おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さんにさっそく朗報です。

昨日よりIIJmioから新料金プランがスタートしました。その名も

「従量制プラン!」

ええ!!?と従量制と聞いて耳が痛くなるのは古き良き時代(笑)の人ではないでしょうか?パソコンのインターネットが従量課金制だったころが懐かしいです。(僕はまだ子どもでしたけどね。)

あの頃は「使いすぎるなよ!!」と親からクギを刺されていました…。そんな頃のように、

「使えば使うほど高くなるじゃん!やめてよ!」

といった声が大きいかもしれませんが、、、

お父さん、お母さん!スマートフォンそんなに使ってますか!?毎月ギガ繰り越しすぎて消えていってるんですよ!!使わずお金捨ててるようなもんなんですよ!!

というわけで、言いたいことは言ったので、

さっそくIIJmioから新登場したプラン「従量制プラン」についてご紹介したいと思います。

本記事のターゲット
  • IIJから新プランが出たけど、どんなプランなの?
  • 乗り換え/切り替えたほうが良いの?
  • どういう人が乗り換えたら幸せになれるの?
  • 万が一使いすぎたら高額請求がきてしまうの?
  • 何かデメリットないの?

    このような疑問を徹底的に解決していきたいと思います。

    ”従量制プラン”という怪しい響きがしますが、自身でデータ通信容量の使用上限(ストッパー)を設定できますので、使いすぎることはありません。

    そのため、今3GBプランで契約している人で、毎月の1~2GBの使用で済む人であれば、プランを切り替えたほうが安くなります。

    人気記事【2020年10月】後悔しない格安スマホのオススメSIM3社を比較!

    新料金プラン「従量制プラン」とは?

    8月20日よりスタートした「従量制プラン」ですが、auの4G LTE回線に対応した通信サービスで、1か月1GBまでの使用だと1,180円、2GBまでの使用だと1,400円、3GBまでだと従来どおりの1,600円と、1GB単位で使った分だけ課金される従量制になります。

    毎月の利用データ通信量が3GBより少ないのであれば、従来のプランよりも安く利用したい方に最適なプランとなります。

    IIJmioの新プラン「従量制プラン」は変えた方がお得!!

    従量制プラン」に変更すると同じ3GBでも従量制の方が高くなるのではないかと思われる人も中にはいると思うのですが、上記の図を見てみてください。

    すぐに理解できるかと思いますが、従量制プランにしても旧プランで設定されていた3GB、6GBの値段は同じなのです。つまり、毎月使う量が2GBにも達しないようであれば3GBよりも安く、5GBにも達しない場合は6GBよりも安く利用することができるようになります。

    (新プランはdocomo回線網は今のところ対応していません。今後に期待です。)

    ざっと公式サイトの料金表から1GB~20GBまでを載せておきます。1GB増えることに+200円というイメージですね。

    バンドルクーポン音声通話機能付きSIM
    ~1GB1,180円
    ~2GB1,400円
    ~3GB1,600円
    ~4GB1,800円
    ~5GB2,000円
    ~6GB2,200円
    ~7GB2,400円
    ~8GB2,600円
    ~9GB2,800円
    ~10GB3,000円
    ~11GB3,200円
    ~12GB3,400円
    ~13GB3,600円
    ~14GB3,800円
    ~15GB4,000円
    ~16GB4,200円
    ~17GB4,400円
    ~18GB4,600円
    ~19GB4,800円
    ~20GB5,000円

    つまり3GB契約や6GB契約をしている方はプランの切り替えをした方がいいです。

    料金が高くなることは一切なく、安くなることだけがあります。

    (ちなみに3大キャリアの従量制プランは、高くつくような仕組みになっています。ちょっとズルイ。)

    従量制プランにデメリットは無いのか?

    デメリットは特にはありません。今の使い方で料金が高くなることは”ほとんど”ありません。

    ”ほとんど”ということは、以下の人だけ高くなる現象が起きます。

    12GBのファミリープランで契約し、毎月11GB以上~12GB未満の方は注意してください。

    現状のプランだと3,260円ですが、従量制プランに切り替えてしまうと3,400円になってしまいます。

    12GBだけど実は使い切れておらず、11GB未満だったという方であれば、安く済みますけどね。

    あと、しいてデメリットを挙げるなら、余ったギガを繰り越しできないということくらいです。

    この従量制ではそもそも”データ通信容量が余った”という概念が存在しないのです。その点だけは注意してください。

    例えば「1.1GBを利用して1,400円の金額(2GB相当)になったが、未使用分の0.9GBが繰り越しにならないのか?」という考えの方が非常に多いのですが、そうすることはできないようです。

     

    その分月額料金を安くしてくれていますので、仕方ないことかもしれません。

    ですが、数か月経つと顧客満足度向上等でサービス内容が変わって、繰り越し可能になるかもしれませんね。

    公式サイトを確認してみてください。

    公式サイトお客様満足度調査で総合1位に選ばれた格安SIM/IIJmio

     

