ニアバイシェアの簡単な使い方

iPhoneでいうairdropのAndroid版「ニアバイシェア(near by share)」をご存じでしょうか?スマホ間でカンタンにファイルを送受信できる神機能がついに搭載されました。

いつの間にか勝手にスマートフォンにインストールされていてびっくりしている人も多いはず。ニアバイシェアってなんだよって方の疑問に答え、使い方を紹介していく記事となっています。

ニアバイシェアとは、2020年8月上旬に公開された、AndroidOSの標準機能として使えるファイル共有アプリケーションです。正式なアナウンス等はなかったのでいつの間にやらという感じです。

下記、公式サイトにも記載があるように、決して怪しいアプリなんかではありません。

公式サイト付近の Android デバイスとファイルやリンクを共有する

ニアバイシェアのメリット

メリットとしてはOSの標準機能(Android 6.0以上のようです)という形で実装されたということです。

以前まではファイル共有する際は事前にお互い同じアプリをインストールしておく必要がありました。

しかし今回ニアバイシェアが実装されたことで、事前の共通アプリをインストールしておく必要性がなくなるため、たとえ初対面の人達であろうと事前の手間をかけずにファイル共有することが可能になります。

このような機能が実装されたため、Androidスマートフォンでも近くにいる端末に対してファイルを送信することが可能になりました。

そもそもiPhoneだとairdropが2014年から使用できていたので、ファイル共有機能自体には全く目新しさは感じませんが、Android(GalaxyやXperia、Arrows等)の共通の新しいファイル共有の方法として、認知される日もそう遠くなさそうです。

(どうやらニアバイシェアは英語表記ではなくカタカナ表記が正しいようです。)

関連記事【10月15日発売!】購入したPixel4a5Gが届いたので開封レビューします!

 

今回は、ニアバイシェアの基本的な使い方と、使用する際に確認しておきたい設定方法をご紹介したいと思います。

本記事の信頼性
執筆者:わい
大手企業で7年間ネットワークエンジニアをしています。
ネットワーク資格取得済み。
通信に関しては、企業ネットワークや4G&5Gに加え、キャリア側、ユーザー側双方の通信の仕組みを知っていたりします。
スマホ代は1台月々1,180円。現在はデュアルSIMで楽天モバイルも契約中。スマホは非常時に備えて2台持ち。
こちらの記事に記載していますが、実質1,180円でデータ使い放題しています。

ニアバイシェアの使い方

ニアバイシェアってどうやって使うの??という方のために、使い方について、送信側と受信側に分けてご紹介したいと思います。

注意としては、ニアバイシェアは単独アプリではないので、アプリを探しても見つかりません。

ニアバイシェアの使用手順の流れは以下となります。

ニアバイシェアの使い方
  1. 送信したい写真やファイルを選び、共有ボタンをタップする
  2. 共有に使用するアプリを選択する際に「ニアバイシェア」を選択しタップ
  3. Wi-Fi、Bluetooth、位置情報をONにする
  4. 受信側にてニアバイシェアによるポップアップが出るため、ファイルの受信に同意する
  5. 受送信が開始される

    送信側の使い方

    例えば、写真を相手と共有したい場合は、ギャラリーアプリから送信したい画像を開き、共有ボタンをタップします。

    すると共有アプリ一覧が出てくるので、そこからニアバイシェアをタップします。

    ニアバイシェアの設定方法(送信側)その1

     

    すると送信相手のデバイスを探します。

    (ここで、WiFiやBluetooth、位置情報のうちどれかがOFFの場合は、ONにせよという旨のポップアップが出力されます。全部ONにする必要があります。

    もし送信可能な相手のデバイスを発見した場合、相手の端末名が表示されるので、正しければタップします。

    ニアバイシェアの使い方(送信側)その2

     

