SIMフリースマホとは?2022年も余裕な今買うべきスマホを厳選しました!

【更新日:2021/1/21】

新しいスマホ買おうと思うんだけど今オススメのスマホって何があるんだろう??

こんな疑問にお答えします。

コスパを考えると3~4万程度のスマホで十分なんです

今スマートフォンは国産メーカーから海外メーカー、性能のピンキリ等々たくさんあり選択肢が多すぎて一体何がおすすめなのか分からなくなってきますよね。

価格も10万を超えるスマホから1万円台で購入できるスマホまで多岐にわたります。

そこで今回は「スマートフォン本体はせいぜい3~4万円台までかな」という人達のために、2021年も十分使えてコスパの良い人気のスマホを厳選しました。

10万もする端末買って月額1,000円以上する保険入って、、、ってするより3万円くらいでサクッと買って、壊れたら壊れたで新しく買い替えれば良くないですか??

僕はそこまでリアルな3Dゲーム等はしないので、ミドルクラス(中堅クラス)のスマホで十分なんですよね。

なので3万円~4万円台のスマホで十分だったってことに気付きました。

高価で高性能なスマホ買っても違い分かります?どうせやることってLINEしてネットしてちょっとカメラで撮るくらいですよね?

5G対応はどちらでも良い

それに「5Gスマホを今買うべきか待つべきかの質問が愚問である5つの理由 」に僕のネットワークエンジニアとしての想いをズバっと書かせていただきましたが、2021年現在でもまだまだ5Gは必要ないと考えています。

まだまだ5Gは一部地域や一部施設にスポット的に展開されるのが主です。

僕も今現在5G対応スマホ「Pixel4a5G」を持っていますが、5Gに接続されたことはほとんどありません。

常に爆速通信をしたい人には5Gは魅力的だと思いますが、それ以外の人にとっては「5Gに対応したスマートフォン」ってだけで4Gに比べるとぐっと値段が高くなります。

そのため、5G未対応の機種がベースです。

(とはいえ、2021年9月現在では5Gに対応した機種も徐々に増えてきており、海外メーカーが安価に提供していたりもしますので、欲しい端末がたまたま5G対応だったなら全然5G購入してOKです。)

 

今スマートフォンを購入するなら以下に紹介する製品の購入を検討しましょう。

ずっと快適な動作で過ごせますよ。

\僕は格安SIMで年間5万円もおトクになった!!/
ネットワークエンジニアが教える本当におすすめの格安SIMの選び方・比較

なぜSIMフリースマートフォンがオススメなのか

SIMフリースマホを選ぶ前に、

  • そもそもSIMフリースマートフォンとは何か
  • なぜSIMフリースマホがオススメといえるのか

について紹介します。

そもそもSIMフリースマートフォンって何?

僕は2015年くらいからSIMフリースマートフォンを利用してきていますが、一度買ったらもうキャリアのスマホには戻れなくなってしまいました。

少し誤解しているかたもいると思うので、先に解説しておきますが「SIMフリースマホ≠格安SIM」です。

キャリアショップから販売されていないスマホのことをSIMフリースマホ(端末のこと)と呼んでいます。

キャリアショップで販売されている機種(キャリアのスマホ)と同じ端末でSIMフリー版というのも存在しますね。

要はキャリア経由で販売されているものはキャリアスマホ、それ以外(メーカーから販売されてたり格安SIM事業者から販売されていたり)はSIMフリースマホと呼ばれています。

一方格安SIMというと、SIMカードの話になってしまいますので、異なります。

SIMフリースマホと格安SIMの意味を整理しよう

SIMフリースマホ

  • キャリアショップ以外で売られているスマホ本体のこと。Amazonや家電量販店などで購入可能。キャリアショップで販売している同一機種も存在する。それらはSIMフリー版、キャリア版と表現される。
  • キャリア独自アプリが入っていないスマホ本体のことを指す場合もある。

格安SIM(MVNO)

  • 大手キャリア以外と契約した際に提供されるSIMカードのこと。オンライン手続きによる契約だと割引されたりして結構お得。MNOであるドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルが大手キャリア(MNO)とみなされる。

    なので、今回僕が紹介するのは2021年でも使えるSIMフリースマホ機種のみです。(SIMと端末を同時購入で安く端末を買えるキャリアは紹介しますけどね!)

