予備回線を持って、通信障害で「困る人」→「影響受けない人」になろう記事へ

スマホお返しプログラムとは?2年以内に格安SIMに乗り換えられるの?

おかえしプログラム中でも格安SIMに乗り換えられる?
URLをコピーする
URLをコピーしました!
格安SIM・スマホ最新特価のおしらせ
わい

楽天モバイルからのMNPでIIJmio端末セットが非常に人気です!

おかえしプログラムという施策をご存じでしょうか??

スマホおかえしプログラム(以下「本プログラム」といいます。)は、本プログラムにご加入いただいたdポイントクラブもしくはドコモビジネスプレミアクラブ会員のお客さま(以下「加入者」といいます。)が36回の分割払いで購入された対象機種を当社にご返却いただいた場合に、その翌々月請求分以降の分割支払金(最大12回分)のお支払いを不要とするプログラムです。

おかえしプログラムとは、スマホを購入するときに36回分割払いなのですが、そのスマホを返却するのなら24回払うだけで良いというぱっと見めちゃお得そうな施策のことです。

何!?36回払いなのに24回払いで良いのか!?めっちゃお得じゃん!!

と、いうようなプログラムです。

ですが、分割払い中にもかかわらず格安SIMに乗り換えたくなった方もいるのではないでしょうか。

分割払い中でも乗り換え可能かどうなのか?そんな方の疑問にお答えする記事となっています。

結論から言うと、乗り換えは可能です。ただし、しっかり支払いはされます。

目次

そもそも「スマホお返しプログラム」ができた経緯は?

2019年6月に新料金プランが発表されました。今のギガホ、ギガライトですね。

この新料金プランにより毎月のプラン料金が下がりました。

プラン自体は安くなったのですが、その影響で旧プラン時にあった機種購入時の「月々サポート」(購入端末に応じて毎月いくらか割引される制度)が無くなってしまいました。

そのため、端末代を割引無く支払う必要が出てきました。そこで登場した新制度が「スマホおかえしプログラム」というわけです。

今までの24回分割払いで支払っていた端末代が、36回分割払いにできるようになり、毎月の端末代が2/3と安くなります。

それだけではなく、スマホを返却することを条件に最大24回払えば、残りの12回分の残額は支払わなくても良くなるといった制度になります。

一見、12回分払わなくてよくなるのであればユーザーにとっては端末代金が安くなっているような印象を受けますが、ちょっとした裏があります。

今回はこのスマホおかえしプログラムのメリット・デメリットについてまずご紹介していきます。

スマホおかえしプログラムの条件

本プログラムを適用するには以下の条件があります。

  1. 36回分割払いを選択
  2. 2年後スマホを返却
  3. dポイントクラブに加入

この条件を満たせばだれでも本プログラムに加入が可能です。

このプログラムの具体例を見ていきましょう。

(例)24か月目でプログラムを利用した場合の機種代金

スマートフォン本体価格が108,000円(税抜)の場合を考えてみます。

36分割するとひと月に3,000円支払うことになります。

つまり24回払いとなれば、下記のように実質本体価格は72,000円となります。

[3,000円(税抜)×36回払い]-3,000円(税抜)×12回=負担額:72,000円(税抜)

つまり108,000円のスマホが72,000円の支払いで済んだということになります。

72,000円支払って端末はドコモに返却。つまり単なるレンタルなんですよね。

レンタル、、、そう考えたら少し高いような気がしてきた・・・

スマホおかえしプログラムのメリットは?

ユーザーがおかえしプログラムに加入することによってどのようなメリットがあるのかをここでは見ていきたいと思います。

おかえしプログラムのメリット

  • 36回分割払いのため、頭金(初期コスト)が少なくて済む
  • 端末代金の支払金額が66.6%(36分の24)と安くなる
  • 新機種をお得に持つことができる

新しいもの好きで安く新機種を使いたいって方にはオススメなプログラムと言えます。

ただし2年ごとのサイクルで「返却→新機種購入→返却→…」と繰り返していくので、毎年新機種が出るたびに変えたい人には向きません。

ですが、とにかく端末代を安く抑えたいという方であれば、トータルの支払いが約66%になることから、支出としては減るため適しているのではないかと思います。

36回払いなので1回当たりの金額が少ないのも良いですね。

スマホおかえしプログラムのデメリットは?

