楽天モバイルのみ通信障害か?

2021年9月11日の午後から楽天モバイルがネットに繋がらないという報告が多数ありました。

Twitterのトレンドに「楽天モバイル」が入っており、どうやら「つながらなくなった」「通信障害が起こってる?」などの声が急増しています。

電波は4本立っているが繋がらない

スマートフォンの表示を見ると、楽天モバイルの電波はしっかり4本立ってるのにも関わらず、ネットに繋がらないという症状のようです。

一部の利用者の中では、iPhone何度も再起動したけど直らないとのことで楽天モバイル側で問題があるとの見方をしています。

通信障害だけど、特定のアプリは繋がる

Twitterだけ繋がるとか、LINEだけ繋がるがインターネットが使えないなど、特定箇所の障害に見えるのが今回の障害の特徴となります。

利用者からすると、通信障害なのかアプリ側の問題なのか切り分けが付きにくいですよね。

今回の障害の原因

公式ページ的には『システム障害』としか公表していませんが、おそらく、DNSサーバに問題があるのではないかと言われています。

DNSサーバとは、IPアドレスとドメイン名の変換を行うサーバを指します。

なので、インターネットに接続する際にURLを指定してアクセスしますが、実際はそのURLでDNSサーバに問い合わせを行い、IPアドレスに変換してアクセスをしています。

そのため、URLとIPアドレスの紐づけが上手くいかず変換ができなかったサイトへはアクセスできず、変換ができたサイトにはアクセスができた、と言った症状に思われます。

(障害原因が判明しないので、あくまで現在の想定です。)

今回の障害の対処法

方向性としては正常な処理ができるDNSサーバに変更してやります。

プロバイダIPアドレスホスト名
Google Public DNS8.8.8.8
8.8.4.4
dns.google
Cloud Flare1.1.1.1
1.0.0.1
one.one.one.one

アプリ「1.1.1.1」をインストール

DNSサーバ変更

▶1.1.1.1: Faster & Safer Internet

1.1.1.1というアプリを入れてDNSサーバを変更してあげます(という処理だと思います)

アプリの処理が分からず、安全とは断定できないので自己責任でお願いします。ひとまずネットには繋がりました。

もしもの時のためにインストールしておくのもありです。

設定画面からプライベートDNSアドレスを手動で入力する

設定画面からプライベートDNSアドレスを「自動」から手動入力に変更してあげましょう。

dns.google.com」「dns.google」と入力することでDNSサーバを変更します。

このようにすることで、通信が回復することがありますので、是非お試しください。

 

こちらの記事も読まれています