WordPress有料テーマ『Diver』を使って感じたデメリット

WordPressテーマ変更を検討してるんだけどDiverのデメリットってなにかある?SEOや評判ってどうなの?

という疑問に答える記事です。特に僕が感じたデメリットについて詳しく紹介します。

WordPressテーマを旧テーマから新テーマへ変更するときに、使い勝手がかなり変わるときがありますよね。

僕はCocoonからDiverに変更したときにかなり使い勝手が変わってしまいました。

僕自身、使い始めは戸惑った記憶があり、正直、

Cocoonの方がよかったかな…。
新しく操作を覚えるの面倒だな~。

と、思うことが何度かありました。

購入してから後悔してほしくは無いので、本記事を読んで「Diver」にテーマ変更するかどうかを検討してしてもらえたらなと思います。

こんな僕でも、当初は不満に感じていたことがいくつかありましたので下記に7つご紹介します。
当初、僕がデメリットと感じたこと
  1. ブロックエディタ(グーテンベルグ)からクラシックエディタに変更になった
  2. 画像メディアの貼り付け手順が若干面倒になった
  3. 目次表示がプラグイン必要になった
  4. アフィリエイトリンク挿入時にテキストモードを触らないといけない
  5. 投稿記事一覧やサイト閲覧時にアクセス数が見えない
  6. LPやCTAが初心者向きではない
  7. 価格がそれなりに高い

    Cocoonに慣れていれば慣れているほど、デメリットと感じてしまうと思います。なので無料テーマに慣れてしまう前に有料テーマに変えることをオススメします。早めに変えた方が記事数含め修正の手間が減ります。

     

    僕はWordPressで記事を書いていく毎に”自分なりの書き方の型”を確立していたので、それがすべて崩された感があり当初はかなりデメリットに感じちゃいました。

    ちなみに、どんな人がデメリットに感じやすいかを先に書いておくと、

    よりデメリットに感じる人
    • Cocoonでブロックエディタを使用している人
    • Cocoonが初めてのテーマの人
    • HTMLやCSSが苦手な人

      このような人はもしかするとよりデメリットに感じてしまうかもしれません。

      ↑実際僕がこんな人でした。笑(幸いにもHTMLやCSSは少し大丈夫でしたけどね。)

       

      それでは、それぞれのデメリットについて解説していきたいと思います。

      ブロックエディタ(グーテンベルグ)からクラシックエディタに変更になった

      2018年12月6日にリリースされた「WordPress 5.0」よりブロックエディタに切り替わりました。

      最近WordPressをインストールしてブログを書き始めた人にとってはブロックエディタに慣れている人も多いはず。

      僕も2020年6月にWordPressでブログを始めたので、ブロックエディタしか使ったことがありませんでした。

      FC2ブログからWordPressに引っ越したので、すごく直観的にブログが書けるんだな~と新鮮で斬新だったのを覚えています。

      WordPressが多機能で書きやすいから引っ越しした方が良い、といわれていた理由がやっと分かりました。

      しかし、Diverテーマの醍醐味である入力補助機能はクラシックエディタでなければフル活用できません。

      入力補助機能が11種類と少ない時に確認すべきこと」で詳細は書いていますが、入力補助機能は現在23種類あります。

      しかしながら、ブロックエディタでは11種類しかありませんでした。

      入力補助機能クラシックエディタブロックエディタ
      見出し
      ボタン
      バッジ
      囲い枠
      区切り線
      リストデザイン
      アイコン
      グリッドレイアウト
      引用
      AMP表示
      横棒グラフ
      吹き出し
      口コミ
      会話
      ランキング
      レビュー
      レビュー表
      ポップアップ
      Q&A
      コード
      トグル
      QRコード
      記事一覧
      アイコンボックス
      スター
      セクション

       

      入力補助機能23種類あるって言ったじゃないか!!ってクレーム入れそうになりましたが、どうやらエディタによって対応非対応があるということが分かりました。

      なので愛用していたブロックエディタを手放し、クラシックエディタに変更しました。

      今ではクラシックエディタに慣れましたし、”自分の書き方の型”も改めることができました。人間って1週間あれば新しい環境に慣れるんですね。

       

