SIMフリースマホは対応バンドに注意しよう

SIMカードはそのままでスマートフォンだけを変えたいんだけど注意することってあるの?

という方の疑問を解決する記事となっています。

基本的にはスマートフォンのスペックを確認して、自分の使用感に合いそうなものを選べばよいのですが、1つ必ず間違えてはいけないことがあります

間違えると通信すらできなくなってしまう可能性があるので、この記事を見て事前に備えておきましょう。

 

ただし、ソフトバンクは事前に通信可能なSIMに変更するための手続きが可能です。
https://www.softbank.jp/mobile/support/usim/portout_procedure/

最も注意すべきは対応バンド

スマートフォンを選ぶ際に最も注意するべきなのは「対応バンド(周波数)」です。

各スマートフォンには、受信することができる周波数帯が決まっています。

これらはハードウェアとして実装されているので、アプリをダウンロードしたり本体の設定変更等では変更できないものなのです。

なので、この選択を誤ってしまうと通信すらできなくなってしまうので「対応バンド」には特に注意しましょう。

3大キャリアが使用しているバンド

周波数帯

主に日本で使用されているキャリア回線は、docomo、au、ソフトバンクの回線です。

例えばdocomoのSIMを使用している場合はdocomo回線を使用しているということです。

これらの回線は、それぞれ個別にバンド(周波数帯)を使用しています。

以下に一覧を示します。

docomo回線の使用バンド(docomoと契約してる人)
  • Band 1(2.1GHz)
  • Band 3(1.8GHz)
  • Band 19(800MHz)
  • Band 21(1.5GHz)
  • Band 28(700MHz)
  • Band 42(3.5GHz)

    最も重要なバンドは1/3/19/21です。
    「クアッドバンド」とも呼ばれています。
    ただしBand21は地方都市での補助的なバンドなので、対応していなくても問題はありません。

    Band42はdocomoでは2016年6月より導入された新しい周波数帯のようで、まだ対応端末が限られています。

    現在のところSIMフリースマートフォンでは対応しているものはありません。

    そのため、docomo対応SIMフリースマートフォンを探す際は1/3/19/28あたりに対応していれば問題ないでしょう。

    au回線の使用バンド(auと契約してる人)
    • Band 1(2.1GHz)
    • Band 11(1.5GHz)
    • Band 18(800MHz)
    • Band 26(800MHz)
    • Band 28(700MHz)
    • Band 41(2.5GHz)
    • Band 42(3.5GHz)

    最も重要なバンドは1/18/(26)です。
    26は18を内包しているので、実質1/18か1/26でOKです。

    そのため、au対応SIMフリースマートフォンを探す際は1/18/(26)/28あたりに対応していれば問題ないでしょう。

    ソフトバンク回線の使用バンド(ソフトバンクと契約してる人)
    • Band 1 (2.1GHz)
    • Band 3 (1.8GHz)
    • Band 8 (900MHz)
    • Band 11 (1.5GHz)
    • Band 28 (700MHz)
    • Band 41 (2.5 GHz)
    • Band 42 (3.5 GHz)

      最も重要なバンドは1/3/8です。

      そのため、ソフトバンク対応SIMフリースマートフォンを探す際は1/3/8/28あたりに対応していれば問題ないでしょう。

       

      上記のようにそれぞれキャリアで使用するバンドが異なっていることが分かると思います(Band1など、一部は共通しています。)

      ドコモのSIMを利用している人は、Band1,3,19,21,28,42により多く対応しているスマートフォンを選びましょう。

      ただし、全部のバンドに対応しているスマートフォンはほとんどありません。

      上記、赤字で示したバンドに対応していればOKという判断で良いと思います。

       

      楽天モバイルのバンドについては「楽天回線エリアなのにつながらない!パートナー回線に接続される時の対処方法」を参照ください。

      スマホ本体を確認してみよう

      調査

      例えばAmazonにアクセスし「SIMフリー」と検索してみましょう。

      数多くの聞いたことのないようなメーカーのスマートフォンが検索に出てくると思います。

      もし自分に合いそうなスマートフォンを発見した場合は、公式サイトの性能(スペック)欄を確認してみましょう。

      OPPO Reno Aの確認例

      例えば、私の使用しているOPPO Reno Aを見てみましょう。

      OPPO Reno Aの対応バンド

      OPPO Reno Aの対応バンド

      2020年現在では4Gが主流なのでLTEの欄を確認してみると、

      LTE FDD: Bands 1/2/3/4/5/7/8/18/19/26/28
      LTE TDD: Bands 38/39/40/41(full-band)

