データ保管BOXはいらないと断言する3つの理由

ドコモアプリの「データ保管BOX」は使った方が良いの?エラーばっかり起きるし。。。

こんな読者の疑問を解決します。

僕自身ドコモアプリを使ったことないのですが、アプリの説明を見た感じではデータ保管BOXはクラウドストレージと呼ばれるものです。

インターネット上に自身のサービス利用のためのアカウントいらないと断言できるので、その理由3つについてご紹介します。

データ保管BOXはいらないと断言する3つの理由
  1. ドコモから乗り換えるとデータが削除される
  2. データ保管BOXは容量が5GBと少ない
  3. データ保管BOXの繰り返し停止が頻繁に起きる

    それぞれ一緒に確認していきましょう。

    理由1|ドコモから乗り換えるとデータが削除される

    ドコモの新料金プランの位置づけである「ahamo」にプラン変更しても削除される

    データ保管BOXの公式ページにドコモの新料金プラン「ahamo」についての注意書きがあります。

    データBOXはahamo非対応

    ahamoはドコモの新料金プランという位置づけと言っていますが、ahamoではデータ保管BOXは利用できないと記載がありました。

    そのため、大事な写真が動画、データを保存している場合にはahamoに乗り換える前にバックアップしておきましょう。

    dアカウントを持っていても使えない

    データ保管BOXはdアカウントを持っていればログインできそうな気がしますが、ドコモ回線を持っていないのであれば使用できません。

    使用できないどころかドコモ回線を解約した時点でデータ削除されてしまうため、もしうっかりahamoに乗り換えてしまったりすると、その時点で”解約”となりデータが削除されます。注意しておきましょう。

    このご時世、ドコモから乗り換えづらくなる

    一生docomoに捧げるつもりなら構わないですが、安いプランが各社から出てきている中で、ドコモから乗り換えづらくなるという事態が起きます。

    これは近年の流れからすると最大のデメリットであると考えられます。

    契約回線によって成約のある『データ保管BOX』より、契約回線に制約されない他のクラウドストレージサービスを利用する方がよっぽど賢い選択になると僕は思います。

    クラウドストレージについては「スマホのストレージ空き容量を増やす5つの方法」の記事で紹介しているので、参考にしてみてください。

    理由2|データ保管BOXは容量が5GBと少ない

    データ保管BOXは無料使えるストレージ容量は5GBとなっています。

    ドコモの別サービス『クラウド容量オプション』を活用することでプラス10GB、プラス25GB、プラス50GBまで増やすことが可能です。

    データ保管BOXの容量追加にかかる費用

    プラス10GB110円(税込)
    プラス25GB275円(税込)
    プラス50GB440円(税込)

    とは言え、10GB増やすためには110円かかります。

    GoogleのクラウドストレージであるGoogleドライブでは、1アカウントにつき15GBまで無料で活用できるので、ドコモのサービスよりも大容量です。

    データ保管BOXの代替におすすめのクラウドストレージ

    このように近年ではクラウドストレージはドコモ以外のサービス事業者がたくさんあるので、いろいろ使ってみた方が賢いのではないかなと思います。

    Googleドライブのほかにも、

    • OneDrive
    • Amazon Cloud Drive
    • box
    • Dropbox
    • MEGA

    などがあります。

    これらは契約回線には紐づかず、インターネットが利用できればいつでもどこでもアクセスできるので、自分の使いやすいクラウドストレージを選ぶようにしましょう。

    僕はMicrosoftよりAndroid派なので、基本的にGoogle ドライブを使っています。

    理由3|データ保管BOXの繰り返し停止が頻繁に起きる

    結構本ブログのいたるところで言っているかもしれませんが、ドコモ専用アプリは正直品質がイマイチなんですよね。

    本記事の趣旨であるデータ保管BOXも、アプリを起動すると端末内のファイルを閲覧するために一度全ファイルを読み込むのですが、想定していない場所にファイルがあるとエラーで落ちるというようなこともあります。

    基本的にAndroid端末はファイルの保存先は決まっていますが、SDカードなんかだと、PCからアクセスしたり可能なので様々な場所にファイルを置くことができますよね。

    その結果、ファイルが位置するディレクトリ階層が深かったり浅すぎたりと、Androidの挙動的に本来保存されない場所にファイルがあったりすると例外とみなされエラーを起こしてしまったりします。

    これはアプリの作り(アプリの動作)の問題でありユーザーの操作の想定を考慮しきれていないのが原因です。

    このようなことやAndroidとの親和性を考えるとGoogleサービスの方が高品質・高機能です。

    Googleについては以前WebViewの更新によってさまざまなアプリに影響を及ぼしたりもしましたが解決の速さは評価できるな、と思いましたね。

    さすがGoogleのエンジニアだなと思いました。

    まとめ

    本記事では「データ保管BOX」がいらないと断言する3つの理由についてご紹介してきました。

    データ保管BOXはいらないと断言する3つの理由
    1. ドコモから乗り換えるとデータが削除される
    2. データ保管BOXは容量が5GBと少ない
    3. データ保管BOXの繰り返し停止が頻繁に起きる

    契約回線に縛られたり、うっかり乗り換えてしまったりするとアクセスもできなくなるしデータも削除されてしまったりと、うっかりミスが許されないこのクラウドストレージサービスは、正直使わない方が良いのではないかなと思います。

    また、ドコモのアプリは動作がモッサリしていることも、使いたくない理由になると思います。

    是非、ドコモ以外のサービスに目を向けてみましょう。

    ありがとうございました。

    ▶スマホのストレージ空き容量を増やす5つの方法 

    ▶スマホ料金節約へ!無駄なデータ量を削減するために見直すべき5つのコト

    iPhone12予約受付開始!!(4/23~)
    楽天モバイルからiPhoneが登場!

    誰でもお得に使える革命的新プランUN-LIMIT Ⅵ登場!

    毎月使ったデータ分だけ支払うベストなプランなのです。

    • 1GB未満:無料
    • 1~3GB:980円
    • 3~20GB:1,980円

    今なら月額料金3か月間無料キャンペーン中なので、この機会に試してみよう!

     

    この記事を見た後こんな記事も見ています