    僕が考えるメリットやおすすめポイントを以下に挙げておきます。ぜひ、購入の際の参考にしてくださいね。

    SIMフリースマートフォンがおすすめな理由

    悩む人
    なぜSIMフリースマートフォンがおすすめなんだろう?
    キャリアから販売されてるものと何が違うの?
    SIMフリースマホを選ぶだけで得られるメリット
    • キャリア独自の余計なアプリが入っておらず、キャリア版スマホに比べてストレージ容量の空きが多い
    • バックグラウンドでキャリア独自の余計なアプリが動作しないので、動作がキビキビしている
    • キャリアに縛られず、用途に応じて豊富な様々な機種(ローエンド~ハイエンド)から選ぶことができる
    • 様々な機種から選べるので、低価格の端末も選べお金の節約&満足度が高くなる

      例えばドコモと契約していた時はドコモから販売された機種しか選ぶことができませんでした。

      気に入ったスマホが無かったとしてもドコモ製品からしか選ばざるを得ない、消去法しかできませんでした。

      そのため、ドコモになくてauに欲しい端末がある場合は、選ぶことすらできないという問題がありました。

      つまり、非常に選択肢が狭かったんですよね。

       

      しかし、SIMフリースマホの場合は、Amazonや家電量販店で販売されているハイエンド機からローエンドモデルまで様々な機種を選ぶことができるので、自分の使い方や用途に合ったちょうどいい機種を選ぶことができるようになりました。

      Amazonだと数か月前に販売された機種等は、割引されていたりするので思った以上に安く手に入ります。

      また、SIMフリースマホにはキャリア独自の余計なアプリが無いので、ストレージの空きも多く動作も軽やかで、バッテリー持ちも幾分か良いです。

      ぜひ、機種変更の時はキャリアショップでの購入ではなくAmazon等で購入してみてはいかがでしょうか。

      SIMフリースマホの選び方

      SIMフリースマホの選び方

      SIMフリースマートフォンを選ぶ際に重要なポイントをご紹介します。

      以下のポイントを押さえておけば、使い勝手の悪いスマホを選ぶことはないでしょう。

      と言いつつ、1年に2台くらい購入している僕の完全な主観ですので、一種の目安だと思ってください。

      重量 180~200gを超えると重たい印象を受けると思います。
      大きさ スマホの横幅が75mmを超えると、僕個人的には持ちにくいと感じます。僕の場合、この幅を超えると寝ながら片手で操作しにくくなります。
      SoC CPUの性能を決めるチップです。Snapdragon 600台や700台であればミドルレンジ機。800台だとハイエンド機器というイメージです。5G対応だと番号が少し若くなります。
      RAM

      複数アプリケーションを同時に処理する能力です。最近の機種を考えると以下の感じです。

      • 1~3GBだと不安
      • 4GBだと2022年もOKだろう
      • 6GB以上だと割と快適
      ROM

      写真や動画、アプリデータなどデータ全般を保管する容量(ストレージ)のこと。年々写真が増えていくので

      • 16GB・・・写真約2000枚(動画、アプリデータもここに入るので、もっと少なくなる)
      • 32GB・・・写真約5000枚(動画、アプリデータもここに入るので、もっと少なくなる)
      • 64GB・・・このくらいあれば大体の人が足りるイメージ
      • 128GB・・・十分(今僕が使用しているPixel4a5Gの容量です。)
      バッテリー容量
      • ~3000mAh:少し不安
      • 3000~4000mAh:5Gを使わなければ十分1日は持ちます。
      • 4000mAh~:十分
      Felica

      搭載していればほぼお財布ケータイが利用可能です。Felicaの有無で結構価格が変わります。

      参考:Felica搭載オススメモデル「OPPO Reno3 A」(Amazon)

      SIMスロット

      nanoSIMが2枚、またはnanoSIM1枚+eSIM1枚入ると、使い勝手がよく、デュアルSIMが可能です。

      最近だとeSIM+nanoSIMの組み合わせがトレンドです。

      参考:楽天モバイルとデュアルSIMスマホ組み合わせたら最強になった

      充電端子 近年ではUSB Type-Cが主流です。今後のことを考えるとType-C一択です。
      対応バンド 格安SIM側で対応しているバンドを受信できるかどうかです。以下重要なバンドです。

