予備回線を持って、通信障害で「困る人」→「影響受けない人」になろう記事へ

楽天モバイル利用時に圏外が多発するときに試してほしい5つのこと【圏外病】

楽天モバイルが圏外になるときに試してほしいこと
URLをコピーする
URLをコピーしました!
格安SIM・スマホ最新特価のおしらせ
わい

楽天モバイルからのMNPでIIJmio端末セットが非常に人気です!

本記事は、第4の大手通信事業者の楽天モバイルの通信サービス提供エリア内で圏外が多発する理由について、ネットワークエンジニアの管理人が解説しています。

最近になって楽天モバイルにて圏外が多発している方や圏外のまま直らない方が出てきているようです。

そのため本記事では圏外になった時の救済する方法についてご紹介します。

楽天回線エリアにいてもパートナー回線に繋がってしまう理由についてはこちらで詳細に書いているので、併せてご覧ください。

▶【エンジニアが解説】楽天回線エリアなのに楽天回線に接続されない理由と対処法

本記事のターゲット
  • 楽天エリアなのに圏外になる人
  • 楽天モバイルで圏外が多発している人
  • 楽天モバイルで圏外のまま直らない人
  • 楽天モバイルが繋がらなくなってしまった人
目次

楽天モバイル利用時に圏外が多発する理由

近年報告が増えてきた圏外病とも呼ばれる楽天モバイルで起きる事象について解説します。

楽天モバイルの繋がりにくさのメカニズムについては「楽天回線エリア内なのに楽天回線に接続されない理由と対処法 」をご覧ください。

楽天モバイルはパートナー回線(au回線)を借りているが、徐々に廃止している

楽天モバイルの電波の周波数は高い

楽天モバイルは第4のMNOと呼ばれ、自社設備を使って移動通信サービスを展開している事業者です。が、自社設備が少なく今もなお設置している状態で、最近やっと人口カバー率96%となりました。しかしこの事実を裏返すと、最近まで自社設備ではカバーしきれていませんでした。

そのため、楽天回線の電波が届かないような場所は、すでに自社設備を隅々まで展開しているKDDIからパートナー回線という名称で設備を借りています。パートナー回線につながるのはこのような理由からです。

パートナー回線をタダで借りれるわけではありませんので、毎月楽天からKDDIへレンタル費用を支払っています。そのため、楽天モバイルの自社設備(基地局)をある程度展開したあと、地域ごとに徐々にパートナー回線を停波しています。

▶楽天モバイル株式会社サービスへのローミング提供について

そのため、ちょうど停波されてしまった場合はそれ以後、圏外のままとなってしまう方もいるようです。

圏外の場合は、楽天回線もパートナー回線も繋がらないエリアの可能性

楽天回線も全国津々浦々つながるようになるわけではなく、あくまでカバー率96%のため、繋がらないエリアが4%存在します。

また、楽天回線の電波の特性上、楽天回線のエリア内にもかかわらず、屋内や入り組んだ場所では電波が届かない場合がけっこうあります。ビルの中央付近に行くと四方八方に壁があったりするので電波が届かない状況になることはよくあるのではないでしょうか。

そのような場所で、頼みのパートナー回線が停波されると当然ながら圏外になってしまいます。これが近年起きている圏外病とも言われる事象です。

パートナー回線ありきで楽天モバイルを考えていた方にとってはかなり痛いです。下リンク先に停波の状況が掲載されているので参考にしてみてください。

▶楽天モバイル向けローミングサービス提供エリア

楽天モバイルが圏外になりやすい理由?

そもそもの話で、なぜ他のキャリアは圏外にならない場所でも楽天モバイルは圏外になるのかですが、電波に利用している周波数に問題があります。

楽天モバイルの周波数は1.7GHz~1.8GHzを利用しており、周波数が割と高い電波です。一方で他の3キャリア(格安SIM含む)は700MHz~800MHzとプラチナバンドと呼ばれる低い周波数を利用しています。

キャリア周波数の高さ特徴
楽天モバイルの電波の周波数高い障害物の影響受けやすく、電波が届きにくい
3キャリアの電波の周波数低い障害物の影響受けにくく、電波が届きやすい
周波数による特徴の違い

この違いにより、圏外になりやすいか(電波が届いているのか)が違ってきます。楽天モバイルの電波は障害物の影響を受けやすいので、特に屋内でも電波が繋がりにくくなてしまったり、最悪の場合は圏外になってしまったりといった事象が起きてしまいます。

