DSDVスマホ使ってるなら楽天モバイルUN-LIMITを新規契約すべきと断言する3つの理由

ショッキングピンクな米倉涼子さんのCMを見て、1年間無料だしそろそろ楽天モバイルに乗り換えようかな~と考えている人がいるんじゃないかなと思います。

乗り換えようと思っても、最近色々と問題あったので楽天モバイルに不安を抱えている方も多いはず。

楽天モバイルは近年MNOとなったキャリアで、まだ通信基地局数が圧倒的に乏しく、エリアによっては圏外になってしまうという報告が上がっています。

そのため他のキャリアから”乗り換える”というのは恐ろしいので、今回は”新規契約”という選択肢もあることをご紹介したいと思います。

”乗り換え”ではなく”新規契約”ってところが今回のミソですよ!

新規契約と言っても新たにスマートフォンを購入して2台持ちをするのではなく、今使用しているスマホにSIMカードを2枚挿入することで1台運用が可能になります。

(※2枚入れられるかは機種によって異なります。)

デュアルSIMの最強の組み合わせは楽天モバイルSIM+その他のSIMであると僕は思っています。

その中でも特にDSDVスマホを利用している方なら、「楽天モバイルに乗り換えてはいけない3つの理由とその対処方法」にもあるように楽天モバイルに乗り換えるのではなく、新規契約してデュアルSIMをすべきと断言します。

楽天モバイルに乗り換える前に知っておきたい3つのこと
  1. メイン契約会社のプランを安くできる(←最も重要)
  2. 1年間タダでデータ通信容量使い放題(※)
    ※パートナー回線時は使い放題ではなく5GB
  3. LINEやTwitterで複数アカウント持てる
    より詳細な楽天モバイルUN-LIMITの還元キャンペーンを知りたい方はこちら
    『楽天モバイル公式サイト:Rakuten UN-LIMITお申込みキャンペーン』

    それぞれについて以下より説明していきたいと思います。

    が、ちょいと前提知識がいるので、まずデュアルSIMの方式であるDSDVについてご紹介したいと思います。

    DSDVを知って超活用していきましょう!

    Rakuten Hand 実質0円キャンペーン実施中!
    • 2021年1月7日9:00よりRakuten Handの購入で19,999ポイント還元キャンペーンが開始となりました。
    • さらに、契約すれば+5,000ポイント還元されるので24,999ポイント還元となります!
    >> 詳細・気になる方はこちら(楽天モバイル)
    (※Rakuten Handの通常価格は20,000円なので4,999ポイント得することになります。)
    ついにRakuten Wi-Fi Pocket発売開始!
    • 初期費用0円!月額料金1年間0円でモバイルルータが持てる!
    • 年末年始の帰省中の通信に!
    • スマホの通信費の節約に!

    >> 詳細・気になる方はこちら(楽天モバイル)

    そもそもDSDVとは?DSDSとの違いとは

    そもそもDSDVとかDSDSとかってなんの略だよ?って方も多いと思うので、まずは用語についてご紹介したいと思います。

    DSDVとはデュアルSIMデュアルVoLTE

    デュアルSIMデュアルVoLTE”の略で、2枚のSIMをスマホに入れることが可能(デュアルSIM)なスマホ端末のことを、DSDV対応スマホとかデュアルSIMスマホとか呼んでいます。

    その両方のSIMが4G通信が可能ということです。

    つまり、1台のスマートフォンがあれば、1つ目のSIMで通信をしながら、2つ目のSIMで着信を受けたり、その逆も可能になります。

    1台で2台分の役割ができるイメージです。

    2枚入れられるとそもそも何が嬉しいんだろう?
    安く多く使えるデータSIMを利用することで、結果的にスマホ代の節約になります。

    また、端末のSIM設定にて、どちらのSIMのデータ通信量を使用していくかを選択することができます。

    そのため「1つ目のSIMのデータ通信量がなくなったら、2つ目のSIMに切り替えよう」といったことが可能になります。

    もちろん電話はどちらのSIMの電話番号でも発信したり受けたりが可能です。

    デュアルSIMは知る人ぞ知る便利でありかつ節約機能の一つです。

    DSDSとはデュアルSIMデュアルスタンバイ

    DSDVに似た名称のDSDSはというと、”デュアルSIMデュアルスタンバイ”といって、簡単に言うとDSDVの劣化バージョンです。

    1枚目のSIMで通話しながら2枚目のSIMで通信をしたりができません。その時その時でどちらか一方のSIMのみが動作可能となります。

    自分のスマートフォンがDSDVかDSDSかは、調べるとすぐに出てくると思います。参考に、以下に一例を示しておきます。

    (更新漏れで最新機種が入っていない場合があります。)

