先人の方に大感謝です。やっとrootを取ることができました。

文鎮化しても知りません。すべて自己責任でお願いします。

この方法を使えば、F-08DやF-05D等もほぼ同様の操作でroot化することが出来ると思います。

また、参照先は【ROM焼き】Arrows X/Z F-05D ISW11F(T-01D)です。

また、root化は推奨されているものではないので、行う際は十分気をつけてください。
こちらは何も責任は取れませんので(´・_・`)

若干自分で変更しているところがあったり、回り道しているところもあるかもしれないので、臨機応変にお願いします。また、他の資料も見ておいたほうがいいと思います。

AndroidスマートフォンのRoot化方法


ビルド番号はV09R40Aです。
ソフトウェア更新をしてしまうとビルド番号が変わってしまい、Root化不可能になってしまう可能性がありますので注意してください。

万が一文鎮化しても復活出来ると思うので、文鎮化する前に一度目を通しておくことをおすすめします。

 参考調子に乗ってframework-res.apkいじってたら文鎮化してしまった!?

◆1月2日追記分◆
追記し忘れていましたが、電話帳が消えたりgoogleアカウント情報が消える理由は、root化後に起こることだと判明しました。framework-res.apkの書き換え時に起こることでした。

◆11月19日追記分◆
朝起きたら電話帳が全部消えていました。もしかするとroot化の影響かもしれません。googleアカウントの同期も全部消えてた。謎。
にしても、なぜ電話帳が消えてしまったのかの原因がわからないので現在調査中です。
事前に念のため電話帳コピーツールというアプリにコピーをしておいたので無事だったのですが。
十分注意してください。

まず様々なRoot化キットをダウンロード

goroh_kunさんが公開して下さっているF-10D向けのキット。(以下、Aとする)
 https://docs.google.com/file/d/0B8LDObFOpzZqQm0yb2U0LTFIQms/edit?pli=1
先人の方が作成してくれた汎用的モジュール。(以下、Bとする)
 http://www.mediafire.com/?1914biqop1121wu

F-10D向けキット(A)に含まれているreadme2.txtを読みながら進めていく

readme2.txt

(1) adb restore f-10d.ab
(2) 画面に認証が出るのでOK押す
(3) リストアが終わった後に以下のことができるのを確認
>adb shell

$cd /data/data/com.android.settings/a/
$ls -l -d
drwxrwxrwx system system a
⇒ aというディレクトリが存在し、world readable, writableになっている
$ls -l
⇒ file00 ~ file99までのディレクトリが存在する

(4) 一度file00 ~ file99まで削除
>adb shell

$cd /data/data/com.android.settings/
$rm -r a/*

(5) /dataのパーミッションを777にするよ
(4)の続き
$while : ; do ln -s /data a/file99; done

これを実行しながら、別のコマンドラインで
adb restore f-10d.ab
を実行し、リストアを完了させる
終わった後は、adb shellを終了させる

(6) /dataのパーミッションを確認
>adb shell

$ls -l -d /data
drwxrwxrwx system system data

(7) 以下のコマンドを実行

>adb push mkdevsh /data/local/tmp/
>adb shell

$chmod 777 /data/local/tmp/mkdevsh
$mv /data/local /data/local.org
$mkdir /data/local
$ln -s /sys/kernel/uevent_helper /data/local/tmp
$exit

>adb reboot
>adb shell
$echo /data/local.org/tmp/mkdevsh > /sys/kernel/uevent_helper

(8) WifiをOnしたりOffしたりする
>adb shell
$ls -l /dev/sh
-rwsr-sr-x root root 151964 2012-08-06 19:34 sh
$/dev/sh
#

ここまでで一時rootは取れていると思います

端末を再起動するまでは、以降$/dev/shで一時rootは取れます。
再起動してしまうと、非rootに戻ってしまいます。

>adb push su /data/
とりあえずsuを入れておく。
(suはどこからか拾ってきてください。)

