​電話とLINE電話ってどう違う?違いについてわかりやすく説明します

普通の​電話とLINE電話ってどう違うの?

皆さん日常的にLINE電話を使用していますよね。無料で通話が使えて超便利と思っているのではないでしょうか。無料で使えるけど、音声が遅れて聞こえたりとあまり品質が良くなかったりもします。

一方で、なぜ無料で電話できるのかと疑問に思ったことがあるのではないかと思います。

今回はそんなLINE電話と普通の電話の根本的な違いについて説明します。

  • なぜLINE通話は遅れるか
  • なぜLINE通話は無料なのか
  • なぜLINE通話はギガが減るのか

上記の理由が明らかになる記事となっています。

分かりやすく説明するために若干ニュアンスを変えている部分がありますがご了承ください。

第一に理解してほしいのは、以下の2点です。

  • 電話は電話回線を利用
  • LINE電話はインターネット回線を利用

    この利用している回線の違いが、大きなポイントになります。

    電話の仕組み

    電話は、自分と相手で通話するための専用の電話回線を占有します。自分と相手だけの空間で誰にも邪魔されない場所で通信を行います。空間を占有するので音質も良く、遅延も少ないのです。いわゆる”品質が良い”と表現されます。

    その代わりに30秒で22円もかかってしまい、使ったら使った分だけお金払わないといけません。占有している時間に比例して料金がかかります。

    (もちろん、〇分間通話無料ってオプションに加入していれば、定額です。)

    電話とLINE電話の違い1

    数百人が同時に通話していたとしても自分と相手だけの空間が確立されるので、通話品質が時間や環境に左右されないのが大きな特徴です。

    LINE電話の仕組み

    一方でLINE通話は、電話回線ではなくインターネット回線を利用しています。

    つまり、単にインターネットを使って声をやり取りしているイメージです。インターネットは時間によっては利用者が多く混雑していて遅かったり、契約プランのデータ容量以上を使いすぎると速度制限されたりと、インターネット速度に品質が左右されてしまいます。

    ネットが遅いときにLINE通話すると、自分の声が相手に届くまでにかなりの遅延が発生したりします。

    自分が喋ってから数秒後に反応が返ってくることが結構頻繁にあると思いますが、自分側または相手側のインターネット回線が混雑しているのが主な理由です。LINE通話だけでなく、Skype通話やkakaoトークなどの無料で通話できるアプリ系はほぼインターネット回線を利用したインターネット電話と呼ばれています。

    電話とLINE電話の違い2

    LINE電話はインターネット回線を利用して音声データをやり取りしているため、通話料はかからないのですがデータ容量の消費(ギガの消費)が発生します。

    通話料は電話をかけた側(発信側)が負担しますが、LINE電話の場合は双方向で通信が発生しているため、発信側受信側お互いにデータ容量を消費してしまいますので、注意が必要です。

    電話
    • 電話回線を占有して利用している。
    • 遅延も少なく、品質が安定している。
    • 通話料は基本的に30秒で22円かかる。
    LINE電話
    • インターネット回線を利用している。
    • 遅延が大きかったりと、ネット速度に左右され、品質が不安定。
    • 通話料は無料だが、データ量を消費する

    LINE電話のデータ消費量(ギガ消費量)

    データ消費量は目安ですが、LINEモバイル公式サイトでは以下のようになると言われています。

    無料通話時間 データ通信量
    1分 0.3MB
    10分 3MB
    30分 9MB
    1時間 18MB

    通話を行っても思ったより少ない消費量で済みます。

    契約プランが5GBのユーザーが1時間のLINE通話を行った場合、5GB=5,000MBなので、残り4,982MBとなります。

    また、ビデオ通話の場合は、以下の消費量になります。

    無料ビデオ通話時間 データ通信量
    1分 5.1MB
    10分 51MB
    30分 153MB
    1時間 307MB

    ビデオの画質がそこまで鮮明という訳ではないため、Youtube等の視聴(1時間で約2GB)と比較すると6分の1程度となります。

    LINE通話の音質をよくする方法(品質改善方法)

    LINE電話はインターネット通話のため、インターネット接続環境がLINE電話の品質が大きく変化します。

    ビルの中や地下など電波の届きにくい場所などでは通信速度が遅くなってしまい、結果的に品質が下がってしまいます。そのため、音質が悪いというときは屋外や窓側へ行きましょう。

    公衆Wi-Fiに接続している場合、そのWi-Fi AP(アクセスポイント)には数多くのユーザーが接続している場合があります。その場合は速度が出ずに音質が良くないので注意しましょう。

    LINEMOはLINE利用時のデータ量消費がカウントフリー対象

    ソフトバンクの格安プランである「LINEMO」ではLINE通話やLINEメッセージ時に利用するデータ量がカウントフリーとなる「LINEギガフリー」があります。

    多くのキャリア(大手、格安SIM)の中でも唯一持っている特徴であり最大のメリットです。

    もともとはデータ量20GB(税込2,728円)のみのサービスでしたが、2021年7月より3GBプラン(税込990円)が提供されるようになりました。格安SIM並の価格でソフトバンク並の高速通信が可能なので、新たな選択肢の一つとして人気になってきています。

    LINEMOが格安SIMよりおすすめ

    今ならPayPay10,000円あげちゃうキャンペーンもあります!

     

    最後まで読んでいただきありがとうございました!!

    本サイト・記事が参考になった方はぜひシェアしてくださいね!

    ご質問・要望などはお問い合わせからお願いします!

    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

    LINEMO乗り換えキャンペーン実施中!