『スマートフォンに保存したはずのファイルがないんだけど。どこかに行ってしまったわ。一体どこにあるのかしら…』

このようにモヤモヤした気持ちになってしまった人、よくいると思います。基本的に、ファイルをダウンロードしたときに、通知バーなどで通知されますよね。その時はダウンロードしたファイルにアクセス出来るのですが、

一度見た後に、もう一度見ようとした時に、

『あれ?どこに保存したっけなー…??』

と、なってしまいがちです。そんな人のために、解決策をご紹介したいと思います。

もう一度アクセスしてダウンロードしてくるってことを繰り返しちゃうんですよね。。。軽いファイルならいいけど重たいファイルだったらギガがもったいない。

2つの方法を説明していきます。

ファイルマネージャでファイルを直接探す

この操作にはファイルエクスプローラーなるものを用意します。

オススメはシンプル ファイル マネージャーです。
キャプチャ

このアプリをインストールして開くと、

Screenshot_2013-09-04-14-24-02[1]

こんな画面だと思います。ここからフォルダをタップして奥へ奥へ移動していきます。

androidのバージョンによって異なるかもしれないのですが、

【download】→【探していたファイル】
または、
【Picture】→【探していたファイル】


【mnt】→【external_sd】→【Download】→【探していたファイル】
または、
【storage】→【sdcard1】→【Download】


【sdcard】→【Download】
または、
【storage】→【sdcard0】→【Download】

アプリからファイルを探す

ファイルマネージャから探すのがややこしい場合は、アプリ一覧から『ダウンロード』を探してください。ダウンロードしてきたファイルはここへ残っているかと思います。


scsh.jpg

どうでしょうか?見つかりましたか?

基本的にはダウンロードしたファイルはDownloadフォルダに入っていると思うのですが、使用しているブラウザなどでは保存先が異なるように設定されていたりするかもしれません。その時は、そのブラウザに関連したようなフォルダ名を探して、そこのフォルダとたどっていけば、目的のファイルが見つかるかもしれないです。

基本的に保存されたものは必ずどこかに保存されていますので、根気強く探してみましょう。

関連記事Android ブラウザからダウンロードしたファイルって一体どこにあるの?

スマホ料金の新常識!


今の通信キャリアを維持しつつ月額料金を安くするワザを知っていますか?
僕が毎月1,180円で使えている方法をご紹介しています。もったいないスマホ料金、ぜひ賢く使いましょう♪
【安くしたい人必見!】携帯代・スマホ代を節約するたった1つの裏技

最新機種の方必見!修理費用全額補償します

あらゆるトラブルに対応する新しい保険です。

  • 年間最大10万円補償
  • 3端末まで補償可能
  • WEBで手続き全て完結

最新機種を持つ方には特にオススメです!3端末まで登録できるので、ゲーム機、スマートウォッチ、ワイヤレスイヤホンなどWi-FiやBluetoothで通信が可能な機器もまとめて補償します。

もちろんiPhoneも対象、AppleCare+よりもお得な保険です。

おすすめ記事