docomoのデコメ絵文字マネージャは不要!

デコメ絵文字マネージャは、ドコモのスマートフォンにプリインストールされているアプリなのですが、何やら裏で不審な動きをしておりバッテリー浪費の原因の一つにもなっているアプリです。

デコメ絵文字マネージャについての質問もいくつかありましたので、本記事でご紹介させていただきます。

本記事のターゲット
  • デコメ絵文字マネージャってなに?
  • デコメ絵文字マネージャアプリって必要?
  • デコメ絵文字マネージャアプリはアンインストールしても大丈夫?
本記事ではこういった疑問を解決していきます。

デコメ絵文字マネージャーとは?

ドコモのスマートフォンにプリインストールされているアプリです。

今の時代のスマホではなく携帯電話の後期のメールを装飾するものとしてデコメが使われていました。

公式サイトでは以下のように説明があります。

デコメ絵文字マネージャー

デコメ絵文字マネージャーアプリがインストールされた端末では、メールアプリやスケジュールアプリなどでデコメ絵文字・デコメピクチャの一覧表示・入力が利用可能になります。デコメ絵文字マネージャーアプリをお客様で起動、設定などしていただく必要はなく、インストール済であれば自動的にデコメ絵文字・デコメピクチャが利用可能となります。

https://www.nttdocomo.co.jp/service/deco_mail/decome_emoji_manager/

そもそもデコメ絵文字ってどんなもの?

そもそもデコメを知らない人も多いのではないでしょうか。例えばこんなものがあります。

懐かしいですよね?え?知らない??

アラサーの方なら学生時代によく使用していた人もいるかもしれないですね。。。

表情、気持ち

 

 

装飾

生活・移動

ライン

その他

こんなデコメをメールで見覚えがある人は、アラサーかもしれないですね。

本当懐かしいです。よくデコメをダウンロードして使ってたなぁという記憶がよみがえってきます。

どこにこんな絵文字使ってるのか分からない人は、たぶんイマドキの若者なんじゃないですかね!?

頻繁に使っていた状況は、ドコモメール作成時にデコレーションしたい場合に絵文字を使っていました。

今のようにLINEのようなアプリがなかったので連絡手段はメールだったんですよね。

なので、メールへのデコレーションが主流になっていました。

今のLINEでいうところのスタンプみたいなものと考えてもらえればOKです。

使わない人は使わないし、使う人は多様するものでした。ちなみに僕は一度も利用したことはない気がします。

デコメ絵文字マネージャで時折エラーの発生が通知される

デコメ絵文字マネージャでエラーが発生する

例えば、インターネットブラウザ、メモ帳、メールなどどいった文字を打つ際にキーボードが画面下部に表示されるのですが、キーボードとともに、このようなエラーを見ることが多々ありました。

毎度毎度ポップアップしてくるので閉じるのがメンドクサイんですよね。

それに「問題が発生したため、[デコメ絵文字マネージャー]を終了します。」っていう字面がなんか嫌ですよね。

このエラーの解決方法はアプリの削除(無効化)でOK!

このようなアプリケーションの動作が原因となる場合の解決方法は基本的に以下の3つです。

これさえ覚えておけばOKです。いろんなアプリに応用できますよ!

アプリが原因のエラー対処方法3つ
  1. アプリを削除する
  2. アプリを無効化する
  3. アプリのキャッシュデータを削除する

    上記の1から順番に対応していきましょう。

    まずデコメ絵文字マネージャを削除してみましょう!と言いたいところですが、このデコメ絵文字マネージャは、ドコモスマートフォンにはプリインストールアプリとしてインストールされているので、削除をすることができません。

    そのため、2番の無効化をしてみましょう。無効化することでそのアプリは一切スマートフォンの動作に影響しなくなります。(無効=存在を消す)

    アプリの無効化のやり方

    無効化の方法
    「設定」アプリをタップ
     →「アプリ一覧」をタップ
     →「デコメ絵文字マネージャー」をタップ
     →「強制停止」をタップ
     →「無効にする or 無効」をタップ

    これでOKです。

    万が一、無効化した際に他のアプリへの影響があるのであれば、キャッシュデータの削除を試みましょう。

    キャッシュデータの削除のやり方

    キャッシュ削除の方法
    「設定」アプリをタップ
     →「アプリ一覧」をタップ
     →「デコメ絵文字マネージャー」をタップ
     →「ストレージ」をタップ
     →「キャッシュの削除」をタップ

    これでOKです。

    無効化ができたので、これ以降上記のような「問題が発生したため、[デコメ絵文字マネージャー]を終了します。」というエラーは発生しなくなります。

    万が一、この無効化したデコメ絵文字マネージャとやり取りしていたアプリなどに影響を与える可能性がありますので、リフレッシュの意味も込めて一度再起動をしておくことをお勧めします。

    まとめ

    本記事ではデコメ絵文字マネージャのエラーの対処方法についてご紹介しました。

    このアプリはプリインストールアプリのため削除できません。そのため、アプリの無効化という対処を実施します。

    アプリ自体の存在を消した(無効化)ため、これ以降は上述のエラーは発生しなくなります。

    以上、「【不要なら削除でOK!】デコメ絵文字マネージャは必要ないよ!」でした!!

    人気記事【これだけは無効化するな!】無効化していいアプリと無効化してはいけないアプリ

    人気記事格安SIMおすすめ6社徹底比較!人気ランキングと選び方

    Rakuten Hand 実質0円キャンペーン実施中!
    • 2021年1月7日9:00よりRakuten Handの購入で19,999ポイント還元キャンペーンが開始となりました。
    • さらに、契約すれば+5,000ポイント還元されるので24,999ポイント還元となります!
    >> 詳細・気になる方はこちら(楽天モバイル)
    (※Rakuten Handの通常価格は20,000円なので4,999ポイント得することになります。)
    ついにRakuten Wi-Fi Pocket発売開始!
    • 初期費用0円!月額料金1年間0円でモバイルルータが持てる!
    • 年末年始の帰省中の通信に!
    • スマホの通信費の節約に!

    >> 詳細・気になる方はこちら(楽天モバイル)

    最新機種の方必見!修理費用全額補償します

    あらゆるトラブルに対応する新しい保険です。

    • 年間最大10万円補償
    • 3端末まで補償可能
    • WEBで手続き全て完結

    最新機種を持つ方には特にオススメです!3端末まで登録できるので、ゲーム機、スマートウォッチ、ワイヤレスイヤホンなどWi-FiやBluetoothで通信が可能な機器もまとめて補償します。

    もちろんiPhoneも対象、AppleCare+よりもお得な保険です。

    この記事を見た後こんな記事も見ています