汎用的モジュール(B)の中にあるfjsec_unlockというファイルをdata/local.org/tmp/に入れる

>adb push fjsec_unlock /data/local.org/tmp/
>adb shell
$/dev/sh
#chmod 777 /data/local.org/tmp/fjsec_unlock
#/data/local.org/tmp/fjsec_unlock 0
./fjsec_unlock 0
security_ops = c0790f68
default_sec_ops = c073f164
current_sec_ops = c073f390("fjsec ")
go ahead..
current_sec_ops = c073f164("default")
Killed

(↑が出てくるまで何回か繰り返す。多い時は50回くらい繰り返してます(´Д` ))
成功すれば、次に#/data/local.org/tmp/fjsec_unlock 0を打ち込んでも、default_sec_opscurrent_sec_opsが一致しているようになります。
F-05Dでは『c0790f68』や『c073f164』などというアドレスが少し違ってきます。

# mount -o rw,remount /system
# dd if=/data/su of=/system/bin/su
# chown root.root /system/bin/su
# chmod 06755 /system/bin/su
# ls -l /system/bin/su

これでおそらく永久root化と思います。

あとはbusybox入れるなりsu入れるなりいろいろしてください。

再起動してしまい、/systemに書き込めなくなってしまった場合、以下を行うことでまた書き込めるようになります。

$su
#/data/local.org/tmp/fjsec_unlock 0
./fjsec_unlock 0
security_ops = c0790f68
default_sec_ops = c073f164
current_sec_ops = c073f390("fjsec ")
go ahead..
current_sec_ops = c073f164("default")
Killed

(↑が出てくるまで何回か繰り返す。)
#mount -o rw,remount /system

また、以下をリネームすることでカメラのシャッター音を消せるようになります。

system/media/audio/ui/camera_click.ogg
system/media/audio/ui/camera_focus.ogg
をリネームすればカメラのシャッター音なりを消せますよ。
camera_click.ogg.orgcamera_focus.ogg.orgにリネームしておくと後々わかりやすい。)

また、リネームくらいならES ファイルエクスプローラー - Google Play の Android アプリ
の設定のルートオプションでファイルシステムをマウント(/systemを書き込みでマウント)すればadb接続など使用せずに割と簡単にできます。

本当感謝です。
間違っている箇所もあると思うので、ほかの資料も参照することをおすすめします。

何度も言いますが、自己責任でお願いします。

root化できた方は、次のステップに進みましょう♪

ファイルの書き換えや差し替えを行う場合には、必ずバックアップを取っておきましょう。

元に戻したくても元のファイルが無いため、元に戻らなくなってしまいます。

 参考Androidをroot化後の便利なアプリをまとめてみる - Androidアプリ

Root化関連記事

以下T-01D改造計画リンクをまとめておきます。

Root化後、様々なファイルを弄る場合、自身のPCの環境を整える必要があります。

万が一文鎮化しても復活出来ると思うので、文鎮化する前に一度目を通しておくことをおすすめします。

せっかくroot権限とったんだから、いらないアプリは無効化しましょう(´・ω・`)

このframework-res.apkの書き換え作業をミスすると、文鎮化するので注意が必要です。また、電話帳も消えますので、バックアップを必ずとっておきましょう。


framework-res.apksystemUI.apkの差し替えにより、
(上記ファイルの差し替え作業は、ミスすると即文鎮化します。)

スマホのroot化して電池表示を変更した


右上↑無事に電池マークを変更することができました!

以下、忘れないための個人メモ
adb push framework-res.apk /sdcard/
adb push SystemUI.apk /sdcard/
adb shell
$ su
# mv /system/framework/framework-res.apk /system/framework/framework-res.org
# busybox cp /sdcard/framework-res.apk /system/framework/framework-res.apk
# mv /system/app/SystemUI.apk /system/app/SystemUI.org
# busybox cp /sdcard/SystemUI.apk /system/app/SystemUI.apk

↑意味分からず作業を行うと文鎮化しますので注意してください。

その他の関連記事

最近のスマートフォンでもRoot化できるんですかね。例えば私の所有しているOPPO Reno aなんかもRoot化すればかなり高性能な機種になるような気がしますが、実際どうなのでしょう。

おすすめの記事