ニアバイシェアの簡単な使い方

iPhoneでいうairdropのAndroid版「ニアバイシェア(near by share)」をご存じでしょうか?ついに神機能が搭載されました。

ニアバイシェアとは、2020年8月上旬に公開された、AndroidOSの標準機能として使えるファイル交換アプリケーションです。

Androidスマートフォンでも、近くにいる端末に対してファイルを送信することが可能になりました。iPhoneだとエアドロップが2014年から使用できていたようなので、機能自体には全く目新しさは感じませんが、Android(GalaxyやXperiaなど)の共通の新しいファイル共有の方法として、認知される日もそう遠くなさそうです。

(どうやらニアバイシェアは英語表記ではなくカタカナ表記が正しいようです。)

 

ニアバイシェアの使い方

ニアバイシェアってどうやって使うの??という方のために、使い方について、送信側と受信側に分けてご紹介したいと思います。

大まかな手順流れは以下となります。

  • 送信したい写真やファイルを選び、共有ボタンを押す
  • 共有に使用するアプリを選択する際に「ニアバイシェア」を選択する
  • Wi-Fi、Bluetooth、位置情報をONにする
  • 受信側にてニアバイシェアによるポップアップが出るため、ファイルの受信に同意する
  • 受送信が開始される

送信側の使い方

例えば、写真を送信する場合を考えます。ギャラリーアプリから送信したい画像を開き、共有ボタンをタップします。

すると共有アプリ一覧が出てくるので、そこからニアバイシェアをタップします。

ニアバイシェアの設定方法(送信側)その1

 

すると送信相手のデバイスを探します。

(ここで、WiFiやBluetooth、位置情報のうちどれかがOFFの場合は、ONにせよという旨のポップアップが出力されます。全部ONにする必要があります。

もし送信可能な相手のデバイスを発見した場合、相手の端末名が表示されるので、タップします。

ニアバイシェアの使い方(送信側)その2

 

タップすると相手からの承認待ち状態となり、相手から承認されると写真を送信することができます。

ニアバイシェアの使い方(送信側)その3

これでニアバイシェアの送信側の使い方は終了です。非常に簡単な手順で近くの端末に送信することができるようになりました。

お互いに特定のアプリをインストールする必要がないので、ちょっとしたファイルの送受信がスムーズにできるようになるでしょう。

受信側の使い方

ニアバイシェアを使ってファイル転送を行いたい送信側の端末が付近にいると、ポップアップ通知が表示されます。

この通知をタップすると、ニアバイシェアの受信待機モードに入ります。(この時、付近の端末に端末名が表示されています。)

ニアバイシェアの使い方(受信側)その1

 

このとき、送信側端末がこちらの端末を指定してファイルを転送しようとした場合、受信側には、送信側のGoogleアカウント(プロフ画像)が表示されます。

この端末から転送されるファイルを受け取る場合は、「同意する」ボタンをタップしましょう。(同意するボタンを押すまで勝手に受信することはありません。)

ファイル受信後、受信したファイルがポップアップされます。これで受信完了となります。

 

ニアバイシェアの使い方(受信側)その2

ニアバイシェアのオススメ設定(モバイルデータ通信容量を消費しない)

ニアバイシェアで付近の端末とファイル交換をする場合でも、データ通信を行ってしまうようです。そのためモバイルデータを使用しないように設定変更を行っておきましょう

設定方法
「設定」→「Google」→「デバイス接続」→「ニアバイシェア」をタップ
「データ通信を併用」という項目があるので、タップして「Wi-Fiのみ」に変更

このように設定しておくことで、モバイルデータ通信は使用しなくなりますので、初期設定として行っておきましょう。

ニアバイシェアが使えない場合

ニアバイシェアで送信待機しているにも関わらず、受信側で何も通知されてこないといった症状が出ているようです。

その場合は以下の方法で直る可能性があります。

 

  1. 一度、機内モードをONにする。その後OFFにする。(機内モードにすることで、一度通信状態をリフレッシュしています。)
  2. ニアバイシェア機能をOFFにする。その後ONにする。
    「設定」→「Google」→「デバイス接続」→「ニアバイシェア」をタップ。上部にON/OFFのトグルがあるので、切り替える。
  3. 端末の再起動

それか、アプリインストールが必要になりますが、ニアバイシェアよりも高速&成功率の高いファイル共有アプリ『Files』(Google謹製アプリ)もあるので、代替手段として人気です。

人気記事『Files』って知ってる?ニアバイシェアより高速なファイル共有アプリ

ニアバイシェアで勝手にファイル受信(ポップアップ)するのを止めたい場合

付近にいる端末が送信待機状態になると、その端末の付近にいる端末すべてにファイル受信のポップアップが発生してしまいます。

そのため、滅多に本機能を使用しないという方はニアバイシェア機能をOFFにしておきましょう。

ニアバイシェア機能OFFの仕方
「設定」→「Google」→「デバイス接続」→「ニアバイシェア」をタップ。上部にON/OFFのトグルがあるので、OFFに切り替える。

万が一、使用したくなった時は同じ操作方法でトグルを切り替えてください。ONになるとニアバイシェア機能が有効になります。

ニアバイシェアをWindowsやChrome OSで使う方法

今のところ使い方は不明なのですが、Chromeブラウザのエクステンションに設定項目がありました。

ニアバイシェアをWindowsで使用する

設定方法ですが、Chromeブラウザに「chrome://flags/」と入力し上記の画面を表示させます。

検索窓から「nearby sharing」と入力すると1件ヒットするので、こちらを「default→Enabled」に変更しましょう。

これにより、Chromeを介してのニアバイシェアが有効になります。おそらく、WindowsやMac、Linux、Chrome OS等どんなOSでも使用可能になると思います。

ちなみに私のToshiba Chromebook 2(CB35-B3330 )では使用することができませんでした。おそらく、GooglePlayに対応していないからだと思います。2015年に海外Amazonから買ったのですが、、、買いなおそうかなぁ。くそぅ。

 参考Toshiba chromebook 2が海外から届いたのでレビューしてみる

どのように使用するのかは今のところ定かではありませんが、「共有」項目の一つにニアバイシェアが出現する日もそう遠くはないだろうと思います。

まとめ

ニアバイシェア機能のおかげで、近くの端末同士で写真の共有が非常に簡単になりました。

まだまだちょっとした不具合などがあるようなので、完璧な機能になるように期待したいですね。

ニアバイシェアが使用できなかったり、不安定な場合は以下のアプリでもファイル共有は可能ですので参照ください。

 人気記事『Files』って知ってる?ニアバイシェアより高速なファイル共有アプリ

 

人気!!アニメ観るなら<U-NEXT>(31日間無料トライアル実施中!)

知ってました!? 無料トライアル期間中の解約の場合、月額料金は発生しませんのでタダで見放題になりますよ♪/

あなたのTwitter運営、上手くいっていますか?
SocialDog
無料で利用できる唯一の運用ツール
SocialDogは、運用、効率化、自動化、分析、アカウント管理など、
Twitterマーケティングに必要な機能を網羅しています。
「フォロワーを増やしたい」「エンゲージメントを高めたい」「効率化・自動化したい」などTwitterマーケティングにおけるあらゆる課題を解決するツールです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事