ahamoのメリット・デメリットの完全解説ガイド

ドコモから提供された新料金プラン(実際は格安プラン)ということで、povoやLINEMOと同様、非常に注目を浴びているのが『ahamo』ですが、乗り換えようとしている方も多いんじゃないでしょうか。

ahamoの出現によって近年はデータ容量20GBがベースとなる考え方が染みついてきたのではないかと思いますし、20GBの競合も複数登場してきました。

本記事では、ahamoのメリット・デメリットに加え、ahamoに乗り換えるべき人や乗り換えるべきではない人の観点から完全解説していきたいと思います。

また、競合である20GBキャリアクインテット(povo、LINEMO、楽天モバイル、NUROモバイル)とも簡単に比較していきますので、ぜひ、自分に合ったキャリア、プランを選択していただければと思います。

本記事のターゲット
  • そもそもahamoとは?
  • ahamoの評判や口コミってどうなの?
  • ahamoの料金プランはどうなっている?
  • ahamoで5G使えるの?
  • ahamoの比較対象は?

そんな疑問にお答えしていきます。

本記事の内容の信頼性
本記事の信頼性

本記事で分かること

そもそもahamoとは?【誕生した経緯と基礎知識】

そもそもahamoって何?たくさんあるキャリアの中でどんな位置付けなの?

まずはahamoがなぜ登場したのか、ahamoの位置づけを見ていこう!

ということで、まずは皆さんの認識を合わせるためにも少し解説しておきますね。

2020年の秋冬あたりに総務省から「3キャリアの携帯料金が高い!値下げせよ!」との要求があり、ドコモから登場した料金プランがahamoになります。

そこから『ahamo』という新しいブランドを立ち上げました。

本来は3キャリアの料金プランそのものにメスを入れるはずだったのですが、それぞれ新しい格安ブランドを立ち上げることで、総務省の要求に応えた形となりました。(個人的には意味が分からない…。)

そんな中で生まれたのがahamo、povo、LINEMOです。

生みの親であるドコモと比べて、ahamoには以下のような大きな特徴があります。

キャリア ahamo ドコモ(5G)
価格 2,970円
  • ギガホプレミア:~7,315円
  • ギガライト:~6,765円
データ容量 20GB
  • ギガホプレミア:無制限
  • ギガライト:~7GB
サポート オンラインのみ 店舗・オンライン
キャリアメール 提供無し 提供あり(●●●@docomo.ne.jp)

ドコモの場合は、分かりにくいですが料金プランが複数ありますよね。

2つに大別することができ「たくさん使う方はギガホプレミア」「あまり使わない方はギガライト」という住み分けでしたが、7GB使用しただけでも最大で6,765円かかってしまいます。

 

そんな中生まれたahamoは1プランのみという非常にシンプルな料金体系となりました。

たいして使ってないのにギガライトで6,000円以上かかっている方は、ahamoに乗り換えるだけで3,000円以下になるので、個人的には乗り換えない選択肢は無いと思っています。

 

そんなahamoについて、他の格安SIMや格安プランと比べてどのようなメリット・デメリットがあるのかを完全解説したいと思います。

僕が格安SIM、格安プランと呼び名を分けている理由については「【整理しよう】大手キャリア?格安SIM?格安プラン?サブブランド?って何?」をご覧ください。

ahamoのメリット9つ

本項ではahamoの評判・口コミから分かったメリットを9つ解説していきます。

メリット1: 20GBで2,970円と低価格を実現

大手キャリアと契約していた方なら6,000円や7,000円は当たり前に支払っていたかと思いますが、ahamoに乗り換えると20GBも使えるのに非常に安く済むので魅力的なプランといえます。

