本記事は「5Gスマホが発売されたけど、今買うべきなの?まだいらないの?」という疑問を持つ方向けの記事となります。

この記事を書いている私は、企業でネットワークエンジニアをやっていますので、最新の情報通信の動向や、スマホ製品やネットワークに多少は詳しいと思います。

 

2020年3月18日、docomoからついに5Gスマホが発表されました。
5Gサービスは3月25日から開始ということで、既にもう5Gを体感できるということで非常に楽しみです。

ドコモ初の5G対応8機種を含む新商品13機種を開発・発売

<2020年3月18日>

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、新商品ラインアップとして、第5世代移動通信方式(以下、5G)に対応したドコモ スマートフォン6機種とデータ通信製品(Wi-Fiルーター)1機種、4G(LTE)に対応したドコモ スマートフォン4機種とドコモ タブレット1機種、加えて「Galaxy S20+ 5G」の東京2020オリンピックモデル1機種の全13機種を開発し、2020年3月25日(水曜)から順次発売いたします。

<新商品ラインアップの主な特長>

ドコモ初の5G対応スマートフォンと、データ通信製品(Wi-Fiルーター)を提供。

機能と価格のバランスがとれ、幅広いニーズにお応えする4G(LTE)対応スタンダードモデルと、タブレットを提供。

https://www.nttdocomo.co.jp/

はやく5Gのスピードを体験してみたいですね。

発表された5G対応スマホは?

基本的な5Gスマホは6種類のようです。1つはモバイルルーター、もうひとつはギャラクシーのオリンピックモデル(これも5G?)
評価としてはまだまだ使用したことが無いので分かりませんが、どれもハイエンドモデルっぽいです。

主なラインナップ
  • Galaxy S20 5G SC-51A 2020年3月25日
  • AQUOS R5G SH-51A 2020年3月25日
  • LG V60 ThinQ 5G L-51A 2020年5月11日
  • Xperia 1 II SO-51A 2020年6月18日(SIMフリー版は2020年10月30日予定
  • Galaxy S20+ 5G SC-52A 2020年6月18日
  • arrows 5G F-51A 2020年7月30日
  • [データ通信製品]Wi-Fi STATION SH-52A 2020年5月下旬以降
  • Galaxy S20+ 5G Olympic Games Edition SC-52A

    <特徴>

    5Gスマートフォン製品

    Galaxy S20 5G SC-51A
    スリムで持ちやすいデザインと、RAM12GB、ROM128GBの最高クラスのスペックを両立。
    光学3倍ズーム、約6400万画素の望遠カメラで、ズームしても高画質で撮影可能。

    AQUOS R5G SH-51A

    • 高精細な8K動画撮影に対応。
    • 10億色の表示を可能にし、AQUOS R2の2倍以上の輝度となったPro IGZOディスプレイを搭載。

    LG V60 ThinQ 5G L-51A

    • 画面付き専用ケース「LGデュアルスクリーン」を装着すると、2画面スマートフォンとして使える。
    • 片方の画面をコントローラーとして使うことで、ゲーム機のような操作が可能。

    Xperia 1 II SO-51A

    • トリプルレンズカメラのすべてに「ZEISS LENS(ツァイスレンズ)」を採用。瞳AF(オートフォーカス)が動物にも対応
    • 世界初、1秒間に最高20コマのAF/AE追従高速連写機能で、多彩な描写を実現。

    Galaxy S20+ 5G SC-52A

    • 受信時最大4.1Gbps/送信時最大480Mbpsの5G(28GHz帯)通信に対応。
    • 約6.7インチの大画面と、4500mAhの大容量電池、次世代のLPDDR5メモリを搭載。

    arrows 5G F-51A

    • 受信時最大4.1Gbps/送信時最大480Mbpsの5G(28GHz帯)通信に対応。
    • Adobeの自動補正により、シャッターを切るだけで、写真がプロ並みの仕上がりに。

    5G対応データ通信製品(Wi-Fiルーター)

    Wi-Fi STATION SH-52A

    • 受信時最大4.1Gbps/送信時最大480Mbpsの5G(28GHz帯)通信に対応。
    • 最新無線LAN規格Wi-Fi 6に対応、高速有線LANを内蔵し、安定した高速通信が可能。

    5Gスマホの料金プランは?

    5Gの料金プラン

    プランは月7,650円でデータ通信無制限の「5Gギガホ」および、7GBまでの段階型「5Gギガライト」を用意するとのこと。
    5Gと言っても、現時点ではそこまで爆速通信が必要なサービスが無いので、7,650円はさすがに高いのではないかと思えます。おそらく3大キャリアはこのあたりの価格でしょう。

    現時点では、私は格安SIM/格安スマホが安定だと思っています。

    「データ通信容量の使い放題」にメリットを感じている方は、5G(高い)より楽天モバイル(1年間無料)と契約する方が何倍もメリットを受けられると思います。

     人気記事DSDVスマホなら楽天モバイルUN-LIMITを新規契約すべきと断言する3つの理由 

    5Gスマホを今買うべき必要が全くない3つの理由

    私は2020年現在の5Gスマホ初期が様子見した方がいい、むしろ待つべきであると断言する理由として以下の3つを挙げます。

    • 発熱問題
    • バッテリー消費問題
    • 5G電波の繋がりやすさ

      docomoは2011年12月に発売したF-05D(富士通)が初の4G対応スマートフォンということでそこからサービスが始まりました。そして約9年で徐々に4Gに適したスマートフォンになりつつあります。4Gに適してきたが、5Gにも問題なく適応できるかが心配です。

      それぞれを説明していきたいと思います。なお、じゃあいつ買い替えればいいのか?という買い替え時期については後述しています。

      発熱問題

      4G初のスマートフォンを知っているでしょうか?

      ARROWS X F-05Dという製品を知っているでしょうか?買った身としてはいまだに忘れられないです。

      簡単に説明しておくと、4Gの通信速度に処理が追いつかないスマートフォンなのです。

      何もしていなくても、4G基地局を探すだけで爆熱。そして熱のせいで機能制限。

      防水機能のおかげで熱が本体内にこもりやすく、熱が逃げない。

      挙句の果てに熱で危険温度になると、強制シャットダウンのダイアログが表示され、シャットダウンしてしまうのです。

      今となっては良い思い出ですが、使えないケータイということで有名でした。当時「全部入り」として発売されましたが、不具合さえも入っており、最悪な思いをしました。

      おそらく5Gになると4Gに比べ通信速度が向上するので、1秒当たりの処理負荷いわゆる消費電力が大きくなります。

      その影響で想定以上の発熱が起きることが想定されます。

      ユーザーのどんな使い方を想定してテストしているかも分かりませんからね。

      -追記-

       参考arrows 5G レビュー・評価(価格.com)

      4Gの時のような酷評ではないようです。普通に使えるスマホになっているのでうれしい限りです。

      バッテリー消費問題

      もちろん消費電力が大きくなれば、バッテリーの減りも早くなります

      4Gスマートフォン発売当初は、1600mAhと非常にバッテリーが小さかったのも理由の1つではありますが、半日持てばすごいといわれるスマートフォンでした。

      また、4Gエリアから5Gエリアへ、またはその逆へのハンドオーバーの際にもスマホ自身に大きな負荷がかかります。

      場所によっては

      『4Gに接続→微々たる移動→5Gへ接続→微々たる移動→4Gに接続→...』

      とハンドオーバーを永遠に繰り返してしまう現象も発生します。これにより過度の発熱やバッテリー消費が大きくなってしまいます。

       

      大学に片道1時間で通っていたのですが、スマホを触らなくても50%までバッテリーが消費してしまっていました。

      負荷がかかればバッテリー消費も大きくなるので、今と同じような電池の減り具合と思わないほうが良いでしょう。予想以上にバッテリー消費が起こります。

      まぁさすがにバッテリー4000mAh以上積んでいますが(AQUOSだけは3,730mAh)消費電力が分からない以上、怖いですね。

      5G電波の繋がりやすさ

      また、以下の資料を見るとまだまだ5G利用可能エリアは限られていますので、少なくとも基地局が増えた段階で買い換えるべきではないかと考えます。

       参考5G通信利用可能施設・スポット一覧 (2020年3月18日更新)(PDF形式:917KB)PDF

      現在4G通信網は、いわゆるプラチナバンド(電波の周波数の特性上、繋がりやすい)に割り当てられています。

      それに比べると5Gの電波は、以下のように3~4GHzを使用しています。(単位を直すと、3,000~4,000MHz(メガヘルツ))

      1. 3600~3700MHz(100MHz幅)
      2. 3700~3800MHz(100MHz幅)
      3. 3800~3900MHz(100MHz幅)
      4. 3900~4000MHz(100MHz幅)
      5. 4000~4100MHz(100MHz幅)
      6. 4500~4600MHz(100MHz幅)

        今の4Gのプラチナバンドは、700MHzから900MHzなので、5Gに比べると非常に低い周波数帯です。

         

        上記のように5Gは非常に高い周波数帯を割り当てているため、電波特性上、直進性が強く、遮蔽物により遮られてしまいます。

        このような特性から高周波数帯は繋がりにくいといわれています。(無線LANは主に2.4GHzと5GHzを使用しています。5GHzの方が速いですがつながりにくいです。)

        そのため、本来接続したい基地局(5G電波)に繋がらず、より繋がりやすい基地局(4G電波)へ繋がってしまうことが多々あります。

        そのため5G使い放題」と謳われていても、あまり使い物にならないのではないかと、ネットワークエンジニアの私は思っています。5Gは使い放題だけど、4Gは通信容量制限があるので、4Gに繋がらせないような策が必要となります。

        以下、5Gと4Gの繋がりやすさと通信速度の簡単な対比です。

        周波数帯による、通信速度、つながりやすさの違いと傾向

        周波数帯による、通信速度、つながりやすさの違いと傾向

         

        5Gではありませんが、こういった基地局、電波の繋がりやすさの問題は「楽天モバイル UN-LIMIT」でも起きています。楽天回線の周波数が高く、障害物があるとつながりにくい影響で、楽天回線エリアにいるのにも関わらずパートナー回線に接続されてしまうことが頻繁に起きます。

        参考:楽天回線の使用する周波数帯
        • Band 3 [1.7 - 1.8 GHz](1730MHz~1750MHz/1825MHz~1845MHz)
          楽天モバイルが唯一扱える周波数帯。他のキャリアも使用している周波数帯であり、日本で発売されている端末であれば確実に問題ない。
        • Band 18 [800 MHz](815MHz~830MHz/860MHz~875MHz)
          パートナー回線。上記のband3の楽天回線の基地局に接続できない時に、このバンドをauから借りて接続する。楽天モバイルの基地局はまだまだ少ないので、band 18にも対応する必要がある。

          (参考:総務省「1.7/3.4GHz帯の周波数再編の概要」)

          Band3は1.7~1.8GHzなので、5Gに比べれば全然繋がりやすいです。ただ、4GのBand18が繋がりやすすぎるんです。

          人気記事楽天回線エリアなのにパートナー回線に接続される時の対処方法

          このように、電波の特性上、スマートフォンは最も信号受信強度が大きい電波(基地局)に接続しようとします。ゆえに少しでも遮蔽物があれば5Gよりも4Gの方が信号受信強度が大きくなってしまうため、5Gには繋がりにくくなってしまい、結果4Gに繋がるという現象が生じます。

           

          少し話が脱線しましたが、

          5G対応スマホ本体も、非常に高い買い物ですし、新サービス初っ端の端末を購入するのは正直恐ろしいです。

          5Gスマホを買うべきでない理由を整理すると、
          5Gスマホは今買う必要がない理由
          • 今5Gスマホを買っても5G回線エリアは少なく、活用しづらい
          • 5Gスマホ初期のため、本体価格もおそらく高め
          • 5Gに対応した必須級のサービス・アプリが少ない

          今5Gスマホを買っても持て余しそうです。じゃあいつ買えばいいの?という疑問が出てきますが、

          今後の動きとしては、5G通信網が整備され、どこかのタイミングで4Gよりもつながりやすくなってくるでしょう。その頃には5G対応サービスも増えてきているかもしれません。

          また、4G利用者を減らすためにキャリアからもどんどん5Gへの乗り換えを催促してくる流れが起きると思います。利用者をなくさなければ停波できないからです。

          また、5Gを普及させるためにも、端末価格の安いモデルも作られると思います。ここ最近の流れだと、HUAWEIやOPPOがSIMフリー機で5G対応モデルが3万円前後くらいには値下がりしてくると思います。

           Amazon最新の5G対応スマートフォン価格を確認する

          よっぽどの新しい物好きでなければ、上記ような動きになるまでは、5Gスマホの買い替えは待つべきだと思います。

          ズバリ!5Gスマホ買い替え時期のベストタイミングは?

          5Gスマートフォンはまだ買うべきではないと私は思います。たとえ家の中が5Gエリアだとしても、遮蔽物の影響で4Gにつながってしまうことが頻繁に発生してしまい、まだまだ5Gの恩恵は受けられないように思います。

          店員に「5Gスマホは使い放題!」と5Gスマホを勧められても、使い放題のエリアが限られる&5Gエリア内でも4G基地局に繋がってしまい使いづらいということを考慮しておきましょう。

          そのため、5Gスマホへの買い替え時期は、5Gエリアが十分に広がってから5Gスマホに乗り換えるのがベストだと思います。その頃には端末価格も今より下がっていると思われます。

          もし今新しいスマホを買うなら、OPPOのミドルレンジ機が普段遣いには最もちょうど良く価格的にも満足できるかと思います。

           人気記事OPPO Reno3 AとReno Aどちらを買うべきかは用途で決めよう【おサイフケータイ対応で安価】 

          おサイフケータイを利用したい人には、最もオススメ機種です。

           

          以上、「【まだ待つべき!】5Gスマホを今買うべき必要が全くない3つの理由」でした!!

          おすすめの記事