    タップすると相手からの承認待ち状態となり、受信側となる相手から承認されると、写真を送信することができます。

    ニアバイシェアの使い方(送信側)その3

    これでニアバイシェアの送信側の使い方は終了です。非常に簡単な手順で近くの端末に送信することができるようになりました。

    ニアバイシェアの大きなメリットは、お互いに特定のアプリをインストールする必要がないので、ちょっとしたファイルの送受信がスムーズにできるようになります。

    受信側の使い方

    ニアバイシェアを使ってファイル共有を行いたい送信側の端末が付近にいると、ポップアップ通知が表示されます。

    この通知をタップすると、ニアバイシェアの受信待機モードに入ります。

    受信待機モードに入ると、付近の端末に端末名が表示されるようになります。端末名と聞いて不安になるかと思いますが、デフォルトならばメーカーの型番のようなものなので、個人名称などではありませんので個人を特定されるようなものではありません。

    ニアバイシェアの使い方(受信側)その1

     

    このとき、送信側端末がこちらの端末を指定してファイルを転送しようとした場合、受信側には、送信側のGoogleアカウント(プロフ画像)が表示されます。

    この端末から共有されるファイルを受け取る場合は、「同意する」ボタンをタップしましょう。(同意するボタンを押すまで勝手にファイルを受信することはありません。)

    ファイル受信後、受信したファイルがポップアップされます。これで受信完了となります。

     

    ニアバイシェアの使い方(受信側)その2

    ニアバイシェアのオススメ設定方法(モバイルデータ通信容量を消費しないようにする)

    ニアバイシェアで付近の端末とファイル共有をする場合でも、データ通信を行ってしまうようです。

    そのためモバイルデータを使用しないように事前に設定変更を行っておきましょう

    設定方法
    • 「設定」→「Google」→「デバイス接続」→「ニアバイシェア」をタップ
    • 「データ通信を併用」という項目があるので、タップして「Wi-Fiのみ」に変更

    「Wi-Fiのみ」に設定しておくことで、モバイルデータ通信は使用しなくなりますので、初期設定として行っておきましょう。

    格安SIMの低容量(3GBや5GB等)の料金プランの場合は、無駄にモバイルデータを消費するともったいないので、特にこのような設定をしておくことをお勧めします。

    ニアバイシェアが使えない場合の対処方法

    ニアバイシェアで送信待機しているにも関わらず、受信側で何も通知されてこないといった症状が出ているようです。

    その場合は以下の3つのうちどれかの方法で改善される可能性があります。

    ニアバイシェアが使えない場合の対処方法3つ
    1. 一度、機内モードをONにする。その後OFFにする。(機内モードにすることで、一度通信状態をリフレッシュしています。)
    2. ニアバイシェア機能をOFFにする。その後ONにする。
      「設定」→「Google」→「デバイス接続」→「ニアバイシェア」をタップ。上部にON/OFFのトグルがあるので、切り替える。
    3. 端末の再起動

    それか、アプリインストールが必要になりますが、ニアバイシェアよりも高速&成功率の高いファイル共有アプリ『Files』(Google謹製アプリ)もあるので、代替手段として人気です。

    人気記事『Files』って知ってる?ニアバイシェアより高速なファイル共有アプリ

    ニアバイシェアで勝手にファイル受信(ポップアップ)するのを止めたい場合・いらない場合

    付近にいる端末が送信待機状態になると、その端末の付近にいる端末すべてに勝手にファイル受信のポップアップが発生してしまいます。ゲームに集中しているとポップアップ煩わしいですよねって僕は思います。

    そのため、本機能を使用しない、いらないという方はニアバイシェア機能をオフにしておきましょう。

    ニアバイシェア機能OFFの仕方
    「設定」→「Google」→「デバイス接続」→「ニアバイシェア」をタップ。上部にON/OFFのトグルがあるので、OFFに切り替える。

