eSIMとは?SIMカードとの違いやメリット・デメリットを分かりやすく解説します
悩む人
eSIMって最近よく聞くようになったけどどんなもの?従来のSIMとの違いやメリットは?

このような疑問について、eSIMについて今までのSIMカードとの違いやeSIMだからこそのメリット・デメリット等をわかりやすく解説します。

近年では一部、MNO、格安プランやMVNOなどがeSIMにどんどん対応してきていることから、ますます重要性は高まってきます。

またeSIMでのみ契約できる激安プラン(IIJmio)などが出始めてきたこともあり、近年のトレンドとなってきています。

そのため「eSIMって何?」「わかりやすく説明してほしい」「どんなメリット・デメリットがあるの?」という方のためにeSIMについてまとめててみました。

今スマホを買い替えるならeSIM対応機種を選択する方が望ましいでしょう。設定なども超簡単なので、ぜひ便利なeSIMに慣れてみましょう!

ポイント!
ドコモやahamoでも対応するとのことで、ほとんどのキャリアがeSIMに対応することとなりました。
契約して即開通できることから、これからのスタンダードになっていくでしょう。
本記事ではeSIMの初歩から記載しているので、ぜひ理解していってください。

本記事の内容の信頼性
本記事の信頼性

そもそもeSIMとは?

eSIMと物理SIMの特徴と違い

eSIMと書いて「イーシム」と呼びます。

Embedded SIMといって「組み込み型のSIM」を意味する言葉です。

今までのSIMカードに代わる存在のものです。

従来では、契約した通信事業者から物理的なSIMカードをもらい、スマホ本体に挿入することでスマホが事業者情報(プロファイル)を読み取り電話番号を認識し、モバイルデータ通信が可能になっていました。eSIMは、そのSIMカードの代わりとなるもので、端末内に既に組み込まれておりSIMカードの抜き差しをする必要性がなくなりました。(eSIM対応機種に限ります。)

そのため、通信キャリアと契約した際に提供される事業者情報(プロファイル)を、端末内にダウンロードすることで電話番号を認識し、モバイルデータ通信が可能となります。

分かりやすく言うと『既にSIMカードがスマホ本体に組み込まれ、必要に応じて事業者情報(プロファイル)を書き換えられるSIM』となります。

慣れるとeSIMの方が簡単ですよ!

eSIMが主流になるとSIMカードトレイが不要になることで、スマホ本体の設計の自由度が増したり、バッテリーをより大きく積んだりといった利点も生まれると言われています。

eSIMと物理SIMで仕組みや手順の違い

これまで物理的なSIMカードがeSIMに変わることで何が変わるのかについてですが、分かりやすくするために例えばシチュエーションとして、最近流行りのオンラインでの契約をした状況を考えましょう。

スマホ本体は今のままで、キャリアだけを変更した場合(SIMの差し替えのみ)を考えます。

物理SIMカードの場合の契約から開通までの流れ

  1. オンラインで申し込み、契約が完了する
  2. SIMカードが郵送されるまで2-3日待つ
  3. SIMカードが自宅に到着
  4. スマホ本体から今まで使用していたSIMカードを抜く
  5. スマホ本体に、新しいSIMカードを挿入する
  6. 「設定」からAPN設定を行う
  7. 開通手続きを行う
  8. 数分後、開通
  9. 完了

    SIMカードが届くのを待つ必要があり、SIMトレイを引き出してSIMカードの入れ替え作業が必要になります。

    eSIMの場合の契約から開通までの流れ

    1. オンライン契約が完了する
    2. 数分後、専用ページURLが書かれたメールが来る
    3. そのページにアクセスしQRコードを読み込む
    4. プロファイル(SIMカードに内蔵されてるデータ)のインストールが始まる
    5. 「設定」からAPN設定を行う
    6. 開通手続きを行う
    7. 数分後、開通
    8. 完了

      QRコードを読み込むことでSIMカードの中に書かれた情報をダウンロード・インストールできるのが特徴的です。

      eSIMのメリットの1つとして、思い立った時にすぐに乗り換えられるのが嬉しいポイントです。

      eSIMと物理SIMとの申し込み手順を比較

      SIMカードとeSIMの契約の流れの比較

      主な違いはすぐに開通できるか郵送による到着を待つか、この時間差が大きなポイントになります。

      また、SIMカードトレイの抜き差しやSIMカードの入れ替えがなくなるのも大きいです。

      細かい作業なので煩わしいと思う方にはメリットだと感じます。

      僕の父親は老眼がきてるので、nano-SIMの入れ替えは小さくてしんどいそうです。

      契約したらすぐに使いたい派の方はeSIMの方を強くお勧めします。

      eSIMのメリットとデメリット【物理SIMとの違い】

      eSIM便利そうだけどデメリットってあるのかな?

