eSIM対応デュアルSIMスマホ『OPPO A73』をおすすめするたった一つの理由

【最終更新日:2021年4月4日】

OPPOA73背面

OPPOから2020年11月に発売されたスマートフォン「OPPO A73」は、僕が個人的に2021年に最も売れるんじゃないかと思っているスマホなので、その理由をご紹介したいと思います。

これ、背面のレザー感や側面の金属チックな感じがめっちゃかっこよくて高級感があります。

若干性能は控えめでおサイフケータイ未対応なのですが、Felicaを使わない人であれば普段使いには全く文句ない性能です。

本記事の内容の信頼性
本記事の信頼性

特徴

  • ・バッテリーも4,000mAhあるので、十分なバッテリー持ち。
  • OPPOのスマホで初めてeSIM(nanoSIMeSIM/DSDV対応)に対応。
  • eSIM対応で安価だから楽天モバイルやOCNモバイルONEでは在庫の復活待ち状態。
  • 画面には初期状態でフィルムが貼られてるので、貼るの苦手な人でもGood。

    OPPO A73のスペック(OPPO Reno Aと比較)

    A73とRenoAの比較

    左のOPPO Reno Aの使い古し感がスゴイ。。。

     

    写真汚くてすみません。Reno Aは2019年の10月くらいから使用していたのでボロボロなんです。。。

    OPPO A73のスペックで個人的に特筆すべきは、eSIMが使えるデュアルSIM対応スマホだということ。

    なぜこれが特徴的なのかについては後程取り上げます。

     

    横幅が75mm以下の72.9mmなので、手の小さい方にも持ちやすいのではないかなと思います。

    最近のスマートフォンは画面が大きいせいか横幅が大きくて全然手が届かないんですよね。

    なので僕はスマホを選ぶ際は必ず75mm以下というのを目安にしています。

     

    前回使用していたOPPO Reno Aは幅75.4mmだったので少し妥協しました。(妥協できるほどReno Aも良いモデルでした!)

    ▶【デュアルSIMもできる!】OPPO reno Aを衝動買いしたので開封!

     

    また、OPPO Reno Aよりも大きなバッテリーで4,000mAhあります。

    5Gには対応していませんが、5G対応機種並みのバッテリーを積んでいるのでかなりバッテリーの持ちは良いと思いますよ!

    ROMが64GBなのは少し心許ないですが、SDカードで~256GBに対応しているので、問題はなさそうです。

    microSDカードは128GBでも1,500円くらいで購入できるので、1つあれば安心ですね。

    OPPO A73のスペック
    カラー

    ダイナミックオレンジ
    ネービーブルー

    本体サイズ 約72.9×159.8×7.45mm
    本体重量 約162g
    チップセット Snapdragon 662
    メモリー(RAM) 4GB
    ストレージ(ROM) 64GB
    ディスプレイ 6.44インチ FHD+有機EL
    メインカメラ 16MP(メイン)+8MP(超広角)
    +2MP(ポートレート)+2MP(モノクロ)
    インカメラ 16MP
    バッテリー 4,000mAh
    Wi-Fi IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
    生体認証 顔・指紋認証(ディスプレイ)
    OS ColorOS 7.2(Android 10 ベース)
    ⇒2021/7/27よりバージョンアップでColor OS 11(Android 11ベース)になったことでFlexDropが利用可能になりました。
    eSIM 対応(DSDV)
    防水・防塵 未対応
    お財布ケ-タイ対応 未対応
    対応バンド LTE band 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 18, 19, 26, 28, 38, 41
    (SIMフリースマホの購入は、対応バンドに注意しよう!)
    対応キャリア回線 docomo回線, au回線, Softbank回線
    スマホでマルチタスクが捗る!

    OSのバージョンアップによりColorOS 11(Android 11ベース)となったので、FlexDrop機能が使えるようになりました。以下で機能の解説をしています。

    ▶OPPOのFlexDropの使い方【Color OS11の新機能】

    このOPPO A73は対応バンドを見る限り、どのキャリアでも使用できそうです。

    防水・防塵、おサイフケータイに未対応なのは非常に残念ですが、2021年8月現在では約16,000円程度(定価は3万円台)まで値下がりしているため、価格を考えると十分な出来と言えそうです。

    僕は正直言って欲しいですね。

    あまりに欲しくて2021年4月4日に購入しちゃいました。

    あと地味にポイントなのは、画面に有機ELを採用していること。

    液晶はバックライトを画面に当てることで映像が映る仕組みなのですが、有機ELの場合は後ろにライトがなく、それ自体が光る素子を使って映像を映しています。そのため、黒の表現がすごく綺麗なんですね。

    液晶の場合はバックライトを当てると黒にも光を当てるため白っぽくなってしまいますが、有機ELの場合の黒は発光させずにOFFで良いわけです。

    なので白っぽくなるのを防ぎ、引き締まった黒が表現可能になっています。

    黒色の表現は有機ELの方がきれいなため、映像も美しく見えます。

    OPPOA73

    めっちゃきれい

    OPPO A73のベンチマーク

    Antutuを使って測定したところ、以下のような数値となりました。

    OPPO A73のベンチマーク結果

    複数回行いましたが、18万-19万あたりでしたので、ミドルレンジクラスです。

    普段はLINEやネットサーフィン、たまに軽いゲームする程度であれば全然問題ありません。

    2万円台でeSIMも使えるとなると、かなりコスパの良い良機種でしょう。

     

    楽天モバイルなら契約とセットならポイント還元もあり実質1円で購入することが可能です。

    ▶契約条件・詳細の確認はこちら(楽天モバイル公式サイト)

    OPPO A73を購入すべきたった一つの理由

    OPPOA73のSIMトレイ

    この端末はnanoSIMとeSIMでデュアルSIM構成が可能な貴重な端末なため、「スマホ代節約裏ワザ!たった440円でかけ放題付き2GBの方法を紹介する【格安SIM】 」にも記載していますが、SIMの組み合わせによって、かなりスマホ料金の節約が可能です。

     

    欲しい端末が特にない方なら、OPPO A73は選んでおくべき端末だと断言します。

    この話にあまりピンとこない方は、まずこちらをご覧いただければと思います。

    ▶節約のカギを握るデュアルSIMとは何か?【3分解説】

    ポイント

    SIMカードは小さくて挿入しにくかったのですが、eSIMだとSIMカードの機能をダウンロードする形式になるのですごく簡単に行うことが出来ました。今後eSIMが主流になるのも納得です。

    IIJmioのeSIM専用プランが激安すぎる

    IIJmioという格安スマホ事業者(MVNO)ではeSIMでのみ契約できるデータ専用プランがあります。

    eSIMに対応しているスマホのみが契約できます。

    近年のiPhoneであれば基本的にnanoSIMとeSIMが使えるのでレアでも何でもないのですが、Android機種だと数少ないのでレアなんです。

    データプランのため、活用するにはひと工夫必要なのですが、以下のような料金体系になっておりめちゃくちゃ破格なのが分かると思います。

    データ容量 IIJmio(eSIMプラン) 参考:ahamo
    2GB 税込440円 -
    4GB 税込660円 -
    8GB 税込1,100円 -
    15GB 税込1,430円 -
    20GB 税込1,650円 税込2,970円

    もっと詳細を確認したい方は公式サイトを確認してみてください。ahamoは20GBで2,970円(税込)ですが、上記プランでは20GBで1,650円です。

    上述したようにこれはデータSIMのため、別に音声通話SIMを契約する必要があります。

    ▶料金プラン・詳細の確認はこちら(IIJmio公式ページ)

    音声通話”専用”SIMとして楽天モバイルを契約しよう

    別に契約する音声通話SIMを楽天モバイルにするとどうなるでしょうか?

    楽天モバイルの料金体系は以下のようになっています。

    ~1GB 0円
    1~3GB 1,078円(税込)
    3~20GB 2,178円
    20GB~ 3,278円

    つまり、楽天モバイル(音声通話SIM)側で1GB未満(データ通信はほぼしない)に抑えておけば音声通話SIMが0円で維持し続けられます。Rakuten Linkを使えば通話料無料です。

    ▶Rakuten Link(楽天リンク)がなぜ無料で通話できるのか?その理由とRCSの仕組みを解説します。

    データ通信につかうSIMは上述のIIJmioのeSIMプランのSIMカードのため「20GB契約で1,650円、音声通話無制限」というスマホを実現することが可能です。

    最強の組み合わせ料金プラン
    • 楽天モバイル(音声通話用)・・・1GB未満:0円(Rakuten Linkで通話し放題)
    • IIJmioのeSIMプラン(データ通信用)・・・20GB:1,650円

      ahamoよりも1,000円以上も安い料金プランが完成です。

      もちろん、20GBも使わない低容量で十分な方であれば、4GBなら660円ですし、2GBだと440円となります。

      eSIMが使えるからこそ享受できる激安プランなので、今後スマホを購入するならばeSIMが使えるスマホを購入しておきましょう。

       

      この機種以外だと、最近のiPhone、GoogleのPixel 4a5GやPixel5、楽天モバイル専売のAQUOS sense4 liteあたりのみがeSIMとnanoSIMが組み合わせられる数少ない端末です。

      eSIM+nanoSIMに対応しているAndroidスマホ(最近の機種に厳選)
      • Xperia 10Ⅲ Lite
      • Google Pixel5
      • Google Pixel4a5G
      • AQUOS sense 4 lite
      • OPPO A73
      • OPPO Reno5 A(SIMフリー、楽天モバイル版のみeSIM対応)などなど
      Google Pixel5 発売時価格:¥68,000
      Google Pixel4a5G 発売時価格: ¥55,000
      AQUOS sense 4 lite 発売時価格: ¥29,818
      楽天モバイル専売
      OPPO A73 発売時価格:¥28,000(Amazonでは2万切ってます→こちら
      OPPO Reno5 A 発売時価格:¥43,800(Amazonでは4万切ってます→こちら

      楽天モバイル契約と同時に端末も購入するならばAQUOS sense4 liteもおすすめです。

      ポイント還元があるので、実質1円で購入することが可能です。

      是非、楽天モバイル(MNP乗り換え)+IIJmio(新規契約)のデュアルSIMを楽しみましょう。

      ものすごくスマホ料金を節約することが可能になりますよ。

      \3か月間使い放題で月額タダだぞ~!/
      楽天モバイル公式ページで詳細を確認する
      OPPO A73を購入すべき人
      • コスパの良いモデルが欲しい人
      • スマホ料金の節約がしたい人
      • リアルな(高負荷な)ゲームをしない人
      • まだ5G使わない人
      • バッテリーの大きなスマホが欲しい人

        1円で手に入るけどスペック的には十分使えるので、ぜひご検討くださいね。

         

        ▶僕がおすすめするデュアルSIMの最強組み合わせまとめ

        このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

        今後の参考にさせていただきます
        スマホ料金のお問い合わせ

        本ブログを閲覧していただきありがとうございました!

        よりよくしていくために、スマホに関連することで知りたいことや聞きたいことがありましたら是非下記のフォームから教えてください!