    新料金プランを両親に適用すると激安になる

    モデルとして私の両親の例を挙げてみます。今はまだ旧プランでの契約なので、

    毎月1,600円×2人=3,200円

    を支払っていることになります。

    ですが、毎月のデータ消費量を見てみると3GB使うことはまずないですし、2GBにも満たない使い方なんですよね。

    このような場合に、料金はどうなるのでしょうか。

    旧プランでの価格は~3GBまでは一律1,600円だった

    3GB契約をしているが、2GBも使用しておらず毎月繰り越し。

    上記のグラフは、私の両親が毎月どの程度データ量を使用しているかのグラフになります。2020年1月から7月までの直近7ヶ月分の結果を示しています。

    3GB契約をしているにも関わらず、実際のデータ使用量は2GBにも到達していません。

    そのため毎月1GB以上を繰り越しています。最大2か月分を繰り越せますが、どんどん破棄されてしまっている現状です。

    旧プラン母:使用量母:料金父:使用量父:料金
    1月0.9GB1,600円0.7GB1,600円
    2月0.6GB1,600円0.8GB1,600円
    3月1.1GB1,600円0.9GB1,600円
    4月1.0GB1,600円0.9GB1,600円
    5月0.7GB1,600円0.8GB1,600円
    6月1.1GB1,600円0.7GB1,600円
    7月0.9GB1,600円0.8GB1,600円

    1GB前後の使用で済んでいるのに、1,600円支払うのはなんかもったいないですよね。

    親にも「破棄される前に使えば?」と言ったりしてみていますが、特に用途は無いらしいです。

    家じゃWi-Fiですし外出先でもそこまで大容量通信もしませんからね。

    新プラン「従量制プラン」で考えると、安くなる!

    ここで新プランで毎月のデータ使用量と価格を考えてみましょう。~1GBの場合は1,180円、~2GBの場合は1,400円、それ以上の時は1,600円となります。

    毎月親の使用量チェックしていてよかったです。

    新プラン母:使用量母:料金父:使用量父:料金
    1月0.9GB1,180円0.7GB1,180円
    2月0.6GB1,180円0.8GB1,180円
    3月1.1GB1,400円0.9GB1,180円
    4月1.0GB1,400円0.9GB1,180円
    5月0.7GB1,180円0.8GB1,180円
    6月1.1GB1,400円0.7GB1,180円
    7月0.9GB1,180円0.8GB1,180円

    直近7ヶ月の親の使用量を新プランで考えると月々激安!!

    月によっては1,600円→1,180円になるので、1人あたり420円も安くなります。2人だと840円安くなります。

    そこまでデータ通信を使わない方だとこのように安くなるので、スマホもあまり使わないし少しでも料金を下げたい方の乗り換え先としての候補に挙げられますよね。

    乗り換えたほうが幸せになれる人
    • 1か月1GB~2GB、あるいは3GBも使わない人
    • ほとんど使わない月の料金を少しでも抑えたい人
    • 月によって使用量にムラがある人

    上記のような方は確実に安くなると思います。

    人気記事【2020年10月】後悔しない格安スマホのオススメSIM3社を比較!

    MNPしようと思うがキャンペーンやってるの?

    IIJmioキャンペーン

    今IIJmioでは新プラン登場に伴ってキャンペーンを行っています。(最新の情報は公式サイトよりご確認ください。)

    予定期間:2020年8月20日(木)~ 2020年9月30日(水)23:59まで

    • 初期費用が3,000円→1円

    初期費用は、SIMカード発行手数料と言って、乗り換えた場合に必ず発生する費用です。これが1円になるのでいつでも乗り換えられますね!!

    また、従量制プランにMNPする場合に限り、端末購入代金がセール価格となります!
    (SIMカードの乗り換えだけで端末を購入しない場合は、不要です。)

    • AQUOS sense2 SH-M08・・・2,980円(一括払い)※通常19,800円
    • Xperia Ace・・・17,800円(一括払い)
    • iPhone 8 [64GB]・・・23,500円(一括払い)

    AQUOS sense2 SH-M08は、通常19,800円するので超破格ですね!!

    乗り換えをご検討中であれば9月30日までにMNPするのが初期費用も安いのでオススメです。

    以上、「【安くしたい方必見!!】IIJmioの新プランの従量制プランは私の両親のための最強プランだった件」でした!!

    スマートフォンは安く賢く使いましょうね!!

    公式サイトIIJmio

    最新機種の方必見!修理費用全額補償します

    あらゆるトラブルに対応する新しい保険です。

    • 年間最大10万円補償
    • 3端末まで補償可能
    • WEBで手続き全て完結

    最新機種を持つ方には特にオススメです!3端末まで登録できるので、ゲーム機、スマートウォッチ、ワイヤレスイヤホンなどWi-FiやBluetoothで通信が可能な機器もまとめて補償します。

    もちろんiPhoneも対象、AppleCare+よりもお得な保険です。

    おすすめ記事