      • ドコモ回線の格安SIM:1/3/19が特に重要
      • au回線の格安SIM:1/18/(26)が特に重要
      • Softbank回線の格安SIM:1/3/8が特に重要

      ちなみに、買ってはいけないスマホの特徴もこちらの記事でまとめているので参考にしてください。

      ▶2021年の今、買っては いけないスマホの特徴4つとその理由

      それではなんとなくスペックの感覚もつかめてきたと思うので、下記より、2022年も十分に活用できるSIMフリースマホ端末をご紹介していきますね!

      Motorola edge 20

      Motorola edge 20

      僕も購入して使っていますが、脳がバグるスマホです。

      6.7インチとかなり大き目なスマホの部類ですが、めちゃくちゃ薄く、そして軽いんです。

      慣れるまで軽すぎて逆に怖かったです。笑

      名前 Motorola edge 20
      画面サイズ 6.7インチ
      2,400 x 1,080 (FHD+)
      pOLED
      重量 約163g
      大きさ 約163mm x 約76mm x 約6.99mm (最薄部)
      SoC Qualcomm® Snapdragon™ 778G
      オクタコア
      RAM 6GB
      ROM 128GB
      バッテリー容量 4,000mAh
      Felica -
      SIMスロット nanoSIM/nanoSIM
      充電端子 USB Type-C
      対応バンド(5G) n1/3/5/7/8/28/38/41/66/77/78
      対応バンド(4G) B1/2/3/4/5/7/8/12/18/19/20/26/28/32/34/38/39/40/41/42/43/66
      発売日 2021年10月22日

      本来定価は税込5万4800円と本記事の趣旨ではありませんが、OCNモバイルONEではセール特価で24,000円(税込)で販売しているので、半額以下で手に入る今絶対手に入れておきたいスマホです。セールは期間限定なのでお早めに!

      特にReady For機能という独自機能を使って簡単に外部ディスプレイにMiracastで接続でき、大きな画面で作業したり動画鑑賞したりできるのがオススメポイントの1つです!

      ▶https://www.motorola.co.jp/ready-for/p

      取り扱っている格安SIM

      OPPO A55s 5G

      OPPO A55s 5G

      近年非常に人気の高いOPPOの5G対応スマホです。

      6.5インチと狭ベゼルで大きい画面が特徴なのですが、幅が約74.7mmと個人的には持ちやすい良機種です。

      またnanoSIM/eSIMのデュアル構成に加え、nanoSIM/nanoSIMのデュアル構成までも組めるのでどんな格安SIMでもマッチします。

      12月27日までは発売記念特価でOCNモバイルONEではたったの13,000円で販売されているので、5GとeSIMに対応した新機種を探している方には今の時期がおススメです。

      ドコモ回線系はもちろん、

      名前 OPPO A55s 5G
      画面サイズ 約6.5インチ
      2,400 x 1,080 (フルHD+)
      TFT-LCD
      重量 約178g
      大きさ 約162.1mm x 約74.7mm x 約8.2mm
      SoC  Qualcomm® Snapdragon™ 480 5G
      オクタコア 2×2.0GHz+6×1.8GHz
      RAM 4GB
      ROM 64GB
      バッテリー容量 4,000mAh
      Felica -
      SIMスロット nanoSIM/nanoSIMまたはnanoSIM/eSIM
      充電端子 USB Type-C
      対応バンド(5G) n3/28/77/78
      対応バンド(4G) B1/2/3/4/5/7/8/18/19/26/28/38/39/40/41/42
      発売日 2021年11月26日

      欲しい方は今のうちに購入しておきましょう。

      moto g50 5G

      moto g50 5G

      地味に良機種を販売するMotorolaです。対応バンドを見る限り、3キャリアともに対応しています。

      3万円台のスマホにしては初搭載かな?90Hzの高リフレッシュレートです。

      通常60Hzなのですがこれよりヌルヌルな動きになります。

      eSIMが使えなかったりFelicaが無いのが悔やまれますが、それ以上に5,000mAhのバッテリーや、128GBのストレージは非常に魅力的です。

      eSIMはまだいいやって方には非常にお勧めできる1台です。

      定価32,800円ですが、10/8から始まったOCNモバイルONEの発売特価で5,500円(税込)となっており、在庫も残りわずかということで手に入れるなら今のうちです。