      と記載があります。

      そのため、後は使用しているキャリアの各対応バンドを確認すればOKです。

      docomoの場合、対応バンドは『Band1/3/19/21/28/42』なので、1/3/19/28には対応しています。

      上記で示したように、docomoで重要なバンドは1/3/19/28なので、docomo回線のSIMで使用可能といえます。

      同様に、au、ソフトバンクでも確認した結果を表に示しました。

      OPPO Reno Aの対応バンド『1/2/3/4/5/7/8/18/19/26/28/38/39/40/41
      docomoで最低限重要なバンド『1/3/19/28』〇:対応
      auで最低限重要なバンド『1/18/(26)/28〇:対応
      ソフトバンクで最低限重要なバンド『1/3/8/28〇:対応

      OPPO Reno Aの場合は対応しているバンドが多く、どのキャリアでも使用できるということが分かりました。

      Xiaomi Redmi Note 9Sの対応バンドの確認例

      同様に、今人気のXiaomi Redmi Note 9S製品も確認してみましょう。

      Redmi Note 9S の対応バンド

      公式サイトの製品スペックのページを確認すると、上記のように対応バンドの記載がありました。

      対応バンドは、1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28/38/40/41 のようです。

      Xiaomi Redmi Note 9Sの対応バンド『1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28/38/40/41
      docomoで最低限重要なバンド『1/3/19/28』〇:対応
      auで最低限重要なバンド『1/18/(26)/28〇:対応
      ソフトバンクで最低限重要なバンド『1/3/8/28〇:対応

      この表を確認すると分かるように、Xiaomi Redmi Note 9Sも3キャリアに対応しているということになります。

      AmazonAmazonでSIMフリースマホを探す

      SIMフリーデビューしちゃおう

      SIMフリースマートフォンの価格は近年では非常に安くなってきていますが、2万も3万もする買い物なので、できることなら間違えたくはないですよね。

      APN設定などは購入した後に変更可能ですが、対応バンドは購入後に変更ができないという点で、最も注意すべき箇所になります。

      この点を注意して、SIMフリースマホデビューしちゃいましょう。

      以上、「【2020最新】SIMフリースマホの購入は、対応バンドに注意しよう!」でした!

      人気記事【2020年10月】後悔しない格安スマホのオススメSIM3社を比較!

       

      僕の格安SIM(MVNO)オススメTOP3

      ネットワークエンジニアの僕が選ぶ格安SIM(MVNO)のオススメTOP3をご紹介します。

      厳選!【2020年10月】後悔しない格安スマホのオススメSIM3社を比較! 

      UQモバイル
      auのサブブランド化で速度もサポートも◎!
      UQモバイルはau回線を利用した格安SIM
      様々な格安SIM(MVNO)が乱立する中でトップクラスの通信速度です。
      料金プランは2種類のSプランRプランしかなくすごく分かりやすい料金体系なのも特徴の一つです。Rプランでは使いすぎて速度制限時でも1Mbpsの速度が出るため、他の格安SIMに比べるとストレスフリーなデータ通信が可能です。
      通常時、速度制限時ともに快適な通信ができるのはUQモバイルだけでしょう。
      また、かけ放題オプションもあるため、幅広い層に受け入れられているのも人気の理由の一つです。
      Y!mobile
      ソフトバンクのサブブランドで速度は他よりけた違い!
      Y!mobileはソフトバンク回線を利用した格安SIM
      ソフトバンクのサブブランドの位置づけです。2位にしましたがUQモバイルとの差はほとんどありません。プランやオプションもほぼ同等のものがあります。
      Y!mobileではデータ通信容量の繰り越しができない点が残念。しかしサブブランドだけあって、他の格安SIMとはケタ違いの通信速度(UQモバイル同等)が出ます。今ソフトバンクを利用している方であれば、すんなりと乗り換えられるのでオススメです。
      また、実店舗数は格安SIMの中ではトップクラスなので、対面のサポート性についてもです!
      OCNモバイルONE
      docomo回線通信品質No1!端末もセットで大特価!
      今僕がメインで使用しているdocomo回線の格安SIM
      個人的にはdocomoのサブブランドの位置づけ。価格はUQモバイル、Y!mobileよりも低価格。
      その代わり、正式なサブブランドではないので通信速度は劣ります。でも混雑時以外は結構快適に通信できているので僕は十分満足できています。
      最も強調したいのは、端末の安さ。新機種発売セールで新機種がいきなり大特価になるので狙ってるスマホが出たらスマホ+SIMセットでの乗り換えがすごく節約になる。
      人気記事【評判良し】私のOCNモバイルONEの明細を公開する

       

      最新機種の方必見!修理費用全額補償します

      あらゆるトラブルに対応する新しい保険です。

      • 年間最大10万円補償
      • 3端末まで補償可能
      • WEBで手続き全て完結

      最新機種を持つ方には特にオススメです!3端末まで登録できるので、ゲーム機、スマートウォッチ、ワイヤレスイヤホンなどWi-FiやBluetoothで通信が可能な機器もまとめて補償します。

      もちろんiPhoneも対象、AppleCare+よりもお得な保険です。

      おすすめ記事