史上最安3,250円で無制限ポケットWi-Fi徹底比較しています

    docomoから格安SIMに乗り換える方法と気を付けたいポイント

    格安SIMへの乗り換えの基本的な流れは格安SIMへ乗り換え方法・手順でOKですが、docomoユーザー特有の注意点がありますので、こちらでご紹介します。

    スポンサーリンク

    @docomo.ne.jpのメールアドレスが使用できなくなる

    格安SIMに乗り換えた場合、docomoユーザーではなくなるのでdocomoのメールアドレスが使用不可能になります。

    大事なメールの受信先にしているのであれば、他のメールアドレスに事前に変更しておきましょう。

    また大事なメールが受信ボックスにあれば、メールボックスからファイルサーバに移しておきましょう。

    格安SIMに店頭ではなくインターネット経由で契約する場合、メールは必須ですのでGmailやyahoo mail等の登録をしておきましょう。

    2年間の契約満了月かどうかで解約金がかかる

    ドコモユーザーの場合は、定期契約(2年間の契約)をすることで月々の使用料を割安に利用できます。そのため、ユーザーのほとんどの方は定期契約による2年縛り状態になっています。

    年単位での自動更新されていくので特別意識はしていないはずです。いつが2年定期契約満了月であるか確認する場合は、My docomoより確認を行ってください。

    2019年9月30日以降に申し込んだ場合は、契約満了月の当月・翌月・翌々月以外での解約の場合は9,500円(税抜)の解約金がかかります。

    2019年10月1日以前に申し込んだ場合は1,000円(税抜)の解約金がかかります。

    とはいえ9,500円なので、気にせず早期に格安SIMに乗り換えたほうが結果的にお得になります。

    わい
    わい

    私がdocomoユーザだった時は月々7,500円くらいかかっていて、格安SIMに乗り換えると2,500円になったので、2か月で解約金10,000円の節約に成功したので、解約金は全く気にしなかったですね。

    むしろ、1年間で約6万円の節約になっていることがうれしかったです。

    MNP予約番号を取得する

    • パソコンから行う場合
       →dアカウントへログインし、ドコモオンライン手続きを行う。→ログイン
    • docomoのスマートフォンから行う場合
       →「151」へ電話する。
    • 一般電話から行う場合
       →「0120-800-000」へ電話する。

    上記注意点を頭に入れた上で、さっそく格安SIMへ乗り換えてみよう!

    コメント