【Diver】Classicエディターに変更したら改行が反映されなくなった

こんばんは。わいです。

Diverを購入し意気揚々とブログを書いています。入力補助機能のおかげで非常に楽に入力ができるので、値段相応の価値があるんじゃないですかね。

CocoonからDiverに乗り換えて、少し戸惑ったことがあるので、こちらで記載していきますね。

本記事のターゲット
  • Diver(WordPressテーマ)を使ってて、編集画面で改行しても反映されていない
  • Diver(WordPressテーマ)を使っててリライト時に改行が全部なくなった

このような解決をしていく記事となっています。それではさっそく以下よりご紹介です。

Classicエディターに変更したら改行が反映されなくなった

あわてないでください。大丈夫です。

使っているプラグインを見ていきましょう。

原因は「TinyMCE Advanced」ではないでしょうか?

①まずWordPress管理画面から「設定」を選択し、②「TinyMCE Advanced」を選択します。

 

Classicエディターに変更したら改行が反映されなくなった1

 

その後、③「旧エディターTinyMCE」にタブを切り替えます。

④下の方までスクロールしてみましょう

Classicエディターに変更したら改行が反映されなくなった2

 

⑤「クラシックブロックとクラシックエディター内のパラグラフタグを保持」にチェックを入れてみましょう。

Classicエディターに変更したら改行が反映されなくなった③

 

いかがでしょう?これでエディター画面で改行していても、実際の画面やプレビュー画面で改行されない事象は解決できたのではないでしょうか?

今回のDiverテーマで起きた問題の原因は何?

「改行が消えた」という今回の問題の原因は、どうやら今まで私はCocoonというテーマを適用しており、ブロックエディターを使用していましたが、Diverになってクラシックエディターに戻しました。

ブロックエディター編集していた記事をクラシックエディターでリライト編集を加えようとしたがゆえに、パラグラフ(段落)を意味していたタグが保持されなくなってしまった(消えてしまった)、というのが原因のようです。

 

なので、Diverに切り替えてクラシックエディターで編集するときは注意が必要なようです。

  人気記事【DIVER】入力補助機能が11種類と少ない時に確認すべきこと(WordPressテーマ)

 

  関連記事WordPressテーマCocoonからDIVERに変更したらアクセス数がアップした

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事