写真管理アプリ『シンプルギャラリー』が神アプリだった

 

スマートフォンで撮影した写真や動画、ダウンロードした画像を整理できる写真管理アプリ。

どんなスマホにも基本的にはデフォルトで”ギャラリー””アルバム”といったアプリ名でプリインストールされているのですが、フォルダ分けできずに時系列で並べてあるだけのアプリもあるようです。

やはり写真の管理は『家族』『ペット』『彼氏』『学校』などというようにフォルダ分けできるべきですよね。

本日はそんなフォルダ分けができる写真管理アプリの中でも私が使用している無料アプリ『シンプルギャラリー』のご紹介をしたいと思います。

シンプルと名前に入っているだけあって、シンプルでかつ最低限の機能を備えているので無料の中でも非常に使いやすいです。

なぜ僕が『シンプルギャラリー』を選んだかは無料かつ安全性の観点

もともとQuickPicというアルバムアプリが使いやすく軽量で絶大的な人気を誇っていましたが、2015年にCheetah Mobileという会社に買収され、広告がひどくなりました。

何やらアプリ自身が怪しい通信もしていたらしく、QuickPicは写真を扱うアプリなので勝手に写真情報を抜かれたりすると嫌だなぁと思い、泣く泣くQuickPicの代替アプリを探すことになりました。

代替アプリの条件は、

  • 安全で無料で使いやすく広告がないこと。
  • できれば高機能なこと。(すごく厳しい条件です。笑)

上記を条件に色々アプリを探していたところ、半年くらいかけて色々アプリを見て回り、やっとシンプルギャラリーにたどり着きました。

無料で使いやすく、やっと探し求めていた写真管理アプリを探すことができました。

有料版(Pro版)もありますが、機能差については後述していますが、無料版で十分です。(私は感謝の意を込めて有料版を購入しました。99円です。)

特別な権限も必要ないので、安全性も高いと思っています。

『シンプルギャラリー』アプリをダウンロード

まずはGoogle Playからシンプルギャラリーをダウンロードしましょう。
このアプリはほぼ同名の『シンプルギャラリーPro』という有料版がありますが今回は無料版です。(有料版の詳細は後述しています。)

シンプルギャラリー

比較的にサイズは小さいので、ダウンロードはすぐに終わると思います。(2020年7月4日現在、3.8MBです。)
ダウンロードが終われば早速アプリを開いてみましょう。

シンプルギャラリーにアクセス権限の許可をしよう

アプリボタンをタップすると、怪しげなポップアップが出ます。

「ギャラリーに端末内の写真、メディア、ファイルへのアクセスを許可しますか?」

許可するをタップしましょう。

これは、このギャラリー(シンプルギャラリーという名前ですが、内部的にはギャラリーみたいです。)アプリに、Androidスマホ内の情報を読ませても大丈夫か(許可してもよいか)どうかを確認しています。

つまり、このアプリが写真や動画といったメディアファイルへのアクセス権限を要求しています。許可しないとこのアプリは画像を表示させることができなくなります。なので、「許可する」をタップしましょう。

タップすると数秒後には画像が表示されてくると思います。

Androidスマホは、アプリが内部データへアクセスする際には権限を必ず確認するようになりました。

一覧表示の列数を変えてみよう

昔私はQuickPicという写真整理アプリを使用していましたが、この写真一覧は必ず2列だったんですよね。

以下の写真を見てもらえれば話は早いと思いますが、このシンプルギャラリー、列数が自由自在なんですよね。

(デフォルトは2列です。)

メニューバーが青じゃん!って突っ込みはなしにしてください。デフォルトのオレンジから変更しています。

この右上の点3つのボタンを押してみてください。

shimple (1)

右上からメニューが開きます。

なので下から4つ目の「列数を増やす」タップしてみてください。

shimple (2)

列数が2から3に変更されましたね!

私は3つで使用しています。2つだと大きすぎるし4つだとなんか小さすぎる。なので3つです。笑

shimple (3)

逆に列数を減らしたい場合は同じようにメニューバーを開いて「列数を減らす」を押せばOKです。

スマホで毎日写真見たりするので、アプリの見た目のアレンジは気分も上がりますね!

メニュー色、背景色を変えてみよう

私の場合は青色になっている箇所と背景の黒の箇所です。私の場合どこにでもありそうなギャラリーのあまりにも普通な色してます。笑

右上の設定ボタン押した後、下から2番目の「設定」をタップすると以下のような画面になると思います。

一番上の「表示色のカスタマイズ」をタップしてください。

shimple (6)

2番目から5番目の文字色、背景色、メインカラー、アプリアイコンの色を自分好みに変更してください。

私の場合は、

文字色:白
背景色:黒
メインカラー:
アプリアイコンの色:

のように設定しています。(普通)

shimple (7)
shimple (8)
↑メインカラーを緑か黄緑かよくわからない色にしてみました。

なので、背景色は紫にしてみよう。

このようにメインカラーや背景色を変えられると、愛着がわいてより一層写真管理が楽しくなりました。

無難な色もいいけど、個性を前面に出したハジけた色もいいですよね。

無料版と有料版(Pro版)のシンプルギャラリーの違いは?

無料版でも十分なのですが、有料版(Pro版)を感謝の意味も込めてダウンロードしました。

インストールすると以下のポップアップが出てきました。

どうやらPro版は無料版とは別アプリとして存在しているので、設定自体は初期状態です。

あなたは無料版からアップグレードしたと思われます。”Upgrade to Pro”というボタンが設定の上部にある無料版はアンインストールすることができます。

ごみ箱の中身は削除され、お気に入りもアプリの設定もリセットされることになります。

ありがとう!

こちらこそありがとう!これからよろしくね!!シンプルギャラリーProさん!!

そこまで弄ってはいないので全然かまわないです。笑
simple_pro (1)

基本的には機能的には変わらないです。特筆したいのは下記2点です。

  • 先ほどの表示色のカスタマイズにて、ナビゲーションバーの色を変更可能になった。
  • 写真を全画面表示する際に、ノッチ部分には写真を表示させないように可能になった。(設定で変更できる)

その他設定できる項目が数個増えています。

Pro版じゃないと不便!と思うような設定は特にないので、無料版で十分すぎますね。感謝の意を込めて私は有料版99円支払いましたけどね♪

無料版とPro版とでは特に大差ないということが分かりました。

シンプルに、シンプルギャラリーは神アプリだと思う

シンプルギャラリーは無料版でも広告がなく、有料版に匹敵するくらいの非常に使いやすい写真管理アプリなので、これを機にぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

アプリシンプルギャラリー

動作もキビキビとしていて2020年現在、写真管理アプリは他のアプリは必要なくなりましたね。

 

人気記事【2020年10月】後悔しない格安スマホのオススメSIM3社を比較!

【2020年11月】格安SIMランキング
UQモバイル
auのサブブランド化で速度もサポートも◎!
UQモバイルはau回線を利用した格安SIM
様々な格安SIM(MVNO)が乱立する中でトップクラスの通信速度です。
料金プランは2種類のSプランRプランしかなくすごく分かりやすい料金体系なのも特徴の一つです。Rプランでは使いすぎて速度制限時でも1Mbpsの速度が出るため、他の格安SIMに比べるとストレスフリーなデータ通信が可能です。
通常時、速度制限時ともに快適な通信ができるのはUQモバイルだけでしょう。
また、かけ放題オプションもあるため、幅広い層に受け入れられているのも人気の理由の一つです。
Y!mobile
ソフトバンクのサブブランドで速度は他よりけた違い!
Y!mobileはソフトバンク回線を利用した格安SIM
ソフトバンクのサブブランドの位置づけです。2位にしましたがUQモバイルとの差はほとんどありません。プランやオプションもほぼ同等のものがあります。
Y!mobileではデータ通信容量の繰り越しができない点が残念。しかしサブブランドだけあって、他の格安SIMとはケタ違いの通信速度(UQモバイル同等)が出ます。今ソフトバンクを利用している方であれば、すんなりと乗り換えられるのでオススメです。
また、実店舗数は格安SIMの中ではトップクラスなので、対面のサポート性についてもです!
OCNモバイルONE
docomo回線通信品質No1!端末もセットで大特価!
今僕がメインで使用しているdocomo回線の格安SIM
個人的にはdocomoのサブブランドの位置づけ。価格はUQモバイル、Y!mobileよりも低価格。
その代わり、正式なサブブランドではないので通信速度は劣ります。でも混雑時以外は結構快適に通信できているので僕は十分満足できています。
最も強調したいのは、端末の安さ。新機種発売セールで新機種がいきなり大特価になるので狙ってるスマホが出たらスマホ+SIMセットでの乗り換えがすごく節約になる。
人気記事【評判良し】私のOCNモバイルONEの明細を公開する
おすすめ記事