とにかく安くしたい。だけど格安SIMは少し不安だった。」という方にとっては乗り換え先の最有力候補ではないでしょうか。

メリット2: シンプルな1つのみのプラン

誰から見ても分かりやすい料金プランを求めていたこともあり、1プランのみとなりました。

1プランで通話オプションも込みなので、スマホの契約が分かりやすいことでかなり良い評判となりました。

(本来、契約が分かりやすいのは当然なんですけどね…。)

ahamoは非常に分かりやすい料金プラン1つ

価格 2,970円
データ量 20GB
通話 1回5分以内かけ放題
(超過後は22円/30秒)

povoLINEMOは料金プランを複数に変更したり、トッピングという名で様々組み合わせて自分たちの思うがままの料金プランに出来る等で差別化していてそれぞれに魅力があります。

ですが、ahamoには1プランでシンプルというのが最大のメリットであり最大の差別化要素になるのではないかと思います。

メリット3: 5分無料通話が2,970円の中に含まれている

上記でもお伝えしていますが、2,970円という基本料金に加えて、通話オプションを追加契約しなくても1回5分以内かけ放題が付いてきます。

もちろん完全かけ放題は別オプションで提供されているので、通話が多い方は追加オプションを選択しましょう。

メリット4: 5Gも利用可能で通信速度はダントツ速い

従来では、スマホ料金を節約するなら格安SIMしか選択肢がなく、また格安SIMではほとんど5Gに対応していなかったため、4G通信のみというデメリット付きでした。

しかし、ahamoではドコモと同様5Gを使うことができるので、安いと速いを両立できるようになりました。

ちなみに、ahamoはドコモ回線であることからも、povoやLINEMOに比べると平均通信速度が速く、最もストレスフリーなキャリアとも言われています。

ahamo ダウンロード(下り)平均速度: 98.89Mbps
povo ダウンロード(下り)平均速度: 68.58Mbps
LINEMO ダウンロード(下り)平均速度: 47.93Mbps

2021年11月現在の平均通信速度を確認しても、ahamoがダントツで速いのが分かります。

通信速度を重要視している方にとっては、ahamoは最も信頼できると言えそうです。

通信速度がネックだった方もahamoなら満足できるのではないでしょうか!?

ちなみにY!mobileの平均速度65.17Mbps、UQモバイルの平均速度51.29Mbpsという値が出ています。

あくまで平均速度なので、所在地等で個人差が出てきますので参考程度にお願いします。

メリット5: 最低利用期間や違約金が無し!

これまで存在した”2年縛り”とか”解約に伴う違約金”という考え方が一切無くなりました。

何か不都合があったり、自分の活動圏内では繋がりにくくやっぱりキャリアを変えたいと言う場合にはすぐに乗り換えが可能です。

今までとは異なり、ファッションのように、自分に合ったキャリアを気軽に変更できるようになりました。

公式サイトに下記のような質問があったので引用しておきます。

ahamo回線を解約する場合、解約金はかかりますか?
ahamo契約回線を解約する場合、解約金はかかりません。

メリット6: 速度制限時でも128kbps→1Mbpsとなった

今までは速度制限にかかると通信速度が128kbpsとなり非常に遅く、通常の通信もままならなかったのですが、最大速度が1Mbps(=1000Kbps)となったため、従来の約7~8倍の速度が出るようになりました。

Youtube等も低画質なら観られるとも言われており、速度制限がかかったときのストレスが軽減されたのではないかと感じます。

万が一通信速度制限されても、まぁまぁ使えるってのは嬉しいですね。

(”まぁまぁ”と言葉を濁しているのは、速度の早い遅いは個人の感じ方によるからです。)

メリット7: 海外にも対応

海外でもそのまま使用可能なため、海外旅行などでも特別な手続きが不要で利用可能です。

追加料金不要で、海外82の国・地域でデータ通信が利用可能です。

この82の国は2019年の日本人の渡航先データを基にし約95%をカバーするようにしたとのことで、よほどの場所に行かない限りは海外でも使用可能になっています。

対応している国も多いため、海外によく行く方などは、ahamoが最も良いのかなと感じます。

メリット8: dカードを使えば増量でお得に!

dカード

出典:ahamo

 

ahamoの料金の支払いを「dカード」もしくは「dカード GOLD」に設定されている方は、毎月のデータ容量の増量が可能です。

dカードを持っていれば+1GB/月付与され、合計21GB/月になります。

またdカードGOLDを持っていれば+5GB/月となり合計25GB/月になります。

カードをahamoの支払いに設定すればよいので、お得に増量することが可能です。

メリット9: eSIMにも対応!