      名前 moto g50 5G
      画面サイズ 約6.5インチ
      1,600 x 720 (HD+)
      IPS液晶
      重量 約206g
      大きさ 約167mm x 約76.4mm x 約9.26mm
      SoC MediaTek Dimensity 700
      オクタコア 2×2.2GHz+6×2.0GHz
      RAM 4GB
      ROM 128GB
      バッテリー容量 5,000mAh
      Felica -
      SIMスロット nanoSIM/nanoSIM
      充電端子 USB Type-C
      対応バンド(5G) n1/3/5/7/8/20/28/38/40/41/66/77/78
      対応バンド(4G) B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/38/40/41/42/43/66
      発売日 2021年10月01日

      欲しい方は今のうちに購入しておきましょう。

       

      ちなみにMNPの場合はさらに13,000円割引される破格っぷりなので、4,484円で購入可能です。

      ほかにもIIJmio」、「イオンモバイル」、「QTmobile、「NifMo」、「Fiimo」で取り扱っていたので調べてみましたが、基本的に定価での販売でした。

      唯一IIJmioではMNP乗り換えで12,800(これでも安い)になるので、そう考えるとOCNモバイルONEの方がお得に端末を入手することが可能です。

      OCNモバイルONE 5,500円新端末発売記念特価!!
      IIJmio 28,800円(MNPなら12,800円)+5,000円ギフト券
      イオンモバイル 32,780円
      QTモバイル 32,472円
      Nifmo 31,680
      Fiimo 33,000円
      Amazon 29,818円

      最新の価格・情報は各公式サイトよりご確認ください。

      取り扱っているおすすめ格安SIM

      Xperia 10 III Lite

      2021年に発売されたXperiaです。この端末もバッテリーも多く持ちやすいのが特徴です。

      ブラック、ホワイトの無難な2色ですが、Xperia特有の細長い21:9のワイドディスプレイが特徴なので女性にも持ちやすいですね。

      定価としては40,469円(税込)円とXperiaにしてはリーズナブルな価格設定ですが、OCNモバイルONEの2021/9のキャンペーンで24,000円で購入可能です。使い勝手は抜群でしょう。

      楽天モバイルでも26,800円で販売されています。

      本機種はeSIMに対応しているので、楽天モバイルで物理SIMで契約、IIJmioのeSIM専用データプランを追加で新規契約することで、デュアルSIMでお得に使えます。(20GBで1,650円)

      名前 Xperia 10 III Lite
      画面サイズ 約6.0インチ有機EL
      重量 約169g
      大きさ 約154mm x 約68mm x 約8.3mm
      SoC Qualcomm® Snapdragon™ 690 5G Mobile Platform
      RAM 6GB
      ROM 64GB
      バッテリー容量 4,500mAh
      Felica 搭載
      SIMスロット nanoSIM/eSIM
      充電端子 USB Type-C
      対応バンド(5G) n77/n78
      対応バンド(4G) 1/3/4/12/18/19/38/41
      発売日 2021年8月27日

      取り扱っている格安SIM

      Mi 11 Lite 5G

      2021年に発売された超コスパ端末です。僕も思わず欲しいと思ってしまった端末です。

      トリュフブラック、シトラスイエロー、ミントグリーンなどといった女性にも持ちやすいカラーも特徴です。

      定価としては43,800円と少し高いですが、OCNモバイルONEの2021/9のキャンペーン中はなんと15,400円で購入可能です。在庫限りなので、コスパ最強なので売り切れる前に絶対確保案件です。

      名前 Mi 11 Lite 5G
      画面サイズ 6.55インチ
      重量 約159g
      大きさ 約75.73mm×160.53mm×6.81mm
      SoC Snapdragon 780G
      RAM 6GB
      ROM 128GB
      バッテリー容量 4,250mAh
      Felica 搭載
      SIMスロット nanoSIM×2
      充電端子 USB Type-C
      対応バンド(5G) n1/n3/n5/n7/n8/n20/n28/n38/n40/n41/n77/n78/n66
      対応バンド(4G) 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/32/38/41/42/66
      発売日 2021年7月2日