    DSDV対応スマホ一覧(一例)

      個人的にはOPPO Reno 3Aがおサイフケータイも使えて3万円代の価格帯なので、オススメです。(僕が持っているのは1つ前のシリーズのOPPO Reno Aです。)

       

      このDSDVの前提知識を踏まえて、楽天モバイルの乗り換える前に知っておきたい3つのことを紹介します。

      乗り換える前に知っておきたい3つのこと
      1. メイン契約会社のプランを安くできる
      2. 1年間タダでデータ通信容量使い放題(パ-トナーエリアは5GB)
      3. LINEやTwitterで複数アカウント持てる

        以下よりそれぞれ説明していきますね。

        DSDVにするとメイン契約会社のプランを安くできる

        僕が今契約中なのは、メインの契約SIMがOCNモバイルONEです。

        楽天モバイルと契約するまでは6GBコース(1,980円)を契約していました。ですが、今は1GBコース(1,180円)に料金プランを下げて生活しています。

        そのため毎月1,180円の支払いで、データ使い放題」という使い方になっています。

        • SIM1つ目:OCNモバイルONE…主に電話(電話番号維持)
        • SIM2つ目:楽天モバイル…データ通信での利用

        実際にデュアルSIMしてみた感想を知りたい方は「楽天モバイルとデュアルSIMスマホ組み合わせたら最強になった」の記事を参考ください。

        OPPO Reno AにOCNモバイルONE&楽天モバイルという構成で実際に使用してみています。

        料金プランを下げられたのは、1年間楽天モバイルが無料で使えるから

        なぜ料金プランを下げることができたかですが、これは1年間無料の楽天モバイルを契約したからです。

        楽天モバイルは現キャンペーンで先着300万名は1年間無料で使用することができます。しかも、楽天回線エリアではデータ使用量が無制限です。

        無料と言えど事務手数料3,000円(税抜)がかかりますが、楽天ポイントとして還元されるので、実質タダです。

        事務手数料も無料になりました。

        キャンペーンのうちに楽天モバイルと契約し使い倒しておくことをお勧めします。

        楽天モバイル、契約申し込みが200万回線を突破

        【残りわずか】より詳細な楽天モバイルUN-LIMITのキャンペーンを知りたい方はこちら
        『楽天モバイル公式サイト:Rakuten UN-LIMITお申込みキャンペーン』

        どのように使っていくのかというと、僕は、まず月の初めにデータ通信を使用するSIMを楽天モバイル側に選んでおきます。(←デュアルSIM対応機種はSIMに関する使い方の設定ができます。)

        すると、OCNモバイルONE側のSIMのデータ通信は全く使わなくて済みます。

        楽天回線エリアだと使い放題ですが、パートナー回線エリアの場合は5GBの制限があるので、万が一5GBを使い果たしてしまった場合に備えてOCNモバイルONEは3GBコースにしています。

        速度制限がかかったとしても楽天モバイルは1Mbpsで通信が可能なので、制限状態のまま使い続けるのも悪くはありません。

        そのため、楽天モバイルの無料で使える1年間だけと限られますが、メインの契約会社の料金プランを下げることが可能になります。節約思考は大事ですね。

        契約の仕方などについては、以下の記事を参考ください。

        人気記事【体験談】楽天モバイルUN-LIMITの乗り換え手順・流れを徹底解説!

        格安SIMを使用していなくても、デュアルSIMが可能なスマホをお持ちでしたら、上記方法がつかえます。

        例えばdocomoを使用しているのであれば、ギガライトで契約し、データ通信量を1GB未満に抑えれば1,980円(最安値)になります。全て楽天モバイルの方でデータ通信しておけば実現可能です。

        もし今の月額料金を少しでも減らしたい場合は、

        1. 楽天モバイルを新規契約
        2. スマホでデュアルSIM(2枚SIM挿入)にし、データ通信するSIMを「楽天モバイル」に指定
        3. スマホで通信すると楽天モバイル側のデータ通信容量から消費していく
        4. 楽天回線エリアでは使い放題、パートナーエリアでも5GBあるので、人によっては十分