オンライン手続きとeSIMは非常に相性が良く、自宅で即日SIM発行が可能です。

ahamoはeSIMに対応しているため、思いついたその日にahamoへ乗り換えが完了するのは嬉しいポイントですね!

eSIMって何?って方はこちらの「eSIMとは?SIMとの違いをわかりやすくメリット・デメリット観点から解説します 」をご覧ください。

ahamoのメリット9つまとめ

ここまではahamoのメリットを9つ見てきました。

オンライン契約のみで1つのプランのため申し込みを誤ってしまうことはほぼないのではないでしょうか。

月額料金、通信品質では他と比較しても、優位性はありしっかり高水準でまとめられた格安SIMと言えます。

ahamoのメリット9つまとめ

  1. 20GBで2,970円と低価格を実現
  2. シンプルな1つのみのプラン
  3. 5分無料通話が2,970円の中に含まれている
  4. 5Gも利用可能で通信速度はダントツ速い
  5. 最低利用期間や違約金が無し!
  6. 速度制限時でも128kbps→1Mbpsとなった
  7. 海外にも対応
  8. dカードを使えば増量でお得に!
  9. eSIMにも対応!

    最新のキャンペーン情報等はahamo公式サイトをご覧ください。

    ここから先は一見パーフェクトに見えるahamoのデメリットを見ていきます!

    ahamoのデメリット5つ

    上記でメリットを見てきましたが、ahamoのデメリットも見ていきましょう。

    個人的にはahamo特有のデメリットというより、時代の変化に伴うところが大きいのかなと感じます。

    デメリット1: キャリアメールが利用不可

    ドコモの新しい料金プランと言っている割にはキャリアメールは利用不可となります。

    近年ではキャリアメールを利用している方はどんどん少なくなっているため、いっそのことキャリアメールなしでも良いと感じますね。

    僕は「賢い人ほどキャリアメールの必要性がないと断言する4つの理由 」にも記載のように数年前からGmailを使っていますが、全くやり取りに関しては問題ないですね。

    デメリット2: 契約・申込はオンライン契約のみ

    店頭での契約が不可なので、オンライン契約に慣れていない方はやや不便と思うかもしれませんし申し込めません。

    ただ、一度経験した方なら分かるかと思いますが、プランは1択でかつ契約フローは親切で分かりやすいため、逆に店頭よりも分かりやすいと言った声もあります。

    店頭だとオプション押し売りされる印象(そして高額請求へ)があるので、オンラインの方が個人的にありがたいです。

    デメリット3: 店頭サポートが無い(有料)

    オンラインの契約の仕方が良く分からないからショップに持って行ってやってもらおう」と考えている方には残念なお知らせですが、店頭では乗り換えサポートはできません。

    ただ、1回3300円と月額料金より高いお金を支払えば、サポートを受けることが可能になりました。

    2021年4月22日(木)から、ドコモショップにおいて有料の「ahamo WEBお申込みサポート」「ahamo WEBお手続きサポート」を開始します。

    本サポートは、ドコモショップにおいて、お客さまご自身によるahamoサイトでのお手続きをお手伝いさせていただくものです。

    また、本サポート開始に合わせ、故障受付チャネルの見直しを行い、ドコモショップでの故障修理の受付を開始します。

    サービス名称 ご利用料金 サポート内容
    ahamo WEBお申込みサポート 3,300円(税込) ahamoの新規ご契約、他社からのおのりかえ、ドコモのギガプラン等からの料金プラン変更のお申込みをサポート
    ahamo WEBお手続きサポート 3,300円(税込) ahamoご契約後の各種お手続きのお申込みをサポート