      楽天モバイル専用端末「Rakuten Hand」

      名前のとおり、楽天モバイル限定のスマートフォン「Rakuten Hand」。

      画面サイズも5.1インチと小さく、誰の手にも手にフィットするのが特徴。税込み2万円と比較的安価に手に入ります。

      このスマホとUN-LIMIT Ⅵの同時契約で24,999円相当のポイントが返ってくるので、実質0円になります。0円ってポイント的に言うと得してるんですけどね。

      ついにこんな値段で手に入るようになったんですね!

      ※最新の情報は楽天モバイル公式サイトを確認してください。

      バッテリー2,750mAhが2021年では心許ないような気がしますが、実質無料で手に入ると考えるとまずは試しに使ってみようという方にとってはかなりコスパは高いと思います。

      楽天モバイルがアップグレードしUN-LIMIT Ⅵとなり、1GB未満なら0円、3GBまでなら980円となったので、低容量で十分だって方には楽天モバイルはかなりお勧めです。

      名前 Rakuten Hand
      画面サイズ 約5.1インチ
      重量 約129g
      大きさ 約63mm×138mm×9.5mm
      SoC Snapdragon 720G
      RAM 4GB
      ROM 64GB
      バッテリー容量 2,750mAh
      Felica 搭載
      SIMスロット eSIMのみ
      充電端子 USB Type-C
      対応バンド 1/2/3/4/5/7/18/19/26/28/38/41/42
      発売日 2020年12月8日

      Redmi 9T

      2021年2月2日発売の新機種です。6,000mAh大容量バッテリー搭載しており下手すると2日は十分に持つくらいのバッテリー容量です。

      AI 4眼カメラで超広角やマクロ撮影も楽しめます。

      何がすごいって、これだけの性能をしていながらも「OCN モバイル ONE」のセール中では1円で手に入ってしまうことです。

      名前 Redmi 9T
      画面サイズ 約6.53インチ
      重量 約198g
      大きさ 約162.3mm x 約77.28mm x 約9.6mm
      SoC Qualcomm® Snapdragon™ 662
      RAM 4GB
      ROM 64GB
      バッテリー容量 6,000mAh
      Felica
      SIMスロット nanoSIM×2
      充電端子 USB Type-C
      対応バンド 1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28/38/40/41
      発売日 2021年2月2日

      AQUOS sense 4

      2020年11月27日に発売したスマートフォン。少し前の機種ですが価格.comでも2020年11月25日に人気ランキング1位になっています

      開発メーカーがSHARPということで国産でかつ高コスパのスマホです。AQUOS sense 2~3の頃からコスパに優れており、国産スマホの中でも1位2位を争うくらい人気だったのですが、2020年11月に4が発売となり、スペックもグレードアップしています。まず4を購入しておけば間違いないです。

      ドコモや楽天モバイル、Y!mobile等でも売られていますが、SIMフリー版もあります。

      上記でもご紹介しましたが、SIMフリー版の場合はキャリア独自アプリが入っていないので、非常に軽やかな動作になります。

      5.8インチと最近の機種としては少し小さめで、横幅も71mmに抑えられているので、女性の手でも十分持ちやすい大きさだと思います。

      バッテリーに関しても4Gなのに4,570mAhもあるので、神レベルのバッテリーの持ちだと思います。それにIGZO液晶の消費電力の少なさも相まっているので、公式サイトには1週間持つと書かれています。

      3万円台で国産メーカーだと、正直これ1択ってくらい覇権取れます。次自分の両親にスマホ買うならこれかOPPO Reno3 Aにします。

      名前 AQUOS sense 4
      画面サイズ 約5.8インチ
      重量 約177g
      大きさ 約71mm×148mm×8.9mm
      SoC Snapdragon 720G
      RAM 4GB
      ROM 64GB
      バッテリー容量 4,570mAh
      Felica 搭載
      SIMスロット nanoSIM×2
      充電端子 USB Type-C
      対応バンド 1/3/5/8/12/17/18/19/39/41
      発売日 2020年11月27日

      OPPO A73

      OPPO A73のおすすめポイントと特徴

      昨今の新料金プラン発表ラッシュを踏まえると、個人的にはイチオシのAndroid機です。僕も買いました!

