アプリから発信する必要がない無制限でかけ放題のプランがある格安SIMは、Y!mobile、UQモバイル、b-mobileの3社しかないのですが、データ通信容量も込みで比較してみました。

メールやLINEは面倒だから極力電話したいんだけど、かけ放題プランで最安の格安SIMはどこなんだろう?
「アプリから通話したら無料ってところもあるけど、ついアプリ忘れるのよね。アプリ不要でかけ放題の格安SIMってあるのかしら?」
ざっと確認してみたところ、アプリ無しでかけ放題プランがある格安SIMは3社あるんだ。今日はその3社をデータ通信容量込みで比較してみるよ。

各社は不定期でキャンペーンを開催していたりするので、1年間の支払いをベースに比較しています。

最新キャンペーンについては各社公式サイトをご覧ください。

Y!mobile公式サイト
 →【正規取扱店では23,000円キャッシュバック中!
UQモバイル公式サイト
b-mobile公式サイト

60歳以上のシニアの場合はシニア割がある格安SIMがある

60歳以上のシニアの方の場合は、完全かけ放題が割引になるシニア割というのが存在する格安SIM(MVNO)があります。Y!mobileやUQモバイルにはシニア割があるので、もし自分の両親や祖父母に持たせる場合は、シニア割を検討してみましょう。

詳しくは「60歳以上の格安スマホは、通話し放題+3GBプランがおすすめ 」を参照ください。

格安SIMのデータ3GB+完全かけ放題の最安料金

データ通信容量3GBに+無制限かけ放題の料金を追加して金額の合計値を算出してみました。

3GB料金Y!mobileUQモバイルb-mobile
1か月目¥3,680¥3,680¥2,480
2か月目¥2,980¥3,680¥2,480
3か月目¥2,980¥3,680¥2,480
4か月目¥2,980¥3,680¥2,480
5か月目¥2,980¥3,680¥2,480
6か月目¥2,980¥3,680¥2,480
7か月目¥2,980¥3,680¥2,480
8か月目¥3,680¥3,680¥2,480
9か月目¥3,680¥3,680¥2,480
10か月目¥3,680¥3,680¥2,480
11か月目¥3,680¥3,680¥2,480
12か月目¥3,680¥3,680¥2,480
¥39,960¥44,160¥29,760

Y!mobileは1年間はデータ容量追加1GB分が無料となるので、実際は4GBまで使用可能です。ですが、b-mobileがY!mobileを1万円以上も離して最安価格となりました。3GBしか使用しない人にとっては十分格安SIMの選択肢になりそうです。

b-mobileでは、データ通信容量が足りなくなったら1GBあたり250円でおかわり課金ができるので、次はデータ通信容量10GBで比較してみます。

格安SIMのデータ10GB+完全かけ放題の最安料金

10GB料金Y!mobileUQモバイルb-mobile
1か月目¥4,680¥4,680¥4,230
2か月目¥3,980¥4,680¥4,230
3か月目¥3,980¥4,680¥4,230
4か月目¥3,980¥4,680¥4,230
5か月目¥3,980¥4,680¥4,230
6か月目¥3,980¥4,680¥4,230
7か月目¥3,980¥4,680¥4,230
8か月目¥4,680¥4,680¥4,230
9か月目¥4,680¥4,680¥4,230
10か月目¥4,680¥4,680¥4,230
11か月目¥4,680¥4,680¥4,230
12か月目¥4,680¥4,680¥4,230
¥51,960¥56,160¥50,760

3GBの時より圧勝というわけではないですが、これでもb-mobileが最安です。ただし、Y!mobileはこの価格で1年間は10GB→13GB使えます。b-mobileは13GBで計算すると毎月4,980円、12ヵ月で59,760円となるのでY!mobileの方が安くなります。

ここまでのまとめ
  • 3GBならb-mobileが最安
  • 10GBでもb-mobileが最安
  • 13GB使いたいならY!mobileが最安

    完全かけ放題で最安はb-mobileが圧勝

    b-mobileは2020年7月15日にb-mobileは「合理的かけほプラン」の申し込みがスタートしました。

    おそらくですが、、、あまりにもユーザーが増えすぎると、10分までかけ放題といったように制約が出てくることも想定されますので、通話がメインとなるユーザーにとっては今すぐにでも乗り換えるべき格安SIMと言えるでしょう。

    最新情報についてはb-mobile公式サイトをチェックしてみてください。

    データ通信容量も1GB250円で追加できるので、5GB使用するとしても2,980円(+2GB追加で+500円)なので、3,000円以下の支払いで済みます。

    新しい料金体系のSIMで家計に嬉しい格安SIMとなりそうですね!!

    公式サイトb-mobile「合理的かけほプラン」

    結局、どこが良いの?

    格安SIMを選ぶ際は、価格と通信速度を確認するのが一般的です。通信速度については、地域にもよるので一概に速いかどうかは言えませんが、UQモバイルとY!mobileは格安SIMの中でもダントツで速いです。

    なぜ速いかの理由ですが、UQモバイルはauのサブブランドでありY!mobileはソフトバンクのサブブランドという位置づけなので、キャリアから回線の一部を借りている格安SIM(MVNO)とは異なります。

    キャリアの回線をほぼそのまま活用できるのがサブブランドの強みとなります。

    そのため通信速度を考慮するなら、UQモバイルかY!mobileの2択になるでしょう。

    b-mobileについては一般的な格安SIMと同様、キャリアの回線の一部を借りているだけなので、上述した2社よりかは速度面で劣ると思います。

    とはいえ、まだまだ利用者が少ないため、他の格安SIMに比べると十分速度は出るでしょう。

    (借りているキャリア回線の一部をユーザーで共有して通信するため、ユーザー数が少なければその分占有率が大きくなり、速度が出ます。)

     

    今使用しているキャリアがdocomoならばb-mobile、auならばUQモバイル、ソフトバンクならY!mobileに乗り換えれば、同じ回線を利用するのでそのまま端末が使えるので手続きなどが最もスムーズかもしれません。(auやソフトバンクはSIMロック解除が必要になるかもしれません。)

    Y!mobile公式サイト
     →【正規取扱店では23,000円キャッシュバック中!
    UQモバイル公式サイト
    b-mobile公式サイト
    最新機種の方必見!修理費用全額補償します

    あらゆるトラブルに対応する新しい保険です。

    • 年間最大10万円補償
    • 3端末まで補償可能
    • WEBで手続き全て完結

    最新機種を持つ方には特にオススメです!3端末まで登録できるので、ゲーム機、スマートウォッチ、ワイヤレスイヤホンなどWi-FiやBluetoothで通信が可能な機器もまとめて補償します。

    もちろんiPhoneも対象、AppleCare+よりもお得な保険です。

    おすすめ記事