    申込みまでと申し込み後で計6,600円かかってしまいますが、一通り設定は終えられると思います。

    デメリット4: 契約は20歳以上

    20歳未満の方は本人だけで契約ができないです。

    20歳以下がahamoを利用するためには、親権者の名義で契約する必要があります。

    これは基本的にどの事業者も同じだと思いますし、20歳以上の方にはデメリットでも何でもありませんね。

    デメリット5: 2,970円で準かけ放題は込みのため、外すことは不可能

    ahamoはデータ量20GB+1回5分かけ放題込みで2,970円のワンプランとなります。

    povoやLINEMOと同じようにかけ放題を外せばもっと安くなると勘違いしている方が多いようですが、そういうわけではありませんので注意しましょう。

    十分安いahamoですが、準かけ放題が不要な方にとってはahamoは少し高くつくと感じる方もいるようです。

    ahamoのデメリット5つまとめ

    ここまでahamoのデメリット5つを確認してきましたが、どれほどデメリットに感じたかでahamoが向いているか向いていないかが分かってくると思います。

    • キャリアメールが利用不可
    • 契約・申込はオンライン契約のみ
    • 店頭サポートが無い(有料)
    • 契約は20歳以上
    • 2,970円で準かけ放題は込みのため、外すことは不可能

    もしこれらがデメリットと感じない方であればahamoはかなりおすすめです!

    今後はオンライン契約やeSIMが当たり前になってくるので、今のうちに慣れておく意味でもahamoはピッタリです!

    ahamoと他の格安SIMとを比較(povo、LINEMO、楽天モバイル、NURO)

    ahamoは20GBのため、他のデータ容量20GBを採用している格安SIMと比較してみましょう。

    20GBだとahamo、povo、LINEMO、楽天モバイル、NUROモバイル(NEOプラン)の5つの事業者が、比較相手になるかと思います。

    比較表 NEOプラン
    ahamo
    povo
    povpバナー
    LINEMO
    楽天モバイル
    データ量 20GB 20GB 20GB 20GB 20GB
    月額料金 2,699円 2,970円
    (1回5分かけ放題込み)
    2,700円
    (30日)
    2,728円 2,178円
    通話料 11円/30秒 22円/30秒 22円/30秒 22円/30秒 (Rakuten Linkの場合は無料)
    22円/30秒
    回線 ドコモ ドコモ au ソフトバンク 楽天
    カウントフリー
    (Twitter,LINE,Instagram)
    × ×
    LINE
    ×
    データ量超過後の通信速度 1Mbps 1Mbps 128Kbps 1Mbps -
    eSIM
    5G
    通話オプション
    • 1回10分かけ放題(880円)
    • (1回5分かけ放題込み)
    • 完全かけ放題(1,100円)
    • 1回5分かけ放題(550円)
    • 完全かけ放題(1650円)
    • 1回5分かけ放題(550円)
    • 完全かけ放題(1650円)
    • 1回10分かけ放題
    その他おすすめな点 SNSカウントフリー
    が強力
    dカード利用で
    ボーナスパケット
    最大+5GB
    150GB/6ヵ月を
    購入すれば
    25GB/月で2,163円
    LINEが
    カウントフリー
    従量制で20GB超過しても
    3,278円で使い放題
    関連リンク NEOプラン ahamo povo2.0 LINEMO 楽天モバイル
    公式サイト

    比較してみて良いところは赤で記載しています。良くないところは青で記載しています。

    準かけ放題込みで3,000円を切るのはahamoくらいではないでしょうか。

    dカードを活用して増量しているなら、2,970円で準かけ放題込みのデータ容量25GBは、かなり好条件だし半年後、数年後に値上がりするわけではないので、永久的に2,970円で使えるのも大きなポイントではないでしょうか。

    ahamoに乗り換えるとお得なキャンペーンはある?