      ▶eSIM対応デュアルSIMスマホ『OPPO A73』をおすすめするたった一つの理由

      2021年3月時点で、Amazonで20,800円になっています。

      2021年7月時点で、Amazonで16,470円にまで下がりました。

      eSIMとnanoSIMを活用した数少ないデュアルSIM(DSDV)端末のため、「スマホ代節約裏ワザ!たった440円でかけ放題付き2GBの方法を紹介する【格安SIM】」に記載のスマホ料金節約術が使えます。ぜひお試しあれ。

      2020年11月20日発売のOPPOの新機種です。一応位置づけとしてはOPPO A5 2020の後継機種みたいです。

      背面がレザー調になっていてすごくクールな印象のスマートフォンです。お財布ケータイ対応していたら間違いなく購入してましたね。

      しかもOPPOスマホの中でも薄く軽くなっています。

      ドコモユーザーの方やauユーザーの方であれば、端末だけ買ってそのままSIMカードを差し込めば動作するので、5Gスマホを買うまでの一時的な機種変更に最適な端末です。

      ポイント!

      DSDV対応かつeSIM対応なので、IIJmioの4/1にスタートする「ギガプラン」のeSIMプラン(20GBで1,650円(税込))に対応可能なため、メインSIMを楽天モバイル、サブSIMをIIJmioにすると20GBで1,650円となりahamoやpovo、LINEMOを超える使い方が可能になります。

      詳しくは「【新料金】IIJmio(格安SIM)のeSIMプランが価格破壊しててやばい 」にも記載していますので参考にしてみてください。

      最新のキャンペーンの割引価格については公式ページをご確認ください。

       

      名前 OPPO A73
      画面サイズ 約6.4インチ
      重量 約162g
      大きさ 約159.8×72.9×7.45mm
      SoC Snapdragon 662
      RAM 4GB
      ROM 64GB
      バッテリー容量 4,000mAh
      Felica 非搭載
      SIMスロット nanoSIM×1 / eSIM×1
      充電端子 USB Type-C
      対応バンド B1/2/3/4/5/7/8/18/19/26/28/38/41
      発売日 2020/11/20

      OPPO A5 2020

      2019年最も高コスパのスマホと言われていただろう機種です。LINEやインスタグラムなどが中心の方であれば全く問題なく使えるスマホです。

      バッテリーも5,000mAhと抜群に電池が持つのですが、195gと少し重たい分厚いのが難点かもしれません。とはいえOPPO A73と比べても約30gしか変わらないので、十分選択肢となるスマホです。

      発売して1年が経過しているため、Amazonでも2万円を切るほど安くなっているので、子どものスマホとか5Gのつなぎを目的とするなら、全然アリですね。

      名前 OPPO A5 2020
      画面サイズ 約6.5インチ
      重量 約195g
      大きさ 約163.6×75.6×9.1mm
      SoC Snapdragon 665
      RAM 4GB
      ROM 64GB
      バッテリー容量 5,000mAh
      Felica 非搭載
      SIMスロット nanoSIM×2
      充電端子 USB Type-C
      対応バンド B1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28/38/39/40/41
      発売日 2019年11月1日

      OPPO Reno A

      僕も以前まで使用していたスマートフォン。発売日は2019年10月18日と1年以上経過しているのですが、今でも結構性能が良い方で、価格.comなどでも人気の機種。この価格でお財布ケータイまで使用できるのでかなりコスパが良いです。

      (docomo、OCNモバイルONEのSIMカードを挿せばそのまま使えました。)