          これだけでメインSIMの方のデータ通信量をぐっと減らせるので、料金プランも下げることが可能になります。

          多分まだ300万名1年間無料キャンペーン中だと思います。

          (9月30日に楽天モバイル5G「UN-LIMIT Ⅴ」を発表したことで登録者数が増えたかもしれませんので注意です。)

          1年間タダでデータ通信容量使い放題(パ-トナーエリアは5GB)

          上記でも少し説明していますが、楽天モバイルは楽天回線エリアであればデータ容量無制限です。

          エリアが限られてはいますが、無料で無制限使えるのはこの時代かなりでかい恩恵です。正直、楽天回線エリアに住んでいる方や、主な活動場所がこのエリアなのであれば、契約しないという選択ありえないと思っています。

          だって無料ですよ??

          「楽天回線エリアであれば」と条件付きで話をしましたが、パートナー回線エリアだとしても、5GB使用できます。5GBというと格安SIMのデータ通信専用SIMでも1,000~1,500円はかかりますので、無料で使えるのはメリットだらけと考えることができます。解約金もありません。

          後述しますが、電場番号も付いてきますからね。

          (楽天モバイルのSIMをメインで使用するわけではないので、万が一繋がらなくても許せますよね…?)

          自分の住んでいる場所が楽天回線エリアかどうかについては楽天モバイル公式サイト – 通信・エリアを確認してください。

          LINEやTwitterで複数アカウント持てる

          楽天モバイルと契約すると、電話番号が付与されます。

          つまり、メインの契約SIMと合わせると2つの電話番号を持っていることになります。

          LINEの登録は電話番号に紐づけられるので、基本的に1人に1つのアカウントとなりプライベート用とかビジネス用とか作り分けすることができません。

          ですが、電話番号を2つ持っているなら、LINEも2つ目のアカウントを作成することが可能になります。

          ビジネス用や副業用、プライベート用と分けたい場合に活用することができます。

          また、LINEだけでなくTwitterも2つ目のアカウントを作成・運用することが可能になります。

          Twitterはメールアドレスがあればアカウント作れるじゃん?と思う方もいると思うのですが、Twitterも最近ではスパムアカウント対策で振る舞いが怪しいアカウントを検知してロック(凍結とも)することが増えてきています。

          ロック解除の方法として電話番号宛てに認証コードを発行してもらい、コード入力が必要です。

          この時既に使われている電話番号は指定できないので、1つしか電話番号を持っていない場合はロックを解除できなくなり、2つ目のアカウントを運用できなくなってしまいます。

          当然、1度ロックされてしまうとこの認証はスキップできないので、実質凍結となります。

          確実に2つ目のTwitterアカウントを運用したいけど電話番号がネックとなってしまっていた方にとっては、楽天モバイルと契約し電話番号をゲットするのが無料であり最も適していると思います。

          もちろん、LINEやTwitterのみならず、電話番号でしか登録できないようなサービスを使用している場合は複数アカウント作成できますよね。

          身の回りにありませんか??

          楽天モバイルUN-LIMITの開催中のキャンペーンについて知りたい方はこちら
          『楽天モバイル公式サイト:Rakuten UN-LIMITお申込みキャンペーン』

          楽天モバイルと契約しよう

          本記事では、僕が楽天モバイルに乗り換える前に知っておきたい3つのこと挙げました。

          1. メイン契約会社のプランを安くできる
          2. 1年間タダでデータ通信容量使い放題
          3. LINEやTwitterで複数アカウント持てる

            単純に楽天モバイルに乗り換えて1年間無料で使うのもアリですが、僕自身あまり楽天モバイルを信用しておらず、メイン回線にするのはあり得ないと思っていたので、この方法はとってもおすすめできる使い方です。

            今のスマホの月額料金を少しでも下げたい場合や、LINE等複数アカウント持ち運用したいという方には利用する価値はあると思います。

            ちなみに、楽天モバイルの1年間無料キャンペーンは予告なく終了する可能性があるとのことなので、もし興味のある方は以下の楽天モバイル公式サイトから最新情報を確認してみてください。

            楽天モバイルについての質問

            いくつか質問が来ているので、こちらにざっと載せておきます。

            楽天モバイルは契約するべきか?

            私の意見だと、はっきり言って「Yes」です。

            Yesと即答できる理由は、1年間は月額0円で、楽天回線エリア内であれば無制限に利用可能。パートナー回線エリアでも5GBも使用可能。1年間0円で使えます。0円で5GB使えるってのがデカいです。

            0円かどうかの確認はどうやるの?

