史上最安3,250円で無制限ポケットWi-Fi徹底比較しています

    格安SIMってなに?現役のネットワークエンジニアが得する情報も解説します!

    わい
    わい

    ここでは「格安SIM」について現役ネットワークエンジニアの私が分かりやすく簡潔にご紹介するよ。

    2019年10月1日より施行された以下の内容に準拠しております。
    電気通信事業法の一部を改正する法律の施行に伴う関係省令等の整備について-総務省-

    スポンサーリンク

    1.格安SIMってなに?

    格安SIMとは安く利用できるSIMカードのことを指します。SIMは「Subscriber Identity Module Card」といって、小さいICチップに携帯電話番号とか契約人の情報とか、通信を可能にするための情報が記録されています。

    そもそも今まではSIMカードをもらうためには、ドコモとかauとかソフトバンクなどと契約する必要があります。SIMカードをもらうって言ってもスマホの中に入っているので、一般的にスマホを買ったら付いてくる認識ですね。このSIMカードが入っているからこそ、スマホでモバイル通信が可能になっていました。

    ドコモ、au、ソフトバンクはまとめて3大通信事業者(3大キャリア)と呼ばれているけど、スマホを使用するための月額費用が非常に高いんですよね。

    統計によると3大キャリアが平均月額が7,433円、格安SIMメーカーが2,067円と5,000円以上も安くなっています。

    https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1531.html
    MMD研究所は、15歳以上のスマートフォン(大手3キャリアユーザー N=973、格安SIMユーザー N=106、その他 N=26)を所有する男女1,105人を対象に「2016年スマートフォンの利用料金に関する調査」を実施致しました。※大手3キャリア:docomo、au、SoftBankを指します。

    近年では、たくさんの企業が、SIMカードを使ってのインターネットや通話サービスを提供しています。これら格安SIMメーカー(MVNO)である企業が提供しているSIMカードのサービスは、上述したように、3大キャリアよりも安くインターネットや通話サービスが利用できるので「格安SIM」と呼ばれています。

    安い料金のSIMカードを利用することで、毎月のスマホ代を節約することができます。

    \格安SIMを使用している私がおすすめするランキングだよ!/
    格安SIMメーカ一覧ですが、もっと多くあります。

    3大キャリアからのサポートを受けられなくなりますが、平均で5,000円以上も安くなることのメリットの方が大きいと感じて、多くのユーザーがどんどん格安SIMに乗り換えていき、話題となっています。

    わい
    わい

    私はもともとスマホのことは自力で解決できたので、docomoからのサポート面よりも5,000円以上安くなる方がうれしかったので、格安SIMに即換えしちゃいましたよ!

    うちの親のスマホのサポートも私がやっているので、docomoから格安SIMメーカーへ乗り換えさせました。

    まとめ

    格安SIMとは、3大キャリアより安く利用できるSIMカードのこと。
    利用するためには3大キャリアから格安SIMメーカー(MVNO)へ乗り換える必要がある。

    コメント