何かいっぱいframework-res.apkやSystemUI.apkの改造したり移植したりしたけど、

結局どんなやつ使っているのかというのが、

自分でもわけがわからなくなってきたので改めてまとめてみます。

◆ナビゲーションバー(ソフトキー)を5つに変更。

左から【検索キー】【もどるキー】【ホームキー】【RECENTキー】【メニューキー】

5key.png

◆ステータスバー右上の時計表示に日付も加えた。
◆ステータスバー右上のバッテリー表示を変更。

date_time.png

◆通知領域を若干透過
device-2012-12-28-150818.png

結局生き残っている改造はこれだけ。

意外としょぼいんだなーと思ったんですが、こんなのでよければ配布しときます。

20121228←こちらになります。

①、何が起こってもすべて自己責任ということを理解の上、ダウンロードしてください。電話帳のバックアップもとっておいてください。消えます。
②、中身は、SystemUI.apkとframework-res.apkです。
③、現在スマホ端末内にあるSystemUI.apkとframework-res.apkはバックアップを必ず取っておくこと。(念のためSystemUI.odexもバックアップしておくといいかも)
④、ダウンロードしたファイルを端末内の2つのファイルと置き換えてください。
⑤、端末内のSystemUI.odexはSystemUI.odex.orgなどにリネームする。(削除してもいいけどしない。万が一)

これで再起動すれば、すべて適用されていると思います。

ちなみにナビゲーションバーはOFFにしているので、出したければ、framework-res.apkをデコンパイルし、res/values/bools.xmlのShowNavigationbarの値をtrueにすれば出ます。

文鎮化した方は・・・
参照: 調子に乗ってframework-res.apkいじってたら文鎮化した
これで復旧できそうな気がします。

多分必要性は皆無だな(´Д` )
もしダウンロードした方は一言コメント頂けると、今後の改造の意欲が増すかも(。・ ω<)ゞ



◆1月2日追記◆
通知領域にボタンを追加した!その2
こちらが最新のSystemUI.apkの記事になります。



おすすめの記事