            手順説明の時に利用した画像を以下に引用しますが、図の中で『⑤1年間の0円を確認!』という箇所を見てください。

            申し込み時の手順⑤にて、2,980円が取り消し線が入っています。そして0円と記載されています。ココが0円であれば確認完了です。

            楽天モバイルの申込み手順③
            引用元:【スクショ付き】楽天モバイルUN-LIMITの申し込み手順・流れを徹底解説!

            UN-LIMITの契約には貯まってる楽天ポイント使える?

            使えます。手順を説明したときの画像を以下に引用します。

            申し込み時の後半にポイントを利用するかどうかを選択する手順があるので、そこで「使用する」を選びます。(図の⑳のところ)

            初期費用(SIM発行手数料)の支払いに充てることが可能です。

            ちなみに私は159ポイントしかなかったので使用しませんでした。

            楽天モバイルの申込み手順⑧

            契約の申込みが進まないんだけど

            楽天モバイルUN-LIMITに『申し込みができない』『準備中から進まない』『つながらない』といった声がよく寄せられます。

            一時的な楽天モバイル公式サイトのサーバーエラーだと考えられます。今だと問題なく進むのでもう一度トライしてみてはいかがでしょうか。

            公式サイト楽天モバイル

            LINEって設定しなおしの必要があるの?

            スマホ本体を変更せず、SIMだけ変える場合はLINEの設定は全く不要です。

            SIMを変えた時は基本的にはすべては以前の状態のままです。

            ※端末を変えた場合は、LINEへのログイン等、設定の引継ぎが必要になります。

            UN-LIMITを複数回線契約すると?

            複数回線の契約は可能ですが、同一名義であるがゆえに2回線目は2,980円(税込3,278円)かかります。

            ですが、2回線目を持つことは可能なので2台合わせてパートナー回線エリアでも2,980円で計10GB使えると考えると意外とアリかもしれません。

            もちろん、楽天回線エリアであれば

            • 1回線目は、スマホに入れて使用(無制限)
            • 2回線目は、モバイルルータに入れて使用(無制限)

            というような使い方も月額3,000円でできるので、通信費を浮かせることが可能になります。

            UN-LIMIT SIMをポケットWi-Fiで使用可能か

            可能です。以下のSIMフリーモバイルルータ(HUAWEI E5785)がおすすめです。

            • 発売が2020年7月7日と最近の新機種
            • 全キャリアの周波数に対応
            • 比較的安価
            • 最大16台までテザリングが可能

            –2020年12月9日追記–

            楽天モバイルから「Rakuten Wi-Fi Pocket」というモバイルルータが販売されました。

            もしデュアルSIMスマホを持っていない方は、こちらのモバイルルータを購入しスマホと接続すれば、通信費の節約になります。

            詳細は「楽天モバイル『Rakuten Wi-Fi Pocket』実質0円で販売開始。年末年始に活用しよう!」をご覧ください。

            楽天回線およびパートナー回線のエリアはどこ?

            画像より、こんな感じです。濃いピンクの箇所が楽天回線エリアです。

            薄いピンクがパートナー回線(au回線)エリアです。

            楽天回線エリア
            https://network.mobile.rakuten.co.jp/area/

            https://network.mobile.rakuten.co.jp/area/

            東京近辺だとこんな感じです。

            まだまだエリア少ないですが、濃いピンクのところが活動拠点なら契約しておくといいと思います。

            しかし、どうやら楽天回線エリアでもパートナー回線を掴むことがありますので、使い過ぎには注意が必要です。

            楽天モバイルに契約することのデメリットはある?

            僕が今のところ使用してて、デメリットを感じたことはありません。

            0円で通信ができているのでSIMには特に不満はありません。

            以下のように2つのSIMを乗せていますが、速度もOCNモバイルONEに比べると速いなぁと感じます。(使用端末はAndroidでOPPO Reno A)

            楽天とOCNのデュアルSIM
            以上、『楽天モバイルに乗り換える前に知っておきたい3つのこと』でした!
            31日間無料トライアル実施中!

            年末年始はU-NEXTの「31日間無料トライアル」で思う存分に観よう!
            ※いつでもすぐに解約できます。

            無料トライアルを追加したい方はこちらの記事を参考におかわりしよう!

            この記事を見た後こんな記事も見ています