      2021年も十分使えるSIMフリースマホです。ゲームブースト機能まであるので、ゲームやる人にもおすすめです。

      画面シートが貼り付けられているので、貼るの苦手な方は手間が省けますよ。

      ゲームスペースのメリット
      • ゲームアプリを一か所で管理できる。
      • 着信、通知をブロックできるため、ゲームに集中できる。

        名前 OPPO Reno A
        画面サイズ 約6.4インチ
        重量 約169.5g
        大きさ 約75.4×158.4×7.8mm
        SoC Snapdragon 710
        RAM 6GB
        ROM 64GB/128GB(楽天モバイル版)
        バッテリー容量 3,600mAh
        Felica 搭載
        SIMスロット nanoSIM×2
        充電端子 USB Type-C
        対応バンド B1/2/3/4/5/7/8/18/19/26/28/38/39/40/41
        発売日 2019年10月18日

        横幅が75mmを超えていますが、許容できる性能だったこともありオススメ機種です。

        大感謝セール中のOCNモバイルONEでSIMカード+端末セットで購入した場合、5,300円(税込5,830円)になるので、格安SIMデビューにもいかがでしょうか。(セールは終了しています)SIMフリー版のROMは64GBになりますが、楽天モバイルで購入したものは128GBになります。

        最新のキャンペーンの割引価格については公式ページをご確認ください。

        OPPO Reno3 A

        OPPO Reno Aをより進化させたスマホです。2020年8月に発売されています。

        僕がOPPO Reno Aを使用していたので「OPPO Reno3 AとReno Aどちらを買うべきかは用途で決めよう【おサイフケータイ対応】」でも記載していますが、僕が感じたReno Aの不満やデメリットを全部解消してくれているようなスマホになっています。

        【THE 大衆向けスマホ】と言っても過言ではありません。ドコモユーザーであれば端末だけ買えばSIM差し替えて使えるのでお勧めです。

        Reno Aと同様、画面フィルムとクリアケースが付いています。

        名前 OPPO Reno3 A
        画面サイズ 約6.44インチ
        重量 約175g
        大きさ 約74.1×160.9×8.2mm
        SoC Snapdragon 665
        RAM 6GB
        ROM 128GB
        バッテリー容量 4,025mAh
        Felica 搭載
        SIMスロット nanoSIM×2
        充電端子 USB Type-C
        対応バンド B1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28/38/39/40/41
        発売日 2020年8月20日

        Redmi Note 9S

        シャオミでは最も人気のスマートフォン。人気の理由はコスパが高いからです。

        バッテリーも5,020mAhあり画面も6.67インチあるのでちょっとデカイ、オモイのが特徴です。

        2020年6月に発売されたのにも関わらず、OCNモバイルONEではセール中に200円で売られているのにはビビりました。

        回線契約込みなので難しいですが、メルカリ等で売ったら儲かるんじゃないかってレベルです。

         

        名前 Redmi Note 9S
        画面サイズ 約6.67インチ
        重量 約209g
        大きさ 約76.68×165.75×8.8mm
        SoC Snapdragon 720G
        RAM 4GB/6GB
        ROM 64GB/128GB
        バッテリー容量 5,020mAh
        Felica 非搭載
        SIMスロット nanoSIM×2
        充電端子 USB Type-C
        対応バンド B1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28/38/40/41
        発売日 2020年6月9日

        2021年も十分使えるSIMフリースマートフォン!

        こうして一覧化してみるとOPPO製品が多いことに気づきました。僕自身OPPO Reno Aを使用してましたが、全く動作に問題なく快適に使用できていたので、一時的な利用でもよいのでぜひ使ってみてください。操作感がすごくサクサクなのが分かると思います。

        • Motorola edge 20
        • OPPO A55s 5G
        • moto g50 5G
        • Xperia 10 III Lite
        • Mi 11 Lite 5G
        • Rakuten Hand
        • AQUOS sense 4
        • OPPO A73
        • OPPO A5 2020
        • OPPO Reno A
        • OPPO Reno3 A
        • Redmi Note 9S

        ここにも載せきれてないスマホもたくさんあるので「このスマホ買おうと思うんだけどどう?」とか聞いてもらえれば何かしら答えられるかなと思います。

        最後まで読んでいただきありがとうございました!!

        本サイト・記事が参考になった方はぜひシェアしてくださいね!

        ご質問・要望などはお問い合わせからお願いします!

        こちらの記事も読まれています

        このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

        LINEMO乗り換えキャンペーン実施中!
        おすすめ記事