      ですが、少し問題もありました。

      ブロックエディタで編集していたものをクラシックエディタで編集すると、全ての改行が消えてしまいました。。。

      関連記事【CocoonからDIVERへ】Classicエディターに変更したら改行が反映されなくなった問題と解決方法

      ちなみに上記表中の[アイコンボックス]、[スター]、[セクション]はブロックエディタにしかないのですが、もしかしたらクラシックエディタの入力補助機能をいくつか包含しているのかもしれません。

      画像メディアの貼り付け手順が若干面倒になった

      画像の貼り付けって皆さんどうしていますか?

      普通は、

      • 画像ファイルをアップロード
      • 記事作成画面から「メディア」を挿入を選択
      • アップロードしたファイルを選択
      • 記事に画像挿入完了

      となると思うのですが、僕はこの方法ではなく

      • PCに保存された画像を右クリックでコピー
      • そのまま記事に張り付け
      • 画像ファイル挿入完了(貼り付け完了と同時にアップロードが完了)

      この方法を知っていたので、画面キャプチャを貼り付けたい場合は

      Windows標準機能のSnipping Toolで画面切り取ってコピーしたらそのまま貼り付けられるので、画像挿入めちゃくちゃ便利だなぁと思っていました。

      ですが、クラシックエディタに戻してしまったので使えなくなりました。ファイルアップロードの手間が増えるので非効率になってしまいました。

      もう極力画像は挿入したくないですね。。。

      目次表示がプラグイン必要になった

      Diverに変更して2週間くらい経ってから目次が表示されていないことに気づきました。(遅ぇ!!)

      で、設定変更で目次がでるのかな?と思い色々探してみましたが項目が無かったのでデモサイトを確認したところ、どうやらプラグインが必要であることが分かりました。

      プラグインをインストールしすぎるとサイトが重くなると言われていたので、躊躇いましたが、結局入れています。

      そこまで変わらないかな??と思っていますが、まだ計っていません。

      目次表示は「TOC+( Table of Contents Plus)」を使えばOKです。

      Diverに推奨される目次プラグイン

      アフィリエイトリンク挿入時にテキストモードを触らないといけない

      アフィリエイトリンク(HTML)タグを貼り付ける際、Cocoonだとブロックエディタの上でカスタムHTML挿入のブロックを選択して、そこの枠内に広告タグを貼り付ければ完了なのですが、

      クラシックエディタの場合はビジュアルモードではどうしても貼り付けられませんでした。

      なので、テキストモードにして適切な箇所に張り付ける必要があるので直観的ではなかったです。

      HTMLを分かっていればすぐに慣れますが、人によってはハードルの高い箇所なのではないかなと思います。

      投稿記事一覧やサイト閲覧時にアクセス数が見えない

      WordPressテーマがCocoonの時は「投稿一覧」を確認すると、日、週、月のそれぞれのアクセス数が表示されていたので、一覧を眺めているだけで人気記事を判断することができました。

      意外と確認していた箇所だったので、いざ無くなると少し困りました。

      とはいえ今だとJetpackやアナリティクスなどから記事ごとのアクセス数が分かるので、不要と言えば不要です。

      現時点は、アナリティクスを見て判断するようにしたので、自分が変わることでデメリットが解消されました。

      こう考えてみると、改めてCocoonは初心者にも使いやすいように配慮されてるなと感じました。

      LPやCTAが初心者向きではない

      ランディングページ(LP)やCall To Action(CTA)を使用したことある人ってなかなかいないんじゃないでしょうか。私も使ったことない一人です。

      ランディングページというのは、客を引き込むための縦長の1枚のページです。見たことはあるかと思います。

      ブログとは別にランディングページを作成する初心者はなかなかいないのではないかと思います。

      実際僕も何に使えばいいかが良く分からない…

       

      また、CTA(Call to Action)といって行動喚起を意味します。

      Webサイトに訪れたユーザーに対して何かしらのアクションを促す事を指します。

       