    ahamoへ乗り換えでdポイントプレゼントキャンペーン

    出典:ahamo

     

    現在、ahamoへSIMだけ乗り換えると10,000ptプレゼントの企画が行われているため、docomoからの乗り換えやドコモ回線を使った格安SIMを使っている方ならahamoは大体使えるため、乗り換えてみてはいかがでしょうか。

    10,000ptのため、1円=1ptと考えると実質3ヵ月分は無料と考えることができますね。

    ただ、このdポイントには有効期限があるため、失効する前に使用してしまいましょう。

    dポイントが付与されるのはいつ?

    対象者へのポイント進呈は、進呈条件を満たした月の翌々月下旬頃を予定しております。ポイントの進呈有無はdポイントクラブサイト等にて応募者ご自身でご確認ください。

    上記の表記があり、条件を満たした翌々月下旬頃に10,000ptが進呈されるとのことで、今回の場合だと開通日の翌々月下旬となります。

    dポイントの有効期限は付与から3ヵ月間

    また付与から3ヵ月間の間に使う必要があり、使わなければ失効してしまうことに注意です。

    とはいえ、以下に記載のように様々な店舗で使えるため、失効する前に使い果たせると思います。

    dポイントの使えるお店は多数あり!

    代表的なお店を記しておきます。

    コンビニの一例 ローソン、ローソンストア100、ファミリーマート、ポプラ等
    レストランの一例 ガスト、ココス、ジョナサン、はま寿司、かっぱ寿司、バーミヤン、PRONTO、夢庵など100以上
    ファーストフードの一例 すき家、にくや 格之進 「出会っちゃったよ、肉おじさん!」、マクドナルド、丸亀製麺、ミスタードーナツ、モスバーガー
    家電量販店 エディオン、コジマ、ジョーシン、ソフマップ、デジタルショップ パワーデポ、ノジマ、100満ボルト、ビックカメラ

    個々に載せている以外にも、さらにたくさん使えるお店があるので、詳細はこちら「dポイントクラブ たまる・つかえるお店 街のお店」をご覧ください。

    10,000ptプレゼントにはahamo乗り換え前に事前エントリーが必須!

    注意してほしいのは申込前に事前にこのキャンペーンにエントリーが必要なため、以下よりエントリーしてしまいましょう。

    ▶ahamo公式サイトでdポイントプレゼントキャンペーンにエントリーはこちら

    実質3ヵ月無料ってすごくないですか。

    まとめ|ahamoはどんな人におすすめなのか?

    ここまでメリット9つとデメリット5つを確認してきましたが、ahamoは個人的にもおすすめできる格安SIMだと感じます。

    ポイント!

    • 月額2,970円でデータ量20GB+1回5分かけ放題のワンプラン
    • ドコモと同じ回線品質・エリアで4G/5Gが繋がりやすい
    • データ超過後でも最大1Mbpsで通信可能
    • 世界82カ国での国際ローミングが追加料金なしで利用可能
    • 申し込みやサポートは専用アプリに対応

    ただワンプランで面白味の無いような感じもありますが、2,970円で20GB+1回5分かけ放題込みと良心的なプランのため、多くの方はたったの2,970円で十分にスマホを活用できると思います。

     

    時代が時代なこともあり、キャリアメールを持っていることがステータスにならなくなってきたことや、LINEという新たなコミュニケーションツールが登場したことで通話をも無料で出来るようにしてしまいました。

    単純に、上記のデメリットをデメリットと感じない方にはahamoはオススメできるし、メリットが自身の嬉しいポイントと合致している方であればかなりオススメできるのではないでしょうか。

     

    ドコモで料金が高いと感じている方、是非ahamoに乗り換えて月額料金の節約にチャレンジしてみましょう。

    ▶ahamo公式サイト

    こちらの記事も読まれています

    このサイトがお役に立ちましたら「シェア」「Bookmark」をお願いいたします。