楽天モバイルが圏外の時に試してほしい5つのこと

考えられる限り、圏外から復帰するための救済方法をご紹介します。

本当にどちらの電波も入らないエリアなら何をしても救済できないので、その場合は諦めが肝心です。

モバイルデータ通信OFF→ONしてみる

モバイルデータ通信をOFFにすることで一度電波受信状態をリセットします。

約10秒後くらいに再度ONにすることで電波を掴み直してみましょう。電波をつかめる可能性があります。

機内モードON→OFFしてみる

上記モバイルデータ通信のOFF/ONと同じ目的です。

こちらでも電波受信状態をリセットできるので試して見る価値アリです。

端末を再起動してみる

端末によっては電波受信の動作にバグがあったりする可能性もあります。

バグの場合は上記のモバイルデータ通信のOFF/ON、機内モードのON/OFFでは直らない場合があるので、その場合は端末を再起動してみましょう。意外とうまくいったりします。

APN設定を変更してみる

APN設定が更新され、変更されていたりする可能性があります。今一度確認してみましょう。

APN設定は公式で公開されている値と少し異なっても繋がる場合があります。ただ余計な文字列が入ってしまっていたりすると繋がりにくさを引き起こしてしまう可能性があるので、一度見直してみることをおすすめします。

他のAPN設定を削除してみる

他の使用していない不要なAPN設定が干渉してしまい、動作に不具合が起こると言った報告もいくつかあります。

その場合、正しくAPN設定を入力していても電波の掴めない状況もあるので、使っていない設定は削除してみましょう。(必要あればその後再起動も。)

楽天モバイルが圏外になった人の口コミ

https://twitter.com/m1eechan/status/1513841040255766529

圏外になる方はやはり多く、パートナー回線を停波してきた影響がモロに出ているのかなと思います。

どうしても圏外の場合は他の格安SIMに移行しよう

楽天回線、パートナー回線どちらの電波もつかめない場合は必ず圏外になります。

楽天モバイルは人口カバー率96%に到達したと発表しており「96%なんてすごいじゃん!」と思うかもしれませんが、残りの4%の人口はカバーしていないということになります。つまり4%の人は圏外となってしまいます。

また、エリアマップ上では楽天モバイルエリア内であっても、環境要因でどちらの電波も届かない地域も多々あります。

このような状況に合致する方は残念ながら楽天モバイルは使い物にならないので、他の格安SIMに移行することを検討しましょう。

当サイトで人気の格安SIMは以下の4つです。特にLINEMOが「LINEがカウントフリーでビデオ通話が無制限に使い放題」という理由から最も人気です。

LINEMO

今や日本人のライフラインにもなっている「LINE」がカウントフリーで使い放題。

プランは2つで990円で3GB、2,728円で20GBがあります。一年間は5分通話オプションが無料なのでとてもリーズナブルに使うことができます。通信速度も大手ソフトバンク並で、非常に安定しているのが強みです。

僕も今利用していますが、楽天モバイルでは5Gが入らなかったものの、LINEMOではすぐに5Gを掴みました!繋がりやすいです!

▶比べて分かったLINEMOのミニプラン(3GB)の評判が最強な理由

▶LINEMO公式サイトはこちら

NUROモバイル「NEOプラン」

あのソニーグループが提供している格安SIMサービス。

人気のSNSがカウントフリーだったり、品質の良い専用回線を用いたりと、今非常に面白い試みをしているのがNUROモバイルの特徴。NURO専用回線を用いていることで他の格安SIMより上質。ドコモ回線のため安定して繋がりやすい。

2022年4月よりNEOプランLiteの提供も開始しました。

NEOプラン20GB。SNSカウントフリーやあげ放題(アップロードがカウントフリー)などのオプションが無料で付与されている
NEOプランLite20GB。カウントフリーはないものの、NEOプランよりリーズナブルなLite版

▶NUROモバイルは評判悪い?口コミから分かったメリット・デメリットを解説!

OCNモバイルONE

MNP乗り換えで、1円で購入できる端末もあり超激安で購入可能。ドコモ回線の格安SIMの中では通信速度も速い。

端末も変えたい人向け。こちらドコモ回線のため、繋がりやすい。

▶OCNモバイルONE公式サイト

▶OCNモバイルONEの評判は?僕が2年半使って分かったメリットとデメリットを解説します

LIBMO

リーズナブルな価格で30GBプランもあり、20GBで足らない方向け。本サイトで意外と人気のLIBMO。

大容量で低価格な格安SIMが欲しい方にはおすすめ。こちらもドコモ回線で繋がりやすいです。

▶格安SIM「LIBMO」が20GBで最安って知ってた?メリット・デメリットを紹介します

本記事のまとめ

今回は楽天モバイルが圏外になる理由と対処法についてご紹介してきました。

電波が届かない理由は、楽天回線の周波数が高いこと、パートナー回線が停波されているというのが原因です。

圏外時に電波がつかめる場合は以下を行ってみましょう。

  • モバイルデータ通信OFF→ONしてみる
  • 機内モードON→OFFしてみる
  • 端末を再起動してみる
  • APN設定を変更してみる
  • 他のAPN設定を削除してみる

最後までお読みいただきありがとうございました。

もし参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします!記事書くやる気UPに繋がります!

参考になったら、シェアいただけるとやる気に満ち溢れます!!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる