猿でも稼げる!売れるnoteを書くコツを徹底解説!
こんばんは。コロナ怖いけどほぼ毎日新宿まで行かされているわい[@nw_memo]です。

ブログを更新しつつも実はnoteを書いておりまして、有料noteを売っておりました。

正直ブログよりもnoteで稼ぐ方が驚くほど簡単でした。

さて今回は、超初心者の私がそのnoteの売り上げを公開したいと思います。

noteって、すごく意見が分かれていると思うんですけど、

有料noteで大きく稼ぐ人がいる中で、noteは売れないという人もいて評価が真っ二つに分かれているんですよね。

有名ではない私が初めてnoteを書きましたので、多くの方の参考になるのではないでしょうか。

そんな中で超初心者の私がnoteを売ってみてどのように感じたか(そもそも売れたのか)について書いていますので、興味ありましたらお読みください。

月ごとの売上も公開しています。

本記事のターゲット
  • noteってなに?
  • 初心者のnoteは売れない?
  • 初心者でも売れるものってどんなネタ・ジャンル?
  • 手数料ってどれくらいかかるの?
  • 売れるnoteと売れないnoteの違いって何?

    このような疑問を解決していく記事になっていますので、「noteが売れない!!」と嘆く前にぜひ参考にしてください。

    noteとは

    そもそもnoteってなんだよって方はこちらをご覧ください。noteくらい知っとるわ!という方は読み飛ばしてください。

    https://note.com/

    noteは文章や写真、イラスト、音楽、映像などの作品を投稿できる新たなウェブサイトです。“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。

    2014年4月7日にサービスを開始し、2019年の1月には月間アクティブユーザー数が1000万、2019年の9月には2000万人を超えるほどの人気サービスへと成長を遂げました。

    2019年11月25日にnoteのドメイン名をnote.muからnote.comに変更したことでさらに人気は加速するものだと予想されます。

     参考noteの月間アクティブユーザーが2000万人を突破しました―8ヶ月で利用者が倍増

    ブログのようにレンタルサーバを借りるだとかドメイン購入するとかの複雑な初期設定・手間が不要です。

    そのため、誰でも気軽に始められるため、利用者がますます増加してきそうですね!

    最もブログとは異なる点は、クリエイターは自身が作成した作品に自分で値段を付けられることです。noteの大きな特徴です。価格は100円から10,000円、noteプレミアム(月額500円)に入ると50,000円まで自身で価格をつけられます。

    100円からというのが、クリエイターと読者間で気軽に売買されている風潮があります。

    私も100円なら良いかと思っていくつか買っちゃいます。ウィンドウショッピングみたいなものですね。

     

    なぜ有料noteを売ろうと思ったのか?

    私がやってみて、皆さんに伝えたいのは以下の点です。

    • ただ単純に自分の持ってる情報がお金に変わるのか。
    • 自分で価値がないと思っていた情報が他人にとって価値があるのか。(購入してでもその情報がほしい人が果たしているのか)
    • つまり、体験談を語るだけで稼げるのか。

    これらを検証してみたかったからです。

    自身のnoteを売ったという体験を通じて、noteって敷居が高いのか低いのか?超初心者でも売れるのか?を見極めたかったわけなのです。

    このような実験をしてみたくてとりあえず思い立ったら書いてみようというアラサーの単なる興味本位、そして見切り発車で書き始めました。笑

    缶ジュース代くらい稼げればいいかなぁ程度でnote始めて見ました。売れるかどうかはともかく、ただ書くだけならすぐにでもできますからね!

    有料noteで私が売ったもの(商品)のイメージ

    売れるnoteと売れないnoteの違い

    商品:
    ○○を出来るようになるコツ&方法
    内容:
    1.まずネットサーフィンして仕入れた情報をカテゴライズして整理した。
    2.上記で仕入れた情報に基づいて、手順を組み立てる。自分の中で仮説を立てた。
    3.自分で実践してみる。結果、出来た。仮説の検証、証明をした。
    4.プラスαで自分なりの工夫したことで、より出来るようになった(と思う)。

    上記の1~4のようなことを行い、noteとしてまとめました。

    どんな価値を提供したか(自分なりに)

    インターネット上には様々な情報で溢れかえっているので、何が正しいのか嘘なのか、を整理する必要があると思っています。

    なので、、、まず私が実践しました。実践して無事に成功しました。

    これでまず「私が行った方法→成功する」と、証明しました。

    少なくとも、私はこれこれをこういう風にやるとできるようになった、ということが示せました。

    この方法で成功したという一例に、まずは価値があると思います。

    また、その実践の中で、私なりにプラスアルファした要素や自分なりの工夫をしたこともいくつかあるので、その要素についてもプラスでnoteにまとめました。

    この工夫した点にも独自性という観点で価値はあると思います。

    この情報整理(実践した成功例)と、自分なりの工夫したこと(独自性)という価値を提供しました。

    私が与えた提供価値
    • 「私が行った方法は、成功する」という事例を作った。また、その成功体験は価値があると考えた。
    • 「成功率を高めるために、自分なりに工夫したこと」にも価値があると考えた。

      逆に客観的に考えると、例えば

      プロゲーマーになる方法」とか「プロ野球選手になる方法」とかがあれば、私は一通り読んじゃうかなと思ったりします。

      なぜなら、どのようなマインドを持って日々の練習・試合に臨んでその結果プロ野球選手になれたのかを知りたいし、1日の生活(練習量や時間の使い方)がどんなものだったのかも知りたいし、食べ物や健康管理などについても知りたいです。

      そういったことが目次レベルでも書かれてることがわかれば買うと思います。

      (読んだだけで簡単になれるというわけではないのは承知の上ですけどね。)

      価値がないモノと自分で思っていても、他者からしたら価値があるモノってのは客観的に見ると数多く存在している気がしています。本来のメルカリとかラクマとかのフリマがそんな感じですよね。

       

      なぜ私がこれらの価値がお金に変えられると思ったのかについての詳細は、以下の記事で記載しています。

       

      有料note売上公開

      それでは実際にスマホでスクリーンショットとりましたので売上を公開してみます。

      (2020年8月30日更新:画像差し替えて5月6月7月分も追加で公開)

      8月1日~9月1日までの売上30,502

      ↑8月だけで、総額30,520円とありますが、

      このスクショ取った後に+4,000円売上伸びています。なので、1ヵ月で3万5,000円程度です。

      以下は、少し古い画像ですが、毎月の売上金額です。

      有料noteの売上公開
      有料noteの売上公開(2020年7月現在)

      2019年6月は自分が意図していなかったものが売れていましたので2019年10月~2020年7月の実質10か月で84,160円くらいですね。各種手数料を取られるので、振り込まれるのは大体70,000円くらいじゃないかな。(手数料については次項で詳細を書いています。)

      んー…普通にアルバイトしている方が稼げますよね。

      ですが考え方にもよりますが、一度執筆しさえすれば半永久的に数千円が入手できると考えればうれしいのかもしれません。この期間たまに記事のメンテナンスしたくらいでほぼ放置してましたからね。

      ほぼ放置してこれだけ稼いできてくれるんだったら嬉しいですね。

      noteの各種手数料の内訳・利益はいくらか?

      noteって売り上げた金額分をそのまま振り込まれるのではなくて、いくらかマージンが取られます。noteというプラットフォームを利用して執筆・販売活動をしているので、主に利用料がかかっているイメージです。また、それ以外にも決済手数料があります。
      購入者側がどの決済方法を使うかで変わります。自身の決済方法ではないので、どちらで決済してもらえるかは運です。笑

       決済手数料
      クリエイターご自身が登録されている決済手段ではなく、購読者の決済手段によります。
      クレジットカード決済:売上金額の5%
      携帯キャリア決済  :売上金額の15%

      プラットフォーム利用料
      売上金額から決済手数料を引いた金額から差し引きます
      有料記事、有料マガジン、サポート、サークル:10%
      定期購読マガジン:20%

      振込手数料
      270円

      携帯キャリア決済よりクレジットカード決済の方が手数料少ないので、振り込み金額は大きくなります。

      つまり、noteを購入する皆さん!クレジットカードでの決済をお願いします!!

      また、私は"有料記事"を売っていたので、プラットフォーム利用料は10%となります。

      なので合わせると大体15%~25%の手数料が取られることになります。(今回の私の場合は計算すると手数料18%くらいでした。利益82%くらいです。)

      やったことを月ごとに振り返ってみる

      noteで稼ぐ実体験

      2019年06月

      別の記事が売れてたので割愛。意外とnoteって書いたら売れるかも!?と思ってしまった。

      2019年09月【0か月目】ひたすら書く!書く!書く!

      10月公開を目指して執筆開始!!文字数がSEOに効いてくると聞いて、文字数を意識しながら書いていました。会社では伝えたいことは単刀直入に述べよと言われていたので、文字数を長く書くことは相反するのでなかなか苦労しました。やっとの思いで1万文字を超えました。

      もちろん売れるかは心配でしたが、物は試し。そもそも超初心者だから売れないだろう、と心の中ではあきらめていましたが。。。

      2019年10月【1か月目】値段設定に苦しむ

      有料noteを公開し、フォロワー数80のツイッターサブ垢で宣伝してみた。
      てか新着記事はnote内の検索にも引っかかるから割と売れやすい??宣伝効果もあり、7000円の売り上げを達成する。

      市場も良く分からなかったので、この時300~500円くらいの値付けだったかな?いくらにすればよいのか全く不明だった。勉強不足。

      売れるためにはとにかく低価格にしておけば1冊くらい興味本位で買ってくれるだろうという安易な考え方。その割には7,000円はデカイ。

      アドセンスで7,000円稼ぐよりかははるかに簡単だと思います。

      超初心者でもなんとか売れることが分かった。←ココ大事!!

      2019年11月【2か月目】失速するが勉強は怠らない。

      後半失速。中だるみ。
      本気の人はここでもちゃんと気合入れなおして新しい記事を複数執筆したりリライトしたりしてるんだろうなぁと思いながら、放置。その結果、売上4,560円と微妙なラインに。

      note×Twitterマネタイズ法を勉強して前月7,000円売上でちょっと調子に乗ってしまいました。マネタイズの中身についてはこのような本を見て少し勉強。

      主婦でもスキマ時間に月3万稼げる!note x Twitter はじめ方 副業初心者のための教科書: 【2020年最新版】【使い方】 Kindle版

       

      KindleUnlimitedに登録すれば、noteについての本は10冊以上あるのでザクっと勉強はしておきました。(今だと30日間無料体験実施中だと思います。最新情報は下記より確認ください。)

      おすすめKindleUnlimited-Amazon-

      noteについて書かれた本はこんな感じでサクッとでてくる。

      加入すれば無料で読めるので、初歩を勉強したり初心を振り返るのにはちょうど良かったです。忘れかけていた純粋な気持ちを思い出させてくれました。

      ↑noteの時のものじゃないんだけど、読んだ本はスクショしておくと「これだけ読んだ!」って自信がついていきます。本読む習慣があるならKindleは破格かもしれませんね。(私は本読む習慣ない!)

      noteに関する本を読み漁りたければkindleunlimitedで全部無料で読めます。

      Kindleunlimitedは超お得

      2019年12月【3か月目】失速するが、勉強も怠る。

      あまり時間が取れない。ほぼ放置。(という単なる言い訳。)

      11月と同様放置してしまい、4,320円でした。7,000円をピークに減少傾向。noteのプラットフォームには非常に良質な有料noteを書くクリエイターもいるので、内容が重複して内容で負ければ、このままフェードアウトなんだろうなと察しました。

      弱肉強食の世界で生きる難しさを痛感。多分すでに食われたんだなと思ってた。

      2020年01月【4か月目】失速と絶望。

      ここも放置。全然時間が取れない。放置。(と言い訳するほどでもなかった単なるサボリ)

      売上2,760円とさらに減少。『やっぱり無名のnoteは売れないんだな』と実感。時給800円のアルバイト4時間やれば越せるくらいしょぼい額。前月の予感通り、すでに食われた。競合を検索してみるとめちゃくちゃいるじゃん。。。絶望した。。。