      基本的な考え方は従来のSIMカード(最近だとnanoSIM)と同じ考えです。

      大きな違いは、SIMカード内に書かれた情報が、物理カードに書かれているかダウンロードしてくるかの違いになります。

      従来のSIMカードとeSIMの違い

      SIMカードであれば、事業者へ申し込んだ後、数日後に郵送で届き、それをスマホ本体に挿入しSIMカードと同封されるアクティベート手順に従ってSIM有効化します。

      有効化の流れの中にあると思いますが、「SIMの設定→APN設定」を行います。

       

      一方、eSIMの場合は、事業者へ申し込んだ後、マイページなどからQRコードが閲覧可能になります。

      端末の「SIM設定→QRコードを読み取る」という項目があるのでそのQRコードを読み取ります。

      読み込めれば設定が完了します。(事業者によっては追加作業があったりするかもしれません。)

      eSIMのメリット4つ

      そもそも物理的なカードなのかデータなのか形状が違いますが、そのほかにどのような違いがあるのでしょうか。

      メリットとデメリットを解説します。

      eSIMのメリット
      1. 開通までの時間が削減され、すぐ使える
      2. 細かな作業が減る
      3. 回線切り替えが簡単
      4. eSIM専用の安いプランが使える

        以下より詳しく解説していきます。

        メリット1:開通までの時間が削減され、すぐ使える

        物理SIMカードの場合は、SIMカードが郵送されてくるのを待たないと開通できないということで、すぐには使えないというデメリットがありましたが、eSIMの場合は申込から数分後にはQRコードが発行されるのですぐに開通が可能です。

        メリット2:細かな作業が減る

        物理SIMカードの場合はスマホ本体からSIMトレイを取り出し、トレイに乗せて本体へ差し込む必要があり、小さくて細かな作業が強いられていました。

        カードを入れる向き方向が違うと取れなくなる、というようなトラブルも見受けられました。ITリテラシーの関係上、APN設定等の難しさもあります。

        一方で、eSIMではQRコードを読みさえすれば、APN設定が不要になるケースもあり、非常に設定が楽になりました。(APN設定の要不要はキャリアにもよります。)

        メリット3:回線切り替えが簡単

        eSIMなら回線の切替が簡単

        楽天とLINEMOがeSIMで、切替が簡単です。

        あらかじめeSIMを複数登録しておけば、一覧から選択するだけでSIMの有効・無効を切り替えることが可能です。

        これってどんな時に有効活用できるの?
        もし今使ってるSIMの回線が通信障害になった時、設定画面からポチっとするだけで別のSIMの回線に切り替えることが可能なのです。

        スマホでは日常生活の中での活用度は高い(SNSやモバイルSuica、PayPayなど)ため、通信できない状況が無いように複数回線契約しておくことをオススメします。

        ▶楽天モバイルが通信障害時に役立つ方法をネットワークエンジニアが教える

        以前、ドコモの大規模障害がありましたが、僕は楽天モバイルLINEMOを登録していたので、すぐさま回線を切り替えることで全く障害の影響を受けませんでした。

        メリット4:eSIM専用の安いプランが使える

        最近ではeSIM専用プランというのも登場しています。

        IIJmioの新料金プランの一覧表

        出典:IIJmio

         

        eSIMの場合は、手続きが簡略化できたり、SIMカードの発行が不要になったりすることから、eSIM専用プランとして、従来よりも安い料金プランを実現している格安SIM事業者もあります。

        2021年11月現在ではeSIM専用プランを提供しているのは、IIJmioのみで20GBで1650円というプランが登場しています。

        eSIM専用プランのため、eSIMに未対応の機種を持つ方は残念ながら契約することはできません。

        このような世の中の流れからも節約志向の方にeSIMは今とても注目されています。

        eSIMのデメリット4つ

        もちろん良いことだけではなく、デメリットと捉えられるような面もあります。

        eSIMのデメリット
        1. 開通手続きには別にネット環境が必要
        2. QRコードを読める環境が必要
        3. eSIMを使える端末が少ない
        4. 複数端末で使用する時のeSIM切り替え作業が面倒

          それぞれ以下で詳しく解説していきます。

          デメリット1:開通手続きには別にネット環境が必要

          eSIMを開通させるためには、申し込み後に送られてくるメールからネット経由でQRコードが載っているWEBページにアクセスする必要があります。

          つまりメールを受信したり、WEBページにアクセスするための通信手段が別途必要になります。

          近年ではインターネットが普及しているので、自宅に固定回線がある前提、フリーWi-Fiが使える前提となります。

          デメリット2:QRコードを読める環境が必要

          eSIMの開通にはキャリア事業者のマイページなどからQRコードを表示させ、読み込ませる必要があります。

          QRコードの読み取りにはカメラが必要になるので、カメラが壊れていたり、読み込めない状態だとSIMプロファイルをインストールすることが不可能となってしまいます。

          また、利用しているスマートフォンにQRコード読み取りが標準機能としてあれば良いですが、無い場合は読み取りアプリが必要になります。

          QRコードが読み込めなくても代替手段がある
          QRコードをスキャンできない場合でも、代替手段としてコード(文字列)入力が可能です。

          デメリット3:eSIMを使える端末が少ない

          まだまだeSIMが使える端末は少ないので、eSIMを使いたいのが条件の方は機種の選択の幅がぐっと狭まってしまいます。

          ちなみにiPhoneはeSIMは使えます。

          eSIMが使えるスマホのリストは「eSIM対応機種の一覧表」に掲載しているので、参考にしてみてください。

          デメリット4:複数端末で使用する時のeSIM切り替え作業が面倒

          機種変更などでeSIMを新しい機種に変更したい場合や、複数端末で同時に使いたい場合は、各格安SIM事業者のマイページなどからQRコードの再発行を行う必要があります。

          その後、新端末でQRコードを再度読み込む必要があります。

          これにより旧端末側にてeSIMは無効となり、新しい機種側で有効となります。

          SIMカードの場合は、カードを差し替えるだけで良かったので、若干手順が増えた形になります。

          機種変更を頻繁に行う方にとっては面倒ですが、そもそも一般的な方だと機種変更は1~2年に1回だと思うので、それほど気にしなくても良いのかなとも思います!

          eSIMが使いたい方のエントリーモデルは?

          デュアルSIM対応かつeSIM対応で最も低価格なのはOPPO A73です。

          BCNランキングのスマートフォン週間売れ筋ランキング(2021年03月15日~03月21日)では、9位と上位に位置しています。ちなみに上位はiPhoneが軒並み並んでいます。

          OPPO A73はお財布ケータイは使えないものの、楽天モバイルでは実質1円で販売されており、有機ELディスプレイ搭載で機能のまとまりが良いので今後魅力的な1台になりそうです。

          魅力については「eSIM対応デュアルSIMスマホ『OPPO A73』をおすすめするたった一つの理由 」をご覧ください。

          僕も購入しました。使い勝手がめちゃくちゃ良いですよ。

          これらの端末は楽天モバイルで全て購入できるので、もし購入するならポイントも貰っておきましょう。

          楽天モバイルは申し込んで3か月間は月額料金が無料。それ以降は1GBまでの利用なら無料で利用可能です。

          新規契約して万が一の通信障害に備えて所持だけしておくというのも一つの手です。

          ▶スペック・詳細の確認はこちら(楽天モバイル公式サイト)

          ▶OCNモバイルONEでも激安価格で販売されています(公式サイト)

          eSIMとSIMはどっちがいい?

          近年発売されているスマートフォンは『nanoSIM×1 / eSIM×1』で対応していることが多いため、SIMカード1つで運用する場合はどちらでも構いません。

          ただし、開通手続きの速さやSIMカードの配送時間、nanoSIMの小さく細かな作業が負担と感じる方は、eSIMの方がおすすめです。

          契約してすぐに使いたい方はeSIM一択でしょう。

          個人的には3つの回線を契約しているので、データ用に使ってるSIMは「設定」から素早く切り替えられるeSIMの方が便利かなって思います。

          eSIMがおすすめな人
          • iPhoneの人(XR以上)
          • 2つ以上複数キャリアを契約している人
          物理SIMがおすすめな人
          • 1つのSIMカードを複数端末で使用する人
          ポイント
          ※現時点で最新のiPhone13の場合は、どうやらeSIM×2のデュアルSIMができるそうなのでiPhoneの場合はeSIM2回線同時が実現可能です。

          eSIMの設定方法(使い方や登録の仕方)

          いくら簡単と言われてもeSIMを使ったことが無い方は不安になると思います。eSIM歴の浅い僕でも分かったので、どんなイメージなのかご紹介します。

          画面例はPixel4a5Gです。機種によって若干異なります。

          QRコードを読み取るまでの手順を見ていきましょう。

          eSIMの設定方法。その1

          ①「設定」から「ネットワークとインターネット」を選択します。

          ②次に、モバイルネットワークを選択します。

          ③次に「追加」を選択します。

           

          eSIMの設定方法。その2

          ④「代わりにSIMをダウンロードしますか?」を選択します。「SIMをダウンロードする」というのがeSIMのことを指します。

          ⑤「次へ」を選択します。

          ⑥QRコードを読み取ります。スキャンするQRコードについては、提供されます。

          楽天モバイルの場合は、『my楽天モバイル』アプリから「契約プラン」→「各種手続き」→「SIM交換」→「eSIM」を選択し申請すると、QRコードが表示されます。

          一度慣れてしまうとeSIMの方が簡単と言われる理由が分かるかと思います。

          機種変更時にはeSIMは取り外したり可能?

          従来のSIMカードであれば旧機種からSIMカードを抜いて、新機種へSIMカード挿入して機種変更を終えますが、eSIMの場合はどう行うのかについてです。

          プロファイルの再発行でOK

          eSIMの場合は、新機種で通信事業者のマイページからもう一度プロファイルを再発行してもらう必要があります。

          再発行を行うと再度QRコードが発行されるため、新機種の方で読み取りましょう。

          これで旧端末側ではeSIMが無効化され、新端末の方で使えるようになります。

          再発行にはいくらか料金がかかるキャリアも中にはあります。楽天モバイルは無料でした。

          eSIMに対応したキャリア(MNO、MVNO)

          eSIMに対応したキャリア(MVNOも含む)を一覧化していますので、契約する際の参考にしてください。

          申込画面でeSIMが選択できても、自身がeSIM対応スマホを持っていなければ使用できないので事前に注意しましょう。

          2021年10月現在の情報になるので、最新情報に関しては各公式サイトを参照ください。

          キャリア eSIM対応 eSIM再発行手数料
          docomo 無料(9月時点)
          (ショップにて手続きの場合は2,200円(税込))
          au 無料
          (ショップにて手続きの場合は2,200円(税込))
          Softbank 無料
          (ショップにて手続きの場合は3,300円(税込))
          楽天モバイル 無料
          ahamo 無料(9月時点)
          (ショップにて手続きの場合は2,200円(税込))
          povo 無料
          LINEMO 無料
          IIJmio 220円(税込)
          UQモバイル 無料
          (店頭にて手続きの場合は2,200円(税込))
          Y!mobile 無料
          (物理SIM→eSIMの変更は店頭で有料のみ)

          eSIM使用の際の注意点

          SIMロック対象の端末の場合は、eSIM時でもロックされるので、例えばau端末でドコモやソフトバンクのeSIMは使用できないため注意してください。

          SIMフリースマホならこの辺りは気にしなくてもいいですね。

          また、SIMフリー端末でも対応バンドが異なることも注意が必要です。

          eSIMに関する疑問について

          eSIMについて多かった質問についてまとめておきます。

          1台の端末に複数のeSIMを登録できる?
          1台の端末に複数のeSIMを登録することは可能です。しかし活性化(アクティブ)に出来るのは1つのみです。 iPhone13の場合は2つのeSIMを同時に利用することができ、唯一eSIM同士でデュアルSIM構成が可能です。 物理SIMでは最大で2枚までしか挿入することができませんでしたが、eSIM自体は端末に複数登録しておけるので、必要に応じて画面上からすぐに切り替えることが可能です。 物理SIMの数の制限を取っ払ったのがeSIMといったイメージです。
          1つのeSIMを複数の端末で使える?
          使用することはできません。そもそも発行されたQRコードを読み取ってダウンロードできるのは1回のみです。再ダウンロードができない仕様です。
          仮にダウンロードできてしまったとしても、同じプロファイルを持つ端末が同時に存在できないため整合性のエラーが起きると言われています。(同じ電話番号を持った端末が複数台存在することになる。)
          eSIMとeSIMでデュアルSIMは可能?
          Android端末では現状できません。iPhone13であれば可能なようです。
          複数端末で1つのSIMを使いまわしたい場合、SIMとeSIMどっちが簡単?
          複数の端末で1つのSIMカードを使いまわしたい場合は、物理SIMの方が簡単です。 eSIMの場合は、インターネット経由でQRコードを発行依頼し発行されれば読み取りダウンロードします。 発行までに結構時間がかかるところもあるので、サクッと物理SIMを差し替えた方が簡単です。

          eSIMは今後の主流になります!

          eSIMは日本ではやっとMNOが対応し始めましたね。まだまだ流行しているわけではありませんが、海外では当たり前のように使われています。

          そのため日本も2022年あたりには主流になっていくように思いますので、扱いには慣れておきましょう。

          とはいえ、物理型SIMに比べると設定も非常に簡単なので、今後はeSIM対応スマホを購入していきたいですね。

           

          ▶eSIM対応機種の一覧表

          ▶eSIM対応デュアルSIMスマホ『OPPO A73』をおすすめするたった一つの理由

          ▶【新料金】IIJmio(格安SIM)のeSIMプランが価格破壊しててやばい

          こちらの記事も読まれています

          このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。

          LINEMO乗り換えキャンペーン実施中!
          おすすめ記事