    万が一、使用する必要が生じた場合は、同じ操作方法でトグルをONに切り替えてください。ONになるとニアバイシェア機能が有効になります。

    ニアバイシェアなんて全く使わないしいらないという方は、上記の方法で停止させておくと安全です。

    アプリのインストールなしに簡単にファイルの共有ができて便利なので今後有効に活用していきましょう。

    参考:ニアバイシェアをWindowsやChrome OSで使う方法

    今のところ使い方は不明なのですが、Chromeブラウザのエクステンションに設定項目がありました。

    ニアバイシェアをWindowsで使用する

    設定方法ですが、Chromeブラウザに「chrome://flags/」と入力し上記の画面を表示させます。

    検索窓から「nearby sharing」と入力すると1件ヒットするので、こちらを「default→Enabled」に変更しましょう。

    これにより、Chromeを介してのニアバイシェアが有効になります。おそらく、WindowsやMac、Linux、Chrome OS等どんなOSでも使用可能になると思います。

    ちなみに私のToshiba Chromebook 2(CB35-B3330 )では使用することができませんでした。おそらく、GooglePlayに対応していないからだと思います。2015年に海外Amazonから買ったのですが、、、買いなおそうかなぁ。くそぅ。

    どのように使用するのかは今のところ定かではありませんが、「共有」項目の一つにニアバイシェアが出現する日もそう遠くはないだろうと思います。

    ニアバイシェアはこれからの流行るファイル共有方法!

    ニアバイシェア機能のおかげで、近くの端末同士での写真の共有が非常に簡単になりました。

    しかし、ニアバイシェアとairdrop間には互換性はないようなので、AndroidとiPhone間でのファイル共有はできません。ここが解決すると良いんですけどね…。

    まだまだちょっとした不具合などがあるようなので、完璧な機能になるように期待したいですね。

    ニアバイシェアが使用できなかったり動作が不安定な場合は、以下のアプリ(googleのアプリです)でもファイル共有は可能ですのでお試しあれ。

    関連記事『Files』って知ってる?ニアバイシェアより高速なファイル共有アプリ

    \僕が今、毎月1,180円でデータ使い放題です/

    人気記事僕がスマホを月額1,180円で使い放題しているワザ!教えます

    【2020年12月】格安SIMランキング
    UQモバイル
    auのサブブランド化で速度もサポートも◎!
    UQモバイルはau回線を利用した格安SIM
    様々な格安SIM(MVNO)が乱立する中でトップクラスの通信速度です。
    料金プランは2種類のSプランRプランしかなくすごく分かりやすい料金体系なのも特徴の一つです。Rプランでは使いすぎて速度制限時でも1Mbpsの速度が出るため、他の格安SIMに比べるとストレスフリーなデータ通信が可能です。
    通常時、速度制限時ともに快適な通信ができるのはUQモバイルだけでしょう。
    また、かけ放題オプションもあるため、幅広い層に受け入れられているのも人気の理由の一つです。
    Y!mobile
    ソフトバンクのサブブランドで速度は他よりけた違い!
    Y!mobileはソフトバンク回線を利用した格安SIM
    ソフトバンクのサブブランドの位置づけです。2位にしましたがUQモバイルとの差はほとんどありません。プランやオプションもほぼ同等のものがあります。
    Y!mobileではデータ通信容量の繰り越しができない点が残念。しかしサブブランドだけあって、他の格安SIMとはケタ違いの通信速度(UQモバイル同等)が出ます。今ソフトバンクを利用している方であれば、すんなりと乗り換えられるのでオススメです。
    また、実店舗数は格安SIMの中ではトップクラスなので、対面のサポート性についてもです!
    OCNモバイルONE
    docomo回線通信品質No1!端末もセットで大特価!
    今僕がメインで使用しているdocomo回線の格安SIM
    個人的にはdocomoのサブブランドの位置づけ。価格はUQモバイル、Y!mobileよりも低価格。
    その代わり、正式なサブブランドではないので通信速度は劣ります。でも混雑時以外は結構快適に通信できているので僕は十分満足できています。
    最も強調したいのは、端末の安さ。新機種発売セールで新機種がいきなり大特価になるので狙ってるスマホが出たらスマホ+SIMセットでの乗り換えがすごく節約になる。
    人気記事【評判良し】私のOCNモバイルONEの明細を公開する
    この記事を見た後こんな記事も見ています