ここなんですが、、、個人的にはユーザーがおかえしプログラムに加入はデメリットしかないと感じます。

ドコモの策にまんまとかかってしまったと言えます。

スマホおかえしプログラムのデメリット

  • スマホが手元に残らない(購入したとは言えない)
  • 高いお金払って結局レンタルしてるだけ
  • 毎月端末代を支払い続けなければならない

2年使った使ったスマホは手元に残らないので、僕のように使い終わったスマホを家でWi-Fi専用ゲーム機として利用したり、子どものおもちゃスマホにしたり、動画専用機にしたり売ったりと言った使い方ができなくなります。

ドコモへ返却となるので、レンタルしているだけとなります。

おかえしプログラムは本当に安いの?

ユーザーは24回分割払いで購入できて実質2/3の価格で安くてラッキー、ドコモ側は支払い12回分支払われないから損してるよね。

と思われそうですが、実はかなり裏があります。。。

ドコモ側はスマートフォンが返却されるので、端末をレンタルさせただけとなります。

つまりあなたは、端末を購入してお金を分割払いしているのではなく、月額レンタル料を取られているだけなんですよね。

分かった人

2年後に返却してまたおかえしプログラム加入すればずっと安く抑えられるよね。

ずっと高い月額料金と端末レンタル料だけ取られ続けるスパイラルに陥ってるので、格安SIMに乗り換えて節約した方が良いかと思います!

確かに「レンタルしてるだけ」って聞くと何かもったいない気がしてきた…

おかえしプログラムの途中(2年以内)で格安SIMに乗り換えられる?

格安SIMに乗り換えたいけど、まだおかえしプログラムの分割払いが残っている人、多いのではないでしょうか。

結論から言うと、乗り換え可能です。

残りの分割払いに関しては、そのまま毎月請求されます。

2年以内に乗り換えても全く問題ありません。

例えば1年経過して返却したくなったから、そこで返却可能です。

ただし、その場合は残りの1年間は支払いが発生します。25回目以降は自動で止まります。

(ただし、スマホを返却しない場合は36回払いまで継続していきます。)

ドコモにを約したといっても、ドコモ側はあなたの請求先情報を保持しています。

そのため、残債が無くなるまで毎月請求されることになります。

少し不安だなという方は、格安SIMに乗り換える前にドコモショップ等の窓口に行き、一括払いを申し入れましょう。その方が気分もすっきりしますよね。

下記、ドコモ回線を使ったオススメ格安SIMの3社を比較しているので、是非検討してみてください。

▶3GB向けおすすめ格安SIMを比較!

あわせて読みたい
多くの方は3GBあれば十分!3GBのおすすめ格安SIMを比較! 「データ量は3GBで十分なんだけど数ある格安SIMの中でどれがオススメなんだろう?」「3GBでできることってどのくらいなんだろう?」「3GBあれば十分?」と悩んでいる方...

僕は現在OCNモバイルを使っていますが、通信速度も気にならず快適でかつ月々770円で使っていますよ。

▶【2021年末】OCNモバイルONEを2年間使って分かったメリットとデメリット

あわせて読みたい
OCNモバイルONEの評判は?僕が2年半使って分かったメリットとデメリットを解説します 「家計を節約したいから格安SIMに変えたい」「どんな基準で比較して選べばいいの?」「数多い格安SIMキャリアの中でとにかくおすすめって何だろう?」 2021年9月で2年11...

格安SIMに乗り換えて1,000円台で十分使えるのだから、キャリアに6,500円も支払っていた自分が馬鹿馬鹿しくなりましたよ。

OCNモバイルONEは僕も契約しているので、分からないことあったらお問い合わせからでも聞いてくださいね!

▶詳細・料金の確認はこちら(OCNモバイルONE公式サイト)

まとめ

本記事では「スマホおかえしプログラム」についてご紹介してきました。

スマホおかえしプログラムを利用中で2年以内でも格安SIMに乗り換えることは可能です。ただし、スマホを返却すれば24回払いは継続し、スマホを返却しない場合は36回払いまで継続していきます。

もちろん、途中で一括払いを申し入れると一括で返済可能になります。

特に格安スマホに乗り換えると月額料金が大幅に下がるので、分割払い分はそこまで痛くない出費となりそうですね。

固定費節約のためにも、格安スマホを有効に活用しましょう!

以上、「スマホお返しプログラムとは?2年以内に格安SIMに乗り換えられるの?」でした!

次によく見られている記事

参考になったら、シェアいただけるとやる気に満ち溢れます!!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる