30日間無料体験実施中!!『Kindle Unlimited』今すぐチェック!! >>

【売上公開】超初心者の私が有料noteを売ってみて気づいたノウハウと売上公開する

こんばんは。yutaです。

ブログを更新しつつも実はnoteを書いておりまして、有料noteを売っておりました。

さて今回は、超初心者の私がそのnoteの売り上げを公開したいと思います。

そもそもnoteってなんだよって方はこちらをご覧ください。

有料noteで大きく稼ぐ人がいる中で、noteは売れないという人もいて評価が真っ二つに分かれているイメージがあります。

そんな中で私がnoteを売ってみてどのように感じたか(そもそも売れたのか)について書いていますので、興味ありましたらお読みください。

それでは下記よりどうぞ!

-目次-
1.なぜnoteを売ろうと思ったのか?
2.私が売ったもの(商品)のイメージ
3.どんな価値を提供した?
4.売上公開
5.振り返ってみる
6.私が感じた、売れるnoteと売れないnoteの違い

1.なぜnoteを売ろうと思ったのか?

ただ単純に情報がお金に変わるのか。

自分で価値がないと思っていた情報が他人にとって価値があるのか。

(購入してでもその情報がほしい人が果たしているのか)を検証してみたかった。

自身の体験を通じて、敷居が高いのか低いのか?超初心者でも売れるのか?見極めたかった。

このような実験をしてみたくてとりあえず書いてみようというアラサーの単なる興味本位で書き始めました。笑

yuta
yuta

缶ジュース代くらい稼げればいいかなぁ程度でnote始めて見ました。売れるかどうかはともかく、ただ書くだけならすぐにでもできますからね!

2.私が売ったもの(商品)のイメージ

商品:
○○を出来るようになるコツ&方法
内容:
1.まずネットサーフィンして仕入れた情報をカテゴライズして整理した。
2.上記で仕入れた情報に基づいて、手順を組み立てる。自分の中で仮説を立てた。
3.自分で実践してみる。結果、出来た。仮説の検証、証明をした。
4.プラスαで自分なりの工夫したことで、より出来るようになった(と思う)。

上記の1~4のようなことを行い、noteとしてまとめました。

3.どんな価値を提供した?

インターネット上には様々な情報で溢れかえっているので、何が正しいのか嘘なのか、を整理する必要があると思っています。

なので、まず私が実践することで、私が実践した一つの方法についてはまず成功すると、証明することができました。

少なくとも、私はこれこれをやるとできるようになった、ということが示せました。

この方法で成功したという一例は価値があるのではないかと思います。

また、その実戦経験の中で、私なりにプラスアルファした要素や自分なりの工夫をしたこともいくつかあるので、その要素についてもプラスでnoteにまとめました。

この工夫した点にも独自性という観点で価値はあると思います。

この情報整理(実践した成功例)と、自分なりの工夫したこと(独自性)という価値を提供しました。

逆に客観的に考えると、例えば

「人気youtuberになる方法」とか「プロ野球選手になる方法」とかがあれば、私は一通り読んじゃうかなと思ったりします。

なぜなら、どのようなマインドを持って日々の練習・試合に臨んでその結果プロ野球選手になれたのかを知りたいし、1日の生活(練習量や時間の使い方)がどんなものだったのかも知りたいし、食べ物や健康管理などについても知りたいです。

そういったことが目次レベルでも書かれてることがわかれば買うと思います。

(読んだだけで簡単になれるというわけではないのは承知の上ですけどね。)

yuta
yuta

価値がないモノと自分で思っていても、他者からしたら価値があるモノってのは客観的に見ると数多く存在している気がしています。本来のメルカリとかラクマとかのフリマがそんな感じですよね。

4.売上公開

それでは実際にスマホでスクリーンショットとりましたので売上を公開してみます。

2019年6月は自分が意図していなかったものが売れていましたので実質7か月で3万2000円くらいですね。

んー…普通にアルバイトしている方が稼げますよね。

ですが考え方にもよりますが、一度執筆しさえすれば半永久的に数千円が入手できると考えればうれしいのかもしれません。この期間たまにメンテナンスしたくらいでほぼ放置してましたから。

5.振り返ってみる

2019年06月
→(別の記事が売れてた)

2019年09月
→10月公開を目指して執筆開始!!

2019年10月【1か月目】
→フォロワー数80のツイッターで宣伝してみた。
てか新しい記事はnote内の検索にも引っかかるから割と売れやすい??

2019年11月【2か月目】
→後半失速。中だるみ。
本気の人はここでもちゃんと気合入れなおして新しい記事を執筆したりリライトしたりしてるんだろうなぁ。

2019年12月【3か月目】
→あまり時間が取れない。ほぼ放置。(という単なる言い訳。笑)

2020年01月【4か月目】
→全然時間が取れない。放置。(と言い訳するほどでもなかった。サボリ。笑)

2020年02月【5か月目】
→完全放置だけどなんか売れてる。noteのうまみを覚えてしまった感。

2020年03月【6ヶ月目】
→完全放置。そりゃ売れないわ。
新たな執筆者により新しい記事が続々と出てきて、埋もれてしまいもう売れなくなるんだろうなぁと感じてきた。

2020年04月【7ヶ月目】マガジン作成&完全放置
→4月はマガジンを作成し、複数の有料記事を追加しお買い得価格で販売したことが効果あったのかもしれません。とはいってもマガジンの中の記事はたったの2記事。
それかマガジン新規作成したことで検索に引っかかりやすかっただけなのかもしれません。
まぁ結果的に一番売り上げは大きい。

yuta
yuta

執筆中は大変だけど、放置してる時期が一番多かったです。記事の修正とかもほとんどやってませんし。。

6.私が感じた、売れるnoteと売れないnoteの違い

あまり体験できないような部類の体験談とかは成功失敗にかかわらず需要はあると思います。

たとえ失敗したとしても、

「原因は○○だと思うので、○○しないようにしよう」

と主張すれば一例といえど今後実践する人は○○しないように気をつけられますよね。成功確率が若干上がります。

アルバイト体験談とか商品レビューとかもその部類ですよね。

よくネットの記事には「○○だけはやめとけ!」って書かれていますよね。

それって一個人の意見だけど、不思議とすごく参考になりますよね。

人間って、自分に関係のない情報だとしても仕入れるだけ仕入れて別のなにかに応用できるかもって潜在的に感じてるのかもしれないです。

ただ、ネットに転がっているような情報を商材として扱うだけだったり、理想論をひたすらに語るようなものは売れないんじゃないかなと思います。

(記事の内容は購入しないと見れないので、判断できませんが…)

お金を払ってまで見たい得たい情報って何だろう?って考えると、

やっぱり何かを出来るようになる時間を短縮してあげられることが価値のように思います。

私自身がネットワークエンジニアになる過程で沢山の失敗や成功をしてきたはずなので、今後もっと記事にしていけたらなぁと思ってます。

読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました