スケジュール&メモ

スマートフォン(Android)には様々なアプリが購入直後(初期状態)から入っていますよね。


これをプリインストールアプリと呼ぶのですが、ドコモのスマートフォンにはやたらと大量のプリインストールアプリが入っています。
(プリインアプリとも呼ばれています。)

全く使用していないアプリなのにも関わらず、アプリ一覧(ドロワー)に数多く表示されており、いざ使用したいアプリを探すもの一苦労していませんか?

よし、だったら使わないから削除してしまおう!と思っても、実はプリインストールの多くはアンインストールができないんです。

消せないし不要なアプリがてんこ盛り…

 

実はこの削除できないアプリ仕様はスマートフォン発売当初からなので、非常に頑固なのです。

自社のサービスを何としてでも使ってほしいのでしょうね。

最近の機種では、削除こそ相変わらずできませんが、その一歩手前の”無効化“ができますので、もし不要であれば以下の記事のように無効化しちゃいましょう。

プリインストールアプリのほぼすべてのアプリの無効化については「【これだけは無効化するな!】無効化していいアプリ 無効化してはいけないアプリ」に記載していますが、無効化すると危険なアプリも潜んでいるので、参考にしてください。

無効化する方が、スマホの動作も軽くなりますし、バッテリーも持ちます。

おまけにアプリ一覧もスッキリします。

無効化またはアンインストールの方法

やり方は非常に簡単で、

【設定】→【アプリ】→【すべてのアプリ】
(スマホメーカー種によって若干画面遷移は異なります。)

apl.jpg

すべてのアプリの中から無効化できそうなアプリを探してみました。

apl2.jpg

このように個々のアプリの設定画面には、”強制停止“というボタンと、”無効化“(またはアンインストール)というボタンがあります。
なのでまずは強制停止を実行しアプリの動きを止めたところで、無効化ボタンが有効あれば、ぽちっと無効化してしまいましょう。

アプリが動作中だと無効化はできないのでまずは停止させましょう。

 

スケジュール&メモアプリは必要なのか?

そして本題に戻りますが、タイトルにもあるようにスケジュール&メモというアプリについてですが、はっきり言って不要です。
(「スケジュール&メモ 使い方」で検索しアクセスしてくれた方には申し訳ないのですが、正直動作がもっさりしており非常に使いにくいです。)

ドコモのプリインアプリで使いやすいアプリはほぼないといっても過言ではないです。
スケジュールメモ

ドコモが作ったアプリなので、あたかもAndroid端末と親和性がありそう&使いやすそうで安心できそうな気がしますが、

“処理中…”

と出てなかなか元に戻らなかったり、過去、バグ等が多発していました。

処理中ということはバックグラウンドで動いているので、バッテリーに負荷を与え、バッテリー消費の原因になったりもしています。

なので結論を言うと、無効化してかまわないです

もし有効化したい場合(スマホの動作がおかしくなったとか)は、同じ手順を踏めば有効化ボタンがありますので、ぽちっと押して有効化してかまいません。

他のドコモのプリインストールアプリについて

2020年現在、ドコモのスマートフォンには最初から以下のようなアプリが入っているかと思います。

 

久しぶりにドコモのホームページ行って調べてて正直驚きました。笑
不要なアプリ入れすぎです。。昔より増えてるんですね…(汗)

不要なアプリ
・iコンシェル
・iチャネル
・WATCHY
・Contents Headline
・しゃべってコンシェル
・スケジュール&メモアプリ
・スマホ診断
・dアニメストア
・dエンジョイパス
・dジョブ
・d払い
・TV BOXアプリ
・dヒッツ
・dフォト
・dデリバリー
・dTV
・dTVチャンネル
・dトラベル
・dブック マイ本棚
・dブック マイ本棚(タブレット版)
・dヘルスケア
・dポイントクラブアプリ
・dマーケット
・dマガジン
・dミュージック月額コース
・dメニュー
・dmenu スポーツアプリ
・dmenu ニュースアプリ
・ドコモスピードテストアプリ
・ネットトラブルあんしんサポート
・ファミリーブラウザ for docomo
・MARKERS
・my daiz
・マイマガジン
・マチキャラ
・マネレコ
・データ保管BOX
・おすすめアプリ
・遠隔サポート
・iDアプリ
・Disney DX
・おサイフケータイ
・エモパー
最新のアプリ一覧はこちらからご覧ください。
アプリを提供しているサービス一覧|NTTドコモ /

こんなにてんこ盛りに入っているとストレージ(ROM)食いますし、全部無効化またはアンインストールで構わないと思います。

ドコモとしては自社のアプリ・サービスを使ってほしいと思っています。が、残念ながら非常に使いにくいのですよね。。。

謎に動作重いし。バッテリーもりもり食ってるし。

キャリアから出されるスマホよりもSIMフリー機の方が動きがキビキビしている理由の一つは「プリインストールアプリが無いこと」だと私は思っています。

プリインストールアプリが無いことで、

  • 裏で動くアプリが減るのでバッテリー消費が少ない。
  • 裏で動いているアプリが少ないので、動作がスムーズ。
  • アプリ数が少ないのでストレージをひっ迫していない。

昔スマートフォンが出始めた頃は、メモリ容量が少なかったためこのような不要なアプリてんこ盛りで写真や画像がほとんどストレージに保存できないような状態だったので、プリインストールアプリはアンインストールは必須条件ともいわれていました。

アンインストールできないアプリがてんこ盛り=ゴミスマホといったような表現もされていましたね。笑

それにガンガン裏で動いてるせいでバッテリーもやたら食うという。

「スマホ=ホッカイロ」と呼ばれていた時代もありました。

使わないアプリはアプリ一覧画面に出てきても邪魔なだけなので、できる限りアンインストールするのが良いです。

スケジュール&メモアプリの代替アプリはあるのか?

個人的にですが、スケジュール&メモアプリより優れているアプリはめちゃくちゃあると思っています。

メモアプリ

私が現在使っているアプリですが、メモ帳として私はgoogle Keepというアプリを使っています。

何が良いかっていうと、

1.メモ帳として使える
いつでもどこでもスマホ開いてメモしてます。

2.メモとして画像も貼り付けられる
この画像イイなって時にはキープできます。

3.チェックリストも作成可能
旅行に持っていくものだったり、遠足の準備だったり、やることリストとしても使えます。

4.自由に手書きができる
説明しにくいものとかを手書きでしゅしゅっと書いたらイメージが伝わりますよね。

>> Google Keep – メモとリスト
(Google Playストアに飛びます)

スケジュールアプリ

スケジュールについては、ジョルテを昔から使用しています。

使い勝手の良さなどは「スケジュール&メモからジョルテに乗り換えた3つの理由」にも記載しているので参考にしてください。

かなりプライベートな情報があるので、画像付きでご紹介できませんでした。笑

クラウドに対応しているので、予定を他者と共有できます。

僕の場合は、実際に嫁と予定同期しています。

飲み会だったり帰りが遅かったりするときには事前に予定を入れています。

更新間隔も1時間、3時間、6時間、12時間と選択できるので、同期漏れはなくせました。

 

まぁ上記でご紹介したように、ドコモのスマートフォンだからと言って、ドコモのアプリが必須という訳ではないし、

個人の開発者やアプリ専門の会社等がアプリを作成しているので、近年では非常に優れたアプリがGoogle Playには多々あります。

他のアプリで代替ができるのであれば、特にキャリアアプリにこだわる必要はないでしょう。

キャリアアプリにこだわらなければ格安SIMに乗り換えることで月額料金を下げることも可能です。

僕は毎月6,500円→1,980円になりました。

人気記事【2020年11月】後悔しない格安スマホのオススメSIM3社をネットワークエンジニアが解説!

SIMフリー機も選択肢としてはアリ

現在ではSIMフリー端末が非常に安価で購入できるし、月々も安いので、格安SIMに乗り換えるのも全然ありです。

キャリアのプリインストールアプリが入っていない分、ストレージもスッキリしていますし、バッテリーの持ちもかなり良いですよ。

ちなみに私は、ドコモから格安SIM&SIMフリーにしたら毎月6,500円⇒1,900円になりました!!

(2台持ちしてるので実際は約2,600円)

【2020年11月】格安SIMランキング
UQモバイル
auのサブブランド化で速度もサポートも◎!
UQモバイルはau回線を利用した格安SIM
様々な格安SIM(MVNO)が乱立する中でトップクラスの通信速度です。
料金プランは2種類のSプランRプランしかなくすごく分かりやすい料金体系なのも特徴の一つです。Rプランでは使いすぎて速度制限時でも1Mbpsの速度が出るため、他の格安SIMに比べるとストレスフリーなデータ通信が可能です。
通常時、速度制限時ともに快適な通信ができるのはUQモバイルだけでしょう。
また、かけ放題オプションもあるため、幅広い層に受け入れられているのも人気の理由の一つです。
Y!mobile
ソフトバンクのサブブランドで速度は他よりけた違い!
Y!mobileはソフトバンク回線を利用した格安SIM
ソフトバンクのサブブランドの位置づけです。2位にしましたがUQモバイルとの差はほとんどありません。プランやオプションもほぼ同等のものがあります。
Y!mobileではデータ通信容量の繰り越しができない点が残念。しかしサブブランドだけあって、他の格安SIMとはケタ違いの通信速度(UQモバイル同等)が出ます。今ソフトバンクを利用している方であれば、すんなりと乗り換えられるのでオススメです。
また、実店舗数は格安SIMの中ではトップクラスなので、対面のサポート性についてもです!
OCNモバイルONE
docomo回線通信品質No1!端末もセットで大特価!
今僕がメインで使用しているdocomo回線の格安SIM
個人的にはdocomoのサブブランドの位置づけ。価格はUQモバイル、Y!mobileよりも低価格。
その代わり、正式なサブブランドではないので通信速度は劣ります。でも混雑時以外は結構快適に通信できているので僕は十分満足できています。
最も強調したいのは、端末の安さ。新機種発売セールで新機種がいきなり大特価になるので狙ってるスマホが出たらスマホ+SIMセットでの乗り換えがすごく節約になる。
人気記事【評判良し】私のOCNモバイルONEの明細を公開する
おすすめ記事