【何歳から?】子どもにスマホを持たせるときに大人がよく考えたい22のコト

 

子どもにスマホを持たせようと思ってるけど、どんなメリット・デメリットがあるんだろう?

今回は、そんな疑問に答える記事となっています。

僕個人的には、スマホを持つことはとてもたくさんのメリットがあるし、ぜひ持つべきだと思っています。

子どもにはスマホをいつから持たせるべきなの?」という質問が非常に多く寄せられますが、”いつから持たせる”より”何を考えて持たせる”かの方が重要であり本質な気がしています。

しかし、しっかり危険やリスクを分かっていなければ、危険にさらされる可能性だってあります。

インターネットへのアクセスが身近になることや、学校以外での多数の友人との交流などといった無限の可能性を秘めています。

そんなスマートフォンを子どもに持たせるときに考えたいことを、メリットデメリットに分けてご紹介したいと思います。

いろんな方面から考え、あらゆる場面に対応できるようにしておきましょう。

子どもがスマホを持つことによるメリット

緊急時に子どもへすぐ連絡ができる

言わずもがな、スマホや携帯電話を持っているからこそですよね。

両親が働いていたり、子どもが塾に行って帰りが遅いということがありますよね。そんな時にでもすぐに連絡が取れるというのはスマホを持ってるからこそだと思います。

子どもの居場所を知ることができる

スマートフォンにはGPS(位置情報)が付いています。

そのため、親のスマホやPCから子どものスマホの位置情報を確認することができます。

このGPSによる居場所の確認機能は、ドコモのイマドコサーチや、Googleのファミリーリンク等のサービスを活用することで利用することができます。

居場所が分かれば少し安心ですね。

子どもとのコミュニケーションが円滑になる可能性がある

両親と面と向かって本音で話せない時もあるのではないかと思います。そのような内容はLINE等のメッセージでなら言えるのこともあるのではないでしょうか。

振り返ると、少なくとも僕はあったんじゃないかなぁと思います。具体的な内容とかはあまり覚えてないですが、あった気がしますね。笑

子ども同士のコミュニケーションが円滑になる

小学校、中学校で仲良しグループができるように、子どもの社会ではLINEグループができていたりします。

そのため、LINEグループに入っているからこそ得られる情報や、連帯感とかもありますし、放課後や夜など友達と一緒にいない間のコミュニケーションが気軽に取れるってのはメリットではないでしょうか。

対人関係の構築は、面と向かって話すべきだと思われますが、LINE等の文字によるコミュニケーションも今では欠かせないのではないかと思います。

文字で一意に伝えるためにはどういう言い回しが良いのだろう?

これで意味が伝わるかな?

といった試行錯誤を日々重ねることで、誤解を招かない作文ができる力が身につくんじゃないかなと思います。

今の社会人(年配の方)は、意外と作文力が無かったりして常に誤解を招いている方もいます。

スマホが原因で仲間外れにされる可能性が減る

LINEでやり取りするのが当たり前な時代になってきているので、グループLINEに参加できるできないは大きいのではないでしょうか。

僕たちが小さい頃はスマホ・携帯電話さえもなかった時代なのでイメージできないと思いますが、今の小中学生の間では当たり前にグループLINEがあるようです。

そこに入れず仲間外れにされたり、クラスで話題についていけなかったりして寂しい思いをするかもしれません。

気軽に友達に聞けて学力成績が良くなる可能性がある

家で夜勉強している時にスマホでちょこっと友達に質問したり聞けたりできるってのは、学習面では意外と大きかったりします。

写真も送れるので、どのように解いたかの過程も伝えることができます。

また、学力だけではなく、持ち物とかも気軽に聞けたりするので忘れ物がなくなりますよ。

すぐに調べ物ができ、知的好奇心が満たされる

皆さんのイメージどおり、スマホがあれば、どこでもすぐに様々なことを調べることができます。

移動の少しの時間で勉強ができる

スマホがあれば、少しの移動時間でも調べたり勉強することが可能です。

今では学習アプリなるものがあるので、それで勉強している子どももいるそうです。

正当率とか苦手分野とかが数値化されるので、学力分析にはちょうど良いかもしれませんね。

僕らの頃はそんなものなかったので、ひたすら単語帳で覚えたりしてましたよね。。。

緊急時にすぐに親や友人と連絡が取れる

何か緊急時に誰かにすぐに連絡できるってのは、本人もすこし安心なのではないでしょうか。

今の時代、スマホを持っていれば助かったと思うことが、1つや2つ出てくるのではないかと思います。

日々ネットリテラシーを学ぶ・高めることができる

ネットリテラシーについては、今は小学校でも習うのでしょうか?

僕たちの頃は実用的なものは高校生くらいから習い始めたような気がするので、早めにリテラシーを実体験を通して学べるというのは良いのではないでしょうか。

情報活用力が身につく

自ら色々情報収集して、何が正しい情報なのか間違っている情報なのかを判断する力や、情報をまとめて自分の知りたいことを論理だてて説明する力が身につくのではと思います。

ネット上には嘘情報も紛れているので、各種情報から何を以てそのように判断するのか、という力が今後は必要になってくると思っています。

子どもがスマホを持つことによるデメリット

スマホ依存に陥る可能性がある

スマホでは何でもできて便利な分、寝ても覚めてもスマホ、スマホ、スマホとなる可能性があります。

家庭での利用を制限するようなルール作りをするのが良いかもしれませんね。

その場合「大人はずっと使って良いのかよ?」って思われないようにしましょうね。意外と親のことを見ていますよ。

学力低下や勉強時間の低下につながる可能性がある

スマホに夢中になりすぎて勉強がおろそかにならないように気を付けましょう。

あなたも経験があると思いますが、すぐそばにあると勉強に集中できなくなります。

意志の強い人に育てばよいですが、、、みんなそういうわけではないですよね。

視力が低下する可能性がある

近くでずっと画面を見ているので、視力が低下する主な原因になります。

僕は上記の理由でゲームボーイを禁止されてしまいました。懐かしいですね。笑

学生の頃はメガネをしていて今はコンタクトレンズで生活しています。消耗品なので維持費かかります。

…目の大切さを理解させるいい機会かもしれませんね!