      2020年02月【5か月目】絶望の中にかすかな光。


      というわけで、食われてしまったので完全放置。なんだけどなぜか3,740円売れてる。一度作ってnote放置作戦のうまみを覚えてしまった感。

      10記事くらい有料note出せば売上10倍じゃね?みたいなこと思ったけど、さすがに1万文字も書けるようなネタがないので諦めた。

      2020年03月【6ヶ月目】落として上げてからの終了宣告。

      完全放置。そりゃ売れないわ。売上780円。ついに3ケタ。どうやら上記で述べた放置note作戦は厳しいことが分かった。

      やっぱり新たな執筆者により新しい記事が続々と出てきて、埋もれてしまいもう売れなくなるんだろうなぁとガチで感じてきた。

      コロナの影響もあるのかな?とか淡い期待したけど、期待するだけ無駄だろうと思い、あきらめた。

      2020年04月【7ヶ月目】マガジン作成&完全放置

      4月は放置ではなく、マガジンというものを作成し、複数の有料記事(3000文字くらい)を追加してみた。お買い得価格で販売したことが効果あったのかもしれません。とはいってもマガジンの中の記事はたったの2記事。

      だったらもう少し早くマガジンを作っておけばよかった。笑

      ちなみにこの時、Amazonのアフィリエイトを張れることが分かり、いくつか貼っていた。

      売上500円くらい立っていました。

      2020年05月【8ヶ月目】異変が起こる。

      22,760円と一気に売上が跳ね上がった。何があったかというと、記事の閲覧数が数倍になってた。

      note公式から紹介されたわけでもないので、おそらくgoogle検索上位になったっぽい。見られすぎると恥ずかしくなってきて、自分でもう一度読み返した。誤字脱字を修正。文字数意識で回りくどい言い方を分かりやすく変更。初めてブラッシュアップしてみた。

      検索の力はやっぱりデカイなと改めて感じました。

       参考【多忙サラリーマンの副業】初心者でも有料noteが売れると言える5つの理由

      2020年06月【9ヶ月目】放置

      5月にブラッシュアップしたからもういいやということで、再度放置。検索上位、閲覧数はそれほど変わらないと思うけど、1万円くらい売り上げは下がった。

      売上なんて毎月一定なんてありえないもんね。少しくらい上下するよね。

      というわけである程度放置でも1万円は超えるようになってきた。

       

      以下のツールを使ってブルーオーシャンなタイトルに変更してみて様子見してみた。

      2020年07月【10ヶ月目】放置

      継続して放置。今日はまだ7月31日なので、16,540円で確定。

      6月よりちょっと増えた。放置のうまみをだんだん覚えてきた。

      トータルすると、執筆中は大変だけど、放置してる時期が一番多かったです。記事の修正とかもほとんどやってませんし。。

      2020年08月【11ヵ月目】放置

      8月も何とか順調です!

      冒頭のスクショにもありましたが、ついに3万円を突破しました。口コミやいいねの数が評価に値しているのだろうか??

      私が感じた、売れるnoteと売れないnoteの違い

      あまり体験できないような部類の体験談とかは成功失敗にかかわらず需要はあると思います。

      たとえ失敗したとしても、

      「原因は○○だと思うので、○○しないようにしよう」

      と主張すれば一例といえど今後実践する人は○○しないように気をつけられますよね。成功確率が若干上がります。

      アルバイト体験談とか商品レビューとかもその部類ですよね。

      よくネットの記事には「○○だけはやめとけ!」って書かれていますよね。

      それって一個人の意見だけど、理由がそれっぽいと不思議とすごく参考になりますよね。

      人間って、自分に関係のない情報だとしても仕入れるだけ仕入れて別のなにかに応用できるかもって潜在的に感じてるのかもしれないです。

      ただ、ネットに転がっているような情報を商材として扱うだけだったり、理想論をひたすらに語るようなものは売れないんじゃないかなと思います。

      (記事の内容は購入しないと見れないので、判断できませんが…)

      お金を払ってまで見たい得たい情報って何だろう?って考えると、

      やっぱり何かを出来るようになる時間を短縮してあげられることが価値のように思います。

      私自身がネットワークエンジニアになる過程で沢山の失敗や成功をしてきたはずなので、今後もっと記事にしていけたらなぁと思ってます。

       

      以上『【猿でも稼げた!】売れるnoteを書くコツを徹底解説【売上公開】』でした!

       

      おすすめの記事