイス毎に見てみると、PCからの表示が激増

7月24日ではPCからの表示回数が262回と、全体の20%がPCからの閲覧であるのに対し、問題の7月25日では、PCからの表示回数が1,361回と全体の48.7%を占めています。PCからの検索の平均掲載順位は73.1位と非常に低いです。

合計表示回数が急増し、平均掲載順位が激減するのはPCからの閲覧が多い【Google Search Console】
合計表示回数が急増してPCからの表示が増えた【Google Search Console】

何が起きたのでしょうか。めちゃくちゃ後ろまで調べる人がたまたまいたのでしょうか?

それか後ろまで調べるようなツールがあるのでしょうか。キーワードスタウターSTでもそこまで調べないでしょう。

また原因が特定できれば追記したいと思います。

最新機種の方必見!修理費用全額補償します

あらゆるトラブルに対応する新しい保険です。

  • 年間最大10万円補償
  • 3端末まで補償可能
  • WEBで手続き全て完結

最新機種を持つ方には特にオススメです!3端末まで登録できるので、ゲーム機、スマートウォッチ、ワイヤレスイヤホンなどWi-FiやBluetoothで通信が可能な機器もまとめて補償します。

もちろんiPhoneも対象、AppleCare+よりもお得な保険です。

おすすめ記事