睡眠障害になる可能性がある

寝る前にスマホを弄るのは注意です。画面の光を浴びると目がお昼と錯覚してしまうようで、脳が覚醒し眠りが浅くなるそうです。

その結果、作業能率や注意力、生産性の低下、そこから事故を引き起こしてしまう可能性もあります。

大人の方もぜひ気を付けましょう。

対人コミュニケーション力が低下する可能性がある

スマホのメッセージでしか相手に伝えられない、といったことにならないように注意しましょう。

人と接することで培われる力もあるし、対人関係は社会に出てから最も必要となるスキルだと改めて感じます。

仕事できなくても対人関係が良好であればなんとかなります。笑

逆に仕事できても対人関係ダメなら出世もできないし窓際に追いやられる可能性もあり不安です。ってかそういう社会(会社?)がおかしい気もするんですけどね。

ゲーム等に課金してしまう可能性がある

スマホゲームはかなり流行っているし、友達が課金した(=強くなった)と聞くと、課金したくなるものです。

もし勝手に課金していた場合、しっかりとお小遣いから徴収してお金の大切さを体感してもらえれば良いですね。

課金したゲームへの熱が冷めて「課金しなければよかったな…」と振り返ってもらえると、今後に繋がるでしょう。

通話すると通話料が膨大になる可能性がある

携帯電話(スマートフォン)の仕組みをあまり理解していなければ、勝手に発信する可能性があります。

そして翌月に膨大な請求額が来ることも…。

そういう不安や心配がある方は、音声通話SIMではなく、SMS機能付きSIMを契約して子どもに使わせましょう。

音声通話SIMではないので、電話番号を用いた通話はできませんが、LINEでメッセージや通話は問題なく可能です。

ただ、LINEを知らない相手とは通話できないということになります。(子どもの場合は特に気にならないかもしれませんね。)

月額料金が高いと家計を圧迫する可能性がある

子どもにスマートフォンを持たせるというと、ドコモやau、ソフトバンクと契約しようとする方がいます。

そうすると月額5000円近くかかり、家計を圧迫する可能性があります。

子どものスマホであれば、格安SIMで十分です。

月額1000円前後で利用可能なので家計への負担は賢く減らしていきましょう。

子どもであればLINEモバイルが月額600円で持てるのでおすすめです。

グループに入れてもらえなかったり、仲間外れにされる可能性がある

LINEをしていない人やできない人には情報が共有されなかったりすることがあります。

また学生の場合は仲間との付き合いもあるので、付き合いができない人は仲間外れにされる可能性があります。

実際僕も携帯電話を持っていなかったときは、仲間外れまではいかなかったですが、携帯電話を持ってるグループと持っていないグループで分かれていたように思います。

そこを割って入れる図太い性格であればよいのですが、そうでなければなかなか溝が埋まらないでしょう。

個人情報の流出のリスクがある

SNS等で自分の顔をさらしてしまったり、自分の近所の地形が写真に映ってしまったりして家や学校を特定される危険性があります。

現にYoutuber等は特定されてしまい家に石が投げられ引っ越しを余儀なくされたというケースもあります。注意しましょう。

危険な出会いに巻き込まれる可能性がある

SNSでは顔も知らない人たちと繋がることができる反面、危険な出会いもあります。

危険にさらされないように注意しましょう。

まとめ|スマホを持つことは良いこともたくさんあるよ

スマホを持つことで良いことも悪いことも起きると思います。

事前に家族間でルールを作り、悪いことは極力起こさないように対策をしておきましょう。

そうすれば、子どもにとっても親にとってもメリットばかりになりますし、数年間の学生という子ども社会の中での生活もすごく順調に進むのではないかと思います。

たとえ悪いことが起きても、それをきっかけに反省し、子どもが経験から学ぶことで成長することだってあります。

小さいうちからネットリテラシーを育てておけば、将来的に大きな事件に巻き込まれることを防げるかもしれませんよ。

僕は携帯電話のおかげでインターネットやネットワークに興味が出てきて、大学では情報通信を専攻してきました。将来の興味分野を考える上でも大切な過程かもしれませんね。

 

僕の子どもには、比較的早めにスマホは買ってあげようと思っています。インターネットやSNSは当たり前の世の中になってきているので、早期にネットリテラシーを覚えさせた方が今後の成長にはプラスかなと感じています。

人気記事小学生の子どもに安くスマホを持たせるなら月額600円のLINEモバイル1択な理由

こちらの記事も読まれています
最新機種の方必見!修理費用全額補償します

あらゆるトラブルに対応する新しい保険です。

  • 年間最大10万円補償
  • 3端末まで補償可能
  • WEBで手続き全て完結

最新機種を持つ方には特にオススメです!3端末まで登録できるので、ゲーム機、スマートウォッチ、ワイヤレスイヤホンなどWi-FiやBluetoothで通信が可能な機器もまとめて補償します。

もちろんiPhoneも対象、AppleCare+よりもお得な保険です。