新型コロナウイルスが落ち着いていないこの状況下でまたも中国発症の新型ウイルスが猛威を振るっているのだとか。非常に心配なので、ここらへんで一度新型ブニヤウイルスについてまとめておこうと思います。

ブニヤウイルス感染症とは

別名で『重症熱性血小板減少症候群( SFTS )ウイルス』とも言うようです。漢字ばかり並んですごく言いにくいのでSFTSウイルス=ブニヤウイルスで良いと思います。

このSFTSウイルスに感染したマダニに咬まれることで、人へ感染します。つまりマダニを媒介にして感染していきます。逆に言うと、飛沫、空気感染はしません。

日本にいるマダニがSFTSウイルスに感染しているかは不明ですが、これからはマダニがいそうな場所には極力いかない方がよさそうです。

日本では、過去2013-14年に73人の感染が報告されており、死亡率は33%だったそうです。国内初は2013年1月山口県での発症でした。その後、長崎、広島、愛媛など西日本を中心に感染が確認されています。

また、有効なウイルス薬は無いのでコロナと同様の方法になるかと思います。現代であっても薬が無いというのが非常に怖いですね。コロナのように容態が急変する可能性もありますからね。

マダニはどこにいる?

マダニがいない場所はどこなのか?また、いるならどこなのか?と調査しましたが、どうやらマダニはどんな気候や場所にも対応できるそうで季節問わず日本全国どこにでも生息しています。

考えるだけで背中がゾクゾクして痒くなってきた・・・・

中でもマダニが特に好む場所として知られているのが、山や川原の近くの草むらのようです。都市部に住んでいたらそうそう行くことはないだろうと思いますが、実は公園などでもマダニは潜んでいる可能性があります。

結局、どこにでも生息しているので避けようがありません。"特に"潜んでいる山や川といった場所には近づかないようにしましょう。キャンプシーズンが到来しますが、しばらくは避けた方が無難です。致死率が高いといわれている以上仕方ないですよね。

ちなみに、過去中国で流行った(2011-2012)時には、フタトゲチマダニオウシマダニからウイルスが見つかっています。

吸血前のマダニの幼虫は1ミリ、成虫でも3~4ミリと小さく、見つけるのは困難。専門家によると「痛みはないし、腫れないので、刺されたとは気付かない」とのことです。

ブニヤウイルスの症状は

マダニに咬まれてから6日~14日後に症状が出てくるといわれています。

2020年8月4日の報道などによると、高熱と咳が出るようです。また、白血球の減少や体内の出血なども見られるとのことです。また消化器症状(嘔気、嘔吐、腹痛、下痢)も現れるようです。

現在のところ中国で7人が死亡しており、死亡率は現状50%に及ぶらしいです。

報道やニュースからの事実をまとめておくと、

江蘇省南京市に住む60代の女性:
40度の高熱が続き、せきとだるさもあったため病院に行ったところ、新型ブニヤウイルスに感染したと診断された。

上記と同じ病院では今年に入り、合わせて37人の感染が確認されている。

江蘇省南京市37人の感染を確認。
安徽省4月以降、23人が感染し、うち5人が死亡。
浙江省4月以降、2人が死亡。
詳細は追って更新します
https://news.line.me/articles/oa-rp57845/22a1da4661c6?utm_source=line&utm_medium=share&utm_campaign=none

これ...コロナウイルスより致死率高くないですか?

これだけ危険なレベルになると、社会活動が自粛というより政府命令で禁止になるかもしれないですね。とはいえ、飛沫感染しない以上、ソーシャルディスタンスとかマスク着用等ではなく、肌を出さないようにするといった対策のみで終わりそうです。

在宅勤務ができればよいですが、私のような顧客先のネットワークを弄ったりしている人からすると出張が多くたまったもんじゃないですよね。

ブニヤウイルスの予防・対策方法

ブニヤウイルスの予防方法・対策方法ですが、すぐにでもできる方法は以下です。特にこの時期は虫よけスプレー必須です。

  • マダニは草むらなどに生息しているため、山や川に行く際、野外では腕、足、首など、肌の露出は少なくする。咬まれなければ大丈夫。
  • 犬や猫等ペットへも飛び移るので、注意。
  • 地面に直接寝転んだり、座ったりはしない。
  • 帰宅後は服は極力外で脱ぐ。入浴して体をよく洗う。その後は新し服を着る。
  • ディート、イカリジンの有効成分入りの忌避剤を購入する。
  • 小さな子どもにはイカリジンの成分の方が安心。
忌避剤有効成分
含有率
分類効力持続
時間の目安
注意事項特徴
ディート5~10%防除用
医薬部外品
5% 約2時間
10% 約3時間
6か月未満には使用しない
6か月以上2歳未満は1日1回
2歳以上12歳未満1日1~3回
・独特のにおい
・べたつき感
12%第2類医薬品12% 約4時間上と同じ上と同じ
イカリジン5%防除用
医薬部外品
6時間使用制限は特になし
高濃度
15%
防除用
医薬部外品
6~8時間上と同じ

イカリジンで最もオススメなのは以下の2つ!!

わい
わい

うちはまだ子どもが1歳なので、ディートよりもイカリジンを買うようにしています。

最も人気のイカリジン製品は「天使のスキンベープ 虫除けスプレー」、「KINCHO お肌の虫よけ プレシャワーPRO」です。私が小さなころに使用していた「サラテクトスプレー」は実はディートだったんですね。。。虫取りするために、めちゃくちゃ身体に振りかけていましたよ。

>> チェックイカリジンの他の製品を見る

>> チェックディートの製品も見てみる

ブニヤウイルスに対するTwitter

https://twitter.com/morii1111/status/1290627527191355392

日本では既にコロナの事例があり、政府さえも混乱している状況です。GoToキャンペーンはやるのに帰省は控えろなどというよくわからない指示が出るほどの混乱ですからね。意思統一をしていただきたいです。

ブニヤに関してはまだ詳細はよくわかっていませんが、Twitterトレンドである以上、多くの方が心配しています。コロナと並行して流行りだすと、本格的にまずい気がするので、個人でも事前に対策することが求められます。

コロナウイルス時の反省を踏まえて何するべきか

今のところ分かっているのは、マダニを媒介して発症するということです。

そのため、肌を出さない。そして、マダニに咬まれないようにイカリジンやディート等の虫よけスプレーを振っておくことでの予防策が最も有効だと思います。

実際はブニヤウイルスに感染していないマダニに咬まれても、感染症にはなりませんが、マダニがブニヤウイルスに感染しているかどうかなんてわからないですからね。

マダニに咬まれないように気を付けて行動しておきましょう。

まとめ

ブニヤウイルスは新種ではなく、過去に感染例がありました。

ブニヤウイルスはマダニを介して感染するので、マダニのいる場所には近づかないでおきましょう。とはいえ、マダニはどこにでも存在するので、できるだけ肌は出さずに虫よけスプレー(イカリジン)で事前に対策しておきましょう。ペットも注意です。

飛沫感染はないといわれているので、コロナのようにマスクは不要です。

ですが、今後虫よけスプレーやイカリジン、ディートが品切れとなるような事態も考えられるので、あらかじめ購入しておくのが良いかと思います。

>> チェックイカリジン製品を確認する

>> チェックディート製品を確認する

おすすめの記事