      こういった機能があるのは嬉しいけど初心者向きではないので、取っ付きづらく感じてしまいます。

      ですが、逆にこのような機能もあるので、中級者、上級者になってもずっと使っていられるテーマともいえるのではないでしょうか。

       

      取っ付きづらさはありますが、Diverでは作り方は非常に簡単かつ直観的に作れて、コンバージョンを高めることができるので、利用してみたい人は以下を参考にしてみてください。

      人気記事【Diver】やってみると簡単!CTAの作り方

      価格がそれなりに高い

      Diverは17,980円とそれなりに高いです。多分僕がDiverと迷った有料テーマの中で一番高い気がします。

      ざっと他の有料テーマも載せておくと、

      WordPressテーマ価格
      DIVER17,980円
      THE THOR(ザ・トール)14,800円
      WING(AFFINGER5)14,800円
      アルバトロス7,980円

      大体のテーマが15,000円以下で購入できるのにも関わらず、Diverだけは17,980円と高かったです。

      まぁ…高いってだけで、機能面や性能面を考えるとそれ相応のモノなんですけどね。

      さすがにWordPressのテーマに約2万円を捧げるブログ初心者は少ないんじゃないかと思います。

      初心者にとっては手を出しにくい印象を持たれやすいテーマだと思います。

       

      下記記事で詳細を書いているんですけど、機能面やSEO対策に関しては私が保証します。

      人気記事WordPressテーマをCocoonからDIVERに変更してPV数が劇的にアップした

      Diverは結果的には大満足!

      デメリットは今はもう感じていない

      本記事では、僕が当初感じた7つのDiverのデメリットを紹介してきました。

      僕の感じたデメリット7つ
      1. ブロックエディタ(グーテンベルグ)からクラシックエディタに変更になった
      2. 画像メディアの貼り付け手順が若干面倒になった
      3. 目次表示がプラグイン必要になった
      4. アフィリエイトリンク挿入時にテキストモードを触らないといけない
      5. 投稿記事一覧やサイト閲覧時にアクセス数が見えない
      6. LPやCTAが初心者向きではない
      7. 価格がそれなりに高い

        当初はデメリットに感じていましたが、今はそれほどデメリットに感じなくなりました。

        というのも、結局Cocoonに慣れてしまっていてDiverにテーマ変更したことにより『今までの方法でこれこれが出来なくなった』ことに対する不満をデメリットと言っていただけのように今は感じています。

        今では十分にクラシックエディタにも慣れましたし、投稿記事一覧でアクセス数なんて見なくていい程アクセス数が伸びていますし(そもそもAnalyticsやJetpackで確認できるし)、画像の貼り付けは今の方が時間かかっていますが、それ以外の入力補助機能のところで大幅に短縮できているので結果オーライと感じています。

        要するに、非常に満足しています。

        アクセスが伸びたのはDiverのおかげ

        WordPressテーマをCocoonからDIVERに変更してPV数が劇的にアップした」でも書いていますが、アクセス数が現在右肩上がりになっているので、これもDiverのおかげかなと思っています。

        サイトの回遊率が本当に伸びているし、検索順位も日に日に上位で安定してきているのが目に見えて分かりますよ。

        もし質問等あれば、Twitterでも受け付けておりますのでお気軽にどうぞ!

        以上、「WordPressテーマをCocoonからDiverに変更して感じた7つのデメリット」でした!!

        \『Diver』は機能紹介兼デモサイトがあるのでイメージしやすいよ!/
        最新SEO対策済み!wordpressテーマ「Diver」公式サイトを確認する
        あなたのTwitter運営、上手くいっていますか?
        SocialDog
        無料で利用できる唯一の運用ツール
        SocialDogは、運用、効率化、自動化、分析、アカウント管理など、
        Twitterマーケティングに必要な機能を網羅しています。
        「フォロワーを増やしたい」「エンゲージメントを高めたい」「効率化・自動化したい」などTwitterマーケティングにおけるあらゆる課題を解決するツールです。
        おすすめ記事