MENU
キッズ向けスマホならLINEMOがオススメと断言する3つの理由詳細はこちら >>

LINEMOの機種変更の仕方(対応機種の確認、端末購入方法)

LINEMOで使う端末の用意の仕方(対応機種の確認、購入方法)

本記事ではLINEMOでの機種変更の仕方について解説しています。

子どものスマホをLINEだけにする方法」の記事でLINEMOを契約したあと、実際に機種をどう用意すれば良いかについてを記載しています。

LINEMOではスマホ本体(以下、端末)は販売されていないため、機種変更するには別途端末を用意する必要があります。

端末の用意の仕方は以下の2つです。クリックするとジャンプします。

  1. 所持済みのスマホが対応機種か確認する
  2. 新しくLINEMO対応機種を購入する(機種変更)

1の場合は、機種変更というイメージより「今使っている端末を継続して使う」ということになります。

目次

1.所持済みのスマホが対応機種か確認する

もし既に所持しているスマホを利用したい場合は、使えるかどうかを確認する必要があります。

LINEMOの公式ページではLINEMOで使用可能かどうか「動作確認端末」として提示しているので、こちらで動作確認済みの端末に関してはLINEMOで利用可能と判断できます。

ほしい端末がLINEMOに対応しているのかの確認も可能です。

動作確認端末の確認方法
STEP
メニューから「動作確認端末」を選択
LINEMOの機種変更の仕方(対応機種の確認、端末購入方法)
STEP
メーカーやキャリアから機種を絞り込む
LINEMOの動作確認端末の検索
STEP
下部に検索結果が表示される
LINEMOの機種変更の仕方(対応機種の確認、端末購入方法)

音声通話、データ通信、SMS、テザリングの4項目について〇があれば利用可能と言えます。

※テザリングに関しては使わない方は×でも問題ありません。

もし、自身のスマホ機種名が分からない場合は、Androidスマホの「設定」へアクセスして、

「設定」アプリ→「電話情報」→「モデル」
※Android12の場合

を確認すれば、機種名が確認可能です。

2.新しくLINEMO対応機種を購入する

端末を所持していない」または「LINEMOに乗り換えに合わせて新たに端末を購入したい」という場合、どのように端末購入すれば良いか、についてです。

スマートフォンには大きく①SIMフリースマホ②キャリアスマホ2つの種類があります。

LINEMOで使用するのはSIMフリースマホを推奨します。

推奨の理由は以下です。

同じスマホでも異なる部分がある

スクロールできます
観点\おすすめ/
SIMフリースマホ
キャリアスマホ違い
キャリア専用アプリなし多いアンインストールできず、下記の
ROMやRAM、動作に影響を与える
ストレージの空き
(ROM)
空き多い空き少ない専用アプリの有無で
空き容量が変わる
処理能力
(RAM)
空き多い空き少ない常駐しているキャリアアプリが裏で動作して
いるとRAMを無駄に消費してしまっている
スマホの動作サクサクもっさり感キャリアアプリが裏で動作して
いると動作に影響する
SIMフリーとキャリアスマホの主な違い

同じ性能の同じスマホで比較しても上記のような違いがあります。

キャリア専用アプリが邪魔になりROMやRAMを圧迫してしまい、その影響で動作にもっさり感が出るためできればSIMフリースマホをおすすめします。

ネットショップや家電量販店でSIMフリースマホを購入する

基本的にはSIMフリーと記載された端末を購入しましょう。特に家電量販店ではSIMフリースマホの専用コーナーが用意されていたりするので、その場で購入、持ち帰ることが可能です。

僕の場合は、AmazonLINEMOの機種変更の仕方(対応機種の確認、端末購入方法)ヨドバシオンラインで購入しています。

ポイント還元を考えるとPayPayモールも最近は流行ってきています。

購入時の注意点

LINEMO公式サイトで動作確認済みとなっている端末を購入しましょう。

SIMカードとスマートフォンには相性があり、動作が未確認のスマホを購入した場合、

  • データ通信
  • 通話
  • SMS
  • テザリング

などができない可能性があります。

LINEMOの機種変更の仕方(対応機種の確認、端末購入方法)

SIMカードの送受信する電波の種類と、端末が送受信できる電波の種類が合わないと通信できないです。

動作確認端末の確認方法は上記こちらの項を参照してください。

2万円台で購入できるSIMフリースマホ

LINEだけが主な用途であれば、スペックの高い最新機種は不要です。

まずは何かしら端末を購入したいという方に向けて、2万円台で購入できるスマホを簡単に紹介しておきます。

どれもAmazonで購入可能です。

機種名LINEMO動作確認Amazonリンク
OPPO Reno ALINEMOの機種変更の仕方(対応機種の確認、端末購入方法)Amazon
AQUOS wishLINEMOの機種変更の仕方(対応機種の確認、端末購入方法)Amazon
OPPO A73LINEMOの機種変更の仕方(対応機種の確認、端末購入方法)AmazonLINEMOの機種変更の仕方(対応機種の確認、端末購入方法)
Redmi Note 11LINEMOの機種変更の仕方(対応機種の確認、端末購入方法)AmazonLINEMOの機種変更の仕方(対応機種の確認、端末購入方法)

OPPO Reno Aに関しては、RAMが6GBありLINE程度であれば十分可能です。

LINEMO対応機種以外を利用する場合の確認観点

どうしても使いたい端末があり、その端末が動作未確認の場合でも利用可能なスマホもあります。

使えるか使えないか見極める方法についてです。

LINEMOでサービス提供される周波数(バンド)に対応していること

使えるか使えないかがおおよそ判断できるのは、電波の周波数(バンド)が事業者側と端末側で一致しているかどうかです。

LINEMOで扱う周波数バンド
通信サービス周波数バンド
5Gn3 / n28 / n77
4GB1 / B3 / B8 / B41
参考:https://www.linemo.jp/area/

上記より、5Gであればn3/n28/n77に対応し、4GであればB1 / B3 / B8 / B41に対応しているSIMフリースマートフォンを購入するようにしましょう。

これらの情報は、各スマホの仕様・スペック表に記載されています。

いくつか抜けていても使えるには使えますが、電波のつかみが弱くなってしまう可能性があります。

動作未確認だが使えるであろうSIMフリースマホの一例

端末名対応周波数
motorola edge 205G:Sub-6GHz band n1/n3/n5/n7/n8/n28/n38/n41/n66/n77/n78
4G:LTE B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B18/B19/B20/B26/B28/B32/B34/B38/B39/B40/B41/B42/B43/B66
moto g52j 5G4G:LTE B1/B2/B3/B8/B18/B19/B28/B38/B41/B42
5G:n3/n28/n77/n78
(この機種は使えるという口コミはあった。)
OPPO Reno7 A4G: TD-LTE Band 38/40/41/42
4G: LTE FDD Band 1/3/4/5/8/12/17/18/19/26/28
5G: n3/n28/n41/n77/n78
Zenfone94G:B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/34/38/39/40/41/42
5G:n1/2/3/5/7/8/12/20/28/38/77/78
公式で確認していないので自己責任でお願いします。

実際に僕はmotorola edge 20を購入してLINEMOで使っていましたが、全く問題なく利用できていたので、電波の周波数さえ合えば大抵のスマホは利用可能です。

同様に、もしLINEMOから別の格安SIM(au系やドコモ系回線)に乗り換える場合でも、周波数バンドがあっていればそのまま使いまわすことも可能です。

▶LINEMOで機種変更したいSIMフリー端末8選

▶LINEMOで利用できる対応機種を紹介します|安く端末を手に入れよう!

LINEMO機種購入後の手続き方法

機種購入後はどうすればいい?」との疑問があると思いますが、機種購入後はLINEMO側へ通知することは何も必要ありません。

購入した端末にSIMカードを入れさえすれば、後はいつも通り利用すればOKです。

(LINEMO側はどんな機種を使おうが全く気にしていません。)

eSIMの場合は、MyMenuから再度プロファイルを発行し、購入した機種でダウンロードすればSIM情報のインストールが完了します。

本記事のまとめ

本記事では、LINEMOで使う端末の用意の仕方(対応機種の確認、購入方法)について解説してきました。

  • 所持済みのスマホが対応機種か確認する
  • 新しくLINEMO対応機種を購入する

所持済みのスマホを使っても良いですし、基本的にはSIMフリースマホを購入するのがおすすめです。

これはキャリアのアプリよりもサクサク動作するのと、専用アプリがストレージを圧迫していないことがSIMフリーのメリットとなります。

LINEMO公式で動作未確認の端末が使いたい場合は、バンドに注意して購入していきましょう。

LINEMOで扱う周波数バンド
通信サービス周波数バンド
5Gn3 / n28 / n77
4GB1 / B3 / B8 / B41
参考:https://www.linemo.jp/area/

これらのバンドに対応しているSIMフリースマートフォンを探してみましょう。

お読みいただき、ありがとうございました。

\ミニプランなら実質8ヵ月無料!/

新機種でLINEMOが使えるようになったら、是非LINE連携をしておきましょう。支払額の確認やデータ量の残量がLINE上から知ることができて便利です。

▶LINEMO契約したら絶対LINE連携しておこう!方法と手順を紹介

参考リンク

目次